フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2017年5月27日 (土)

天敵の多いジャングルに育った小動物の脳

 以下は小倉経済新聞のツイート。

 白黒パトが指定禁止場所に、車内にもそばにも運転者がいない状態で駐車していたら、駐車監視員はどうするのか、“事情通”氏に聞いてみた。
 そんなもの、公安委員会規則以前に、常識的にやらないですよ(笑)。人員不足でバカなド素人を組ませたか、何かで警察から叱責され恨みを持っていたか、そんなとこじゃないですかね(笑)、とのことだった。

 指定禁止場所における、要するに警察活動のための駐車は、公安委員会規則によりセーフだ。したがってこの確認標章はボツになり、取り付けたユニット(2人組)と統括者は叱られるだろう。
 確認標章の取り付けの仕事は入札がある。入札は金額と、実績などの点数とで決まる。その業者は、次の入札で点数を辛(から)くされるかも。そこをカバーするためには金額を下げねばならない。駐車監視員が集まらず、人員不足でド素人を組ませることが増えるかも。

 小倉経済新聞の上掲ツイートには、現時点で4万7千を超えるリツイートがある。広く全国に知られてしまったことは、入札の点数に影響するのかどうか。
 「駐車監視員はパトカーも見境なく取り締まる。違法駐車は絶対ダメだ」という宣伝になったとすれば、入札の点数がプラスになるかも。そこを狙ってパトに取り付けたとすれば、大したもんだと思う。
 でも、「違法駐車は絶対ダメ」という宣伝が効きすぎると、違法駐車が激減して放置違反金の収入が減り…。嗚呼そんなこと心配してる暇は俺はないのだっ。

 ちなみに今、机の上の書類の山のいちばん上に、2015年の確認標章の取り付け件数の表がある。
 全国の総数は139万4977件。ダントツトップは警視庁(東京)で41万2531件。山口県は1860件ぽっちだ。
 以下は駐車監視員になるためのテキスト。5訂版が出てるんだね~。

 さて俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、5月は以下の16号を発行した。

第1911号 ターゲットから愛された殺し屋。しかし…
 前号からの続き。やがて気絶から覚めた被害者と殺し屋は、ソファーに座って『半沢直樹』の最終回をいっしょに観たんだという! 依頼者(被害者の息子)は父親の殺害をあきらめず…。事実は小説よりも奇なりというが、前代未聞の事件なのだった。

第1910号 資産家76歳の殺害をその息子から依頼され
 検索ノーヒットの地味な「傷害」。酔ってケンカしたのか? と思いきや、なんと被告人は殺し屋なのだった! 依頼者は「金に執着し見栄っ張り」な男。ターゲットはその父親。報酬は3~5千万円。伊豆のリゾートマンションで、殺し屋はターゲットをいったんは絞め落としたが…!

第1909号 8年前のあの大学3年生、今度は強姦致傷で
 どうも気になる「強姦致傷」。某私立大学3年生が路上で女子高生を襲い逮捕、という8年前の事件と同姓同名なのだった。色情犯の再犯は多いと聞く。またやったのか? 傍聴してみた。ビンゴだった…。
 
第1908号 控訴され破棄されるに決まってる判決をなぜ?
 検察控訴の痴漢事件。「原判決を破棄する。被告人を罰金50万円に処する…」。原判決は無罪じゃなかった。罰金10万円だった。なんと「強制わいせつ」で保護観察付き執行猶予中なのにっ! 原審の裁判官はなぜ罰金10万円としたのか、マニアック推理。
 
第1907号 天敵の多いジャングルに育った小動物の脳
 次に捕まったら刑務所だ、夫とも1歳の子とも離れることになる、もう万引きは絶対しない、したくない! しかしまたやってしまうのはなぜか、脳の謎を平井医師は解明し、「条件反射制御法」で治ることを発見したのだという。すごい話を俺は聴いたよ!

第1906号 「DSM-5は間違っています」ときっぱり!
 続々と出てくる、摂食障害(過食嘔吐)の女性の常習万引き。今日は下総精神医療センターの薬物依存治療部長で条件反射制御法学会の会長、平井愼二医師を尋問。検察、裁判所が病者を量刑相場どおり刑務所へ落とすために利用するアメリカの診断基準、それは間違っているときっぱり!

 以下の2号は5月20日お知らせした

第1905号 オービス裁判、俺以外の傍聴人はすべて!
第1904号 怪しいっすか? 怪しくないっすよ(笑)

 以下の4号は5月16日にお知らせした

第1903号 こういう人たちが続々と刑務所へ送られ… 
第1902号 留置場で2週間、自分を見つめ直しましたっ!
第1901号 大学のどろどろ不倫事件、准教授は冤罪?
第1900号 「労役」という言葉に騙されていた! 後編

 以下の4号は5月7日にご報告した

第1899号 駐車違反で労役場、抱腹絶倒レポート、前編
第1898号 受け子はそんな悪い子には見えなかった
第1897号 申し訳ないけど罪の意識全然ありません!
第1896号 鉄板執行猶予の万引きにあの有名弁護士!

 いま購読登録すると、以上16号がどどっと送信される。そして5月末まであと2号が順次送信される。初月は無料なのだ。最近ぽつぽつ部数が増えてる。ありがとございます~。heart02

 ←5月27日13時10分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年5月24日 (水)

報酬5千万円の殺し屋は…!

 15時30分~16時、東京地裁718号法廷(52席)で「建造物侵入、強盗傷人」(裁判員裁判)の判決。
 「「ピザハット」店長“自作自演” 被害者装い売上金140万強奪容疑で逮捕 部下の副店長は鉄パイプで殴られ重傷 警視庁」と報じられた事件の被疑者と同姓同名だ。事件がなんであれ、裁判員裁判の判決を東京地裁で傍聴するなら、遅くとも15時には行かなきゃ、だなぁ。

1705241 15時30分~16時30分、東京地裁529号法廷(20席)で「強制わいせつ、強盗未遂、傷害」の審理。
 こっちの被告人氏名でネット検索すると、10mほどの距離を保って尾行した末、背後から襲いかかり…という、匿名者による転載報道がヒットする。
 一般傍聴人に大人気の色情事件なうえ、傍聴席は20席。やっぱり15時には行かなきゃ、かなぁ。

 と考えた末、15時からの、こう言っちゃなんだが無名の「傷害」の新件へ俺は行った。ひねくれ者だ(笑)。
 そしたらっ! すごいのにぶち当たった。裁判傍聴マニアになって15年目、事件数で7200件近くを傍聴してきたけど、こんな事件は滅多にないよっ。

1705244 ごくごく簡単に一部だけ拾えば、被告人は、被害者(かなり高齢)の息子から報酬5千万円で殺害を依頼され、まずは背後から首を絞めて落とした(失神させた)が、その後すべてを被害者に話し、気に入られたようで、有名菓子店の菓子箱と交通費をもらい…。しかもそれは4年前のことなのだった。被害者は警察には届けないと言ってたんだそうだ。じゃあ、なんで発覚したのか…。
 それ以外にすごい部分があって、俺は泣きそうになった。こんな事件は滅多にないよっ。

 メルマガ次号でレポートしよう。ある有名なお医者さんが購読登録するとメールをくれたり、緊張しつつ興奮してるのだ!
 でも今夜はもう寝よう。
 画像は、その「傷害」が終わってから行った、究極の居酒屋「昭和」の酒肴。上は、厚揚げの甘酢あんかけ、だっけ。旨かったな~。下は、オム焼きそば。俺は夜は炭水化物は食べないんで、これはマニア氏のを撮らせてもらった。旨そうだな~。いずれも1品チケット1枚。チケットは10枚綴りで1100円。やんなちゃうよね~。

 『週刊プレイボーイ』の広告に「ご夫妻推薦!」とある。
 周防正行さんのコメントは「恐怖は無知から生まれる。もう女性は怖くない」。草刈民代さんのコメントは「この本を読んだら夫が変わった!」。うっまい宣伝だねっ(笑)。そもそも本のタイトルが良い。絶対読まなきゃ。

 ←5月24日23時50分現在、週間INが240で1位~。happy01 

2017年5月23日 (火)

元マネージャー氏はすでに

 2014年6月29日付けの東スポ記事が今もネット上にある。以下はその一部。

「爆笑問題」元マネジャー覚醒剤事件で全社員、タレント薬物検査
 人気お笑いコンビ「爆笑問題」の元マネジャーが覚醒剤事件で逮捕、起訴されていたとの女性誌報道を受け、所属事務所「タイタン」の太田光代社長(49)が27日、所属タレントや社員を薬物検査したと自身のツイッターで明かした。本紙直撃に太田社長は、心労でダウンしたことを告白。

 そのマネージャー氏の“ふたつの事件”を、2013年と2014年に傍聴した。都度、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」でレポートした。
 そして車雑誌『ドライバー』の2014年9月号にまとめて書いた。その原稿を、若干加筆等して以下に。 

 6月29日、人気お笑いコンビ「爆笑問題」がTBSの番組中で、元マネージャーが覚せい剤で逮捕されたことについて謝罪した。
 これ、じつはね、逮捕は今年3月。6月23日には元マネ氏は懲役1年の実刑判決を受けてるのだ。
 芸能界も覚せい剤も専門外の俺が、なぜそんなディープなことを知ってるのか。話は1年前にさかのぼるんである。

 昨年8月、東京地裁の小さな法廷で「自動車運転過失傷害」の裁判があった。被告人氏名でネット検索すると、「爆笑問題」のマネージャーだとか橋本徹氏を大阪府知事にした男だとか、たくさんヒットした。が、交通事故のヒットは一切ない。同姓同名の別人かな? と思いつつ傍聴してみたわけ。

 普通乗用車を運転中、居眠りして対向車線へ。自転車に衝突して、駐車中のトラックに突っ込んだ。トラックの男性2人は軽傷で済んだが、自転車の男性はボンネットにハネ上げられて転落し、高次脳機能障害を伴う脳挫傷。大事故である。
 捜査段階の調書を検察官が読み上げた。こんな部分があった。

調書 「(当時)タレントのマネージャーをしており……」

 居眠り運転の原因を尋ねられ、被告人はこう述べた。

被告人 「前日からの寝不足と、同行していたタレントを無事に自宅まで送り終えた、いわゆる現金輸送車の……安堵感に近いかと思います。それほどタレントを乗せているときと乗せてないときの落差は大きなものでありました」

 うわ、やっぱりそうだったんだ!
 自転車の男性の調書にこうあった。

調書 「相手もわざと事故を起こしたわけじゃない。恨んだところで自分の生活が変わるわけじゃない……」

 なんか達観してるというか、ただ者じゃないな? 「メッセンジャー」「世界大会で優勝」という語が出てきたので、あとで検索してみた。なんと自転車の世界では有名な人物なのだった。
 しかし何より驚いたのは……。

弁護人 「入院費、約1500万円と高いのは、どうしてですか?」
被告人 「医療水準の高いところで、なるべく後遺症を少なく……勤め先の社長と話しまして」

 社長が保険会社と交渉したんだという。俺は交通事故の裁判を何百件も傍聴してきたが、そんなことしてくれるケースはないよ!
 社長って、自身もよくテレビに出てる太田光代さんでしょ。すっごい女やなぁ~! 俺は心底感動した。  ※社長の交渉により保険給付が高額になったとは限らない。そもそもそんな交渉をすること自体が珍しいのだ、傍聴席で見てる限りにおいては。

 被告人は本件で解雇されていた。

検察官 「(再就職は)また同じような芸能関係へ?」
被告人 「やはり20年間、働いて……しかし、やはり人気のタレントを扱うものなので、私を採用していただくのは難しいのではないかと」

 判決は同年12月。禁錮2年6月、執行猶予3年だった。
 事故は過失で起こるのだ。そのフォローがここまで完璧なら、猶予期間が終わって芸能界復帰も可能なんじゃないか、俺はそう思った。

 そして今年6月16日、見覚えがある氏名を開廷表に見つけた。事件は「覚せい剤取締法違反」。まさか、今度こそ同姓同名の別人だろ。念のため傍聴してみた。なんとビンゴなのだった。

検察官 「平成22年から覚せい剤を使用するようになり……」

 ええーっ、それってマネージャーをやってた頃じゃないの?

検察官 「平成24年以降、少なくとも2名の密売人から……」

 密売人の携帯電話では被告人のことは「ベテランさん」となってるんだそうだ。ナメられてだまされないようベテランを装ったんだと被告人は述べてたが。

検察官 「居眠り運転をして交通事故を起こし、長い失業の不安から覚せい剤を使用したと……」

 今年3月、覚せい剤と注射器を所持してるのを職務質問により発見され、逮捕されたんだそうだ。
 執行猶予中の犯行なら普通は実刑だ。が、交通事故は過失犯のうえ、覚せい剤とは異種だ。覚せい剤依存症の治療計画は整ってるそうで、再度の執行猶予もあるんじゃないか。

 6月23日、判決。

裁判官 「主文、被告人を懲役1年に処する。未決勾留日数中30日をその刑に算入する。以上が主文です」

 実刑だっ!

裁判官 「とにかくこれを機会に薬物を絶つ……再起を期待しています」

 被告人は「はい、お約束します、ありがとうございますっ」と、体を90度に折っておじぎした。芸能界へは二度と戻れないかも。
 6月26日、太田光代さんは、所属タレントと社員全員に病院で薬物検査を受けさせる、まず自分から、とツイッターに書いた。そんなことをする芸能事務所がかつてあった? 俺はつくづく思ったのだった。すっごい女や!

 2014年10月15日、その「覚せい剤取締法違反」の控訴審判決を傍聴した。控訴棄却だった。保釈されており、控訴審での未決算入はなかった。
 上告がなければ10月の末頃に確定する。1年6月と1年、マイナス30日を服役することになる。俺の計算に間違いがなければ、満期だとしてもすでに出所しているはず。

 心配なのは、覚せい剤の再犯だ。俺が事件数で7200件近くを傍聴してきたところによれば、検察官が「徹底的矯正教育を行う矯正施設」と言い張る刑務所に矯正効果などない。たとえ刑務所で矯正プログラムを受けたとしても、「もう大丈夫。懲りたし」と思ってると、依存者はまたやる。
 依存症は病気であり治療こそが必要なのだ。
 その治療として「条件反射制御法」というのがあり、相当の効果があって治る! ということを最近、クレプトマニアの裁判で知った。俺は大いに驚きメルマガの第1906号「「DSM-5は間違っています」ときっぱり!」と、その後編である第1907号「天敵の多いジャングルに育った小動物の脳」でレポートした。

 もしかして、太田光代さんが元マネージャー氏に対し、平井医師の診察を受けるよう勧め、費用を援助…ということがあったとき、週刊誌は食いついて叩くんだろうか。しょむない言い方だけど、そういうことはヤメてほしいと思う。

 依存症といえば古書店でこんな本を見つけた。目次をめくったら、かなり面白そうだった。けど、俺の読書時間は裁判所への往復の電車内と、30分以上前に法廷に張り付いて開廷を待つ間のみであるところ、同書はけっこう重く、「鞄がさらに重くなりそうだなぁ…」と、買うのを躊躇してしまった。sweat01

 ←5月23日17時30分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年5月20日 (土)

万引き病は治る!

「興味深い講義をただで聴ける。裁判傍聴はお得だぁ」
 そう思ったもんだ、昔、宮代真司さんの証人尋問を傍聴したとき。
 その後、いろんな学者さんの「講義」をただで聴いた。いわゆる危険ドラックは脳にどんな影響を与えるのか、勉強になった。医療大麻のこと、俺はそれまで興味がなかったが、お医者の証言を聞いて、国家ってやつが如何に非道なくそバカか震撼したね。もちろんメルマガでレポートしてきた。

 そして5月18日(木)、クレプトマニア(万引き病)の裁判で、独立行政法人国立病院機構下総精神医療センターの薬物依存治療部長、平井愼二医師の尋問を傍聴した。いやはやぶったまげた! 摂食障害(食べ吐き)と万引き病は脳内の何がどうなって起こるのか説明し、「治ります」ときっぱり言うのだった。
 覚せい剤、アルコール、ギャンブル、万引き、公然わいせつ、盗撮、痴漢等の依存から抜けられない方、またそのご家族は、条件反射制御法を一刻も早く知るべきだ! と思ったス。

 19日(金)は、すき家のトイレに置き忘れた財布(現金20万円在中!)を盗まれたという男性の尋問を傍聴した。酒を飲むと怒りが止まらなくなる怒り上戸とでもいうおっさんが、他人宅の玄関前で頭から灯油をかぶり…という事件の被告人質問も傍聴した。
 警視庁でハラキリと報じられた事件の、手を切られた警部補の尋問も傍聴した。報道されたこととだいぶ違うのだった。

 ぜひお伝えしたい事件が多すぎて困るメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、5月は以下の10号を発行した。

第1905号 オービス裁判、俺以外の傍聴人はすべて!
 俺以外の傍聴人はすべて検察庁かそっち方面と思しき男女。こりゃあ、オービスの否認だな! オービス新時代を前に、研さんを積もうとしてるんだな! 被告人は、ほんとは誤測定の主張なのだけれども、無罪の証拠がないからあきらめ、しかし…。

第1904号 怪しいっすか? 怪しくないっすよ(笑)
 「「がんに効能」と販売…実は99・89%は水 容疑の社長を逮捕」と報じられた「
薬事法違反、医薬品医療機器法違反」の判決。  10年前に「<学校荒らし>作業員装い首都圏で1000件、59歳男逮捕」と報じられ、また同じことをやった「建造物侵入、窃盗」の判決。  「メーター改竄し中古車を販売 詐欺容疑で業者逮捕」と報じられた「不正競争防止法違反、詐欺」の第1回公判…。

 以下の4号は5月16日にお知らせした

第1903号 こういう人たちが続々と刑務所へ送られ… 
第1902号 留置場で2週間、自分を見つめ直しましたっ!
第1901号 大学のどろどろ不倫事件、准教授は冤罪?
第1900号 「労役」という言葉に騙されていた! 後編

 以下の4号は5月7日にご報告した

第1899号 駐車違反で労役場、抱腹絶倒レポート、前編
第1898号 受け子はそんな悪い子には見えなかった
第1897号 申し訳ないけど罪の意識全然ありません!
第1896号 鉄板執行猶予の万引きにあの有名弁護士!

 いま購読登録すると、以上10号がどどっと送信される。そして5月末まであと8号が順次送信される。初月は無料。
 どうせ試し読みするなら今月がお勧めだ、と思う月が多い。今月もそうだ。お勧めする。

 ←5月20日9時50分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年5月18日 (木)

今日も濃かった!

 こんなことしてる暇はないんだけど、手短に興奮をお伝えしとこう。
 17日(水)、朝から裁判所へ行った。
 10時10分、なんと検察控訴の「迷惑条例違反」の控訴審判決があるとマニア氏から聞き、無惨な逆転有罪のシーンを見届けねばと。
 逆転有罪、ではなかった。だがっ、いやはやなんというか、非常に興味深い事件であり控訴審判決なのだった。メルマガで絶対レポートしなければ。

 10時30分から同じ法廷(栃木力裁判長)で「強姦致傷」の控訴審第1回があった。
 ま、いいや、とよその法廷へ行こうとしたのだが、マニア的にちょと気になる状況があり、傍聴してみた。8年前、大学3年生のとき色情事件で逮捕された、との報道ヒットがある人物と、どうやら同一人物。マニア的に「おいおぃ~(笑)」な展開があった。これは判決も傍聴してからメルマガでレポートしよう。

 そして11時、すごいのを見つけた! 東京簡裁で「道交法違反」の新件。傍聴席には検察職員と思しき男女が5人もっ! 一般傍聴人は俺のみ。
 ははぁ、オービス否認なのだなっ。ところがというか何というか、うむぅっ! そのレポートをメルマガ次号に半分ほど書き、もう疲れちゃって、寝る前に芋焼酎を飲みつつこのブログを書いてる次第。

 この日はほかに、「常習累犯窃盗」が保護観察付き執行猶予になったのを傍聴した! 信じられないでしょ。
 その事件、前回の期日はメルマガ第1891号でレポートした。「なんか聞いてると執行猶予になりそうな雰囲気」と俺は書いた。今日、マジで執行猶予になり、傍聴席の家族は「はーっ」と息を吐き出し、泣いたょ! あとでまたレポートしよう。

 昼休み、喫煙所にタトゥーの若者がいた。革ジャンをそでまくりして細い腕のタトゥーを見せた、如何にも悪そうな若者が、母親らしき女性といっしょに。
 嗚呼、何かの被告人なのかな? と思ったら午後の「器物損壊」の被告人がその若者だった。俺が大嫌いなくだらない粗暴犯で──最後まで傍聴すれば違ったのかもしれないが──検察冒陳が終わったところで俺は出た。
 まだ陽が高いうちに、警察庁へ寄る用事をすっぽかして、とっと帰った。忙しいのに加えて、眠くてもうっ。

 今日も濃かった。もし俺がメルマガ「裁判傍聴バカ一代」をやってなければ、濃いのがほぼすべて埋もれてしまうのだ。俺の役割は重量なのだろうと思う。

 ←5月18日0時20分現在、週間INが200で1位~。happy01

«留置場で2週間、自分を見つめ直しましたっ!