フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年7月12日 (日)

オービス乱世、新潟県警がヤバイというか

200712c  当ブログ、ご無沙汰してしまった。
 忙しかったのだよぅ。何本も締切り原稿があるなか、「今回遅れると厳しいことになります」と担当編集者氏から言われ、ブログ記事を書いてるわけにいかないじゃないの。ひどく消耗した。頭髪に良くないはず。頭髪緊急事態宣言だ。💦

 「可搬オービス未配備は新潟県だけに 本年度当初予算案計上、自民の反対で削除」と7月12月付け新潟日報。こっりゃおっもしろい記事だ!

 「県議会で自民はオービスの効果を疑問視し、導入費用を削除した修正案を提出。導入は実現しなかった」とは、私のネット記事「速度取り締まりの最終兵器が使い物にならない? 可搬式オービス「LSM-300」が“カカシ”化するであろう深いワケ」(6月3日付け)の5ページ目に出てくるやつだ。

 警察は「可搬式」と発表してるのに、なぜわざわざ「可搬型」と呼び変えるのか、ってそこじゃなくて…。
 今回の新潟日報さんの記事で最も興味深いのは、「20年度末までに1~2台導入する予定だ」と新潟県警は回答しなかったという部分だ。警察庁は新潟にも導入させると宣言してるのに、なんだそれ。記者さんもたぶん驚いたはず。
 新潟県は2019年の固定式オービスの取締り件数がまさかのゼロってとこも考え合わせると、非常に興味深い。

 警察庁は「半固定式オービス」なるものを思いついたり。6月下旬発売の『ラジオライフ』の連載原稿の最後に私は「今は“オービス乱世”といえそうだ」と書いた。まさに乱世。こんなことはなかなかないですぞ。警察庁および都道府県警警察内の方々は、“いずれ沈む泥船”はどっちなのか、こっそり見極めつつ、あとで“泥船派”の恨みを買わないよう、淡々と日々の業務をこなしていく、そのへんがいいんじゃないですかね。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」のほうは、週に3号、毎度遅れつつもがっちり発行してきた。7月は現時点までに以下の4号を発行した。

第2433号 あおり運転厳罰化の日、まさにそのあおり運転の裁判が! 
 あおりあおられ妨害運転、どっちもどっちのとき、先に110番通報したほうが勝ち、少しでもケガをしたほうが勝ち、という刑事司法の鉄則…。

第2432号 大報道された非道「殺人」、原審は懲役17年、まさか無実?
 元交際相手の女性(25歳)に睡眠薬を飲ませて絞殺、埋めたとされる事件。法医学のエキスパートが証言するには…。ピンク歯、遷延死、屍蝋化、そのうち刑事ドラマ、鑑定医ドラマに出てくるかも。

第2431号 無免許初犯で罰金50万円、その理由がどうやら分かった!
 言語表現の能力に大いに問題のある男性だが、高齢者のデイサービスの送迎運転手として充実して働いていたようだ。ところが違反を重ねて30日の免許停止処分とされ、停止期間を1日に短縮する講習の費用、1万1700円が足りなかったばかりに…!

第2430号 元東京地検特捜部長の重大事件、超厳重警備で第3回公判!
 レクサスLS500hのアクセルを間違えてベタ踏みし、狭い商店街を時速120キロで300m以上も暴走、重大死亡事故を起こしたとされる事件。被告人(元特捜部長、81歳)はじつにお洒落だった。今日は弁護側立証で…。

 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まであと9号が順次送信される、そこまで無料。初月無料なのだ。
 面白くて、あるいはめんどくさくて購読解除しなければ、8月分から月額110円(税込み)が課金される。私の取り分は6割だ。おかげさまで、裁判所への往復交通費と、情報公開法・条例による開示請求の手数料の、少なからぬ助けになっている。ありがとうございます!

 画像は、農家の直売所のB品のトマト。畑で完熟も完熟、熟しすぎて割れちゃってる。ずっしり重くて、熟しすぎたトマトの味、最高だ。これが1袋200円(税なし)。自転車で1時間の圏内にこういう直売所があるって幸せ、だと思う。髪がごわごわ生えてきたらいいな。トマトじゃ生えない? 決めつけるのは良くないと思いますっ。✨

 ←7月12日21時40分現在、週間INが50で4位~!

2020年7月 4日 (土)

東京のPCR検査数は極秘じゃなかった!

20200704-2  メルマガ第2430号「元東京地検特捜部長の重大事件、超厳重警備で第3回公判!」の編集後記で、要旨こんなことを書いた。

 「東京都で新たに○人が感染!」とテレビはどうやら朝から晩まで、緊迫感あるナレーション&BGMで報じているようだが、いつ見ても「○人を検査したところ…」とは絶対に報じない。
 検査人数はタブーなのか。うむ~。
 思いついて、都庁に電話してみた。
 なんと、検査人数は普通に発表しているのだという、ええーっ!!! ※ https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 以下、左から順に、日付、健康安全研究センターが実施したPCR検査数、医療機関等が実施したPCR検査数、新規感染者数だ。

6月28日(日)  84 290 60人
6月29日(月) 227 2498 58人
6月30日(火)  23 2308 54人
7月01日(水) 168 2165 67人

 日曜は検査数が極端に少ない。土曜もかなり少ない…。
 要旨そこまでをメルマガ第2430号の編集後記に書いた。専門外の雑感を書くことはよくあるのだ。
 そして今日、7月2日分が分かった。

7月02日(木) 101 2405 107人

 168+2165=2333件。101+2405=2506件。
 つまり、2日は1日より検査を173件増やし、そしたら感染者数が40人増えたわけだ。
 こうしたことから私がコメントするなら、
「検査数が驚異的に少ないうえ、なぜどういう人たちを選んで検査したのか、そこが見えないんで、なんとも言えませんねえ」

 なぬ、今井のコメントなんぞ誰も求めない? あそっか~(笑)。

 ←7月4日19時50分現在、週間INが70で4位~!

2020年6月30日 (火)

全社横並びの上っ面報道、The News Surface!

2006282  「20代女性と早朝ゴルフで「暴走ひき殺し」超有名弁護士・78歳の転落」と2018年3月15日付け「週刊現代」。
 「超有名弁護士」とは、元東京地検特捜部長、元名古屋高検検事長の石川達紘氏である。

 その事件が「過失運転致死、道路交通法違反」として2020年2月17日、東京地裁の法廷へ出てきた。倍率約5倍の傍聴券抽選に、導かれたか私は当たり、第1回公判をメルマガで詳細レポートした。以下だ。

 第2372号「元高検検事長のレクサス、時速120キロで320mを暴走!
 第2373号「元検事長のレクサス暴走事故、もしや本当に車両の不具合?

 6月30日(火)、その審理の期日があった。前回の5月11日は、コロナでか取り消されており、久々の期日だ。
 また傍聴券抽選、当たり券は11枚ぽっち、並んだのは32人。
 そしてまたも導かれたか、私はさくっと当たってしまった。

 法廷の前で、どんだけ異様な超厳重警備があったか。あれを記者クラブメディアが報じることはないはず。経験した人と、上記メルマガを読んだ人以外、つまり日本国民の9.99999999%99.9999999%)は知らない、そんなことは日本国にはいっぱいあるはず。私が知ってることより知らないことのほうが何万倍も多いだろう。

 しかし! 裁判所で日々なにが行われているか、私は17年間か見てきたので、知らないジャンルで起こっていることに、ま、耳を傾けられる人間になった、とはいえる。

 今日の期日は弁護人立証から。電子制御の自動車の意図しない加速でリコール、それは過去にけっこうあるのだ、ということを、なんか大した経歴らしい人が証言する途中で、私はそっと出た。
 東京簡裁のほうで「道路交通法違反」の新件があったのだ。これは見逃せない! オービスの否認事件ではなかったが、存分に「うわぁ!」な事件だった。

 この日は、流行の「あおり運転」をやったとして全国報道された「傷害」も傍聴した。おいおぃ、被害者とされたタクシー運転手のほうがじつは悪いんじゃないの? と思える事情があった。

 病院へ行くため勾留停止とされた男が逃亡した、と全国報道された「犯人隠避教唆」も傍聴した。これも、うっわ、そんな背景があったのか、その部分は絶対に報道されないわなぁ! と思えた。

 いや、司法記者クラブの記者諸氏も、ディープなことを報道したいはず。記事を書いちゃったかもしれない。けど“上のほう”が許さず、記者氏が少し詳しく書いた記事も、全社横並びの上っ面報道(The News Surface)に落とされる、ディープなネタを会議に出しても鼻で笑われる、そういうことがあるんじゃないかと私は想像してます。頑張りましょう。

 明日こそ、いっくらなんでも必ず「半固定式オービス」についてのネット記事を書こう! ←大丈夫か?

 画像は、東北地方の某ピザ店。持ち帰り半額だというので寄ったのだ。じつは数日前、やむを得ない事情がありレンタカーで東北地方へ行ったのね、ホンダのNBOXで。NBOX、いいわ~! 

 ←6月30日21時50分現在、週間INが60で4位~!

2020年6月29日 (月)

メディアが断固として報じない判決主文

「○日、新たに○人の感染が確認されました」

 すべてのニュース番組が朝から夜までそう言い続ける。
 しかし、私が見て来た限り、「○人を検査したところ…」とは絶対、金輪際、断固として言わない。
 検査人数を大雑把にでも把握するのは、もしかして困難なのかもしれないが、それにしても、そこまで断固、一切触れないのは、私には理解し難い。
 検査人数は、タブーか、放送禁止ジャンルか、そういうもののようだと私は見ている。

 裁判報道においては、未決算入、未決勾留日数の算入はタブーだ。それもまた徹底している。
 今日、東京地裁で、元弁護士の夫と、元税理士の妻を相被告人とする「所得税法違反」の差し戻し審の判決があった。
 記者クラブメディアの報道はどこも同じ、またはほぼ同じなところ、以下は6月29日付けのNHKニュースの一部だ。被告人夫婦の姓だけ私のほうで伏せる。

無罪から一転 脱税の罪で弁護士と元妻に実刑判決 東京地裁
20200629-2  東京の弁護士と元妻が不動産取り引きで得た8億円余りを脱税した罪に問われ、無罪が言い渡された後、やり直しとなった裁判で、東京地方裁判所は弁護士に懲役2年6か月、元妻に懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。
   (中略)
 29日の判決で、東京地裁の野原俊郎裁判長は、「税金を逃れるために2人の関係会社を使って取り引きを行ったと認められ、収益は個人のものだ。脱税額は極めて多額だ」として■■平被告に懲役2年6か月と罰金2億円、万理子被告に懲役1年6か月の実刑を言い渡しました。

 刑事は検察官vs「被告人」、民事は原告vs「被告」、なのだが、法廷の外では刑事の被告人を「被告」とすることで決まっている。
 なんと驚いたことに、刑事被告人を「被告」と呼ぶ刑事裁判官さえときどきいる。驚くでしょ。

 ま、それはいいとして(よかないけどw)、今日の判決主文は、正しくはこうだ。

 平被告人=懲役2年6月、未決600日算入、罰金2億円、換刑は1日50万円。
 万里子被告人=懲役1年6月、満つるまで算入。

 なので、平被告人の刑期は10カ月ちょい。それとは別に2年弱の身柄拘束で罰金はチャラになる。万里子被告人は服役なし。

 そのことは、記者クラブメディアに限らず、日本では断固として報じられないんじゃないか。
 社会学部、報道タブー学科、みたいなものがあっていいと私は思う。学科ができる前に、学生諸君よ、広く深く当たり前に存在する報道タブーについて調べて研究して論文を書いてほしい!

 上記判決主文の意味については、メルマガか別の記事で解説しよう。今めっちゃ忙しいのだ。「固定式オービス」についての記事もまだ書いてないし、もうどうすりゃいいのか。

 画像は、上掲NHKニュースのキャプチャー画像。映像画面の左下に、妙なものが映ってるでしょ。ぶっちゃけ、私の禿げ頭だ、禿げたな~! いや、まだ完全ツル禿げとならず頑張っていることを褒めてほしい。無駄な抵抗はよせ? えーん💦

 ←6月29日22時30分現在、週間INが90で4位~!

2020年6月25日 (木)

性犯罪の常習者を検察官と裁判官と刑務所が育てる

2005295c  6月24日(水)、東京地裁の刑事部にちょっと気になる審理の期日があり、約4時間睡眠で頑張って出かけたわけ。

 電車は、先週より断然混んでた。
 毎日通勤利用する女子君に聞いたところ、今週月曜から急に混み始めたらしい。都道府県をまたいでの移動が緩和された影響だとか?

 東京地裁では、朝一から16時過ぎまで傍聴した。濃かった! 濃い事件に次々当たった!

 少しだけ言えば、「宝くじ」の高額当選券をネコババした事件。そんなの初めて傍聴した。
 あと、婚活詐欺師とかネットで叩かれまくってる事件。
 それから、だいぶ昔にある悪質事件の犯人として全国報道された男の、仏像万引き! まだ分からないけれども、だいぶ昔のあの悪質事件、真相はじつは報道とは全く異なる可能性あり? との印象を受けた。

 最後に傍聴したのが、女子トイレ侵入マニアというか。性犯罪の常習者を、じつは検察官と裁判官と刑務所が育ててるんだなぁ、と痛感した。本当に悪質だと思う。

 しかしどれもメディアは報じないだろう、てかそもそも興味すら持たないだろう。私がメルマガでレポートするしかないのだ。社会的役割の重さに震える。羽毛の如き重さではあるが(笑)。

 帰りにまた警察庁へ寄り、「半固定式オービス」の文書をゲットした。ええーっ、警察庁はそんなこと考えてたんですかー!
 このスクープネタは、メルマガ次号の編集後記でちらっと書いてから、ドライバーのWebサイトで発表しよう、その文書全部とともに。原稿B、C、D、Eはまた先送りだ。こうやって日々が過ぎていく、嗚呼。

※ 画像は“リモート飲み”(かな。よく知りません)の酒肴自慢。酒と醤油と微量の茶色い砂糖で煮た甘海老(半額)と、各種生野菜に米酢とマヨネーズをかけ、鶏もも肉を焼いて乗せたやつと、ニラともやしとタマネギと椎茸のオイスターソース炒めと、ワカメときうりの酢の物。全部自作だ。旨そうでしょ。旨いのだよぅ。こういうのを食べながら酎ハイと焼酎を飲みつつ、眠くなるまで原稿を書くわけ。健康的だね。甘海老と鶏もも肉は通風(高尿酸血症)に良くない? うう…。

 ←6月25日12時30分現在、週間INが110で4位~!

«半固定式オービスって何だ!?