フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年1月17日 (水)

スマホ運転厳罰化、ウソでしょ?

 以下は1月14日付け産経新聞の一部。太字は私。
 私が探した限りでは、現時点でこれは産経新聞だけのニュースらしい。発表ものなら、このネタを他社が報じないはずがない。
 てことは、警察庁の誰かが産経の懇意な誰かに話した、そういうことかも。

スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下
■道交法改正案、今国会にも 高齢者・家族ら指導規定新設
 携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。改正法案は高齢運転者による事故割合が増加している現状を踏まえ、都道府県公安委員会が本人や家族らからの相談に対し情報提供や助言、指導を行う「安全運転相談」に関する規定も新設する。早ければ22日召集の通常国会に改正法案を提出する。
◆取り締まり年100万件
 改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する
 さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

 そして以下、メルマガ第2043号の編集後記に詳しく書いたことから、一部抜き出す。
 「安全運転相談」については省略。厳罰化について。

 携帯電話使用の取締りは、よって交通の危険を生じさせた危険違反と、生じさせなくても使用しただけで違反とされる使用違反に別れる。
 2016年の取締り件数はこうだ。

  危険違反 176件
  使用違反 96万6366件

 使用違反のこの取締り件数は、速度違反、一時不停止、放置駐停車違反(放置違反金納付命令件数)に続いて第4位だ。
 それを反則手続から外す(=反則金の対象から外す)ってどゆこと? 私は首をひねらざるを得ない。

Img_1624 反則金は、総務省を通じて「交通安全対策特別交付金」として、ま、要するに警察の縄張りへ落ちる形になっている。
 使用違反の反則金は、普通車で6千円と安い。安いとはいえ件数で第4位。縄張りへ落ちる金が少なからず減ってしまう。

 一方、罰金は国家の一般財源となる。懲役刑は、実刑でも執行猶予でも国家の手間がかかるだけ。
 反則金の対象から外せば、警察としては書類作成の手間が(反則金で済む場合より)かかるばかり、何の得もない。
 そんな愚かなことをなぜするのか。 画像は警察庁のデータ。「反則告知件数B」が約100万件もごそっと減ることになる。大変だ!

Img_1625 私だったら、反則金を2倍か3倍に値上げするね。
 でもって現在は1点(使用違反)の違反点数を6点に、つまりイッパツで30日免許停止の点数にするね。
 そうすれば、縄張りへ落ちる金は増え、停止処分者講習の受講者が増えて必然的に講習委託費が増える。

 しかも、懲役がどうとか、一般には理解しがたいことを言うより、身近な反則金が大幅値上げ(金額を明示)、イッパツ免停! こっちのほうがインパクトが強いでしょ。使用違反の抑止に少しは貢献できるでしょ。
 私が警察庁なら絶対そうするです。私じゃなくたって、マトモな警察官僚なら当然そう考えるはず。

 とすれば、産経新聞のその記事は何なのか。
 何か腹に一物(いちもつ)ある警察官僚が、産経新聞を利用してアドバルーンを上げたのか等々いろいろ推測できる。

 早ければ次の国会に法案を提出予定とか1社だけが報じ、結局出ないってことが、道交法について過去にもあった。
 過去も現在も、警察庁のアドバルーンにすぐ食いつくのは私だけだったりして。なんか笑っちゃう…てか泣けてきちゃう? いや笑おう。笑うと健康に良いのだそうだ。happy01

 さ、編集後記にそんなことも書きつつ、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の9号を発行した。

第2043号 広瀬すずさんの兄、ありふれた酒気帯び事故
 飲酒運転で罰金50万円→2年間の免許取消処分→その取消中に無免許&飲酒運転でタクシーに衝突。あり得ないバカ野郎と世間は言うかもしれないが、似たような事件をさんざん傍聴してきた私からすると…。広瀬すずさんの兄の事件も同様に…。  編集後記は、スマホ違反厳罰化の報道はウソっぽいという話。

第2042号 ゲホゴホと激しかった咳は執行猶予で止んだ
 「遺失物横領」の被告人は苦しそうに両松葉杖で入廷し、のべつ幕なし激しく咳き込み続けた。しかし刑務官はしらーと無視、マスクも付けさせない。検察官はムカついてしょうがない感じ。その理由がだんだんと分かってきた。傍聴席の妻は、マスクで顔を隠しているが目元が女優美人。夫の供述を聞いて何を思ったろう…。

第2041号 韓国からの逃亡犯罪人、日本で夢みた5年間
 珍しい「逃亡犯罪人引渡審査請求」の審問(逃亡犯罪人引渡法第9条)を傍聴。5年前に日本に入国した夫婦と子どもたちは、苦労に耐えて頑張り抜き、生活は安定。特に息子は日本での夢を間もなく叶えるはずだった。しかしパパは韓国へ引き渡されることになり…。

 以下の6号は1月15日にお知らせした。

第2040号 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ
第2039号 常習スリの婆ちゃん、お金持ちになりたくて
第2038号 被告人が大うそつきか検察の冤罪づくりか
第2037号 無職30代、ネット掲示板に惑溺、耽溺して
第2036号 神社の賽銭箱にうんことおしっこを入れた件

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと7号が順次送信される。そこまで無料。よろしくね~。ってほんとお願いします!

 ←1月17日2時30分現在、週間INが100で2位~。happy01 

2018年1月15日 (月)

上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は昨年12月、創刊9年目に突入した。今年12月には創刊10年になるわけだ。
 ここまで続けられた理由は、はっきりと2つある。
 1つは読み支えくれた読者諸氏のおかげ。記事のミスをご指摘いただけることも非常にありがたい。
 もう1つは、私が採算度外視のバカだってことだね(笑)。

 勝手に想像するに、同メルマガは以下のような方にご購読いただいてるんじゃないかと。
Img_1772 ・読み物として面白いと思う方
 ・裁判傍聴に嵌まってしまい、もっと深く傍聴したいと思う方
 ・上を目指す警察官。 ※刑事裁判の手続きがどう進行するかリアルに見ることは昇任試験の勉強に役立つはず
 ・上を目指す検察官
 ・他の弁護士が刑事弁護をどうやっているか興味がある弁護士
 ・現在の刑事司法になんとなく疑問を感じている警察官、検察官、書記官、事務官、裁判官等の方々
 ・今井を見張らねばならない公務員の方
 ・メディアの方 ※このメルマガを他のメディアには知られたくないと漏れ聞いたス。
 ・週に4号も送信されてくるので忙しくてほとんど読んでないんだけども、どうせ月額108円だからと登録解除を怠っている方

 ともあれ1月は以下の5号を発行した。

第2040号 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ
 全裸男の顔に全裸女がまたがり、全裸男の陰茎を半裸男が手淫、そこを内偵捜査の警察官が現認し…。お客はだいたい「変態」なんだそうだ。会員制の閉ざされた空間なのに、犯罪として断罪する、検察官、裁判官のアホらしい正義気取りに、私は興奮しちゃったす。そんなところに興奮する私こそ変態か(笑)。

第2039号 常習スリの婆ちゃん、お金持ちになりたくて
 お婆ちゃんは前科9犯、うち6犯は本件と同種のスリ。お金持ちになって居酒屋をやりたかったと意外な動機を語るのに対し、若い検察官は…。  プラス太田プロのタレントと1文字違いの女性の、遠い他県での飲酒&無免許運転。いかにもリッチそうな弁護人が2人付き、心神喪失で無罪主張。なんでっ?

第2038号 被告人が大うそつきか検察の冤罪づくりか
 「傷害致死、大麻取締法違反」(裁判員裁判)の第1回公判。交際女性が後ろへ倒れて後頭部を強打、頭蓋内損傷で死亡。倒れた原因について検察官と弁護人と主張が真っ向違うのだった。被告人のウソに弁護人が軽々乗っかっているだけなのか、検察官がまた新たな冤罪をつくろうとしているのか。

第2037号 無職30代、ネット掲示板に惑溺、耽溺して
 禿げて太って背の丸い被告人は、ネットの根拠なしの噂を信じて自民党の国会議員を殺すと書き込むに当たり、自分をネットで誹謗中傷した相手の名をかたったのだという。その相手へ捜査が及んで仕返しになるからと。この種の事件は普通は執行猶予だが、じつは…。

第2036号 神社の賽銭箱にうんことおしっこを入れた件
 尿はペットボトルに、うんこはカップ焼きそばの空き容器に入れて保管し、夜ごと出かけては、神社の賽銭箱、鈴を鳴らす綱、民家の郵便受けに…。それらは「器物損壊」。郵便ポストに落とし込んだのは「郵便法違反」。圧巻は、ポストを掃除した担当課長の供述だった!

 いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと11号が順次送信される。そこまで無料だ。
 月末までに登録解除しなければ、翌月分から108円が課金となる。1号108円ではなく1カ月分が108円だ。私が採算度外視のバカだってこと、よぅくお分かりいただけることと思う。少しは利口になろうと思うのだが、なかなか(笑)。

 次号は、かなり珍しい「逃亡犯罪人引渡審査請求」の審問をレポートしようかと。
 始まる時点で傍聴人は8人ぽっち。5~6人のネームプレートに「PPO」(Public Prosecutor's Office)と「法務省」の文字が。一般傍聴人は私1人だったかも。
 こういう珍しいのをレポートするとき、私はわくわくするのだ。やっぱ変態ですかね。けけっ。いやおちゃらけてる場合じゃない。じつはだいぶんに深刻な事件なんだろうと推測され…。

※ 今回の画像についてはノーコメント。coldsweats02

 ←1月15日0時40分現在、週間INが110で2位~。happy01 

2018年1月13日 (土)

東京地裁が大変なことに!

 1月10日(水)、その日の当ブログ記事に書いたとおり、私は急遽休んだ。
 休んでよかったのか、目撃できず残念というべきなのか、こんなことが起こっていたそうだ。以下は1月11日(木)付け弁護士ドットコムNEWSの一部。

裁判所エレベーター停止、階段がまるで登山道…地下から18階まで上る人も
 東京地裁・高裁が入る裁判所合同庁舎(地上19階・地下3階)で1月10日、19基ある来庁者用エレベーターのうち18基が停止。利用者が階段での昇降を余儀なくされるなど、不便が生じた。1日の利用者は多い時で1万人を超えるというだけに、大きな問題になっている。
 停止の理由は、基準値を超えるアスベスト飛散の疑いがあること。裁判のスケジュールにも影響が出ている。高裁によると、高裁の刑事7件、民事2件、地裁の刑事1件が10日から別日に期日変更になったという。
 一夜明けた11日は、稼働が5機(3機は9階まで、2機は10階以上)に増え、混雑はある程度緩和された。ただし、昼休み明けなどには依然として長蛇の列ができている。

 11日(木)、そんなことつゆ知らず、朝から裁判所へ行った。
 北側の9基(うち1基は貨物用)と南北の間の貨物用1基、合計10基が閉鎖され、南側の高層階用4基も閉鎖されていた。
 そして、いずれも南側の、
   9階までが3基
   10~18階が2基(うち1基は貨物用)
 の合計5基が稼働していた。
 10時ちょい前と13時頃は混む。エレベータは、長蛇の列の一部を飲み込み、満員で出発。当然、各階に止まる。1人乃至数人ずつ箱から出るのに時間がかかる。なので、行った箱はなかなか戻らず、列は長蛇となるのだった。

 12日(金)も同じ状態だった。15日(月)には戻るのか、12日(金)の時点では見通しは立ってないそうな。

 以下、メルマガ前号の編集後記で速報したことを少し。

 裁判官らは、各部の部屋(基本10階以上)から、奥深くに隠されている専用エレベータで法廷へ行き来する。そのエレベータも同様、一部使えないのだそうだ。
 なるほど、11日(木)の刑事裁判はほとんど南側の法廷に集中していた。北側はごく一部だった。民事も同様だったろう。

 アスベストのこと、裁判所側はいつ把握したのか。
 そういえば9日(火)、喫煙所に、キャスター付きの重そうな装置で室内の空気を計測しているらしい、作業服の人がいた。年に何回か見かける。
 ここの空気はどうなんですかと私は話しかけてみた。
 そしたら、ニコチンやタールではなく、一酸化炭素と浮遊粉塵を測定しているとのことだった。へぇ~、そうなんですか、勉強になりました。その日はそれで終わった。

1801121 でもさ、よく考えてみれば、一酸化炭素と浮遊粉塵なんてものを、喫煙所でだけ計測するってのも妙な話だ。庁舎内の各所で同様の測定を定期的に行っている、との推認は論理則、経験則等に照らして合理的というべきである。

 だから、9日(火)のその計測で、エレベータ内か、なんていうのエレベータのワイヤーとか通っている縦長の空間に、アスベスト粉塵の浮遊が確認された、そういうことかもね。

1801123 でもでもさ、エレベータの箱の内装にアスベストは使われてないはず。そうだとすると、箱内のアスベスト浮遊はきわめて少量のはず。
 来庁者および職員等にあれだけの不便、苦労を強いる必要は、果たして本当にあったのか。

 長年裁判所へ通っていると、なんとなく感じられてくる、すなわち、裁判所には「ネズミ1匹出そうなら、象を100頭手配せよ」という傾向があるようだと。
 いや実際にネズミを完全排除しようというのではなく、裁判所は手を打った、瑕疵はなく、損害賠償請求の訴訟を起こされても平気、ということが大事なのかなと。
 エレベータの閉鎖も、本当はあそこまでやる必要はなく、200%の完々璧を期した、という仮定も立て得るかと。
 そんな妙な深読みをするまでもなく、単に官僚的という言葉でくくられることなのかもしれないが。

 以下は1月12日付け時事通信の一部。

 信越線電車、15時間立ち往生=乗客430人、雪で車内一夜-体調不良搬送も・新潟
 JR信越線の新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が11日夜、大雪のため新潟県三条市の踏切付近で走行不能になり、乗客約430人が車内に閉じ込められた。電車は約15時間半後の12日午前10時25分ごろから移動を開始し、一部区間で運転を再開した。

 ここにも共通するものがあるのかなと、ちらり脳裏をかすめる。

 12日(金)は、裁判所から究極の居酒屋「昭和」へ直行した。
 御頭様がおけがをされ、それで今年は12日(金)スタートになったそうだ。画像はその日喫食した酒肴の一部。焼き鳥の卵とじだっけ、めっちゃ旨かった。きんぴらゴボウも旨かったよ~。いずれも1皿チケット1枚(今年から120円相当)。炙りシメサバとマグロ刺身は、さすがに2枚だった。馬方もとえ旨かった。その後ろの円錐形のグラスは、清酒桃川のダブルの飲みかけ。
 黒ホッピーのセットと合わせ、画像にある分だけでチケットを8枚(960円相当)も使ってしまった。大満足である。

 ←1月13日14時50分現在、週間INが110で2位~。happy01 

2018年1月10日 (水)

11日(木)、昭和は休みかと!

 11日(木)、究極の居酒屋「昭和」はどうやら休みのようだ!
 休みであるとの情報が正しい可能性はきわめて高いと認められるに至ったので、11日(木)は私は昭和へ行かない!
 「昭和」には、重要な役割をつとめる裏の御頭(おかしら)様がいて、その御頭様が体調を崩されたのではないかと思料される。
 12日(金)には店が開くらしい。お見舞いの品など持参し、ちらっと飲みに行こうと思う。念のため電話で開店を確認してから。

171221 本日は10日(水)、遅れていた原稿を午前3時過ぎまでかかって仕上げ、寝て、午前7時に起きた。
 10時から東京地裁で、おっかけていた「窃盗」の審理があるのだ。
 その女性被告人は、万引きを重ねて量刑相場の階段を上り、とうとう実刑判決を受け、控訴。控訴審の前にまた万引きをやったという、完全に病気な事件なのだ。
 メルマガ第1846号「私はいま、万引きはできない、大丈夫」でまとめて何件か簡潔にレポートしたうちの、吉戒淳純一裁判官が担当した事件である。同第1934号「取調室と法廷、自白強要はどっちが執拗?」でもレポートした。

 東京高裁のほうはすでに判決が出ている。控訴棄却(原判決は懲役10月)だった。
 そして今、その控訴審の前にやった万引きの裁判が東京地裁で進行中なのだ。ややこしいでしょ。追っかけねば、でしょ。

 しかしっ、午前7時に起きたときすぐ悟った。嗚呼、今日は出かけてはならない。昨日も約4時間睡眠だった。明日も明後日も朝から裁判所へ行かねばならず、体がもたない。メルマガ発行がずさんなことになってしまう。今日は宅調日としよう。
 私はこういう、ものすごく勇気を要する突如の撤退をときどき決断するので、なんとか健康でいられるのかも。

 さてこれからメルマガを急ぎ書こう。次号は、「「大きくするの楽しみ」大型ヘビやワニを無許可で飼育 大麻所持で起訴の男を再逮捕」などと報じられたこともある「傷害致死、大麻取締法違反」(裁判員裁判)の第1回、双方の冒頭陳述までだ。
 これ、なんだか妙な事件なのである…。

 画像は、メルマガを書きながら焼酎を飲むときの酒肴。大和芋をすって高級海苔を散らしたのと、ブロッコリと、厚揚げ焼きと、その薬味のたっぷりネギとおろし生姜と、右下は安シウマイの見切り品を焼いて和からしを載せたもの。
 大和芋はつくづく旨いよねぇ。高価なので滅多に食べられないが(笑)。

 ←1月10日17時00分現在、週間INが140で久々の1位~。happy01 

2018年1月 7日 (日)

うるさく鳴り響く東京地裁のドア

 メルマガ第1990号「飲酒運転でパトに追われ時速160キロで!」の編集後記にこんなことを書いた。若干加筆等する。

 関係ないけど、「食べて「失敗した」チェーン店の不人気商品──丸亀製麺、吉野家、富士そばの“地雷メニュー”は?」と10月13日配信のSPA!

 裁判傍聴人にとっての“地雷裁判”って何だろ。
 電車内痴漢だと思って「迷惑条例違反」を傍聴したら、客引きだった。
 開廷表の被告人氏名は女性風なのに、現れた被告人はオッサンだった。

 そういう裁判では、起訴状の朗読が始まったところで、あるいは被告人が現れたところで、傍聴人たちがさっと立って去る、ということはある。 ※必ずしも上述のことに失望してとは限らないが。

 私にとっての“地雷裁判”は…。
 酒乱が警察官に逆らったというだけの「公務執行妨害」。
 被告人の声が蚊の鳴くように小さく、かつ検察官がやたら小声で早口、事件の内容がほとんど分からない。
 主文と執行猶予の説明しか言わない判決言渡し。

 なんといっても、9時50分からの判決を9時45分から始め、9時48分には終わってしまうってのがひどい。
 つい最近、9時48分に終わって廊下へ出たら、可愛そうな被告人の母親が来た、娘(被告人)は手錠をかけられ奥のドアから寂しく去っており、母親は娘に会えずに帰った、ということがあったょ。
 この地雷、いわばステルス地雷は、裁判所のあちこちに日々埋まっている。ひどいもんだと思う。

 あと、地雷じゃないけど、東京地裁の法廷のドアである。
 ドアを開けて手を離すと自動的に閉まるんだが、閉まりきるときにガッタンと大きな音が出る仕掛けになっているのだ。特に710号法廷のドアなんか、

裁判所 「最高に大きな音が法廷内に響き渡るようにできますか?」
職人   「ようがす。任しといてくだせぇ」

 というやり取りがあったと推認できるほど、見事に響き渡る仕掛けになっている。
 私の場合、どの法廷のドアも必ず、手を離すことなく閉まりきるまで手を添え、音が出ないようにしている。しかし私のような者は異端、少数派だ。今井の頭髪も少数派? あーっ、それ禿げハラですからねっ、えーん! ←ほぅら走って逃げちゃったじゃないの(笑)。

 とにかくだいたい9割以上の傍聴人は、ドアを開けたら手を離す。
Img_1245 でもって東京地裁の傍聴人はめちゃめちゃ多い。審理の途中での出たり入ったりが激しい。傍聴席が満席でも次々と傍聴人が来て、ドアを開けて満席なのを見て去る。
 裁判所は満員札を用意しており、ドアの外側に掲示することもあるが、満員札が出ているのに空席があることもある。当てにならないのだ。傍聴人がしょっちゅう出たり入ったりするので、満員札を出したり下げたりが追いつかないのだろう。
 そんなこんなで、バッタン! ガッタン! うるさっ。

 私としては、審理の妨げになると思うのだが、裁判所が長年にわたり何ら手を打たないところを見ると、常人には想像もできない特別な理由、意図があるのかと認められる、その推認は論理則・経験則等に照らして合理的というべきであるっ(笑)。

 百均ショップで緩衝材的なものを買い、勝手に取り付けちゃったら、私は逮捕されるんだろうか。容疑は、器物損壊? 威力業務妨害? うーん。  ※画像は東京高地簡裁合同庁舎。このどでかいビルの法廷のドアが、バッタン! ガッタン! うるさいのだ。

 不死身の特攻兵、9回出撃して生還したのだという。上官は「死なせるための出撃」をさせたが、屈しなかったのだという。
 上官としては、特攻で何人死なせたか=お国にどれだけ尽くしたかであり、死者数は上官の実績になったのかも。裁判の傍聴席からうっすら見えてくるものと通底しているような気がする。

 ←1月7日12時40分現在、週間INが110で2位~。happy01 

«究極の居酒屋「昭和」とは