フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 略式命令25万円を20万円に減額した理由とは! | トップページ | 警察官証人の旅費日当 「服務上の問題は認められないが誤解を招くおそれがある」と警視庁 »

2006年3月23日 (木)

誤測定が起こらなくても誤測定は起こる このカラクリに気づいてくれぇ!

湾岸・羽田のオービスⅢLk これも第1車線!」2月23日第3回公判
オービスⅢLk 肝心のチェックを省いた定期点検」3月9日第4回公判

 の第5回公判。11時40分から、東京簡裁刑事1室2係(浅見牧夫裁判官)826号法廷。

 みんな早口でよく聴き取れなかったのだが、羽田付近の公的施設・機関が出している電波について、その公的施設・機関および総務省の電波管理の部局から回答をもらう、という作業をみんなでしてるのかな。
 とすれば、あんまり意味ないような。
 私としては、こう思うのよ。総務省がテレビCMをやらなきゃなんないほど問題となっている(はずの)違法電波についてこそ、調べるべきじゃないのか。総務省はわざわざテレビCMをやるほどなんだから、違法電波についての情報はしっかり把握してるはずでしょ、と。
 ま、それはこの際、私のほうでも調べてみようかな。前に少し調べたような気がするのだが、当時はあんまり重視しておらず、忘れちゃったので。

 ちなみに、総務省のCM、警察へ出頭してオービスの写真を見せられた運転者が「あ、オービスおかしい」と言うシーンもあったらいいのにね☆

 あと、これも早口でよく聴き取れなかったが、裁判所は現場(首都高湾岸線羽田空港付近)での検証を前提に、誰かに下見調査に行ってもらったようだ。で、安全確保が十分にできないので検証は却下、とか浅見さんが言っていた。
 いくら却下でも、そんな展開になること自体、希有というか前代未聞というか、ものすごいことなのだよ。詳しくは、間もなく発売の『ラジオライフ』を読んでくれぇ。

 検察官のほうは、裁判所から検証許可状の発布を受け、検証を行った、と聞えた。どうも、あまり意味のある検証ではないらしい。有罪にするための道の、取るに足りない穴ぼこを念のため埋める、みたいな感じなのだろうか。よくわかんないけど。

 そして、双方また書記官室で打ち合わせすることになり、11時50分閉廷。

          ★

 今回、現場付近の電波がどうこう言うなかで、「電波が磁力線に…」という言葉が聞えた。
 ループの磁界への影響のことだろうか。つまり、オービスⅢは3.45m間隔で3組のループコイルを埋設し、これにより速度を測定し、かつ、適切に測定できたことをチェックするようになっている(とメーカー社員は言う)ところ、電波がループの磁界に影響して誤測定が起こったのではないか=影響しなければ誤測定は起こらない、という考え方をしているのだろうか。

 だとすれば、とんでもないトリックというか、きわめて重要なすり替えが、そこには潜んでいる!

 誤測定とは何をいうのか。
1、ループやレーダが、誤って速度を測定する。
2、写真に焼き付けられた記号(測定値)が、被告人車両の速度ではない。
 どっちも「誤測定」だが、1と2は、まったく違う。1=2ではない。

 ループやレーダは正しく速度を測定しても、その速度を表示しろと信号を発する回路が、
A、誤った信号を出す。
B、正しい信号を出したが、その信号を受け取る回路が、違う信号を受け取る。
C、正しい信号を受け取ったのに、違う記号を表示する。
 そういうことだってあり得るじゃん!
 そうして、このA、B、Cについては、まったく、または、限りなくまったくといえるほど、点検・チェックが為されていないようなのだ。

 その点についての、現時点でいちばんマトモといえるチェックは、総合精度試験(走行試験)だ。
 すなわち、ループならループによる測定値と、ループとはべつに設置した測定機(テープスイッチによる測定機)の測定値と、比較することだ。
 半年に1回、定期点検があり、少なくとも年に1回は、その走行試験をしているという。
 年間何百万台もの通行量がある道路で、たった100台(ときに15台)についての試験だというのも、たまげた話だが、それ以上にぶっ飛ぶのは、写真に焼き付けられた測定値との比較はしていないってこと。
 上記A、B、Cのチェックはしてないのだ! 
 信じられない? でも、第4回公判で、東京航空計器の森成昭治社員は、そう証言したよ。「(走行試験時に)写真は撮影しない。間違って撮影されることもない」と。そして、旅費日当をちゃっかり請求・受領していったよ。

 ところが…。
 どの事件も、上記1の誤測定のみが注目され、1の誤測定が起こったとは認められないからと、有罪なっていくのだ。

 上記A、B、Cが、いずれも、どんな条件下でも起こり得ないことの客観的な裏付けとなるデータは、一切存在しないんじゃないか。私はこれまで多くのオービス事件を傍聴し、記録を読んできたが、見たことも聞いたこともない。
 だーかーらぁ! 仙台高裁秋田支部の公訴棄却判決の、「客観的な裏付けとなるデータが存在しない」という理由に、感動するのだ! 

 午後は気になる事件がいろいろあったが、食事もせずに早帰り。やらなきゃいけないことが山積みで、忙しいのだよぅ。

« 略式命令25万円を20万円に減額した理由とは! | トップページ | 警察官証人の旅費日当 「服務上の問題は認められないが誤解を招くおそれがある」と警視庁 »

オービス(オービスⅢ)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43089/1138068

この記事へのトラックバック一覧です: 誤測定が起こらなくても誤測定は起こる このカラクリに気づいてくれぇ!:

« 略式命令25万円を20万円に減額した理由とは! | トップページ | 警察官証人の旅費日当 「服務上の問題は認められないが誤解を招くおそれがある」と警視庁 »