フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月24日 (日)

警部補の66キロ超過、なぜアウト?

 私のほうでコメントしておこう。
 以下は6月20日付け産経新聞の一部。

警部補、公用車で66キロオーバーで赤切符 助手席に部下 滋賀県警
 滋賀県警の警察署勤務の30代男性警部補が、公用車を運転中に制限速度(70キロ)を66キロ超過したとして、道交法違反の疑いで交通反則切符(赤切符)を交付され、所属長訓戒の処分を受けていたことが20日、県警への取材でわかった。処分は5月30日付。
 県警監察官室などによると、警部補は4月8日、三重県伊賀市内で、公務で公用車を運転中に制限速度(70キロ)を超過し、三重県警から赤切符を交付された。助手席には部下が同乗していたという。
 警部補は「仕事で急いでいた。部下を指導する立場で違反をしてしまい、反省している」などと話しているという。

 66キロ超過を反則金で処理したとは、なんと大胆なことを! それも犯人隠避に当たるのか? と一瞬大興奮した方が全国に5人くらいいたかも。
1806231
 「交通反則…」までで大興奮せず、落ち着いて「(赤切符)」とあるところを読み、はは~、産経新聞は「反則」に法的意味があることを知らないのだな? と分かった方は、これは全国で100人、いやもっと千人も万人もいたかも。
 ちなみに私は5人のうちの1人だ(笑)。わけ分かんない話ですみません。

 さて、超過速度が30キロ(高速道路等では40キロ)以上は「非反則行為」とされ、交通切符(赤切符)が交付され、罰金刑とされる。
 超過速度がもっともっと高い場合、罰金刑ではすまず“体刑事案”とされ、当初は交通切符(赤切符)を切られていても、あとで通常書式でやり直しになる。公判請求(正式な裁判への起訴)をされ、懲役刑を求刑される。

180623 警部補の件は、制限速度が70キロってところからして、罰金処理のケースかと。警部補は「交通罰金前科1犯」になるのだ。

 それはそれとして、「仕事で急いでいた」という点について。
 警察の仕事は緊急を要する場合が多々あるはず。事件の被害者等からすれば一刻も早く来てほしいはず。犯人からすれば、頑固に制限速度を守ってゆっくり来てほしいはず(笑)。
 なわけで「スピード違反くらい、いいじゃないか」という意見が当然にあるだろう。

 今回の画像はぜんぶ、警視庁から開示を受けた「不送致事件検討表」だ。
 都内のオービスが違反車として測定・撮影したのは、警察官運転の車両だったけども、これこれの理由があるので不送致、つまり検察庁へは送らないことにしたい(する)という文書だ。

180623_2 私は一時期、この文書をだいぶゲットした。ま、kingファイル1冊程度だが。
 多くは「正当業務行為」で、何が正当業務だったかは墨塗りだ。速度違反の取締りを理由とするものが一部あり、それは墨塗りがない。
 そこから推察するに、速度取締りではない「正当業務行為」でぶっ飛ばすことがだいぶあるらしい。

 んで、今回の滋賀県警のケース。
 「仕事で急いでいた」ものを、警視庁だけが「正当業務行為」で「不送致」とし、滋賀県警、三重県警はダメ、とは考えにくい。

 滋賀県警のは、とくに急ぐべき「仕事」とはいえなかったのか。あるいは、警視庁だって超過速度が66キロだと「正当業務行為」とはしないのか。どっちか、かなと思える。

 そうしたこととは別に…。
 上掲の産経報道には「三重県警から赤切符を交付された」とある。
 A県のオービスがB県の違反車を測定・撮影した場合、写真等をB県へ送ってB県で切符処理させることは普通にある。ところが本件では、滋賀県警の警部補を三重県警へ後日呼び出した、と読める。
 誤報でないなら、滋賀県警からすれば屈辱だろう。いったいどんな機微があったのか、滋賀県警と三重県警の関係は今後悪くなったりしないのか。

 いま裁判所への往復の電車内でこれを読んでる。15年以上前の本とはいえ、面白いわ! 

 ←6月24日1時40分現在、週間INが140で1位~。happy02

2018年6月23日 (土)

放火無罪のあの被告人がまた!

 月~金、毎日は絶対裁判所へ行かないようにしています!
Img_0118 常々そう言ってきた私なのに、今週は月~金ぜんぶ通ってしまった。しかも、月~木は朝一から! 消耗した~。

 私が悪いんじゃない。どうしても傍聴したい事件が毎日あったのだ。しょーがないでしょ、ねぇ。
 ところが、嗚呼、どうしても傍聴したい事件の多くを、裁判所の庁舎内にいながら傍聴しなかった。なぜ?
 もっと見逃せない事件に偶然遭遇したり、ちらっと入っただけの法廷でとんでもないことが行われていて出られなくなったり。体はひとつ、人生は1回限り、仕方ないとはいえ。

Img_0119 殺人に等しいというべき“あおり運転”も傍聴した。求刑どおり懲役14年。重い。しかし満期でも30歳代で社会へ出られる。被害者は18歳で死亡し、二度と戻らない。そんなのも傍聴した。

 マニア的に今週いちばんは、あの被告人の事件だ!
 侵入窃盗&放火で起訴 → 東京地裁(裁判員裁判)は放火無罪、侵入窃盗のみ有罪(実刑) → 東京高裁は破棄・差戻し → 最高裁は破棄したうえで東京高裁へ差戻し…。
 結局最終的に、放火は無罪、侵入窃盗は実刑だったが、未決勾留日数(※)の算入で刑期はぜんぶチャラ。 ※じつはマスコミタブー。

 その被告人が2014年、また東京地裁の法廷へ出てきた。下着ドロで、真っ向否認だった。
 あの被告人と同一人物であることを各方面から私は確認し、傍聴し続けた。たかが「窃盗」なのに傍聴席はほぼ毎回かなり埋まった。一般傍聴人は少なく、ほとんど警察官、検察官だった。私は熱中し、メルマガでレポートし続けた。

1804273 そうして今週、同姓同名の事件がまた東京地裁へ出てきたのである!
 まさか…。傍聴してみた。なんと同一人物だった。今回も下着ドロ。
 前回の弁護人は、6文字でまとめれば非常に個性的、だった。今回の弁護人は、私の古くさい表現でいえば、おぼこい娘さん、刑事弁護は初めてじゃないのかな、戸籍の写しまで不同意とした。福嶋一訓裁判官が優しくサポートした。私も暖かく見守りたい。本件はどう転んでもまた実刑、しかしあなたを大きく成長させてくれるはず。だから私のことも暖かく見守ってぇ~(泣)。

 二転三転の放火無罪といい、前回今回の弁護人といい、被告人は波瀾万丈の星の下にあるのかもっ。これは追っかけよう。
 警察、検察の方々は、わざわざ傍聴しなくても、私のメルマガをお読みいただければ。うんうん。

 そんなメルマガ「裁判傍聴バカ一代 」、6月は以下の8号を発行した。

第2115号 「刑事免責」初適用のシャブ密輸、傍聴した!
 これってもしや? と念のため確認に行ったらば、記者クラブ記者の行列だけで15人、ずばりその事件なのだった。若い中国人3人が登場する覚せい剤密輸。不可解なことに検察官が、無駄にダブる証拠説明を大幅に時間超過してまで続けようとした! 無能呼ばわりを覚悟で死守したかったものは…。

第2114号 鑑定は儀式の道具、刑事司法、無惨なり!
 万引き病の女性が続々と法廷へ出てくる。この被告人は、前刑の裁判時から眠るような無表情だった。ところが今回、最後の最後、魂の叫びとでもいう陳述を。しかし求刑は懲役5年。そんな刑事司法に不可欠なのが御用医師の鑑定で…。

第2113号 必ず捕まることを前提に成り立つ商売とは
 好きなときに働けてそれなりの稼ぎになるのが繁華街での客引きだという。だが続けていれば必ず捕まる。罰金前科を重ね、執行猶予付き懲役刑を食らったあたりで普通は去る。ところが本件被告人は、2犯を服役してもまだ続けた。なぜ?  そのあと、大がかりな危険ドラッグ製造の事件を傍聴。似たところがあった。
 
第2112号 弁護人も裁判官もバカ野郎なので仕方なく…
 事件名は「児童福祉法違反、売春防止法違反」、被告人は女性。傍聴人が押し寄せるに決まってる! ところが弁護人は、前回に続き今回も、被告人の父親のために特別傍聴席(取置席)を申請しなかった。今回も父親(高齢)は傍聴を許されず「ダメですか?」と寂しそうに出て行った。ちっきしょう…。こんなのをリアルレポートするのは、嗚呼、世界で私だけかも。

 以下の4号は6月11日にお知らせした

第2111号 槇原敬之さんの“パートナー”の覚せい剤
第2110号 駅ホームで男子学生が肩をぶつけてきた?
第2109号 6400ccのアメ車で235キロ、求刑は?
第2108号 前代未聞、弁護人が被告人質問を放棄っ!

 いま購読登録すると、以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。毎月そう思うけど、今月もまた、いちばん濃いかも。

※ 画像は皇居付近の案内板。これは現在の銀座側から見た図、というか図のずっと下のほうが東京湾だ。桜田門を左側へ出て、左上の角に、現在の警視庁の庁舎がある。

 ←6月23日0時20分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年6月19日 (火)

桑名市議はいずれ刑務所へ?

 以下は三重県のNHKのニュース、の一部。

万引きの桑名市議に辞職勧告決議
 桑名市の51歳の市議会議員が、5月、愛知県内で万引きをしていたことがわかり、市議会は議員に辞職を勧告する決議を可決しました。議員は、おととし9月にも盗みの罪で執行猶予付きの判決を受けていて「万引きは事実でご迷惑をおかけします」などと話しているということです。
 辞職勧告決議を受けたのは、桑名市議会の大森啓議員(51)です。
 議会事務局によりますと、大森議員は、5月下旬、名古屋市の書店で雑誌や衣類あわせて4点を万引きしました。
 店員が気づいて大森議員が約6000円の代金を支払ったため被害届の提出などはなく、市議会の竹石正徳議長が、19日朝、電話で話をしたところ「万引きをしたことは事実です。ご迷惑をおかけします」などと事実を認めたということです。
 このため、19日の市議会の本会議では大森議員に対する辞職勧告決議の採決が行われ、欠席と退席の議員を除く20人全員が賛成して可決されました。
 大森議員は桑名市のアウトレットモールでネクタイを万引きした罪で、おととし9月にも懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けて執行猶予中でした。

 このニュースを観る方の99%以上が、「万引きを2度もやるとはけしからん!」とだけ思って終わるのだろう。だが…。

 警察に通報された万引きは、微罪処分、不起訴、罰金刑の階段をそれぞれ1段乃至複数段ずつのぼってようやく公判請求(正式な裁判への起訴)をされ、執行猶予付き懲役刑を言い渡される、それが基本だ。
 したがって本件は、警察に通報されたものだけでもかなりの回数ある、と推認できる。

 市議ともあろう者が、過去に万引きで辞職勧告を受けたことがありながら、執行猶予中でありながら、なぜそこまで万引きをやるのか!

 単に「手癖が悪い」とか「金を節約したかった」とか「見つからないと思った」とかでは説明がつきにくい。
 51歳という年齢的にまず疑われるのが、前頭側頭型認知症、いわゆるピック病だ。病的万引きを広げているのが、じつは検察官、裁判官なのだ、というびっくりな話はメルマガでさんざんレポートしてきた。

 とにかくね、市議はきっとまた万引きをやるだろう。いずれ刑務所へ堕ちることになるだろう。少なくともそのコースにあることは間違いないと、万引き病の裁判をさんざん傍聴してきた立場で上掲ニュースを見るとき、直ちに予測せざるを得ない。もちろん、真実は全く別のところにある可能性は否定しない。

180613 万引きといえば今日の午前11時30分、すっげぇのを傍聴した!
 東京高裁の大熊一之裁判長が、本格のクレプトマニアの万引きを逆転執行猶予にした。しかもなんと! クレプトマニアという病気の存在を認めたとしか聞こえなかった。日本の刑事司法的には病気由来の万引きは認められないはずなのにっ! 大熊さん、いったいどういうつもりであんなことをしたのか!
 記者さんたちも知らなかったでしょ。いや、少なくとも1人、記者さんがいた。私は21日(水)、17時頃から「昭和」へ行く。あの判決を語りながら飲みましょうよ、ねぇねぇ。

※ 画像は、うちの台所のテーブルにあった商品のラベル。「乾燥桜えび」の原材料名が「桜えび」のみ! 「さけフレーク味付け」の原材料名が「白ざけ(北海道)、食塩」! そんなことってあるのか、感動して撮影に至ったわけ。
 摂食障害(特に食べ吐き)の女性たちはこういうのをしみじみ食べたことがないのでは? とちらり思う私は,見当外れの甘ちゃんでしょうか。

 ←6月19日23時00分現在、週間INが150で2位~。happy02

2018年6月18日 (月)

刑事免責、第1号事件を幸運にも傍聴できた!

 4時間半睡眠、眠くて眠くて、ええい、いっそ休んでしまおうかと心は揺れに揺れた。しかし…。
 今日は10時からで「没収取消」という超珍しい期日がある。事件番号は「平成29年(収ろ)第1号」、そんなの見たことない。いったいどんな事件だろ。
 これをメルマガでご報告せねば裁判傍聴師の名が廃(すた)る! そんな意味不明(笑)の義務感にしがみつき…。

 9時40分頃に裁判所着(※東京高地簡裁合同庁舎)。念のため1階のタブレット開廷表を見てみた。
 そしたら、10時から東京地裁813号法廷(家令和典裁判長)に裁判員裁判の新件が入っていた。「覚せい剤取締法違反(変更後の訴因 覚せい剤取締法違反、関税法違反)、出入国管理及び難民認定法違反」。
 うむん? ゆうべどなたかのTwitter で見た、なんだっけヤバイ新制度適用第1号の事件? 今月中に始まると報道されていたが、こうも都合よく遭遇するかね。
 もしビンゴなら、記者さんが何人も来るだろう。「没収取消」へ行く前にちらっと確認しとこう。

 9時52分頃、813号法廷の前へ。
 すでに行列が10数人、まではいいとして、裁判所の職員が腕章を付けて何人もいた。記者さんたちが、一般傍聴人の行列とは別に続々と集まり、15人にまでなった。
 ビンゴだったのだ! なんという幸運、休まなくて良かったぁ~!

 以下は今日付けの毎日新聞、の一部。

<東京地裁>「刑事免責」で証言へ 覚醒剤密輸、共犯被告
 刑事裁判の証人に、刑事責任を追及しないと約束して他人の犯罪を証言させる「刑事免責制度」が初めて適用される刑事裁判が18日、東京地裁(家令和典裁判長)で始まった。中国籍の被告が覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われた裁判員裁判で、共謀したとされる別の被告が証人出廷し、同制度に基づいて証言する予定。同制度は今月1日に導入されたばかり。
 初公判が始まったのは、林■■被告(22)の裁判員裁判。起訴状によると、昨年4月、中国の郵便局から覚醒剤約280グラムを国際郵便で日本に密輸したとされる。林被告は午前の公判で、密輸について「郵便物に覚醒剤が入っているのは知らなかった」などと起訴内容を否認した。
 関係者によると、刑事免責制度が適用されるのは、同じく中国籍の陳●●被告(24)。検察側が陳被告の証人尋問について同制度の適用を求め、地裁が今月12日付で認める決定を出した。

 この事件である。
 メルマガの次の発行日は19日(火)。19日も傍聴して詳しくレポートしよう。メディア報道と私のメルマガと、どのへんがどれくらい違うか、存分にご堪能いただきたい(笑)。

Img_1511 午前の休廷時間(20分間。裁判員裁判は必ず長い休廷が入る)に非常階段を上り下りし、「没収取消」をちらっと見てきた。何の没収を取り消せと言っているのか分かった。近頃よく報道されるあの“錬金術”がらみだった。

 午後は、覚せい剤密輸のその事件へすぐ行かず、凄いのを2件傍聴した。凄かった。こうして、メルマガで是非にもレポートしたい事件が溜まっていく。嗚呼、興奮しすぎて血圧が心配だ(笑)。
 今夜は早寝しよう!

※ 画像は、東京地裁のタブレット開廷表の契約書!? そんなの開示してもらったんだっけ、ころっと忘れてる、えーっ!

 今これを裁判所への往復の電車内で読んでいる。面白いわ! 初版2002年の本だが、今はどうか、若い女性検察官たちに聞いてみたい。

 ←6月18日21時10分現在、週間INが160で2位に落っこち~。happy02

2018年6月16日 (土)

三菱が速度取締りから撤退の根拠

18051813 最近分かった。
 何年にもわたり私が『ドライバー』や『ラジオライフ』やメルマガ等でさんざん書いてきたあの文書が、どうやらネットではヒットしないようだ! ネットには何でも無料でありそうに見えて、結局はそんなものなんだね~。

 三菱の撤退は、噂とかそういうレベルの話じゃない。ちゃんと文書があるのだ。
 タイトルは「弊社交通取締機器 新規販売終了及び保守対応終了についてのご連絡」。

 当記事1番目の画像は、平成20年(2008年)3月24日付けで三菱電機株式会社(以下三菱)の官公システム部長が警視庁の交通部交通執行課に宛てたもの。

18051811 2番目の画像は、同年6月付けで三菱の社会システム部長が大阪府警本部の交通部交通指導課に宛てたもの。
 私は石川県警からも同様の「ご連絡」をゲットした。三菱は同じ頃に他の道府県警へも同じ文書を出したはず。情報公開条例的にはとっくに保存期限が切れており、もう手に入らないかと。

 文書には、撤退の理由が記載されている。非常に興味深い。上記『ドライバー』等でさんざん紹介してきた。

 文書には大きな一覧表が付いている。オービスも含めさまざま速度取締り機器についてそれぞれいつまでに何の対応を終了するかという一覧表だ。
 最終期限は平成29年度末=2018年3月31日。一覧表にあるすべての速度取締り機器について、すべての対応を三菱は終了した

 ただ、一覧表に載っていない装置がひとつあり…。そのことは『ラジオライフ』に書いた。

 とりあえず今回はここまで。三菱の撤退は、噂とかじゃなく、10年前に三菱から警察に対し文書でもって連絡というか宣言したのだと、そのことだけご記憶いただければ。

 ←6月16日19時50分現在、週間INが170で1位~。happy02

«警察官が飲酒運転を見逃す理由