フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

2021年2月24日 (水)

目的が正しければ署名偽造も霊感商法も虐殺も良いことだ?

 2019年1月9日、私は当ブログに「警察官の小遣い稼ぎ、西日本新聞は!」という記事を書いた。普通考えられないすっごいスクープを西日本新聞は打ったのだ。
 記者クラブメディアについてブログ記事に私はこう書いた。

 今のままではどこも衰退一直線。西日本新聞はそっちへ舵を切ったのか。すなわち、官庁発表に頼らず、社会の問題を自ら見つけて掘り起こして正確に深く報じるジャーナリズムへと。もしそうなら素晴らしい! 注目だ!

 そうして今回、2021年2月21日、西日本新聞は、例の偽造署名に係る一連の記事の1本として、こんな記事を打った。以下はその一部だ。

署名偽造「許可得て代筆」 スタッフ正当化 書き写しの男性証言
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動中に多数のアルバイトが佐賀市内で署名を偽造していた問題で、参加していた福岡県内の男性2人が西日本新聞の取材に応じ、愛知県民の名簿書き写しについて新たに証言した。「これ(書き写し)は知事を辞めさせるためのもので、良いことだ」などとスタッフが説明。口外しないように誓約書も書かされたという。

 「これ(書き写し)は知事を辞めさせるためのもので、良いことだ」、嗚呼! 30年ほど前のことが私の脳裏によみがえった。

 1987年12月30日初版1刷りの『インサイド・ザ・リーグ』という本がある。副題は「世界をおおうテロ・ネットワーク」だ。リーグとはWACL、つづりは World Anti Communist League だっけ。世界反共連盟だ。
 冒頭、「監修者はしがき」にこんな部分がある。

 1966年、韓国と台湾の政府首脳と日本の2人の元戦犯、それに特異な宗教団体・統一教会を主催する文鮮明師の5人が主たる組織者だったと、著者たちは指摘している。

 その頃、統一教会の「霊感商法」が社会問題になっていた。同書を読んだ直後だったか、私は女性信者と2人きりで話したことがある。
 霊感商法で集めた資金の一部が中南米の反共テロリストへ流れているって本当ですか? 意外にも女性は否定しなかった。コミュニストは悪い、やっつけねば、という趣旨のことを言った。
 そして、神様の正しい目的のためにはうそで騙して金を集めることは許される、良いことだ、という趣旨のことを言った。
 嗚呼、カルトってこうなんだ! とショックを受けた記憶がよみがえったわけ。

 そんなこともありつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、2月は以下の7号を発行した。

第2514号 弟が殺されその腐乱死体を妹と確認、この世のものとは思えない腐敗臭に
 統合失調症でうつ病で不眠症で便秘でアルコール依存の男が、表題のことを淡々と語るのだった。もう1人、幼いとき両親に捨てられ施設で育ち、15歳でようやく戸籍を取得できた男は…。

第2513号 オリンピック種目のスポーツ団体理事の、被害者特定事項が秘匿決定の事件
 スポーツの世界は指導者絶対、男根主義みたいなところがあり、闇に埋もれたことがいっぱいあるのかな、と感じさせる…。 プラス、『ドクターX』などに出演経歴があるという俳優君の…。

 以下の2号は2月17日にお知らせした

第2512号 「私はコロナだ」で偽計業務妨害、匿名警察と自白強要がつくった犯罪か
第2511号 法定刑を超える違法求刑、違法判決、なんと私はそれを傍聴していた!

 以下の3号は2月12日にお知らせした。

第2510号 警視庁職員のひき逃げ事件を傍聴、実況見分がじつに不可解、まさか無罪?
第2509号 サービスデザイン推進協議会にすべて委託、100万円の給付は電通ワークスが
第2508号 芸能人のストーカーもYouTuberも実刑判決、でもネット検索ではヒットなし

2102231-2  いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして月末まであと1号が送信される。そこまで無料だ。
 年度末なせいか3月はすでに傍聴予定がいっぱいある。どうしても傍聴したい濃い事件ばかりだ。困った困ったと嘆きつつ今年度も過ぎ去るのだ。そして桜が咲き…。

※ 画像は最近のリモート飲みの酒肴。ナス焼きの生姜のせ、ワカメときうりの酢の物、蒸しブロッコりの茎添え、うなぎの蒲焼き、半額のヤキトリ(鶏皮)を串から外してフライパンであぶったやつ。やっすい鶏皮もあぶると旨い!

 うなぎは、“外飲み、したつもり貯金”というか、そんなことで思い切ってスーパーで買ったのだ。裏切り者? どうか許してほしい。関東風に蒸すことなく、皮がぐにぐに固いやつだった。私はそっちが大好き。奥歯でじっくり噛みつぶし磨りつぶす間、うなぎ独特の風味を感じられる、幸せだ。

 ←2月24日20時50分現在、週間INが60で3位。

2021年2月18日 (木)

傍聴席に死す/Death in court/Morte a prova

2102102-2  急死は素晴らしいと言う向きもある。
 惚けて徘徊したり、火の始末ができず火事を出したり、あるいは長く入院や介護が必要になっては、家族はたいへんだから。

 私の夢というか目標は、裁判の傍聴席で死ぬことだ。
 そう女房殿に言ったところ、鼻で笑われるかと思いきや、拍手喝采を受けた。
 入院も介護もなし、最初の対応は国家公務員がやってくれる、こんな素晴らしい死に方はないのだそうだ。

 裁判所の館内放送から突然、グスタフ・マーラーの交響曲第5番アダージォが流れてきたら、嗚呼、今井の野郎、今まさに天へ召された、または虚空へ溶けたのだなと見送ってほしい。
 トーマス・マン原作、ルキノ・ヴィスコンティ監督、『傍聴席に死す/Death in court/Morte a prova』。至高の刑事裁判に魅せられた傍聴家の苦悩と恍惚! 何言ってっか分っかんねーよっ(笑)。

 以上、メルマガ第2497号「日本堤のマンションの一室で産まれ、母親以外を知らず3カ月で消えた命」の編集後記より。その事件、実名報道されてネットでは“匿名正義団”によりぼろくそ叩かれているけれども、じつは悲しい哀しい事件なのだった。合掌。

※ 画像はマニア氏からの頂き物。なんだか分かります? レーザーを用いた装置なのだ!

 ←2月18日22時10分現在、週間INが80で2位~。

2021年2月17日 (水)

報道された「違法判決」を私は傍聴していた

210210  2月9日(火)の当ブログ記事で、銀座の晩杯屋が大変なことになったと書いた。その話をしよう。

 裁判所の帰り、銀座の晩杯屋で某マニア氏と2人で飲んだ。入店は16時ちょい前だっけ。他にお客はいなかったかと。
 ガラス戸を少し開ければ背後からピューピュー風が入って換気が良い。外飲みはこうでなきゃ(笑)。

 ところが16時半頃からか、どんどんお客が入ってきた。
 普段は孤独に黙々と飲む“独り飲み”のおっさんやお姉さんが多いのだが、どういうわけだがほとんど2人連れ。わいわい賑やかになった。
 17時頃にはほぼ満席! って立ち飲みだから席はないんだけどね。
 うわぁ、となって17時ちょい過ぎ、我々は退散した次第。

 銀座の晩杯屋があれだけ混み合うのは、コロナ以前の、だいたい18時頃じゃなかったか。
 だから2月9日(火)は、コロナ以前よりもっと混んだわけだ。なぜ?
 たまたま偶然なのか、緊急事態宣言ゆえ早い時間に飲んで帰ろうってことなのか。はたまた晩杯屋の良さがどこかで話題になったのか。

 そんなこともありつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、2月は以下の5号を発行した。

第2512号 「私はコロナだ」で偽計業務妨害、匿名警察と自白強要がつくった犯罪か
 「匿名警察」にまんま乗せられて警察&検察がつくった事件じゃないのかこれは。傍聴席からはばりばりそう思えた。

第2511号 法定刑を超える違法求刑、違法判決、なんと私はそれを傍聴していた!
 検察官も裁判官も書記官も、2人の弁護人も2人の被告人も、確か満席の傍聴人も、誰も気づかなかったあの「違法判決」、レポートしよう。 

 以下の3号は2月12日にお知らせした。

第2510号 警視庁職員のひき逃げ事件を傍聴、実況見分がじつに不可解、まさか無罪?
第2509号 サービスデザイン推進協議会にすべて委託、100万円の給付は電通ワークスが
第2508号 芸能人のストーカーもYouTuberも実刑判決、でもネット検索ではヒットなし

  いま購読登録すると以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される。

※ 画像は羽田沖日航機墜落事故(1982年2月9日)の慰霊碑。2021年2月9日、マニア氏が慰霊に訪れ撮影した。合掌。

 ←2月17日17時10分現在、週間INが60で3位

2021年2月15日 (月)

本当の犯罪者は“匿名警察”では?

 2月15日(月)、午前から裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ行った。数えれば合計8事件を傍聴した。

 「道路交通法違反」を2件傍聴したら、2件とも首都高のオービス事件。超過80キロ台だった。可搬式オービスが取り沙汰されるなかで、もしかして従来型の固定式オービスは地味に誤測定をやってるのか? と思えた。

 「私はコロナだ」とかTwitterに書き「威力業務妨害」で逮捕、実名報道された事件の、今日は論告弁論。
 被告人(IT界では有名人らしい)のTweetに業務を妨害するような意図も効果も何らなく、業務妨害をやったのは匿名通報をした1人、“匿名警察”では!? とばりばり思えた。

 たまたまちらっと傍聴した「暴力行為等処罰に関する法律行為違反」で、精神障害の被告人が大変なことを述べた。

被告人 「弟が殺されて、死体確認…私と妹が…腐乱死体を見て…臭いが、この世のものとは思えない…臭いと、腐った死体が、頭にこびりついて離れないんです。今も鮮明に残ってます」

20210215  その後、「予告なしに熊が現れたり、黒い男がナイフを持って現れたり…」幻覚、幻聴が出てくるようになったのだという。
 「弟が殺されて」も幻覚かもしれないが、なんであれ大変な中に生きてる人がいるのだなと。

 以上4事件は、まったくたまたま傍聴したのであって、その日の私の狙いは別にあったのだ。裁判所を出たのは17時を回っていた。疲れた~。

※ 画像は東京都のデータ。一時期は1万件を超えていた検査数がだいぶ減った。しかも2月1日分でストップしている。どしたんだっ? こういうところから陰謀論が生まれてくるんですかね~。

 ←2月15日21時50分現在、週間INが50で3位~。

2021年2月12日 (金)

警視庁職員のひき逃げ、じつは無罪?

 忙しい忙しい、と私はいつも言っている。『不思議の国のアリス』に出てくる白うさぎ、White Rabbitかよ(笑)。
 そこんとこ、はっきりさせておきたい。

 現在、私は月刊誌3誌に連載を持たせてもらっている。2誌は1ページ、1誌は2ページだ。
 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」(有料)は現在は週2号の発行、月に約8本だ。
 筆が速い人もいるだろうけど、私は遅い。合計11本であっぷあっぷだ。

 加えて、3つのWebサイトにどんどん原稿を書かせていただけることになっている。書きたいネタは一杯ある!
 そんなに多くはないが、週刊誌等からコメントを求められたりする。たまにラジオやテレビからも。たった10数行、数十秒のコメントでも、ただしゃべればいいってもんじゃない。データとか準備しなきゃ。時間を食う。

 そうして! どうしても傍聴せねばならぬ公判期日がある。裁判所へ行けば、あれこれ次々傍聴してしまう。
 朝から行けば、傍聴ノートの整理も含め1日が終わってしまう。

 その他、農家の直売所へ野菜を買いに行ったり、有酸素散歩をしたり、風呂に入ったり、免疫力を維持するため十分な睡眠も取らねばならない。ああ忙しい!

 メルマガは、2月は以下の3号を発行した。

第2510号 警視庁職員のひき逃げ事件を傍聴、実況見分がじつに不可解、まさか無罪?
 午前4時頃、前をふらふら走る原付を注視しながら走っていたら、道路に横たわる男性(21歳)をひいてしまった。ドライブレコーダーの録画があった。ところが警察は、ドラレコに基づかず、バイクなしで「見通し状況」の見分を…。なんでっ? 

第2509号 サービスデザイン推進協議会にすべて委託、100万円の給付は電通ワークスが
 中小企業庁の新型コロナ持続化給付金100万円、あれを不正受給した若者たちの裁判。どうやら特殊詐欺グループの仕業ではないらしい。

第2508号 芸能人のストーカーもYouTuberも実刑判決、でもネット検索ではヒットなし
 判決を3件、控訴審第1回を1件、手短にレポート。新聞、テレビ、ネットに出ない事件は普通にあるのだ。

210212-2  いま購読登録すると以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。

 次号は、「法定刑超える違法判決 東京地裁、地検がミス」と報じられた事件にしよう。あの判決を私は傍聴していたのだ! ここでちらっと言っていくと、あのぽかミスで井下田英樹裁判官を左遷させることには私は反対だ。

 画像は今夜の酒肴(夕食)。さつま揚げとちくわ。厚揚げ焼きにネギ&生姜、ほうれん草のおひたし、まいたけ&小松菜&ネギ&ちくわの煮浸し。左下は、農家のおじさんから買ったふきのとう。軽く茹でて酢味噌で食べた。苦い~! 春の訪れはじつは苦いものと初めて知った。頑張っていきましょう。

 ←2月12日22時30分現在、週間INが70で2位~。

«警視庁職員のひき逃げ、冤罪か?