フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年1月25日 (土)

鬼畜性犯罪! 性交経験のない少女は全治不能のPTSDに

 「勘違いで性交、罪成立せず 名前1文字違い、大阪地裁」と1月24日付け中日新聞(共同通信)。
 裁判長はなんとあの渡部市郎さん! 鹿児島地裁で昔、外山恒一さんに対し、求刑罰金1万5千円のところ、罰金12万円というぶっ飛び判決を言い渡した人だ!

 ま、それは措き、今回の大阪地裁の判決は「罪成立せず」とだけあり、無罪とは報じられてない。なんだ?

P1020511-2  もっと詳しいことが、1月25日付けのこれはYahoo!ニュースってことでいいのか、「「カズキやんな」勘違いした女性と暗闇で… なぜ性犯罪の成立が否定された?」という記事にある。
 準強制性交等は認めず、住居侵入の部分で懲役8月(はちげつ)に処したのだという。ほ~。未決算入がだいぶあるはず。

 準強制性交等の部分を実質無罪としたのは、被告人が統合失調症の妄想に支配されていたがゆえ…と読める。そうだとすると、妙な気がする。住居侵入の部分も妄想ゆえだったのではないか。

 住居侵入で8月は重い。傍聴マニア症の大胆妄想(笑)を披露するなら…。
 本件被告人は妄想ゆえにいろんな犯罪をやり、前科多数だった。妄想とか病気とか認めない「行為責任原理主義者」の裁判官により量刑相場の階段を上らされ、服役もしてきた。可哀想に。ここらで妄想を認めてやろう。けど全部無罪では検察は必ず控訴し、高裁は全部ひっくり返すだろう。よし、住居侵入だけ有罪にしとこう…。
 ともあれ、検察官も弁護人も控訴しなかったところを見ると、よっぽど説得力のある判決だったんだろう。渡部市郎さん、やるじゃないか。いっぺんその訴訟指揮を見てみたい。

 以上の大胆妄想が当たっているか外れているか、大阪地裁の傍聴マニア氏、特に私のようなマニア氏のご報告にゆだねるしかない。

 今井はどんなマニアか? メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」で一目瞭然だ。1月は以下の9号を発行した。今回はうまく宣伝につなげられたぞ、ふふ。✨

第2361号 だいぶ高級な介護付き老人ホームで、介護福祉士が盗みを重ね
 起訴された2件以外に、前に勤務していた福祉施設も含め、だいぶやっているのだという。特殊詐欺を筆頭に、現代の犯罪の主なターゲットは高齢者なのか。この事件は報道されていない。ホームの評判を落とすことになるのを避けた?

第2360号 昭和の元トップモデル、窃盗症で服役をくり返しついに…!
 アパートを持ち月50万円近い収入がありながら、しょぼい万引きが止まらない。必要なのは刑罰ではなく治療なのだが、検察も裁判所も窃盗症を事実上認めない。厳しい矯正教育を施すのだとひたすら刑務所へ送る、送り続ける。元トップモデルはとうとう…。

第2359号 鬼畜性犯罪! 性交経験のない少女は全治不能のPTSDに 
 しかも別件性犯罪で保護観察付き執行猶予中の犯行なのだという。懲役13年の求刑に対し、原審(裁判員裁判)の判決は10年。なぜ3年も下げたのか!

 以下の4号は1月18日にお知らせした。

第2358号 中国拠点の詐欺グループ、架け子の中年男女は勾留中に結婚し
第2357号 カジノ誘致のお膝元で、スロット依存の警察官が特殊詐欺!
第2356号 双方信号無視の交通事故、キャラ立ちNo.1 弁護人の仕切りは
第2355号 4人の子持ちのシングルマザー、酒気帯びで罰金50万円!

 以下の2号は1月9日にお知らせした

第2354号 「(自分は)正義の人だよ、あんたよりはね」と弁護人に!
第2353号 万引きで執行猶予中にまた万引き、実刑判決を受けまた万引き

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして1月末まであと3号が順次送信される。

 画像は、以前府中刑務所の公告掲示板にあったもの。完全デッチ上げの「殺人」により懲役10年を服役した福井雅樹さん、不屈の男である彼に面会したとき、門の外で撮影したものだ。前にも当ブログに載せたかと思うが、また見つけて「オルゴール」という部分に心を打たれ。
 第46条第2項ってことは「差入人の所在が明らかでない」のだ。そのオルゴールはどんな曲を奏でたのだろう。てか福井雅樹さんに久々に会いたくなった…。

 ←1月25日12時00分現在、週間INが90で2位

2020年1月24日 (金)

そのために行った判決をまたも傍聴できず!

 昨年12月17日(火)10時30分、東京高裁第6刑事部(大熊一之裁判長)の410号法廷で「殺人」の控訴審第1回があった。
 原審無罪、検察控訴の事件だ!
 検察官からの証拠調べ請求を大熊裁判長はすべて却下。次回判決と決めてすぐに終わった。

200121-6  そして1月23日(木)13時30分、その判決。検察官からの証拠調べ請求をすべて却下したからといって控訴棄却(無罪維持)とは限らない。さくっとひっくり返すことはあり得る。いったいどうなるのか。

 見届けるために私は裁判所へ行った。
 「殺人」ではあるが、一般傍聴人に高裁は人気薄だ。かつ、一般傍聴人は開廷ぎりぎり、または開廷後にやってくる。ま、だいじょぶだろ。
 と私はワンフロア上の506号法廷(高裁第4刑事部)で13時15分、「窃盗」の控訴審判決を傍聴した。
 要約すれば、法を破って好き放題するしか生きようがない男の…。

 13時20分に506号を出て非常階段を駆け下り、410号へ。
 なんと大行列!
 職員から、ここが行列の最後尾だがここからこっちは“空き待ち”だと言われた。すでに傍聴席数を超えているのだ。なぜっ?
 どうも、13時30分から地裁のほうに色情事件がなかったようだ。かーっ、私の落ち度だ。取り返しがつかない。

 506号の「殺人」は控訴棄却(無罪維持)だったという趣旨の報道がされた。
 報道ってのは、各社横並びの表面的なことしか報じない。私が傍聴していれば、テレビ、新聞が報道できないことをレポートできたかもしれないのだが、私の落ち度だ、申し訳ない。

 私はすぐに別の法廷へ向かった。
 そうして傍聴した「住居侵入、窃盗」は、介護付き有料老人ホームの職員が入居者(高齢者)から金品を盗みまくった事件だった。これは報道されてないようだ。

 最後に、久しぶりに「公然わいせつ」を傍聴した。
 被告人は芸能関係かと思える格好いい男性で、私選と思しき弁護人が2人も。なんとまぁ普通のチンコ出しじゃないのだった! 目撃女性の調書に仰天!

 21日(火)も、傍聴予定の2件が2件とも期日がなく、しかし濃ゅいのをいっぱい傍聴した。こんな週もあるのだねぇ。

 ←1月24日0時10分現在、週間INが80で2~。

2020年1月21日 (火)

昭和のあのトップモデルがまた法廷へ出てきた!

 朝一で、普段は裁判所へ行く時刻に、今日は都心の眼科医へ行った。なぜ行き、どんな診断を受けたか、その話は、申し訳ない、メルマガの編集後記に書く。近々眼科へ行くとメルマガのほうで言っていたので。

 午後、裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ行った。
 この日傍聴予定だった2件がなんと2件とも期日がなかった。がっくり~!

 だがっ! おかげでとんでもない事件を見つけ、傍聴することができた。
 昭和の時代、テレビでカラーのCMをやり始めた時代にトップモデルだった女性の事件だ。
 しかし女性はその後、私が言うところの万引き病、窃盗症に罹患し、カネは十二分にあるのに刑務所を出たり入ったり。
 今回、「常習累犯窃盗」の被告人として開廷表に氏名を見つけたのだ!

 その女性の過去の万引き「窃盗」を、メルマガ第853号、第1264号でレポートしてきた。
 当時は、さすが昔のトップモデル! という面影があったのだが、今回はぜんぜん違っていた。うわぁ、なんてこった! という話はメルマガ次号、第2360号か以降の号でレポートさせてもらいたい。

 この日、ほかに興味深いことがあった。
 ちょっと時間が空いたので、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の新件を傍聴しようと、早々並んで傍聴席を確保したのね。
 だが、現れた被告人はヤクザ系に見えた。こりゃあ、客引きか?
 私はしばし考え、出て、別の法廷へ急いだ。
 じつは迷惑条例違反は、けっこうディープなところがある。客引きとは限らないかも。失敗したか? と後悔しつつ別の法廷へ急いだ。

 別の法廷で、「道路交通道法違反」の新件を傍聴した。ななっ、なんと! あっちを抜けたおかげでこんなのに当たるとは!

Dsc_0748-2  そうしてまた警察庁へ寄り…。
 画像は警察庁が入る合同庁舎2号館。そこに秘密の喫煙所があることを発見! 私は禁煙中なのだが、秘密の場所へは行かねばならないじゃないか、ねぇ。喫煙者のふりをして一服しました~(笑)。

 さぁメルマガ次号を書かねば。じゃねっ。

 ←1月21日21時30分現在、週間INが90で3~。

2020年1月19日 (日)

「自殺で償う」と被告人が言ったら!

 メルマガ次号は「強制わいせつ致傷、強姦未遂(変更後の訴因 強姦致傷)、傷害」の控訴審判決をレポートしよう、何年も前の傍聴なので、もしやレポート済みか? と過去記事を当たってみた。

 そうして、近い日に傍聴したとんでもないシーンを見つけた。当時、ニュースでもワイドショーでもかなり取り上げられた、死傷者多数のとんでもない「危険運転致死傷」だ。

 メルマガ第1877号に、被告人の最終陳述としてこんなことが書かれている。メモしきれなかったところを「…」でつないでいる。

被告人 「皆さんが連盟で、私に自殺してほしいと書いていただければ、自殺をいたしますので、ちゃんと書面で、弁護士に渡してください。一度、自殺を…失敗して虎ノ門病院へ運ばれました…僕が自殺したところで、皆様の胸のつかえがおりるとは思いませんが…母が悲しむことと、1億円以上の補償金をもらうこととあわせれば、まぁ、帳消しになるかなということで…書いていただければ」

 この最終陳述がどう報じられているか、当時の私はネットで報道を次々見てみた。自殺云々(うんぬん)についての報道はどうにも見つけられなかった。

 記者は書いたが、デスクが削除したのか。あるいはそもそも記者がメモしなかったのか。
 まぁね、一般国民に対しこの最終陳述を当時報じたら、世間は大変なことになったろう。その番組、その新聞は耐えられない、事件自体のひどさだけで十分、よけいなことに手を出すな、という判断だったのかな。分かんないけど。

 関連して、いつも私は思うのだ。
 被告人が慰謝の措置をとっておらず遺族感情は最悪、だけども裁判的には執行猶予で決まり、という事件はよくある。
 「自分は長い刑務所暮らしで償います。どうぞ実刑にしてください」と言いだす被告人が現れるんじゃないか。

 被害女性が「一生、刑務所から出ないでほしい」という鬼畜性犯罪はある。しかしだいたい数年の実刑が科される。10年を超えるのは希(まれ)だ。
 「自分は一生刑務所で反省します。少なくとも20年は必要です。どうぞ20年以上の懲役刑にしてください」と言いだす被告人が現れるんじゃないか。

 被告人が何を言おうが量刑相場は変わらない。ある程度の幅はあるが、被告人の最終陳述のせいで執行猶予が実刑になるとか、懲役刑が何年も増えるとか、んなこたあり得ない。それが裁判なのだ。

 そんな視点も持ちつつ私は裁判傍聴マニアを続け、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」でレポートし続けている、という話だ。
 さぁ、急ぎ次号を書かねば。じゃねっ。

 ←1月19日21時40分現在、週間INが90で3~。

2020年1月18日 (土)

裁判長は定年間際が最高ね

20200118-2   室井佑月さんのこんなTweetを見た。

この記事のラスト、裁判長が定年間際だからって載ってる。そういうデスりなのか? しかし逆に、ものの道理をきちんといえ誰にも忖度なしの、裁判長は定年間際が最高ね、とあたしは思っちゃったぅ〜。

 裁判官の諦念、もとえ定年は、地裁、高裁が65歳。簡裁は70歳だ。
 東京地裁を最後に定年退官する人っていないでしょ、てのは措いといて…。

 東京高裁、東京簡裁が“上がりポスト”、もう裁判所村にも政権党にも中央官僚にも忖度する必要はなく、上がりポストでなければできない判断、良心に従った判決をやってのけることがたまにある。
 私はそういうのが大好き。傍聴マニアで良かったぁ、となる瞬間だ。

 産経新聞のその記事は、原発推進を当然の前提として「伊方原発停止」をディスるもので、最後のほうにこうある。

しかも裁判長は今月25日に退官する。近年の原発訴訟で運転停止を命じる決定が定年退職が近い裁判長から出される傾向は偶然か。

 「偶然か」って言い方、なんか私は可笑しくて。
 果物は腐る間際こそ甘みが深くておいしい。裁判官も「定年間際が最高ね」、同感だ。私はいつ頃おいしくなるだろう。もう腐っちゃってる? ひ~。

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、1月は以下の6号を発行した。

第2358号 中国拠点の詐欺グループ、架け子の中年男女は勾留中に結婚し
 全国銀行協会などを名乗り「あなたの口座が不正に利用されている」と電話でまず騙し、受け子が訪問してキャッシュカードを封筒に入れさせ…という手口の詐欺が猛威を振るっている。今回の男女は中国から騙しの電話をかける架け子だった!

第2357号 カジノ誘致のお膝元で、スロット依存の警察官が特殊詐欺!
 スロット(パチスロ)依存の警察官が、当然に負け続けて追い詰められ、自ら接触して特殊詐欺の受け出し子に。犯罪で稼ぎたい者を騙す詐欺に自分が引っかかったりもしながら。カジノ誘致を推進する市長のお膝元で、なんちゅう皮肉!

第2356号 双方信号無視の交通事故、キャラ立ちNo.1 弁護人の仕切りは
 国選弁護をじゃんじゃん取り、民事の簡単な事件も多数受任。裁判所へ来る日は隙間なく期日を入れ、法廷から法廷へ忙しく動く弁護士がいる。なのでしょっちゅう遅刻する。法廷内で打合せをする。ああいうやり方もあるのだ。

第2355号 4人の子持ちのシングルマザー、酒気帯びで罰金50万円!
 酒気帯び運転の罰金の相場は30万円。ところが50万円とされ、正式裁判を請求した事件。なんというか司法の罠に墜ちてしまったら脱出は不可能または極めて困難、そのことを痛感させられた。お母さん、可哀想に。

 以下の2号は1月9日にお知らせした

第2354号 「(自分は)正義の人だよ、あんたよりはね」と弁護人に!
第2353号 万引きで執行猶予中にまた万引き、実刑判決を受けまた万引き

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして1月末まであと6号が順次送信される。
 1月中に、女児に対する「強姦致傷、強制わいせつ」で懲役10年とされ、たぶん出所後間もなくの別事件(罪名は色情じゃない)の様子をレポートできるかと。ほか、原審無罪の「殺人」の控訴審判決や、自転車で飛び出して事故を誘発し逃げたとされる事件や…。

 ←1月18日18時20分現在、週間INが80で3~。

«カジノ推進のお膝元で、ギャンブル依存の警察官が特殊詐欺の受け子を