フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« スクープ!! 今年度の取締り予定件数!! | トップページ | パソコン不調… »

2006年6月25日 (日)

レッカー移動も直ちに?

 新しい駐禁取締り(放置駐車違反に対する取り締まり。「確認事務」)を受けた、とのご相談、ご報告がぽつぽつ入ってきている。たいへんありがたい。
 ありがとうございます!

 「確認事務実施要綱」には、
「6 放置駐車違反以外の駐車違反の取扱い等確認以外の事務」
 というのがあり、そこにこうある。

(3) 駐車監視員は、マニュアルに定められた基準・方法に従い、以下のような場合、警察へ通報すること。
 ア レッカー移動を実施する必要のある悪質、危険性、迷惑性の高い放置車両を発見した場合
 イ 交通事故その他の事件・事故を発見した場合
 ウ その他警察署長が指示した場合

 このレッカー、どうも、「確認事務」と同様、
「違反を見つけたら(またはステッカーを貼ったら?)直ちに」
 というやり方で行うのかな? と思わせる情報が複数入ってきている。

 ところで、レッカー移動された車を「速やかに引き取る旨」の「告知」をされるのは、「当該車両の使用者」なのだ(道路交通法51条7項)。違反者ではないのだ。
「レッカーされたら違反した者が出頭して、違反キップを切られるのだ」
 と思い込んでる人が多いが、そうではないのだ。
「私は使用者です。車検証で確認してください。使用者として速やかに引き取りにきました」
 法律上は、これでいいのである。

 え? 「あなたが違反したのか」と尋ねられたら?
 従来は、警察は、出頭してきた者が違反者だときりきり確認して(ときに決めつけて)、さくさく違反キップを切った。
 が、新制度では、そんなことをする必要がない。
 「使用者」に「放置違反金」を払わせて終わることもできるのだ。
 だから、「あなたが違反したのか」と、もしも尋ねても、従来のような執拗さはないんじゃないか。
 出頭してきた使用者が、
「お答えする必要ございません」
 と言えば、それ以上は追及しないんじゃないか。
 内心、こう思う警察官もいるはず…。
「あ~、自分が違反者だと名乗るから、こっちも違反キップを切らなきゃいけない。そしたら、この人には違反点数がつく。正直者は損をする。可哀想に…」

 Banner_02_2 人気blogランキング ← よかったら1日1回ぽちっとね♪

« スクープ!! 今年度の取締り予定件数!! | トップページ | パソコン不調… »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事