フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2018年9月21日 (金)

普通は死ぬ量の酒を飲まされ強姦され

1809191 第2155号の「道路運送法違反」の法廷へ、私は開廷8分ほど前に行った。
 被告人氏名は中国人風だし、傍聴席は52席だし、エロの匂いは全くないし(笑)、こんなのどうせガラガラだろうと。

 ところが、ぎょっ、傍聴席の奥のほう(検察官席側)に白黒ウエアの若い男女が20人ほどお行儀良く固まっていた。 ※白黒ウエア=ワイシャツまたは白ブラウスに黒ズボンまたは黒スカート。
 団体見学で外国人の事件を傍聴って、あんまりないんじゃないか。52席の法廷の新件がほかにないんだろうか。

1809192_2 傍聴席最前列へ進みつつ私は、二度見、三度見、眉をつり上げ「ふんがぁ!」となった。
 引率と思しきスーツにネクタイの中年男性は、紛うことなくあの稗田雅洋裁判官だったのだ。
 一般人風の服装で、なんで引率をやってるの。あっ、退官したのか?

 そのとおり、新日本法規の裁判官検索によれば昨年3月末で依願退官しているのだった。そして早稲田大学の法学学術院の教授になっているのだった。
 裁判官としてかなりのエリートコースだったのに、なんでっ? ちょと考えられない。
 瀬木比呂志さんの小説を思い出すなら、最高裁とモメ、高額年俸で教授にしてやるからと追い出された? あるいはもしや不倫とかでしくじった? 裁判員の女性と恋に落ち…?

 一般に裁判官は、退官を目前にすると良心に目覚め、すごい裁判をやってのけることがある。なのに私は稗田裁判官の裁判をあんまり傍聴していなかった。仕方のないこととはいえ、しまったなぁ!

 なーんて失礼っぽいこともちらり書くメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、9月は以下の9号を発行した。

第2155号 中国人の白タク営業、微信のチャットから
 インバウンド旅行客の急増とともに増えた外国人向けの白タク営業。報道された事件だ。大きな業者から委託されてやる仕事と、ウイーチャット(微信)を通じての仕事とがあり、前者は欧米人が多く、前者は中国人が多く…。はは~、いろいろ勉強になりました。

第2154号 普通は死ぬ量の酒を飲まされ強姦され
 リアルナンパ塾のメンバーの「準強制性行等、集団準強姦」の、今日は2人の被害女性の意見陳述から始まった。凄い内容だった。被告人の反省が口先だけと浮き彫りになるような。そして論告・弁論。弁護人が「今回に限り執行猶予を」と結んだのには驚いた。どう転んでも長い実刑は決まりなのに…。

 以下の3号は9月18日にお知らせした

第2153号 リアルナンパ塾、イエーガーで泥酔させ強姦
第2152号 性嗜好障害等は人生を台無しにする難病!
第2151号 じつは私も池上彰さんの番組に関わった件

 以下の4号は9月11日にお知らせした

第2150号 弁護士が裁判所のトイレに“放火”した事件
第2149号 自動二輪が90キロで信号無視、死亡事故
第2148号 息子を殺害、「鑑定留置理由開示」の裁判は
第2147号 重過失傷害、赤信号見落としの自転車事故

1809193 いま購読登録すると以上9号がどどっと送信される。そして月末までにあと4号が順次送信される。毎月どんな感じか、バックナンバーのページもちらっとご参照いただければ。

 画像は、法務省の掲示板にひっそり掲示された、司法試験の合格発表。だ~れもいなかった。いずれも9月19日(水)の夕方撮影。言っちゃ何だが、有名芸能人の裁判の傍聴券抽選よりだいぶ倍率が低い、むちゃくちゃ低い。
 有名芸能人の裁判を傍聴するのは司法試験に合格するより遙かに難しい、知られざる真実である、うむっ。pout

 ←9月21日13時30分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年9月18日 (火)

リアルナンパ塾、イエーガーで泥酔させ強姦

 栃木県にも新型オービスが登場したと、読者氏から情報をいただいた。
 マジっすか、調べてみたら9月13日付け下野新聞、「「移動式装置」でスピード違反取り締まり 栃木県警、上三川の通学路で初活用【動画】」という記事があった。
 以下はその記事中の動画だ。埋込コードをコピー、の操作をさせていただき、以下に貼り付けたわけ。私もそんなことができるのですょ、ふふ。

 しっかし、私はこの動画を見て、恐怖というかブラックなものを感じた。

 この通学路では速度超過の車両がよくいて、そのような暴走車から小学生たちの安全を守ろう、という話になったら、私なら! 何らかの原因で車両が逸走しても小学生たちと交錯しないよう、頑丈なガードレールとか設ける。かつ、車両が速度を落とさざるを得ないよう、横断歩道の手前等にハンプを設ける。ほか、狭窄部を設けるとか、打つ手はいろいろある。

 ところがこの動画を見ると、そういうことは一切していないようだ。
 そうして、速度超過の車両を黙って待ち伏せし、速度を測定して撮影し、後日警察へ呼び出して取り締まる…。
 暴走車が新型オービスに気づかず横断歩道や路側帯の小学生に突っ込んだらどうするの? 「うっわ、これってオービス? 俺って免停?」とか動転して注意散漫、前方不注視となったら…。

 でもそんなことはどうでもいいのだ。
 通学路の安全、新型オービスは、速度違反金制度の導入、速度取締りの民間委託、そしておそらくはもっと力強い警察国家へ向けての、国民をあざむく仕掛け、布石なのだ。

警察官僚A 「速度違反金も民間委託も必要なことなんですから、ストレートに国民に説明すればいいじゃないですか。だましの策を弄するというか、こういうの私は嫌いですね」
警察官僚B 「今井のバカしか気づいてないからいいんだよ」
警察官僚C 「それにしてもうるさい。黙らせましょう。あんなバカ、コンサル料とか言って月額100万円もくれてやれば黙りますよ」
カーテンの裏に隠れていた今井 「100万円! うひょ~!lovely

 さて、上を目指す警察官はみな読んでいるとの噂があったりなかったりする(笑)メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」は、9月は以下の7号を発行した。

第2153号 リアルナンパ塾、イエーガーで泥酔させ強姦
 第2128号の準強制性交等の共犯者。RNAではゲット(即り)数を競っており、2128号の被害女性は被告人にとって100人目だった。別の男と共犯の事件は、3月期の集計の締め切りが4月1日午前8時だったことから…。性犯罪の歴史に残る事件かと。

第2152号 性嗜好障害等は人生を台無しにする難病!
 有能な研究者であるおじさんは、捕まっても捕まっても、服役してもしても色情盗(すり)をくり返し…。性嗜好障害は難病だが、じつは司法官療病(仮の名称)こそが、本人も社会も病識のない、しかし国民に社会に重大な害悪をもたらす社会的難病かと。

第2151号 じつは私も池上彰さんの番組に関わった件
 ひき逃げの判決をたまたま傍聴。なんと懲役1年、未決30日算入。シンプルなひき逃げで実刑は普通ない。本件は累犯前科があるのだった。おそらくはその「勾留理由開示」を私は傍聴しており…。  表題の件は編集後記で。

 以下の4号は9月11日にお知らせした

第2150号 弁護士が裁判所のトイレに“放火”した事件
第2149号 自動二輪が90キロで信号無視、死亡事故
第2148号 息子を殺害、「鑑定留置理由開示」の裁判は
第2147号 重過失傷害、赤信号見落としの自転車事故

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信され、9月末まであと6号が順次送信される。そこまで無料。
 次号はRNAの事件の被害女性2人の意見陳述。凄かった! プラス、たぶん私にしか言えないある見立て、仮説を書くかも。 

 こんなのでメキメキ痩せるって本当ですか???

 ←9月18日11時00分現在、週間INが140で2位~。happy02

2018年9月16日 (日)

あおり運転、予備的訴因のほうが重い?

 以下は9月7日付けNHKニュースの一部。太字は私。

「あおり運転」で死亡事故 検察が監禁致死傷罪も加える方針
 去年、神奈川県の東名高速道路でいわゆる「あおり運転」を受けたワゴン車の夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷などの罪で起訴された男が、車をその場にとどまらせたことも事故につながったとして、検察が監禁致死傷の罪を加える方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。
 危険運転にあたらないと判断される可能性があり、裁判が注目されます。
 去年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、「あおり運転」を受けたワゴン車が高速道路上で停車したあとに大型トラックに追突され、ワゴン車に乗っていた静岡市の夫婦が死亡、娘2人がけがをし、危険な運転で事故を引き起こしたなどとして福岡県中間市の石橋和歩被告(26)が危険運転致死傷などの罪で起訴されています。

 「加える」ってどういうことなんだろう。書きぶりからして、事件名は「道路交通法違反、危険運転致死傷(予備的訴因 監禁致死傷)」になるってことなんだろうか。
 それって珍しいような気がするけど、いいの? という話をしよう。

 「道路交通法違反」の部分はいろいろ考えられる。
 車間距離不保持は5万円以下の罰金。進路変更禁止違反も5万円以下の罰金。割込み等違反も同じ。
 本車線道での駐停車違反は10万円以下の罰金。放置駐車、すなわち運転者が車両を離れて直ちに運転できない状態の駐車とされれば15万円以下の罰金だ。

 やむを得ない理由がないのに故意に本車線道に駐停車したら、また他車両に駐停車を余儀なくさせたら10年以下の懲役または100万円以下の罰金とか、そういう規定は存在しないのだ。

 本件の「危険運転致死傷」は、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の第2条第4号だ。以下、太字は私。

(危険運転致死傷)
第二条
 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
  一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
  二 その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
  三 その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
   人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
  五 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
  六 通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

 「かつ」は「または」ではない。「重大な交通の危険を生じさせる速度」という部分もなければ、2条4号には該当しないのだ。
 「速度」については15キロだっけもっと下だっけ、それでもアウトとする解釈で固まっているが、しかし本件は…。
 検察はどんな論法で2条4号に該当すると言うのか、弁護人はどんな論法で該当しないと言うのか、ぜひ傍聴したい。しかし傍聴券抽選になり、並び屋さんが大挙動員され…。

 泣き言はさておき(笑)、以下は「刑法」。

(傷害)
第二百四
条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(傷害致死)
第二百五条
 身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、三年以上の有期懲役に処する。

(逮捕及び監禁)
第二百二十条
 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。
(逮捕等致死傷)
第二百二十一条
 前条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

180914 「監禁致死傷」は第221条、だからつまり3年以上の有期懲役より重い感じで処断されるわけだ。ちなみに有期懲役の上限は20年。

 「危険運転致死傷」は1年以上の有期懲役…。あれっ? そしたら予備的訴因のほうが重いじゃないか。
 軽いほうの罪で起訴しておいて、それがダメなら重いほうの罪にしたい、普通なかなかないことのように思う。

 おっと、冒頭の報道の「加えて」が予備的訴因と決まったわけじゃないのだ。いやでもでもしかし、じゃあ「加えて」はどういう意味なのだろう。
 嗚呼、第1回公判の検察官の冒頭陳述を、ついでに弁護人の冒頭陳述を傍聴したい…。

※ 画像は本文とは無関係。マニア氏からのいただきもの。14日(金)のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」より。いちおうジャケットを着て行ったのに、局に着く前に暑いからと脱ぎ、着るのをころっと忘れたのです。この画像がなぜ横向きなのか、分かりません~。sweat01

 ←9月16日1時30分現在、週間INが150で1位~。happy02

2018年9月14日 (金)

自転車の酒酔いで36歳女性が検挙

 またちらっとコメントしとこう。以下は9月12日付けのテレ朝news。

基準値の6倍 自転車の36歳女“飲酒運転”で逮捕
 福岡県田川市で、酒に酔った状態で自転車を運転したとして36歳の女が逮捕されました。
 ■■■■容疑者は12日午前3時すぎ、田川市の市道で、酒に酔った状態で自転車を運転した疑いが持たれています。パトカーがふらつきながら自転車を運転している■■容疑者を発見して調べたところ、呼気から基準値の約6倍のアルコールが検出されたため、酒酔い運転の疑いで現行犯逮捕しました。受け答えもできないほどに泥酔していたということです。取り調べに対し、■■容疑者は「酒は飲んだが、自転車は運転していない」と容疑を一部、否認しているということです。

 飲酒しての運転(いわば広義の酒気帯び運転)は2種類ある。今日はそこだけおぼえて帰ってください、って漫才ですか(笑)。

1、酒気帯び運転(いわば狭義)
 ぜんぜん酔ってなくても体内に基準以上のアルコールを保有する状態で運転したものをいう。基準は、基本的には呼気検査により、呼気1リットル中0.15mg以上。
 罰則は道路交通法第117条の2の2第3号。3年以下の懲役または50万円以下の罰金。ただし軽車両を除く。

2、酒酔い運転
 呼気検査の結果には関係なく、アルコールの影響により正常な運転ができない状態で運転したものをいう。とはいえ原則、検査値が0.5mgが望ましいようだ。
 罰則は同法第117条の2第1号。5年以下の懲役または100万円以下の罰金

 上述のとおり、酒気帯び運転の罰則は軽車両に適用されない。自転車は軽車両。よって自転車が捕まるのは酒酔い運転だけなのである。
 これは法律上のことを言っているのであって、安全、危険、やめとけ、いいじゃないか、などは関係ないので、念のため。

 2017年の自転車の交通違反の取締件数は1万4105件。
 うち酒酔い運転については、全国の総数が122件、0件が36都府県、1件が6府県、福岡は1件だ。
 福岡で自転車の酒酔いで捕まるってことは、よっぽど泥酔で暴れたとか、なにか特別なケースだったのかなと推認できる。

 ちなみに、全国の総数が122件、0件が36都府県、1件が6府県ってなんか変でしょ。そう、突出して多い県があるのだ。それは埼玉で、なんと81件。非常に興味深い。

       bottle     wine     noodle

180913 13日(木)、裁判所行きを休んで単行本原稿をきりきり書いていたところ、某テレビ番組から電話あり。VTR撮りのため都心へ出かけることに。往路は電車で行き、復路はお言葉に甘えてハイヤー(真っ黒の日産フーガ)を利用させてもらった。私は迷った末、自宅ではなく北区滝野川の「昭和」へ! だぁって先週は「昭和」を全休したんだもの、都心へ出ちゃったんだもの、仕方ないでしょ(泣)。
 着いたのは20時ちょい前だっけ、マニア諸氏はもうおらず、いつもの17時台とはだいぶ異なるお客さんが多かった。画像は、最初に取った2品。1品チケット1枚、チケットは10枚つづりで1200円。
 右側は焼きタラコだ。マニア諸氏がいれば半分以上食べていただけたかもしれないのに、今日は1人で全部食べた。通風発作が心配。水をいっぱい飲んで寝よう。

 飲み始めにミヤフローラEXを5錠服用したので、帰宅する頃には酒はもうさめてかけていた。吉澤ひとみさんも、ミヤフローラEXを知っていれば今回のようなことにはならなかったのではないか、そう思えてならない。
 私も、携帯電話の料金とか、知らずに損していることがいっぱいあるのだろうと思う。

 ←9月14日0時40分現在、週間INが120で2位~。happy02

2018年9月12日 (水)

女優三田佳子さんの次男の覚せい剤は動物脳が?

 芸能薬物事件について、たぶん誰もしないだろうコメントをちらっと。
 たとえば以下は9月12日付け日刊スポーツ、の一部。

高橋祐也容疑者は「おかしな様子だった」住民が証言
 女優三田佳子(76)の次男で職業不詳の高橋祐也容疑者(38)が11日、警視庁渋谷署に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。同署によると、容疑を認めている。高橋容疑者は過去3回、覚醒剤を使用したなどとして逮捕され、08年には東京地裁で懲役1年6月の実刑判決を言い渡されている。三田はこの日、「大変ご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪のコメントを出した。

 刑事裁判のひとつのお約束はこれだ。

裁判官 「もう絶対しないと誓いますね?」
被告人 「はい誓います」

 こいつきっとまたやる、と見え見えでもお約束に従い、刑務所を出て直ちにまたやる、そのパターンは珍しくない。これをA型としようか。
 一方で、もう絶対にしないと本気で固く誓いながらまたやってしまうパターンもある。これをB型としよう。
 あれこれ報道を見る限りでは、高橋祐也さんはB型の可能性がある。

 B型は、いったいなぜくり返してしまうのか。
 あるB型の裁判に、独立行政法人国立病院機構、下総精神医療センターの薬物依存治療部長、平井愼二医師が証人出廷し、証言した。
 傍聴して驚いた、謎が解けた! その後、本を読み、成城大学での講演を聴きに行ったりもした。

 私なりの理解で、ものすごく簡単にいろいろ端折って言うとだ、人間は、考える脳=人間脳と、動物と同じ脳=動物脳で動く。人間は人間以前に動物であり、動物脳が強い。
 B型の犯罪は動物脳がやらかす。『うしろの百太郎』的に言えば、低級動物霊に憑依され支配されたかのように、やらかす。

 「もう絶対しません」と人間脳がどんなに固く誓っても、動物脳には勝てない。
 そこに注目し、動物脳の反射の連鎖に働きかけて犯罪行為をさせなくする、というのが平井医師の「条件反射制御法」だ。実際多くの治療実績をあげている、あげ続けているという。ダルクでも一部取り入れているところがあるという。

Img_1245 ところが検察官、裁判官は、というか世間もマスコミも、人間は人間脳だけで動くと信じ込んでいる。人間脳に「もう絶対しません」と誓わせ、満足する。
 B型の人が、動物脳の問題にようやく気づいて治療を開始していても、量刑相場的に実刑が相当なら、治療を断ち切って刑務所へ落とす。
 B型の人にはまず治療を! とは司法は絶対に言わない。治療したいと言う被告人を、検察官はこう責める。

検察官 「病気のせいにするんですか! 結局は意思の問題でしょ! 絶対しないと誓えますか!」

 じつはあんまり病識がなかった被告人は「もう絶対しない」と素直に心底誓い、意思(人間脳)の力で頑張ろうとする。

 かくしてB型は同じ犯罪をやらかし続け…。
 検察官こそ社会の敵、エネミーだなと、そうしたことを私はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」でレポートし続け…。
 いつまで続くのだろう。

 報道のとおりなら高橋祐也さんは前刑を終了してから5年以上経つ。量刑相場的には今回、長めの執行猶予付き懲役刑、保護観察付きでおかしくない。
 しかし、検察的な裁判官に当たれば、一般予防(=みせしめ)の見地から実刑に処されるかも。
 以上のようなことを踏まえて裁判を傍聴したいけれども、高橋さんは有名女優の息子さん、傍聴券抽選で当たり券の枚数は少なく、少ないところへいろいろ押し寄せ、私が傍聴できる可能性はきわめて小さいと予想され…。

※ 画像は高橋さんが裁かれる(捌かれる)ことになるだろう裁判所ビル。この中に東京地裁がある。向かって左が北側。ようく見ると、南側の白い雲がゆっくり左へ流れている。ええっ? やばい、少し仮眠しよう。coldsweats01

 ←9月12日11時30分現在、週間INが140で1位~。happy02

«弁護士が裁判所のトイレに“放火”した事件