フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

2023年2月 5日 (日)

死亡事故、逮捕されコロナ感染が判明、39.9度

1705244-2  いつものように開廷表をメモっていたら、、、
 ええっ! 「卵の採卵に関する法律違反」、なんだそれ、聞いたこともない! 「卵の採卵」って何だよ!
 13時30分から? うっわ、俺はその時間、粗暴犯前科だけで22犯の、独り暮らしが寂しく料理はやったことがなく、夕食につい居酒屋へ行ってしまう酒乱71歳の被告人質問を傍聴してたよっ、ちっきしょう!

 さらに、、、
 事件番号が、なに? 「1わそのとき申述予定の…」ってなんだそれ! 「わ」ってことは地裁の公判請求事件なんだろうけど、単に「1」ってなんだよ、「そのとき…」ってあり得ない、どうなってんの!
 開廷は何時? まだ間に合う! けどもう大行列かも、やべっ!

 焦って目が覚めた。夢だった。

 最近傍聴した中から一部を記しておこう。 ※画像は究極の居酒屋「昭和」のオム焼きそば。チケット1枚。チケットは10枚1200円。

 

覚せい剤取締法違反
 「警視庁保管の証拠データ破損 覚醒剤事件、逮捕日のカメラ動画」と報じられた事件だ。マニア氏から情報をいただいて傍聴した。
 車両のエンジンを切ったとき19秒後に動画撮影が中断、2分経過してエンジン始動、その23秒後に撮影開始、瞬時に画面が変わっている、と聴き取れる部分があった。
 ちなみに2020年4月からだっけ「覚せい剤取締法」が「覚醒剤取締法」になった。本件の事件名は「覚せい剤」だ。

 

インターネット記事削除、謝罪文掲載等請求事件
 地裁民事の判決。原告・山口敬之氏の請求が一部認められた。

 

損害賠償請求事件
 地裁民事の判決。「SNSの投稿めぐり殺人事件遺族が岡口基一判事を訴えた裁判 岡口判事に対し賠償命じる」などと報じられている。

 

国家賠償請求事件
 原告は石元太一氏。横浜刑務所の刑務官を証人尋問…。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特別少年院物語 [ 石元太一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2023/2/4時点)

 

傷害、名誉毀損
 「《元患者も告発》傷害・覚せい剤で逮捕の“黒コートの精神科医”の驚くべき“前科”「劇薬リタリンを102万錠処方で社会問題」「薬物依存の末に患者が死亡」と2022年3月の週刊文春。この事件だ。
 処方薬によるオーバードーズの蔓延、を感じさせ…。



過失運転致死
 自宅前の路地へバックで入る際、体調が悪く、アクセルを踏みすぎて事故。逮捕され警察で検温、39.9度も。急ぎ病院で検査、コロナ陽性って、なんちゅう事件だ!

 

 コロナで死亡事故の事件、あの風邪引き運転のような過労運転の罪には問われていなかった。
 アクセルとブレーキの踏み間違いではなく、単にアクセルを踏みすぎたのだという。出た速度は約20キロ。後ろに駐車していた車両の前部に衝突、その後ろでハッチバックのドアを開けて何かしていた人が死亡って、そ、そんなことがあっていいもんか!

 ←2月5日5時30分現在、週間INが702位。  

2023年2月 3日 (金)

統合失調症の罹患者から稼ぐ探偵社

P1020801  前記事「集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃」で、統合失調症など被害妄想、迫害妄想の罹患者をカモにする「準詐欺」の裁判を傍聴したと書いた。
 以下は刑法。

(準詐欺)
第二百四十八条 未成年者の知慮浅薄又は人の心神耗弱に乗じて、その財物を交付させ、又は財産上不法の利益を得、若しくは他人にこれを得させた者は、十年以下の懲役に処する。

 実在しないつきまといについて「早く調査したほうがいい」、思考盗聴について「(思考を)抜き取られた可能性がある。確認し、相手を特定することができる」と騙して高額な探偵料を稼ぐ、その探偵社を被告会社、代表取締役を被告人とする「準詐欺、詐欺、特定商取引に関する法律違反」も傍聴した!

 認否(起訴状に対する意見)は…。

被告人 「まず被害者の方に、ご家族の方に…損害を…お詫び申し上げたいと思います…ですが、心神耗弱、正常な判断ができない状態に、乗じたり、人を騙すようなことはしていません」

 弁護人は、騙していないし共犯者と共謀もしていないと、無罪を主張、おおっ!

 今回はそこまで。続行となった。
 「集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃は実在するから」とまではさすがに言わないにしても、「実在の可能性があると認められたから調査の必要があると考えた」と主張するのか!

 全国の統合失調症の方々、被害妄想、迫害妄想で苦しんでおいでの方々、またそのご家族の方々に、何らかの福音が見えるかどうか。
 少なくとも、ちらっと病識を持つきっかけにはなるのではないかと。
 私がしっかり追っかけ傍聴します!

 ちなみに、幼稚園からの私の友人は、20歳代の頃から統合失調症で入退院をくり返していた。
 隔離病棟に入院中の友人を見舞いに行ったこともある。こう言っちゃなんだが良い体験をさせてもらった。

「マクドナルドの2階席で読書をしていると、下を歩く人たちが僕の悪口を言う。なぜあんなことを言うのか」
「今井君がいま話していること、僕が考えたことじゃないか?」

 などの趣旨をよく言っていた。
 50歳を過ぎて、妄想はあまり言わなくなった。こんなことを言っていた。

「病者は治療できる。やっかいなのは健常者の、人格障害だよ。あれは治らない」

 そのとおりだと私も思う。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルトラ図解 統合失調症 オールカラー家庭の医学 [ 糸川 昌成 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2023/2/3時点)

 ←2月3日21時20分現在、週間INが802位。 ※画像は庁舎メシ。厚生労働省の地下食堂のオムライス。5百円前後だったか。2008年の撮影だ。その後、安くて旨いこういうのを一般人には食べさせない運用になった。地下食堂が地下へ潜った、、、

2023年1月30日 (月)

集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃

 今日は大変なことが起こった。
 何年も前から「こういうことが起こるんじゃないか」とあちこちに書いていたことが現実に起こり、なんとなんとその裁判を傍聴できてしまった!

 

 東京地裁、今日の私の狙いは13時15分と15時30分。
 空いた時間に13時30分から、「インドネシアで拘束、帰国の男らを再逮捕 コロナ給付金詐取事件」などと報じられた「詐欺」の審理を見よう、そう思ってたの。 ※この期日情報はマニア氏からいただいた。

 13時頃だっけ、別のマニア氏に遭遇。今日は「準詐欺」があるという。
 準詐欺? なにそれ、聞いたことないス。抗拒不能に乗じるのが「準強制わいせつ」「準強制性交等」だから、準詐欺はお年寄りの認知症に乗じて金品を騙し取った?
 チョー珍しい、傍聴したい、何時からですか、どこの法廷ですか!

Screenshot-20230130-at-211702-13  そうして傍聴した「準詐欺」は、「心神耗弱に乗じて1億3千万円を不当に得たか 準詐欺容疑の探偵業者」などと報じられた事件の、従業員のほうの裁判だった。 ※画像はその11月2日付け朝日新聞記事のスクリーンショット。

 1時間27分かかって追起訴から結審まで、傍聴した。

 集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃、そんなものは存在しない。存在するはずもない。明らかに精神疾患、統合失調症の罹患者とわかる…。
 そんな言及がばんばん出て、しかもっ、裁判官、書記官、検察官、弁護人、被告人、だれひとり異議を唱えない。当然の前提として裁判は進む。

 私の熟練の怪しい観察(なんだそれ)によれば、傍聴席には本件被害者の方々、つまり集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃を信じこみ、犯人を捜すというインチキ探偵社に大金をまきあげられた方々が、いたような。
 いったいどう聞いたろう。
 「妄想被害の訴えが激減?」に書いたように、病識をちらっと持つきっかけになってほしい。

 以下は刑法。

(準詐欺)
第二百四十八条 未成年者の知慮浅薄又は人の心神耗弱に乗じて、その財物を交付させ、又は財産上不法の利益を得、若しくは他人にこれを得させた者は、十年以下の懲役に処する。

 「知慮浅薄」という語、ネットの中傷民に知れたら多用される? だいじょうぶ、中傷民はもっぱら女性や有名人に襲いかかる。こんなブログは見にきませんてば(笑)。

 ←1月30日21時20分現在、週間INが802位。

 でもどうなんだろ、自身も精神疾患で集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃等を信じ込んでいる探偵が、本気で犯人を捜そうと資器材を購入し人を雇ったら…。

2023年1月29日 (日)

TBS女性社員の覚醒剤事件はどうなる

1708241_20230129131601  「覚醒剤使用で逮捕》TBSテレビ広報部の女性社員・■■■容疑者はもともと技術畑で木村拓哉主演ドラマを担当、エリート転落の背景に東大卒の元夫との“幸せ格差”か」と1月28日付け週刊女性。被疑者の氏名は私のほうで伏せた。
 この事件はどうなるのか。

 手元に東京地検の罪名別の月報がある。2006年1月~2015年12月分が2穴ファイルに綴じられている。
 その後の分も、どこかの時点まであるはずなんだが、閉じられてない。
 どこかに埋まっているのだとすれば、捜索には大きな困難が伴うだろう。

 

 なわけで最新のが2015年12月分だ。そこから「覚せい剤取締法違反」(※)のデータを一部拾ってみよう。 ※当時は「覚醒剤」ではなく「覚せい剤」。

 公判請求=199人
 不起訴(起訴猶予)=8人
 不起訴(嫌疑不十分)=44人

 覚せい剤(現在は覚醒剤)の自己使用には罰金刑の選択肢がない。だから起訴は公判請求(正式な裁判への起訴)だけなのだ。

 本件被疑者は「覚醒剤を使用したことに間違いはありません」とのみ供述したかになっているが、その前後に何を述べたのか、事実としてどんなことがあったのか。
 自分で売人から買って使用したのか、断りにくい状況で誰かから勧められて1回だけ使用したのか、そのへんの情状は勘案される。
 経歴等とともに実名報道されたこと、会社で処分を受けたことなどは「すでに社会的処分を受けている」とされる。
 不起訴の可能性はある。

 起訴されれば、東京地裁の法廷へ出てくるはずだ。
 現時点での報道を見る限り、傍聴券抽選にはならないんじゃないか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

覚せい剤犯罪捜査実務ハンドブック [ 内藤惣一郎 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/29時点)

 私は過去に、NHKの元ディレクターの事件、NHKの元「歌のおにいさん」の事件を傍聴したことがある。
 あれらも傍聴券抽選ではなかったと記憶する。

 東京地裁の刑事部の普段使いの法廷、の傍聴席数は、20席が断然多い。次が52席で、42席の法廷は2つだけかな。
 “女のシャブ”は傍聴人に人気だ。が、本件はどっちかといえば男性名だ。したがって…いやいやしかし…。

 などとすぐに考えるのが熟練の傍聴マニアなのである、えっへん。 ←アホか(笑)

 ←1月29日13時10分現在、週間INが902位。

2023年1月28日 (土)

電車内のスマホ派と読書派

1712123-2  最近傍聴したのを一部挙げてみよう。

 

偽計業務妨害、威力業務妨害
 東京都の下水道施設を爆破するとか小学生を334人殺害するとかネットに投稿、と報道された事件だ。
 「元カリスマモデル…こうしんきょう…ホスゲン…コミケ中止…」、ネットの中で勇ましく暴れる人生の若者がリアル法廷へ出てきてしまった、そんな印象を受けた。まだまだ捜査継続中で追起訴があり続行。

 

大麻取締法違反
 被告人は、音楽系の方面で名のある人。大麻は覚醒剤と同様の強い依存性があることを前提に、徹底治療の方向で弁護人が手厚く立証。
 でもね、被告人が大麻をくり返し使用したのは、罪の意識がないからではないのか。「独裁者を批判すれば殺される国もある。日本は大麻を犯罪とする国なのだ。甘い考えは捨てろ」と検察官、裁判官がはっきり伝えることこそ再犯防止に効くのでは。

※ 薬物事件では「依存性、親和性、常習性が顕著」がお約束のフレーズだが、気のせいか最近「依存性」を聞かない。面白いよねえ。

 

児童福祉法違反、児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反
 元副町長が少女3人に「淫行」して懲役4年と報じられた事件、の控訴審第1回だ。
 弁護人が書証6点、証人3人を取調べ請求。検察官は、書証は不同意、不必要、証人は不必要。裁判長はすべて却下。次回判決。でもこのパターンは高裁ではあるあるなので。

 

損害賠償請求事件
 民事の本人尋問をちらっと覗いてみた。セミナーで誘ってビットコインの投資がどうとか、原告の男性がすごく怒っていた。
 被告席には中年女性が1人。この人が被告本人かと思われた。

 

 私の場合、可搬式オービスの事件を、固定式でも否認の事件を傍聴したい。妨害運転(いわゆるあおり運転)を傍聴したい。それで次々と「道路交通法違反」の法廷を覗く。

 

道路交通法違反
 原付バイクで配送するほうが儲かるからと無免許運転。東京地裁で身柄(留置場)で求刑は罰金30万円。検察官は満つるまで算入を求め。

 

道路交通法違反
 被告人はネット検索でたくさんヒットがある音楽家。またも東京都目黒区内、首都高速中央環状線、山手トンネルのオービスによる82キロ超過。
 あそこは内回りと外回りにTKKの固定式がある。両方あわせて首都高速の稼ぎ頭だ。片方だけでも稼ぎ頭かも。

 

道路交通法違反
 審理の期日を発見。もしかしてオービスの否認事件か? TKKの可搬式だったら大変だ! と傍聴してみた。
 被告人は不出頭。1週間前まで事務所に帰った様子があったが、それ以降は帰った様子がなく、電話に出ず、携帯電話の位置検索をしてみたら、携帯電話は事務所にあったという。次回期日を決めて続行。
 よし、これは追っかけてみよう。

 



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユダヤ人 (講談社現代新書) [ 上田 和夫 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2023/1/28時点)

 電車内における、スマホ派と読書派、先の人生に明らかな差異が生じるように思う私は古い人間か。
 ともあれ最近私は『ユダヤ人』(上田和夫著、講談社現代新書)を読んでいる。上は私のアフィリエイト。
 裁判傍聴を深めるにはこんなのも読んどくと良かろうと思って。
 まーったく知らないことだらけで面白い。

 電車内ではもちろんスマホ派が圧倒的優勢だが、読書派が少しずつ増えてる気がする。
 先日、気づけば座席の私の両側の女子が2人とも読書派だった。初めての驚愕体験!

 ←1月28日18時40分現在、週間INが1002位。上掲画像、奧のほうに警察官がいる。痴漢事件かと思われる。

«北朝鮮の言葉規制、newspeak!