フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年1月15日 (日)

傍聴マニアの大新年会、1月27日(金)です~!

 参加も不参加も自由の、傍聴マニアの大新年会!
 何人かのマニア氏に当たり、なんかもう勢いで、1月28日(金)1月27日(金)17時頃から晩杯屋の銀座店と決めました~。

 東京高地簡裁からは、日比谷公園の南側を真っ直ぐ東(東南東)へ進み、東京電力の前も真っ直ぐ進み、山手線や新幹線のガードをくぐり、銀座中央通りも超えて間もなくの右側。
 心に迷いを生じさせず真っ直ぐ歩いて10分くらいかな。目立つ店だ。
 その2階で執り行います。

 いわゆる千ベロ(千円でべろべろ)なので、俺なんかはだいぶ飲食しても2千円台で収まるかと。酒を飲まず小食な人は、千円かからないでしょ。

 会計は、まとめての支払いになるという。
 1品注文する度に、130円とか220円とか、缶か灰皿に入れる、そういう形が妥当かなと今は考えてます。どうなるか分かんない。
 もし二次会へ行くなら、ドラム缶・銀座本店にしよう。
 ここもマニア諸氏に教えてもらったのだ。すっげぇ店があるよねぇ。

 さてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、1月は以下の5号をすでに発行した。これはメモしてあったパスワードとか打ち込んで開くことができ、発行できたのだ。

第1834号 根無し草の男、15歳のとき母親が自殺した?
 片親で育ち、15歳のときに母親が自殺。天涯孤独の根無し草と思われる被告人は、世話になった元同僚(女性)宅から携帯電話やパソコン等を盗み、換金…。どんな質問にも軽々とハキハキと即答するのだった。 

第1833号 刑務所で認知症は悪化、再犯は必至かも
 前年にこの女性の万引き裁判を俺は傍聴してる。再犯しないと固く誓い、執行猶予判決だった。そのとき思ったもんだ。万引き病らしいのに誰もそのことを言わない。うわぁ、きっとまたやるぞ、可愛そうに。そしたらまたやって、また法廷へ出てきた。今度は相場通り実刑。服役中に病気は悪化するに違いなく…。

第1832号 殺すことまでは望んでない、じゃあどうする
 前号からの続き。驚愕の展開、そして犯行に至る過程のリアルな供述! 公開の場所には書きたくない、ごめん。

第1831号 バレエに惚れ込み自宅を練習場にした男(40)
 バレエ講師の指を切断した事件の、いよいよ被告人質問! 前回の被害者尋問からは想像もつかない話が出てくるのだった。でもそれは普通のこと。じつはどっちも真実ではないってことあるわけだが…。
 
第1830号 新年早々パソコンが…。警察庁の陰謀か!
 パソコンが壊れ、急いで買った新しいパソコンは最悪のWindows10。何がなんだかさっぱり分からん。じつは2017年は、交通行政また警察国家にとって重要な、俺以外まだ誰も言ってないアレの皮切りとなる、重要な年でもあるのだ。嵐の幕開けにふさわしいというか(泣)。 

 いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと11号が順次送信される。おかげさまでぽつぽつ登録が増えてる。ありがとございます~!

    

 MCTオイルって俺は聞いたこともない。仙台勝山館のMCTオイルの説明に、「中鎖脂肪酸のケトン体産生により、体脂肪の減少や、運動時の持久力アップ、脳の栄養不足改善など、多機能を生かしてさまざまな場面で役立つことがわかってきています」とある。
 脳の栄養不足改善? うむ~。でも高いっす。sweat01

 ←1月15日1時20分現在、うわぉ、週間INが240で1位~。happy01

2017年1月12日 (木)

Windows10 は恐ろしい!

 こんなこともあるよね~。
 のんきにそう書いたのが1月4日の昼頃。それから間もなく、ノートパソコン(以下PC)がぴゅいんという音を発し、音は連続し始め、壊れた!
 俺には手の打ちようがなく、販売店へ持ち込んで見せた。修理費は最低2万円から8万円くらい、期間は1カ月くらいかかるという。無理っ!
 直ちに新しいPCを買った、6万円くらいのを。

 それは Windows10 のやつだった。
 前のPCのとき、どう操作を誤ったのか Windows10 に更新されてしまい、この不便さは異常だ、あほんだらっ! ということで読者氏の助けを得て元のOSに戻し、ほっとしたことがある。
 Windows10 は避けたいが、仕方ないか…。

 そしたら、メールの送受信ができなくなった! 何をどうやってもダメ。
 ちょうど締切りが近づいていた雑誌原稿の担当編集者氏が、ヤフーメールなるものを教えてくれた。新しいメールアドレスを得て、ヤフーのサイトを使ってメール送受信ができるようになった。

 しかしっ! このブログのマイページに入れない。
 パスワードが違うらしいのだが、パスワードを更新するためには、元のメールアドレス( So-net のもの)へ送信されるメールを見なければならないのだ。
 Windows10 のメールソフト(メールを送受信等するためのソフト)はなぜ使えないのか、どうすればいいのか、あちこち電話しまくったが、お手上げ!

170112 今日(12日)、雑誌原稿の締切りが1本終わり、何十時間かぶりでメールソフトを開いてみた。
 そしたら、ずっと出ていた「未同期です」の文字が消え、「表示できるアプリがありません」とか出ていた。おっ、直ったのか?
 しかし、何をどうやっても何も変わらない…。

 ここでようやく、俺は気づいたんだねぇ!
 アプリってなんだょ、もしやこれはメールソフトじゃないのでは? メールソフトと見せかけて、新しい商売へ誘導しようとしてるとか?

 そこで、ほかにメールソフトがないか探してみた。それらしいのがあった。開いてみた。
 ぬわんと! 未受信だった So-net のアドレスへのメールがどどどと届き始めた。全部で950本ほどだったか。
 そうして、ニフティのパスワードを変更することができ、この記事を書いてる次第だ。

 ネットのサイトを閲覧するソフトも、Windows10 のは極めて使い勝手が悪い。なぜこうも退化させたのかと呆れる。
 しかしこれも、閲覧のためのソフトじゃなく、何か別の目的を秘めた別のソフトかもと考えれば腑に落ちる。
 そう気づいた俺は、元のPCで使っていたのに似た閲覧ソフトをいま使ってる。こっちは便利だ。

 俺には想像もつかない形の世界征服、のようなことを企む者たちが、Windows10 を開発したんじゃないかと、論理則・経験則等に照らして優に推認できる。

 以上、サービスセンターとかへ電話して「アカウントって何ですか」「アプリって何ですか」と問う俺からの顛末レポートでした~。

※ 画像は新しいノートPC。焼酎をだばっとこぼしても大丈夫なように、ぶよぶよのフィルムみたいのを載せ、マスキングテープで留めた。べつに不都合はない。最初からこうしとけば良かった~(泣)。
 てかデスクトップのPCを使ってたとき、キーボードは消耗品と考えてた。ノートPCのキーボードも取り替えられるにしても、デスクトップほど簡単、安価じゃないはず。ノートPCにぶよぶよフィルムは仏寿品、じゃなくて必需品ですぞ!

     

 Amazon のパスワードが分からず(メモしていたのが使えず)、しかし So-net のメールが使えず、Amazon へ電話で助けを求めたりしてたんだが、Windows10 の罠を見破り、スムーズにパスワードを変更できた。俺って大したもんだ(笑)。
 小児は大人に比べてよく吐く。お子さんをお持ちのご家庭に嘔吐対策のグッズは必需と思ってたが、考えてみりゃ保育園、幼稚園、小学校、医療機関、さらに飲食店にも必需だょね~と。
 ネット通販サイトには、いろんなのがある。ドラッグストアにもいろいろあるんだろうか。次に有酸素散歩に出たとき見てみよう。

 ←1月12日15時50分現在、週間INが170で1位~。happy01

2017年1月 4日 (水)

謹賀新年

 謹賀新年。
 唯一無二のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」を発行し続けて8年目に突入の今井亮一です。
 昨年中はほんとお世話になりました。誰にって、雑誌、書籍、新聞、ラジオ、テレビの方々に、裁判所の事務官、書記官、裁判官の方々に、警察庁および都道府県警察、また法務省の情報公開関係の方々に、そして読者の方々に。
 さらに忘れてならないのが傍聴マニア諸氏だ。ほんとお世話になりました。

 昨年末、右足首に痛風発作がきて、裁判所、警視庁、そして究極の居酒屋「昭和」へ行けなかった。有酸素散歩もできず少し太った。
 年末に積み残した特定傍聴事務を片付けようと、年始の旅行にノートパソコンを持って出かけ、新幹線の座席でAC電源で作業を始めたところ、トンネルへ入る度にかな、電源がふっと3回切れ、日本語変換ソフトが壊れた。
 帰宅してそのノートパソコンを机に戻し、作業を始めた途端、なぜかそばにあった焼酎のグラスが倒れ、キーボードにだばぁっと! ぎゃーっ!
 直ちに逆さにして振り、あそうだと電源を切り、バスタオルの上に逆さに置いて、久々に早い時刻からテレビドラマとか観て寝た。
 今朝はこうして動いてる。日本語変換ソフトは、ジャストシステムに電話で助けを求め、元通りではないものの、なんとか使えるようになった。ほっ。

 やっかいなことが立て続けに起こる、ま、こんなこともあるよね~。このあとは良いことが立て続けに起こるはず。うふふ。今年もよろしくお願いします。

    

 『ガントリビア99』の著者は元グリーンベレーで、翻訳者もそっち方面の大した人物で、ガンマニアでなくても面白いトリビアだらけなんだそうだ。

 ←1月4日11時00分現在、週間INが130で2位~。happy01

2016年12月31日 (土)

俳優、苅羽悠さんの重過失致死

 以下は12月31日付けサンケイスポーツ。

「ラストコップ」出演俳優の苅羽悠、自転車で死亡事故
 日本テレビ系「THE LAST COP/ラストコップ」などに出演していた俳優、苅羽悠(かりわ・ゆう、32)が30日午前5時10分ごろ、東京都港区六本木の陸橋上の歩道をマウンテンバイクで走行中、反対方向から歩いていた男性(41)と衝突して死亡させたことが分かった。
 警視庁麻布署は、重過失致死容疑を視野に苅羽から事情を聴いている。同署によると、男性は衝突した際、後頭部を強打し、搬送先の病院で死亡が確認された。苅羽は「歩道に気を取られていて目を上げたら歩行者がいた」と話している。

 「重過失致死」「重過失傷害」の裁判を俺は30数件、狙って傍聴してきた。
 犬の咬み付きとか、パレット式駐車場の操作ミスとか、路側に駐車した車の運転席ドアを開けたら自転車が…等々も一部あるが、ほとんどは自転車による交通事故だ。
Photo 2009年だっけ、警察庁が自転車の交通違反の取締りをがんがんやらせるようになった頃、東京地検が警察庁と協議したんだろう、急に、自転車事故をときどき起訴(公判請求)するようになったのだ。それ以前はほぼ皆無と言ってよかった。

 その自転車事故のすべてに共通するのは、前をよくみてなかった、ということ。
 前をよく見てない、これは車の事故でも基本中の基本だ。無免許や飲酒運転、窃盗や詐欺や殺人も、突き詰めれば「前をよく見てない」に行き当たるのかも。

 自転車の死亡事故または重傷事故はすべて、被害者が倒れて路面で頭を強打したことで起こっている。
 だから、ごくごく一般的な事故がまた起こり、たまたまその加害者が俳優だった、俯瞰すればそういう位置づけになる。同じことがいつまでも起こり続ける、残念無念だ。

 罰金刑(略式)で済まなければ東京地裁の法廷へ出てくる。狙って傍聴しよう。被告人(または同居の親族)が個人責任賠償保険に加入してたかどうか、そこが、さらなる天国と地獄の境目になる…。

 画像はマニア氏の撮影による。松江地裁だっけ?

 さてメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の17号を発行し終えた。 

第1829号 特殊詐欺の末端は、捕まるまでの使い捨て
 被告人は背が高く手足の長い黒人男性。仲間(氏名不詳者ら)と共謀してクレカ詐欺をやり、捕まって刑務所へ。出てまた仲間に誘われ、また被告人だけが捕まり…。在留資格は完全になくなる。傍聴席で、かっちりしたキャリアウーマン風の日本人女性(たぶん妻)が暗く見守り…。

第1828号 誰も主張しなかった観点から原判決破棄!
 覚せい剤の常習累犯者。原判決破棄。なぜ? 最高裁の主席調査官もやったエリート裁判長が述べるには、原判決は要するに、行為責任主義を外れて一般情状を重くみすぎたんだという。再犯を生む行為責任主義がこんな形で現れるのを俺は初めて傍聴したよっ。

第1827号 クレプトマニアの娘さんに再度の執行猶予!
 万引きで執行猶予中にまた万引きをやった若い女性。病気なのだと両親もはっきり認識し、入院させ、治療は効果を上げてるそうだが、んなこと関係ない、実刑に決まってる。と傍聴してみたらなんと再度の執行猶予! その理由は…。

 以下の2号は12月27日にお知らせした

第1826号 結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ
第1825号 母娘が共謀して「省庁」の職員にストーカー

 以下の3号は12月25日にお知らせした

第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!
第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が
第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?

 以下の3号は12月20日にお知らせした

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 12月中に講読登録をすると、以上17号がどどっと送信されることになるはず。初月無料なので、17号全部無料だ。
 1月のスタートは5日(木)から。いつもだいたい1~2日遅れての発行になるんだが、さすがに5日(木)は当日中に発行できると思う。6日(金)は、あのとんでもない事件の被告人質問を傍聴し、そのあと警視庁へ寄ってから銀座へ飲みに行こうかなと。
 あそうそう、警視庁の方へ業務連絡。アレの開示請求で12月中にうかがうと言ってたんですが、なんと痛風発作に襲われまして。明日は行けるかな、午後には出かけられるかなと思いつつ、結局…。なので6日(金)にうかがおうと思います。2017年もよろしくね~。今井は来んなっ? うっそ、仲良くしてよぅ。crying

    

 ついに出ました、決定版が!
 マスコミ的には「筋弛緩剤点滴殺人事件」とか呼ばれる、「北陵クリニック事件」。入院患者の死亡等は病変であり、筋弛緩剤のせいではあり得ないと医学的にも明らかなのに、特殊な病院だったせいもあるのか、警察とマスコミが殺人事件に仕立てて裁判所がのった、その意味でまさに事件!
 当時のマスコミ報道をご記憶の方は「いっくらなんでもそりゃないだろ、冤罪病だろ」と笑うかも。しかし中身を知れば、びっくり仰天、腰を抜かすはず。
 無期懲役が確定した守大助さんは、いまも無実の牢獄から無罪を叫んでる…。 

 ←12月31日12時00分現在、週間INが170で1位~。happy01

2016年12月27日 (火)

賭け麻雀は図書券で?

 以下は12月23日付け西日本新聞の一部。太字は俺。

賭けマージャンの飯塚市長が議会で陳謝 辞任否定、市民「恥ずかしい」
 平日昼間に賭けマージャンをしていた福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長と田中秀哲(ひであき)副市長は、22日にあった市議会定例会最終本会議で「市政に対する信頼を大きく損なわせた」と謝罪を繰り返した。一方で、記者会見では辞任を否定。斉藤市長が「金を賭けずにマージャンをする人がどれくらいいるのか」と報道陣に問い返す場面もあった。
 市議会本会議は冒頭、予定を変更して2人の釈明が行われた。斉藤市長は「軽率な行動で市議会や市民の皆さまにご迷惑とご心配をおかけした」と陳謝。田中副市長は「メンバーは6、7人でゲーム感覚だった。1年通してみれば収支はトントンだった」などと説明した。

 金を賭けずに麻雀をする者がどれくらいいるのか。それはその通りだと思う。パチンコ・パチスロがギャンブル(賭博)じゃないと思う者がどれくらいいるのか、と同様に(笑)。
 念のため以下は刑法。

(賭博)
第百八十五条
   賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条
   常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
   賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

080918_12100002 「一時の娯楽に供する物」は物(ブツ)だから、厳密には1円賭けてもダメってことになる。でも1円じゃあ、そんなもの警察は検挙しないだろう。
 ただし、国家が嫌がるたとえば反戦団体とかだったら、1円でも逮捕し、目一杯勾留し、家宅捜索に入って名簿等々をごっそり押収するかも。もちろんそんなの検察は不起訴とする。けれど反戦団体にダメージを与えることはできる。治安のための法律利用として、『月刊治安と秩序』(立花書房)2017年1月号に載ってた。 ←そんなタイトルの雑誌はありませからぁ~、残念っ(笑)。

 思い出されるのは2000年のあの事件だ。新潟で9年以上監禁されていた少女が発見されたとき、同県警本部長と関東管区警察局長らが温泉ホテルで麻雀をやってた件では、図書券を賭けたんだという。発表的には、500円の図書券を20枚、本部長が私費で購入し、満貫(まんがん)以上で上がった者が図書券をゲットする形だったとか。飯塚市長が警察庁に相談すれば、図書券ならOKと言ってくれたろうに。
 ちなみに俺はもうパチンコ・パチスロは30年ほど、麻雀も20年くらいやってない。そんな暇ないのだっ。

※ たまには究極の居酒屋「昭和」以外の画像をと。これは厚生労働省の食堂の定食、480円。ご飯は五穀米だ。旨かったな~。
 なんとこれ2008年の画像。当時は、さて今日の昼食は農林水産省、厚生労働省、総務省、どこへ行こうかと楽しみだった。ところがやがてどこも一般国民を閉め出した。安くて旨い定食の官僚独占! ほぼ時期を同じくして、昔ながらの個性ある食堂や売店の多くを撤退させ、全国展開の均質な店をどんどん入れた。つまらんことをするもんだ。

 んなわけでメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の14号を発行した。 

第1826号 結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ
 アメリカの塗装工ら4人が短期滞在で来日し、渋谷のセンター街あたりでスプレー缶で落書きしまくった事件。  プラス、指にタトゥーのある21歳が、自分のセルシオを無免許の19歳に運転させ、危険ドラッグによるカタレプシーで126キロを超える速度で対向車線へ。結婚間近の25歳消防士を死亡させ…。

第1825号 母娘が共謀して「省庁」の職員にストーカー
 「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の被告人は同姓の女性2人。非常に珍しい。法廷は20席。傍聴するための俺の苦労談(笑)。関係者と思しき女性は、ぎっしり満席の傍聴席を前に立ち尽くし…。

 以下の3号は12月25日にお知らせした

第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!
第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が
第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?

 以下の3号は12月20日にお知らせした

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま講読登録すると、以上14号がどどっと送信される。そして29日(木)まであと3号が順次送信される。そこまで無料。
 来年は1月5日(木)スタートとなる。バレエ講師の指を切断した事件のようやく被告人質問とか、また出てきた散弾銃の実包管理の否認事件とか、一部の傍聴マニア氏しか知らない前代未聞の想像を絶する鬼畜強姦魔の事件とか、俺の手帳はかなり埋まってる。来年も大変だっ。sad

    

 大災害のとき、準備してなくて悔やむのは、やっぱりトイレ関係だろう。俺もとうとう、えいやっと、上掲左のと真ん中のを買ったょ。なぜか送料無料だった。ミヤリサンU錠の4個セットを買ったときも送料無料だった。何か変わったのか?
 次に買うべきは、右のやつかな。防災マニア氏によるとこれ、かなりお勧めなんだという。1年ほど前に分けてもらった1袋は、賞味期限が2021年12月。それまでには、来るか首都圏大震災。オリンピックに重ることもあり得る。東京ともんじゅと、どっちかで大地震が起こるとすればどっちがいい? という究極の選択。嗚呼そんなこと言ってる暇はないのだっ。

 ←12月27日16時30分現在、週間INが190で1位~。happy01

«糸魚川大火、ラーメン店主の刑事処分は