フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 行政制裁金 12年前の世論誘導記事 | トップページ | 流れが違反速度だとしても… »

2006年5月 9日 (火)

情報公開「写しの交付に要する費用」の払い方

 先週続々と届いていた開示決定について、「写しの交付に要する費用」の払い方。
 今回、4つの県警がみな違う方法だった。

【広島県警 10円+90円】
 手数料なしの銀行振込の振込票が、開示等決定といっしょに郵送されてきて、それで納付。便利。
 領収書と切手代を郵送すると、開示文書(の写し)がこっちへ郵送されてくると、そういう段取りだわさ。←この語尾は『鬼平犯科帳』を思い出しつつ。

【石川県警 10円+10円】
 文書をこっちへ送ってもらうときの切手代80円とで、合わせてちょうど100円。
 50円、100円単位の定額小為替なら、郵便局の手数料は10円ですむ。
 なので、20円と切手代80円と合わせて100円の定額小為替でいいとしてもらった。
 そういう対応の県警はときどきある。ありがたい。

【山口県警 20円】
 郵便為替(20円)で、という。
 20円と金額を指定できる郵便為替は、普通為替だ。これ、郵便局の手数料が100円なんだよね。
 20円を納付するのに手数料100円。
 50円の定額小為替を「差額の30円は放棄する」と送る手もあるが、あとでごたつくおそれがある。最近どうも太っ腹になったか、面倒くさがりが悪化したか、「100円なら、ま、いっか」と普通為替を買う。きゃー。

【岡山県警 10円】
 現金書留で、という。
 え~? 現金書留は、10円を送るのにも、封筒代込みで525円かかる。
 郵便局で、「バカですか?」という顔をされる。
 ま、「交通違反バカ一代」だからバカはいいとしても、あまりにもったいない。そこまで太っ腹になるのはつらい。
 ちょうど岡山県警から電話があったので、なんとかならないかとお願いしてみた。
 すると…。
 県内在住者か関係者でないと開示「請求」できず、県外者は開示の「申出」ができる、というところが少なくない。しかし岡山は、以前は「申出」さえできなかったという。へえ。
 それが4月1日から、県外者も「請求」できるようになり、どうも私が最初の県外請求者らしい。
 そういうことは知事部局が決めてるというので、知事部局にも電話(その電話代はもったいなくないのか?)。
 とにかく検討してもらうことになった。よろしくお願いしますぅ。

 そして、石川、広島、山口への封筒に、定額小為替、銀行の領収書、普通為替、と切手とを、中身と封筒を間違えないよう慎重に入れ、切手と宛名シールを貼って本日の事務は終了。
 以上、マニアな人以外にはまるで役に立たない話でした~(笑)。

 でもま、各県警、それぞれ違うのは、人間味があって良いと私は思うよ。
 最初から警察庁の指導でどこも同じってのは、気色悪いじゃんねぇ。

 Banner_02_2 ← これにハイパーリンクをつけることができないっす。
 人気blogランキング ← 当分こっちを押してね♪

« 行政制裁金 12年前の世論誘導記事 | トップページ | 流れが違反速度だとしても… »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43089/1727526

この記事へのトラックバック一覧です: 情報公開「写しの交付に要する費用」の払い方:

« 行政制裁金 12年前の世論誘導記事 | トップページ | 流れが違反速度だとしても… »