フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2020年11月19日 (木)

「板マスク」、サージカルマスクの板状使用

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、11月から週2号、火曜と土曜の発行とした。今月は現時点で以下の5号を発行した。

第2487号 サージカルマスクを広げず長方形の板のように着ける被告人
 目黒駅前で通行人が会社員の目を傘で突き失明させたと大報道された事件の、ようやく論告・弁論。「証拠に基づかない弁論」が出てモメたり…。私としては被告人のマスクの着け方がどうも気になった。

第2486号 性犯罪者の起立、ガチガチに固まった男と真っ直ぐ立てない男
 視覚障害の若い女性宅を盗撮した事件、ネット紹介のベビーシッターが幼女を! の事件。前者は楽々執行猶予、後者はぎりぎり執行猶予で…。

第2485号 総理官邸で15分間の閣議、その裏で傷害事件があったとは!
 この事件は報道されてない。どうやら現時点ではマスコミはつかんでないみたい。総理官邸でそんな事件があったの? 弁護人はカルロル・ゴーン被告人の事件等で有名なあの弘中惇一郎弁護士、ほか2人!

 以下の2号は11月10日にお知らせした

第2484号 誕生日なのでちょっと豪華な弁当を食べたく無免許運転を
第2483号 原判決破棄、その理由は元号改変か。被告人は棚からぼた

 いま購読登録するとこの5号がどっと送信される。そして11月末まであと3号が順次送信される。

 

201118_20201119104501  第2487号で、いわゆるサージカルマスクについて書いた。
 あの上辺中央の、鼻の上部に密着させる硬い部分をまったく曲げず、プリーツ(蛇腹)部分をまったくまたはほぼ伸ばさず、つまり1枚の長方形の板のように顔面に当てる。前面から見て鼻と口唇部は隠れているが、左右は頬から遠く離れ、マスクを着けている意味がほとんどない…。

 駅や電車内や街路やスーパーでそんな人を見かけることは、私の場合はまったくない。
 だが! 法廷ではときどき見かける。サージカルマスクを長方形の板のように着けた被告人は、ときどきいるのだ。

 被告人となるまでサージカルマスクを着けたことがないうえに、マスクを着ける意味を考えることができず、他人がどう着けているか観察することもできない、脳の活動が閉じた人なのか…。

 そんなことを考えているのは日本で私1人だけ? いやいや、もっといるでしょ、あと2人か3人ぐらい。💦

 ←11月19日10時40分現在、週間INが70で3位

2020年11月17日 (火)

非常に特殊なストーカー事件に遭遇した件

 メルマガ第2470号「傘で目を突き眼球破裂、視神経断裂、頭蓋底骨折、脳挫傷!」などでレポートしてきたあの大変な事件の、論告・弁論の期日が11月17日(火)10時から東京地裁であった。
 求刑は懲役7年。いやいや興味深い期日だった! えっ、それって『ナリ検』に出てきた話じゃん? という話も出てきたよ。あとでメルマガで。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナリ検 ある次席検事の挑戦/市川寛【1000円以上送料無料】
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/11/17時点)

 今日の狙いはその事件のみ。終わったらさっさと帰って仕事をすればいいのに、帰れないのが定めの越冬つばめ、午後も次々と傍聴してしまった。

 いくらなんでももう帰ろう、覚悟を決めて庁舎をあとに、する前にちらっと1階のタブレット開廷表を見てみた。そしたら、えっ、こんなのがあったの、となり…。

 16時から「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反、脅迫」の新件を傍聴した。
 ある詩人のことがきっかけで知り合った人妻、といっしょに暮らし、破局の後…。年配弁護人の弁護及び冒頭陳述に、私はぶっ飛んだ!
 ちらっとタブレット開廷表を見たおかげで、こんな事件に当たるとは。人生は分かれ道の連続と実感、痛感される。

 被告人は被害女性の氏名入りの文書をあちこちに貼り、Twitterにヤバイことをあげた、というので帰宅後調べてみた。あるキーワードで検索したらすぐに見つかった。「脅迫」の犯行行為そのものであるTweetがばっちり見られるのだった。プライベートな写真も残っている。どうなってんの!?

 ←11月17日21時03分現在、週間INが90で3位

2020年11月12日 (木)

被告人氏名をネットにアップすることの最も大きな効果は

Img_1247_20201112121001  裁判所の開廷表には、期日、事件番号、法廷、事件名、被告人氏名などが載っている。被告人氏名は戸籍名だ。
 それを裁判所で書き写し、氏名をネットにアップする者がいる。

 そのことの最も大きな効果は、氏名をアップされた者が受けるダメージだろう。
 11月11日(水)、そのダメージが現実になった事件を私は傍聴した!

 アップする側は「氏名も公開されているのだから」と思うのかもしれない。が、裁判所の庁舎内で閲覧できることと、ネット上に広く出す(ネット検索にヒットさせる)こととは、全く異なる。

 また、アップする側は「起訴されたらもう犯罪者。どんなめにあおうが自業自得」と思うのかもしれない。でもそれは、無罪推定の原則を無視したリンチ、イジメに相当するんじゃないか。

 氏名のアップが人死に(ひとじに)や恐喝に発展するのは、時間の問題かと思う。
 そのとき、裁判所はどうするか。

 「裁判の「公開」とは何か~法廷メモを解禁させたレペタさんに聞く」と2013年7月4日付けで江川紹子さんが書いている。
 メモは今は当たり前だが、じつはレペタさんのおかげなのだ、というのは有名な話である。
 「昔は当たり前だったあれが今ダメなのは、あいつのせいだ!」となる日がいずれくるんじゃないか。

 可搬式オービスのこととか、北海道の違反捏造のこととか、そして被告人氏名のこととか、ネットで匿名攻撃を受けそうなことばっかり、私が独りで書いてるような気がしないでもない。どうしてこうなんだか。💦

 ←11月12日12時10分現在、週間INが80で3位

2020年11月11日 (水)

総理官邸で傷害事件!

Img_1230  10月のいつだったか、もしかしたらオービスの否認事件かも! という期日があった。
 その日は気づくのが遅くて傍聴できず、次回期日を調べた。もしも可搬式、LSM-300の事件だったらもう驚天動地のだだ大事件だっ!!!

 そして11月10日(火)、わくわくドキドキ東京地裁へ!
 ところが、1階の開廷表にその期日がなぁいっ! またかよっ、狙った事件の期日取消、続くなあ!

 いや、手帳をよくよく見て気づいた。今日じゃなかった、別の日だった。がーん。そんなこともあるよね~。💦

 だが、禍福はあざなえる縄のごとし、人間万事塞翁が馬、捨てる神あれば拾う神あり、とはよく言ったもんだ。
 13時25分頃、ある法廷の前でうろうろしてたらマニア氏が教えてくれた。あっちの法廷のは総理官邸での傷害事件ですよと。えーっ、マジっすか、ありがとうございます!

 傍聴した。今日は被害者尋問だった。
 弁護人は3人。主任弁護人の席にいるのは、カルロス・ゴーン被告人の事件でも有名な弘中惇一郎弁護士だった。

201110  昨年の7月末頃って、参院選に自公が圧勝して政権が浮かれていたときかな、総理官邸の閣議の裏側でそんなことが起こっていたとは! 私なりにちょろっと検索してみたけども、本件のことはノーヒットだった。
 傍聴席に、私以外に最後までいたのは、総理官邸方面の関係者と思われる中年以上の男性が3人か4人のみだった。

 上の画像は総理官邸。
 下の画像は今夜の酒肴。も最高っ。こういうので焼酎を飲み、飲みながら原稿を書き、眠くなったら寝る、幸せだよね~。

 ←11月11日00時00分現在、週間INが60で3位

2020年11月10日 (火)

北海道警察の激しい怒りが紙面からたちのぼり!

 雑誌2誌(いずれも11月下旬発売)の原稿をようやく昨日送信し終えた。ふぅ。
 『ドライバー』は、伊藤健太郎さんのひき逃げ事故に関係して、ひき逃げ犯たちが法廷で述べた“逃げた理由”を。1件はなんと有名俳優氏、あの供述はリアルだった。

201013c  『ラジオライフ』は、北海道警察の警部補がレーザー式の車載装置(LSM-100)で測定値を捏造した事件について。
 あれはよくあるデッチ上げなんかじゃない! という話はすでに『ドライバー』のWebサイトで書いた。その後、北海道新聞の紙の現物をマニア氏からもらった。私の読み通りの、ずばりなことが報じられていた。それも1面トップと社会面で2度にわたり!
 道警の怒り、警察庁に対する激しい怒りが紙面からたちのぼってくるように思え…。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、11月から週2号にした。火木土の発行を、火曜と土曜の発行にしたのだ。
 今月は以下の2号を発行した。

第2484号 誕生日なのでちょっと豪華な弁当を食べたく無免許運転を
 被告人不出頭で何度も流れた「道路交通法違反」、ようやく被告人が出廷し、開廷した。一般の人は刑事裁判の儀式的な決まり事を知らず、日本の「公平」がどこにあるのかも知らない、仕方ないとはいえ非常に残念と私は思う。

第2483号 原判決破棄、その理由は元号改変か。被告人は棚からぼた
 前刑終了から5年以内にまたやると「累犯加重」の対象になる。5年過ぎているのに原判決は累犯加重をした、よって破棄、という珍しい控訴審判決を傍聴した。  編集後記は、情報公開制度について非常に珍しい“事件”!

 いま購読登録するとこの2号がどっと送信される。そして11月末まであと6号が順次送信される。
 初月は無料。翌12月から月額110円となる。月額、です。

 とにかくね、週2号にしてものすごぉく楽になった。ふり返れば、2009年12月にメルマガを創刊した頃、週6号の発行だった。消費税率の関係で当時は月105円だっけ。

 ←11月10日11時30分現在、週間INが60で3位~!

«もしや無罪か! と思える判決期日が取消に