フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月25日 (火)

記者クラブ、なぜ傍聴席を15席も埋めるの

1704251 裁判所へ行く日をなるべく減らす! 旨の宣言をしたばかりなのに、嗚呼、今週は全日、裁判所へ通わざるを得ないっ。

 今日は、メルマガ第1842号「公職にもある大学教授のどろどろ不倫騒動」、第1858号「記者クラブ、なぜ傍聴席を15席も埋めるの」、第1878号「あなたもう前回、偽証してますからねっ!」でレポートしてきた「名誉毀損」の、最後の被告人質問、だけを傍聴に行った。
 いやいやはやはや、いやはや! いろんな意味でこれは大変な事件だ。被害者とされる大学教授(当時)も、大学名も、教授が所属する公的委員会も、秘匿決定なのだが、出てきたキーワードを組み合わせて念入りにネット検索してみたところ、それらしい人物に行き当たった。それが誰だか、こんな公開の場所では絶対に言えない。

1704252 月額108円という高いハードルがある閉ざされたメルマガでなら言えるだろ? 勘違いしてもらっちゃ困る。俺のメルマガの主要な存在価値は、検察官が裁判官がこういうとんでもない事件をどう扱うのか、そこを見張って分かりやすくレポートすることなのだ。被告人であれ被害者(とされる人物)であれ、個人を血祭りにあげることは目的から外れる。

 その閉廷が16時17分。1階へ下りて開廷表を少しメモしてから、究極の居酒屋「昭和」へ行ったのだった。画像は「昭和」の酒肴。これらが1品チケット1枚(チケットは10枚綴りで1100円)。旨かった~。「昭和」でまさに英気を養い、明日も裁判所だ!

 第1858号「記者クラブ、なぜ傍聴席を15席も埋めるの」の一部を以下に。諸君もそう思わない?

 それでだ、本誌の購読者には、記者クラブの方もおいでかと思う。聞いてほしい。

 ぶっちゃけ、新聞報道は結局どの社も全く同じか、ほぼ同じじゃないか。数行多いか少ないかの違いじゃないか。
 テレビも、どの映像をどれだけ使うかの違いでしかないじゃないか。

 それなのに15席も埋める必要がどこにあるのか!
 時事通信と共同通信が傍聴して長めに配信し、それを新聞・テレビが適当に拾えば全く足りるでしょ!

 てゆっかさ、通信社の客観報道に、新聞・テレビ局の各社が独自に取材したことを加えて報じるほうが、読者・視聴者的にはよっぽどいいじゃん!
 読売も朝日も毎日も、おんなじだ(笑)、どのテレビ局のニュースもおんなじだ(笑)と、まともな読者、視聴者はみんな苦笑してると思いますょ。

 もちろん、そう簡単な話じゃないとは俺は承知してるつもりだ。
 現在の新聞・テレビの報道のあり方は、この国の支配者(=官僚)にとって極めて都合の良い形になってる、と思う。
 「こんなことじゃダメだ。新天地へ!」と1社が抜け出せば、どうなるか、怖ろしい。

 だけど、新聞・テレビはどんどん廃れていくし、ジャーナリズムってものもどんどんなくなっていくだろう。
 それは官僚国家の望むところだろう。

 今ならまだ、従来の官庁発表垂れ流し媒体じゃなく、新しい媒体に生まれ変わるチャンスはあるんじゃないか。
 いや、“上の人間”が変わるはずはなく、したがって生まれ変わりは不可能で、誰か心ある、かつ目立ちたがりのお金持ちが、どっかんと乗り出すしかないのかなぁ。
 そんなことも、身の程知らずにもちらっと思ってる次第。

 

 マウスは消耗品、こういうのは楽しそうだ。
 んでこのピアス、俺はまだ見かけたことがない。もしも、たとえば地下鉄内で見かけたら、おくちぱっかーんと開けて見入ってしまうと思う。びっくり珍しいものを見ると俺はそうなるのだ。昔、ピンク色におっ立てたモヒカンヘアの若者が駅にいて、眉を吊り上げおくちぱっかーんと見て通り過ぎたら、複数人がホームへ来て「なに見てんだよ、土下座しろ」と強要してきた、そんなこともあったなぁ(笑)。

 ←4月25日23時30分現在、週間INが160で1位~。happy01

2017年4月21日 (金)

奈良県警、なぜっ!?

Stb_1300 20日(木)は朝から東京地裁でじつに濃い刑事裁判を次々傍聴した。
 女性のためのある施設で「クレーマーのような存在」のおっさんを退治したかのような事件…。別の事件の被告人(78歳)は、きっぱり言うのだった。

被告人 「あのぅ申し訳ないですが私、罪の意識がぜんぜんありません!」

 マニア氏から教わって傍聴した民事の尋問期日。被告はテレビ朝日。証言に出てきたキーワードでネット検索したら過去の報道がヒットしたり。メルマガ次号と次々号でどの事件をレポートしようか、悩んでしまう。
 くらくらしつつ裁判所を出て、警察庁へ。お宝文書2件の開示を受けた。
 それから俺は、25分ほどかけて銀座8丁目、奈良新聞の東京支社へ歩いた。以下は4月18日付け奈良新聞の一部。

ハンプで速度抑制 - 通学路の安全確保へ県内初
 通学路の安全確保を目指して、大和高田市は同市大谷の通学路に自動車の速度を抑制するため段差(ハンプ)を、県内で初めて設置した。県警と協力して実施した調査では、車の速度抑制に効果が確認された。ハンプは騒音や住環境への悪影響もあるとされ普及が遅れているが、県警交通規制課は「車両の速度抑制に良い効果が出た。有効な対策の一つとして設置を働きかけたい」としている。

 なんだとぉ~っ!!! 通学路の速度抑制に有効と決まってるのにタブーだったハンプ、警察庁の野望に水を差すハンプを、奈良県警はなぜっ? 警察庁の野望に逆らってまで通学の小学生たちの命を守るのか!
 しかしネットでは一部しか読めない。紙の新聞を手に入れなければっ! つーことで東京支社へ行ったわけ。なんと一面トップだった。ほ~!

 ハンプの設置が全国に広がれば、通学の小学生たちが守られるかわりに、新型オービスがバカっぽく見えてしまう。【新型オービスの導入 → オービスによる青切符の速度違反取締りの解禁 → 速度違反金 → 取締りの民間委託】というシナリオにケチがつく。
 いや、そんな単純なシナリオだったら、駐車取締りの放置違反金、民間委託と同じようにさっとできるはず。ところが今回のは、2013年6月の国家公安委員長の「苦言」から始まり、懇談会を設置し、試行運用にモデル事業…高速道路の制限速度を120キロに引き上げるという飴玉まで持ちだしてる。やけに念入りじゃないか。
 1993年と1994年に発表したあの野望の実現、そこへ向かってるんだな、というのが俺の読みだ。詳しくは今月下旬発売の『ラジオライフ』に書いた。

 興奮しつつ再び銀座の中心部を歩き抜け、有楽町の向こうから電車に乗って究極の居酒屋「昭和」へ。いやはや充実の1日だった。
 ちなみに久しぶりの昼間の、てか陽のあるうちの銀座は、昔の銀座とは一変、観光バスと外国人観光客だらけ。びっくりしたよぅ~。

 楽天アフィリエイトの「成果レポート」というのを初めて見た。「成果報酬合計」は、3月はゼロ、4月は91円だった。ありがとうございます~。
 俺が貼り付けた商品リンクから楽天のサイトに入り、俺が貼り付けたのじゃなくても何か購入すると、俺に何%かの成果報酬が入る仕組みだ。よろしくねっ。heart01

 ←4月21日10時50分現在、週間INが200で1位~。happy01

2017年4月19日 (水)

カリビアンコムの無修正動画、裁判の場へ

 裁判傍聴あるある。

 1、 若い女はみんなシャブをやってる、という錯覚。
 2、 若い男はみんな特殊詐欺の受け子だ、という錯覚。
 3、 刑務所出たり入ったりの者は、娑婆(しゃば)にいるときは、慣れた手口の犯罪をやってるか、生活保護を受給してるか、受給しながらを犯罪やってるか、どれかだ、という錯覚。
 4、 自分が追っかけてる裁判の期日へ、100人、200人規模の団体が早々と押し寄せたらどうしよう、という抑えがたい不安。
 5、 刑事裁判は有罪に傾いたピサの斜塔と、否応なく分かってくる。

 1と2は、「みんな」は極端だ。6~8割ってとこだろう。それも、世間の若い男女の、ではなく被告人として法廷へ出てくる男女の6~8割ってことね。ま、陥りがちな錯覚かと思う。
 3は、あながち錯覚とはいえない面もあるかと。病的な万引きや痴漢については、治療を絶ちきられて刑務所へ落とされ、病気が悪化してくり返す、という面もある。
 4は、東京地裁の傍聴マニアに顕著かと。まさに俺だ。
 5についていえば、刑事ドラマでは警察の組織的な悪さが普通に出るようになったが、裁判はまだ正義とか真実発見とか信じ込んでる人が大多数なんじゃないか。

 人間は結局、錯覚と不安の中で生きているのだょ、と悟ったようなこと(笑)をつぶやきつつ、俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、4月は以下の11号をすでに発行した。

第1889号 特殊詐欺の被害者と受け子、その共通点は
 独り働き(ひとりばたらき)の悪質詐欺師、2人の若いたぶん女性から合計3100万円余りを詐取し、ほとんど飲食代金等に費消。職業的詐欺グループの若い受け子は、バイク便を装って91歳の女性から100万円、69歳の女性から1300万円を受け取り…。  編集後記はレーダーパトの取締り件数、お宝データ。

第1888号 管理人は2度、国民的美少女の居室に侵入し
 女優の工藤綾乃さんが居住する、ちょっと特殊なマンション、その居室へ侵入した管理人は、妻子があり長年マジメに働いてきたという、申し分なく誠実そうで格好いいおじさんなのだった。信頼され任された立場の者が、信頼を裏切る、いったいなぜ?
 
第1887号 「ケンコバ男泣き」がらみの事件が法廷へ
 インドカレー専門店の給料未払い問題をAbemaTVが取り上げた。その番組に出てくる人物が、本件被告人なのだった。特攻服と安全靴に身を固めた法務省の“機動隊”が厳重警戒! 5カ月半も勾留して罰金10万円! 被告人の様子がおかしいのは拘禁症では?
 
第1886号 カリビアンコムの無修正動画、裁判の場へ
 氏名不詳者が運営するカリビアンコム、そこから送信頒布された無修正動画、「キャットウォーク ポイズン 143 はじめての無修正は・・・彼女目線と下から目線。」の制作側(女性)が共同正犯で逮捕された事件。  編集後記は裁判所書記官の懲戒処分書とその理由書。

 以下の4号は4月14日にお知らせした

第1885号 病気女性の治療を断ち切りをまた刑務所へ 
第1884号 刑事司法の威信には理不尽と無慈悲が必要 
第1883号 追いかけてヨコハマ、間違えて最高裁♪
第1882号 女子の窃盗否認、検察調べの録画を再生!

 以下の3号は4月6日にお知らせした

第1881号 大手旅行代理店を名乗って旅行代金を詐欺
第1880号 簡裁のたかが万引き窃盗で主文後回しって!
第1879号 79歳女性と78歳男性の万引き、その差は!

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末までにあと6号が順次送信される。そこまで無料(初月無料)。

 20日(木)は、俺の手帳にびっくりマークがダブルで付されてる女性クレプトマニアの事件が2件もある。それらを傍聴してから、究極の居酒屋「昭和」へ行く。帰ったら疲れて寝てしまうはず。なのでメルマガ次号(20日発行予定号)の発行は21日(金)になるかと。
 忙しいんだけど、「昭和」で得られる多幸感は大きい。週に1度は通わなきゃ人間がダメになるような気がして。

 こういうのも読んでみたいのだが、なかなか余裕がなくて…。

 ←4月19日23時40分現在、週間INが220で1位~。happy01

2017年4月17日 (月)

国民的美少女、工藤綾乃さんの部屋に侵入

 以下は昨年12月27日付け産経ニュースの一部。

バイク便装い詐欺未遂 容疑で千葉の男逮捕 「指示役から電話を受けてやった」と供述
 おれおれ詐欺で女性をだまし、バイク便を装い現金を受け取ろうとしたとして、警視庁赤羽署は、詐欺未遂容疑、千葉県■■市■■■、無職、■■■■容疑者(21)を逮捕した。
 逮捕容疑は、共謀して20日、東京都北区の60代女性に弟のふりをして「小切手の入ったバッグを盗まれた。今日が決済で、100万円を用意できないか」とうその電話をかけ、女性宅にバイク便業者を装って訪れ、だまし取ろうとしたとしている。

 この追起訴だけを傍聴に、昼頃から東京地裁へ行ったわけ。
 若いヤンキー君たちが受け子をやって続々と刑務所へ落ちていく。逮捕時21歳のこの若者君も間違いなく…。

 14時30分締切りで、「住居侵入」の傍聴券抽選があった。以下は今年3月2日付けサンスポの一部。ずばりこの事件だった。

国民的美少女コンテストグランプリ、工藤綾乃の部屋に侵入容疑で男逮捕 隠しカメラ取り付ける
 女優、工藤綾乃(20)の自宅マンションに合鍵で侵入したとして、警視庁大塚署は2日までに、住居侵入容疑で、このマンションの管理会社の社員だった無職、■■■容疑者(50)=東京都■■区=を逮捕した。
 同署によると、工藤が2月上旬、部屋の中に隠しカメラのようなものが取り付けられているのに気付き発覚。■■容疑者は合鍵を管理していたという。容疑を認め「部屋に侵入し、カメラを取り付けたが業務目的だった」と供述している。

Sta_1291 傍聴して「は? どゆこった?」という部分があった。あとでさらにネット検索したら、本当かどうか工藤さんは大学生らしく、そのへんの情報を求める言及がネット上にはあるのだった。うわぁ…。
 千葉県の我孫子市で小学生女児が遺体となって発見された事件に関して、「児童を守る立場の者が犯人では!」という趣旨のことがよく言われてる。
 本件「住居侵入」は、それを強く連想させる事件なのだった。メルマガ次号で詳報しよう。
 ちなみに俺は、こうした事件のレポートをネットの無料の場所に出すつもりはない。出せば大きな宣伝になるんだろうけど、被害者、被告人、その家族のことを思えば、出さないほうがいいと思う。月額108円とはいえ有料の高い壁、の向こう側だからできるレポートってのはあるんだと思う。ごめんね。

 日本ハムの中華名菜、これけっこう気に入ってる。デジカメ画像は、今日食べた、新製品らしいニラレバ炒めだ。野菜を入れすぎたか、炒めるとき酒をだばっと入れすぎたか、ちょと味が薄かった。失敗した、けどまぁ旨かった。
 八宝菜は、どうつくってもかなりいけると思う。
 こういうのを肴(さかな)に芋焼酎1合ちょいを半々くらいの水割りで飲む、夕食はそれでおしまい、俺の糖質制限食ライフだ。緩い糖質制限食ね。

 ←4月17日20時30分現在、週間INが250で1位~。happy01

2017年4月16日 (日)

満つるまで算入はべつに「温情」じゃない

 自分自身が間違いだらけゆえに、他人の間違いを指摘するのは嫌なのだが…。
 以下は4月13日付けライブドアニュース。少しずつ切りながらコメントする。

北村晴男弁護士が魂が震えるほど感動した裁判「通常ありえない」
北村晴男弁護士が約30年間で「いままで見たことがない」と感動した裁判

12日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)に、「1番有名な弁護士」として北村晴男弁護士が登場し、魂が震えるほど感動したとする裁判について語った。

番組では、北村弁護士が約30年間の弁護士生活の中で「こんな裁判いままで見たことがない」という2007年の事件について語った。それは記憶喪失の男性が、所持金が底をついたために1723円の食料品を万引きした事件だ。

 俺の「超絶マニアックデータその1」(約7120事件)に罰金15万円の事件は30件あるが、すべて「窃盗」じゃない。かつ「記憶喪失」の4文字のヒットがない。
 したがって俺はその事件を傍聴してないと思う。

支払う金がなかったため示談はできなかったが、通常、被害金額が少ない場合は「略式起訴」で罰金を支払うとすぐ釈放される。ところが検察官は正式な裁判に持ち込み、男性は拘留されることになったそうだ。

 支払う金があっても、万引きは店側が示談に応じないことが多い。
 万引きを罰金刑(通常は略式)で処理するかどうか、被害金額の多寡(たか)は基本的に関係ない。主に関係するのは前科だ。
 各だいたい1回か複数回の、微罪処分、不起訴、罰金刑、執行猶予付き懲役刑を経て、刑務所へ落ちる、それが決まりのコースなのだ。
 なお、「拘留」は刑罰の一種。男性(被告人)の身柄拘束は「勾留」だ。以下は刑法。

(刑の種類)
第九条
   死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする。

(拘留)
第十六条
   拘留は、一日以上三十日未満とし、刑事施設に拘置する。

 拘留と勾留、科料と過料、公訴と控訴、同音熟語が平気であるのは官僚の“文書主義”によるのか。
 ライブドアニュースの記事はこう続く。

15日間の拘留後、裁判で出た判決は15万円の罰金だったという。だが裁判官は記憶喪失だったという情状を考慮し、拘留した15日に対して働けなかった代償として1日1万円の代償金を男性に支払うことも決定したらしい。そのため、男性の罰金は差し引きゼロとなる温情判決だった。

 「拘留」は勾留だとして、15日間の勾留後に判決? 公判請求(正式な裁判への起訴)をしといて? そりゃちょっとあり得ないと思うんですけど。
 ま、判決はこう言い渡されたんだろう。

裁判官 「主文、被告人を罰金15万円に処する。未決勾留日数中その1日を金1万円に換算してその罰金額に満つるまでの分をその刑に算入する」

 罰金15万円で換刑が1日1万円? そりゃものすごく珍しい。罰金額が数十万円程度なら換刑は普通、1日5千円だ。15万円なら5千円でも十分、満つるまで算入にできるはず。なぜ1万円にしたのか! ※換刑処分=財産刑を体刑に換えて執行すること。
Img_1245 もしかもしかしたら、算入できる勾留日数が1日とか足りなくて、9千円なら足りるんだけど、心意気で1万円に、だったの?
 あそうか、この記事の書き手氏は、1日1万円で15万円が「差し引きゼロ」だから「拘留」日数は15日だったと、そう考えたのかな。
※画像は威風堂々、東京高地簡裁合同庁舎。

 ともあれ、どうせ罰金を払えそうもないホームレスとかを逮捕、勾留しといて満つるまで算入で処理することは、万引きに限らず無免許運転や公務執行妨害や公然わいせつなどでも普通にある。

 満つるまで算入はべつに「温情」じゃない。犯罪処理システムの都合でやることなのだ。
 「記憶喪失だったという情状を考慮」について言えば、裁判官はあれこれ勘案考慮したかに言うが、ぶっちゃけそれはウソと、長く傍聴してれば分かってくる。
 ただ、俺が傍聴してきた限り、「窃盗」の罰金額は10万円刻みだ。検察官は罰金20万円を求刑し、裁判官は心意気で15万円に下げた、のかもしれない。それはあり得る。

では、わざわざ裁判を起こしたのはなぜだったのか。実はこの裁判では、男性が釈放されても記憶も所持金もなければ更生できないだろうという心配から、検察官と裁判官、弁護士の3者が手を取り合って処遇を検討した、というのだ。そして拘留期間の間に男性を保護するための施設を見つけていたのだとか。

 べつに手を取り合わなくても、釈放されても行く当てのない被告人を保護施設へ入れるべく保護カードを渡す、それも普通にあることだ。

 その被告人に、記憶喪失とか超えた極めて特殊な事情があり、通常の保護施設じゃなくてどこか特別な施設への入所等を「検察官と裁判官、弁護士の3者が手を取り合って」決めたというなら、前代未聞、空前絶後…でもそこに裁判官が関与するとは考えにくい。うーん。

さらに裁判官は判決後、男性に対して検察官と弁護士が協力して対応したことを明かし、「世の中それほど捨てたものじゃありません」といい、今後は誰かに相談するよう勧めたそうだ。また「困ったときは私に会いに来てもいい」「そのときは裁判官として私もできるだけのことをしたい」と語ったのだとか。この顛末について北村弁護士は「通常ありえない」と讃えていた。

 「困ったときは私に会いに来てもいい」と裁判官が言った? なるほどそれは「通常あり得ない」に相当すると思う。
 やっぱり、記憶喪失とか超えた、何かよっぽどなことがあったのか。
 にしても、「困ったときは私に会いに来てもいい」なんて普通言わないでしょ。
 2007年の、東京簡裁での出来事だとすれば、そんなこと言うのは、うーん、堀内信明さん? いや分かんないけど。
 地裁、高裁の裁判官を65歳で定年退官し、定年70歳の簡裁の裁判官になった人は、思い切ったことを言ったりやったりすることがある、と俺は見ている。

 以上のことから明白なのは、書き手氏は俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」をお読みじゃないってことだ、うんうん。 ←あほんだら(笑)。

 てかちょと待てよ、このライブドアニュースの記事は、書き手氏がテレビ番組を見て、ページビューを稼げそうな感動仕立ての記事にした、単にそういうことなのかも…。

 健康保険や年金の掛け金を払わず、生活保護を受け、犯罪に近い、そういう層が増え続けると国が滅びるんだそうだ。なるほど。

 「日本を滅ぼす」とタイトルにある本が、ほかにもいっぱい出てる。ならば俺は『新型オービスLSM-300が日本を滅ぼす!』、なんつって。いや警察庁は新型オービスの先に、交通違反、事故だけでなく一般犯罪も行政制裁金の対象とし、検察官、裁判官の関与を除いて警察限りで処理する、そういう国がちらちら見えてるんじゃないかと。

 ←4月16日11時20分現在、週間INが210で1位~。happy01

«刑事司法の威信には理不尽と無慈悲が必要