フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« オービス公訴棄却判決を書いた3人の裁判官 | トップページ | 未決拘留中に罰金の前刑を労役場留置で執行 へえ そんなことができるんだ? »

2006年3月16日 (木)

あおってオービスに捕まらせ「やったーぃ!」と楽しむ連中がいるのでは?

 10時から、東京簡裁1室2係(浅見牧夫裁判官)826号法廷で新件。

【場   所】 首都高・環状線・内回り・八丁堀3-1
【日  時】 2004年12月10日 4時30分頃
【装   置】 東京航空計器 オービスⅢLk
【測定値】 118㎞/h  制限速度50㎞/hを68㎞/h超過
【被告人】 40歳前後
【弁護人】 なし
【主   張】 右側車線を走行中、猛速度でやってきたと思われる白いクーペタイプの車に、後部左側にくっつかれ、左側から追い抜いていくのかと思ったが追い抜かず、ヘタに自分が左車線を移ろうとすると衝突するかもしれないし、左右の車線の間に分離帯があったり、左車線に車があったりで、左車線へは移れず、当時は加速するしかないと思ってしまった。オービスのストロボが光ったとき、その後続車は離れており、光ったあと、ようやく左車線から追い抜いて行った。略式で罰金を払ってしまえばオシマイだが、そういう事情があったと、裁判官の前で言いたかった。行政処分はすでに免許取消を受けている。

 ここのオービスは、道端に立ってるのでフィルム式と見えるが、じつは電子式(画像伝送式)。仕様書では「自立型」のオービスⅢLkだ。
 オービスマップでは「L」とされているが、機能としては「LH」なのだ。って意味わかる?

 鈴木健一検察官は、今日はピンクのネクタイ。
 ピンクかよ! と言いたいところだが、似合ってるじゃん。私もああいうピンクのネクタイを買うか…いやぁ、私はダメだろうなぁ、ピンクに合う上着がないし…などとしばし唸る(笑)。

 こういう事件では、後続車の車種等を詳しく覚えていないことを理由に、「そのような車両は存在しなかった」と言う検察官がよくいるが、鈴木さんは、そういうつまらないことをあんまり言わない。
 それもあるし、なんちゅーかあの独特の個性が私は好きなのだ。

 被告人の車両はだいぶハデな車だったようで、この事件、想像するに、左車線へ逃がさないようあおってスピードを上げさせ、オービスにひっかからせて「やったーぃ! ざまぁみれ」と楽しむ輩(やから)に、やられたんじゃないのかなぁ。
 どうもそういうのがいるように思われる。“撃墜マークを”貼ってたりしてね。

 求刑は相場どおり罰金9万円。
 浅見さんは直ちに判決するつもりのようだった。が、弁護人のいない事件でそれをしては、あとで「いい加減な裁判だった!」と誹られるおそれも…と一瞬躊躇したのか(すみません、傍聴人は勝手にいろんなこと想像するのです)、被告人に「もう1回出て来られますか…」と尋ねた。
 すると被告人は即座にはっきり「はい」と言い、時刻もいつでもいいと言った。
 ので、判決は次回となった。
 10時34分閉廷。

« オービス公訴棄却判決を書いた3人の裁判官 | トップページ | 未決拘留中に罰金の前刑を労役場留置で執行 へえ そんなことができるんだ? »

オービス(オービスⅢ)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43089/1057341

この記事へのトラックバック一覧です: あおってオービスに捕まらせ「やったーぃ!」と楽しむ連中がいるのでは?:

« オービス公訴棄却判決を書いた3人の裁判官 | トップページ | 未決拘留中に罰金の前刑を労役場留置で執行 へえ そんなことができるんだ? »