フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2021年10月19日 (火)

78歳、執念の庁名板汚損!

20211019  「東京地裁や総務省の看板に塗料 70代男を現行犯逮捕」と10月19日付けTBSニュース。右はそのスクリーンショットだ。

 19日、東京地裁か東京高裁で何か話題の裁判があり、門前にテレビ各社のカメラがいた、まさにそこへ、だったのかな

 東京の裁判傍聴マニアの一部の方は、すぐにぴんときたろう、「あっ、あのお年寄りがまたやったのか!」と。
 TBSニュースの映像で一目瞭然、ずばり「あのお年寄り」だ! 私は前刑と前々刑を傍聴し、メルマガでレポートした。

 第2297号「消えた年金の被害者76歳、総務省の庁名板を汚損し
 第2367号「珍しい「拘留」の裁判2件! 1件はミニスカ&Tバックで…
 第2453号「消えた年金のあのお年寄り、釈放の翌日にまた同じ犯行を!

 2020年の第2453号の始まりの部分を少し以下に。

 8月19日(水)、1階の開廷表にこれを見つけ、えっ? あれっ? あれれっ? となった。
 15時15分~15時35分、東京簡裁・刑事1室3係(堀井律裁判官)、534号法廷(20席→8席)で「軽犯罪法違反」の判決。

 滅多に出てこないこの罪名の、被告人は本誌第2297号「消えた年金の被害者76歳、総務省の庁名板を汚損し」のあの被告人と同姓同名なのだ!
 あの「軽犯罪法違反」は今年1月28日、東京簡裁で拘留20日とされた。求刑は拘留29日。

 新しい読者氏もおいでだろうので、いちおう説明しておく。年金を16年間も支給されておらず、総務省の庁名板にヒズミ(たぶん緋墨、緋色の墨汁)をかけて汚損したという事件だ。
 んまぁ、他人の話を聞かず、大きな声で積年の憤り、恨みを関西弁でまくしたてる大変なお年寄り、との印象を受けた。
 以下は軽犯罪法第1条の柱書きと、その第33号だ。

第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
 三十三 みだりに他人の家屋その他の工作物にはり札をし、若しくは他人の看板、禁札その他の標示物を取り除き、又はこれらの工作物若しくは標示物を汚した者


 拘留と勾留は違う。拘留は刑罰の一種だ。以下は刑法。

(拘留)
第十六条
 拘留は、一日以上三十日未満とし、刑事施設に拘置する。
(科料)
第十七条
 科料は、千円以上一万円未満とする。

 このときの判決はけっこう重かった。
 もちろん法律上、拘留でしかないのだが、それでもけっこう重かった。法律上、拘留には執行猶予が付かないし。

 そうして、「わしは16年間、年金をもろてない」が本当だと分かった!
 その理由も分かった。「あんりゃま、そうですか~!」って感じ。

 ちなみに「ミニスカ&Tバック」の事件とは、Tバックの下着とミニスカートを着用した男性が深夜の街路でみだりに尻、腿を露出したという事件だった。

 いま私はメルマガ第2582号を書いている。新宿歌舞伎町でホストクラブへ行く女性を襲い、大金を奪った、と大きく報道された事件だ。

 報道はすでにない。トレンドブログというのか、報道を転載して好奇心をあおる文言を加え、pageviewを得て広告費を稼ぐ、そうした匿名サイトがもうたぁくさんヒットする。
 しかし報道は基本、警察の逮捕発表のみ、うわっつらだけ…。

 でもね、日々たくさん事件が起こるわけで、法廷にどんなびっくりなことが出てきたか、そんなことまでいちいち報じられないのは当然だ。
 私だって、狙って、あるいはたまたま傍聴したうち、非常に珍しい事件、心に残る事件の、そのまた一部を、なんとかよりすぐってレポートしていくほかない。欲張ることなく、虚静恬淡(きょせいてんたん)でやっていくしかなよね。

 さ、メルマガ書きへ戻ろう。

※追記: 新型コロナウイルス感染症対策分科会の会長・尾身茂氏が「嫌い」だからと、同氏が理事長をつとめる独立行政法人・地域医療機能推進機構の敷地内へ侵入、窓ガラス等を割った、という事件に変更します、メルマガ次号の話です。新宿歌舞伎町の事件はまた今度。ごめんね~。

 ←10月19日17時10分現在、週間INが70で2位。

2021年10月15日 (金)

東京地裁でノーマスク集団に遭遇!

 今週は忙しかったのですよぅ!

 マニア諸氏から期日情報をいただいたり、当たりの傍聴券をいただいたり、ほとんど報道された事件ばっかりたくさん傍聴した。
 メディア報道と、刑事裁判の法廷へ出てくるものと、いかに違うか、興奮しましたよ。
 ぜんぶご報告したいけれども、メルマガは週に2回の発行でしかない。追いつかない、どうしよう。

 とか困り果てつつ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、10月は以下の4号を発行した。

第2580号 東京地裁でノーマスク集団に遭遇! 7階の中央廊下に少なくとも2百人!
 東京地裁で「武漢ウイルスワクチン特例承認取消請求事件」の第1回弁論。たた、たいへんなシーンを目撃してしまった!

第2579号 交通事故の被告人は89歳の弁護士、ブレーキとアクセルを踏み間違え
 事故直後には認めていたのに、コンビニの監視カメラや自車のドラレコ録画に反して、法廷では否認…。旧通産省工業技術院の元院長によるあの暴走事故を思い出してしまった。

第2578号 踏切事故で死亡の男性から財布を盗んだと逮捕された男は7年前にも?
 投げやりで後ろ向き、人生を投げてしまったような男は「落としておいてあったんで、そこまで罪悪感、なかった」と…。

第2577号 妻が脳梗塞で入院し夫はひき逃げ、哀しい偽装結婚、ヤクザ系ラッパー
 興味深い裁判を次々傍聴できるのは、ひとえに東京地裁は事件数(開廷)が多いから。大阪と比較してみたら…。

 いま購読登録すると以上4号がどどっと送信される。そして10月末まであと5号が順次送信される。そこまで無料、初月無料だ。

 いま、裁判所への往復の電車内で中野信子さんの『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』を読んでる。おっもしろい! 中野信子さんはいいね。好きだ。以下は私のアフィリエイトだ。これで知ってAmazonで買うのはずるいよぅ(笑)。

 通勤通学の電車内で、こうした新書を読む人と、ゲームに熱中する人と、将来どんな差異がどう生じるか、一概には言えないだろうけども。

 ←10月15日20時10分現在、週間INが70で2位。

2021年10月10日 (日)

踏切事故の死亡男性から財布を盗んだ男は

 いろんなスタイルがあると思う。
 私の場合、狙いの事件がある日だけ裁判所へ行き、行ったからには狙いじゃなくてもあれこれ傍聴するスタイルだ。そうして心に染みる事件に遭遇することが多い。

 そのスタイルを保てるのは、ひとえに東京地裁の事件数が多いからだろう。

 検察が起訴(公判請求)をすれば原則必ず、簡裁か地裁の法廷へ出てくる。
 2020年の法務省の統計、「検察庁別 被疑事件の受理,既済及び未済の人員 」によれば、東京地検本庁(東京地裁本庁に対応)の公判請求の人員は8503人、全国一だ。2位は大阪地検本庁(大阪地裁本庁に対応)の5570人だ。

 このデータ、区検(簡裁に対応)が興味深い。東京区検の公判請求は752人、対して大阪区検はなんと2人、どないなっとんねーん!

 とか叫びつつ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、10月は以下の3号を発行した。

第2579号 交通事故の被告人は89歳の弁護士、ブレーキとアクセルを踏み間違え
 事故直後には認めていたのに、コンビニの監視カメラや自車のドラレコ録画に反して、法廷では否認…。旧通産省工業技術院の元院長によるあの暴走事故を思い出してしまった。

第2578号 踏切事故で死亡の男性から財布を盗んだと逮捕された男は7年前にも?
 投げやりで後ろ向き、人生を投げてしまったような男は「落としておいてあったんで、そこまで罪悪感、なかった」と…。

第2577号 妻が脳梗塞で入院し夫はひき逃げ、哀しい偽装結婚、ヤクザ系ラッパー
 興味深い裁判を次々傍聴できるのは、ひとえに東京地裁は事件数(開廷)が多いから。大阪と比較してみたら…。

 いま購読登録するとすぐこれらが送信される。そして10月末まであと6号が順次送信される。

 今月は、狙いの事件で手帳がだいぶ埋まっている。被告人は元警察官、元箱根駅伝選手、弁護士、有名芸能人の夫、有名な半グレ、大谷翔平選手に関わるアーティスト、元銀座の歯科女医等々。あと、大金を持ってホストクラブへ行く途中の若い女性を襲った事件等々。

 10月11日(月)は「裁判傍聴ノススメ2021」にお声がけいただいた。大変だ!

 ←10月10日10時10分現在、週間INが60で2位。

2021年10月 9日 (土)

今度は「メルカリクーポン5000円」という詐欺メール

20211008-12  10月8日、「メルカリ事務局からのお知らせ クーポンコード1870」というメールが着信した。
 差出人は「SoftBank <info@cbpn5t.cn>」だ。以下はメール本文の一部だ。私のほうで文字に着色した。

メルカリにご登録いただきありがとうございます。


すぐに5000円のポイントを受け取ります。
このURLの有効期限は30日間です。
Webページを開く
https://jp.mercari.com/mercari-5000JPY/code?=641974863
──────────

\最大¥1,000分のポイントがもらえる/
新規登録者限定!出品キャンペーンを開催中!

──────────

ただいま”最大¥1,000分のポイントがもらえる”出品キャンペーンを開催しています。
キャンペーン期間中に出品されたお客さまに、最大¥1,000分のポイントをプレゼントいたします。

 約1時間後、「メルカリ事務局からのお知らせ クーポンコード5898」というメールが着信した。
 差出人は「メルカリ <amazons-account-update@hs781nf.top>」だ。以下はメール本文の一部だ。これも文字に着色した。

メルカリにご登録いただきありがとうございます。


すぐに5000円のポイントを受け取ります。
このURLの有効期限は30日間です。
Webページを開く
https://myinfo.shichu.icu/daozhang
──────────

\最大¥1,000分のポイントがもらえる/
新規登録者限定!出品キャンペーンを開催中!

──────────

ただいま”最大¥1,000分のポイントがもらえる”出品キャンペーンを開催しています。
キャンペーン期間中に出品されたお客さまに、最大¥1,000分のポイントをプレゼントいたします。

 メルカリ、裁判傍聴で聞いたことがある。
 万引き犯が被害品を現金化するWebサイトだな、というのが、裁判傍聴でしか世の中を知らないバカなマニアの認識だ。若い女性はだいたい覚醒罪をやってると思い込んだり、やばいヤバイ(笑)。 ※刑事裁判の被告人はほとんど男性だが、一部女性もいる。若い女性の事件の多くは「覚醒罪取締法違反」、というところからヤバイ思い込みが生じる。

 私はメルカリについてその程度の知識しかない。Webサイトを見たこともない。
 そんな私にも上掲メールがくるってことは、

 1、購入した大量のメルアドへ大量のメールを送る
 2、たまたまメルカリに登録したばかりの者のうち、数%が返信をよこす
 3、返信するような間抜けから徹底的に搾り取る
 4、返信してきたメルアドを集め「カモリスト」として販売する

 そういうビジネスモデルかと私は想像する。

 毎回ひとつの詐欺を取り上げ、芸人さんがわざと引っかかって逐一映像付きでレポートし、ひな壇の有名芸能人がいろんなことを言い、可能なら、その詐欺をやっていた人に覆面出演してもらい、専門のジャーナリストと警察官がまとめの意見を述べる…。
 テレビ東京さんが新番組として始めるんじゃないか。
 問題はタイトルだよねえ。「開運、なんでも詐欺団」「あなたの詐欺ご飯見せてください」「池の詐欺ぜんぶ抜いた」、参考にしてくれていいです。 ←しねえよっ(怒)。

 ←10月9日22時10分現在、週間INが60で2位。

2021年10月 7日 (木)

著名アーティストの発信者情報開示請求

 裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)内をうろうろするうち、東京地裁民事の法廷に「発信者情報開示請求」というおなじみの事件名を見つけた。

 原告の氏名でスマホ検索してみた。
 ヒットあり。たぶん間違いなく著名なアーティストだ。誹謗中傷、名誉毀損の食いつき魔の被害をこうむったのかな?

 ネットで話題になってるかも。別のワードとあわせてさらに検索してみた。
 ヒットあり。その氏名を仮に今井亮一とするなら「今井亮一×裁判の噂って!?」と題するサイトがあった。

 ネットの人たちはネットから一歩も出ず噂に右往左往し、結局何もつかめない、ということがよくあると、裁判所内から思える。傍聴してみようかな。
 しかし同時刻に刑事のほうで重要事件があり、パスした。

 帰宅して、パソコンでも検索、上記「今井亮一×裁判の噂って!?」のサイトをよく見てみた。
 ずがーん! なんだこれっ!
 ずらずら長々あれこれ書き連ねているが、中身はなんもナシ。「噂」の「う」の字もないどころか、「う」の字の1画目のあの部分すらない。
 まったく完全に、著名人の氏名に「×裁判の噂って!?」を組み合わせただけなのだ。
 検索ヒット、pageview、広告費を稼ぐだけのサイト、かと思われる。
 そんな商売、てか内職もあるんやねえ!

20211007-1  そのサイトに、怪しいバナーがあった。右の画像はその部分のスクリーンショットだ。
 クリックするとどこかへ飛ぶようになっている。リンク先を調べてみた。
 リンク先URLの一部は「ThFgXdnt5dhUCWxm1」だ。もろ詐欺サイトでしょ! と私は思う。

 売れないお笑い芸人さんとか、地下アイドルを目指してくすぶってるお嬢さんとか、「5万円おいしいかもっ」とクリックしたが最後、なんだかんだで金を払わされ、「あなたからの裏話で訴えられた。大変だ。裁判を取り下げてもらうにはとりあえず100万円が必要だ」とかなんとか…私の妄想は止まらないっ(笑)。

 私が文部科学省大臣に就任した暁には、遅くとも中学1年生から、「ネットは犯罪者らと誹謗中傷の匿名者らの巣窟だぁ!」という授業を少なくとも毎週1時限やらせてもらいたい。
 社会はだいぶ変わるんじゃないかと思うんだけど、ダメっすかね~。💦

 ←10月7日20時20分現在、週間INが40で2位。

«喫煙者はバカだなぁ、という話