フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« カネさえ払えば犯人隠避も合法化される? | トップページ | 説明の一貫性 »

2006年6月 7日 (水)

シンプルな根幹だけを突くのがベストでは?

6月6日(火)

 10時から、東京簡裁刑事1室2係(横川保廣裁判官)826号法廷で、道路交通法違反の新件。

 10分ほど前に控え室で、被告人と弁護人が話してた。
「本件に固有の誤作動があったと立証できなければ無罪は出ない。そんな立証はできない。そもそもオービスは怪しいでは、裁判官は無罪判決を書かない。警察は何をやってるんだ、ということになるので」
 という趣旨のことを弁護人が話してた。

【場   所】 首都高 5号線 上り 板橋区高島平5-12
【日  時】 2004年3月1日 午後8時48分頃
【装   置】 東京航空計器のオービスⅢ。
【測定値】 117㎞/h 制限速度60㎞/hを57㎞/h超過
【被告人】 約50歳 
【弁護人】 国選 (つんつん髪。若い)
【主   張】 自白 (←否認)

 公判廷で述べられた否認の理由は、要旨次のようなことだった。
「ストロボには気づかなかった。当時何㎞/hだったか、まったく覚えていない。普段はそこを80~90㎞/hで走る」

 これはまさに、秋田の事件と同じだ。オービスの種類と超過速度は違うけれども。
 やっぱり私は、
「測定値が正しいことの客観的な裏付けとなるデータが一切ない」
 だけで押すのがベスト、ごちゃごちゃ言わずシンプルな根幹だけを突くのがベスト、との思いがどんどん強まるばかりだ。

 検察官も弁護人も書面を用意しておらず、口頭で論告、弁論。
 8分間休廷して判決。求刑どおり罰金8万円。
 10時33分閉廷。

 それから私は、いったん帰宅したのだ。
 財布を忘れたし、『ザッカー』の原稿を仕上げてしまおうと。

 ちなみに今月下旬発売の3誌の連載原稿は…。
 『ザッカー』 新しい駐禁取締り、どういう場合なら助かる?
 『ドライバー』 6月1日の“お祭り”レポート。
 『ラジオライフ』 無免許の被告人は某有名政治団体のメンバー(けっこう幹部?)。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

« カネさえ払えば犯人隠避も合法化される? | トップページ | 説明の一貫性 »

オービス(オービスⅢ)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43089/2110266

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルな根幹だけを突くのがベストでは?:

« カネさえ払えば犯人隠避も合法化される? | トップページ | 説明の一貫性 »