フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 民間委託で黒字になるためには | トップページ | ガイアの夜明け ママさん監視員の1カ月 »

2006年7月11日 (火)

宅配業者の選択肢

「うちのドライバーも捕まっちゃいましたよ」
 と、ある大手宅配業者のドライバー氏から聞いた。

 新制度では、ドライバーが「反則金」を払ってもいいし、会社が「放置違反金」を払ってもいい。
 両者は同額。

 反則金だと、ドライバーの違反歴となり、違反点数がつく。
 点数から、いろいろ不都合が生じる。

 放置違反金だと、ドライバーは無傷ですむ。
 ただし、半年に4回放置違反金を払うことになったトラックに対し、20日間の「使用制限命令」がある。
 ※ それは基準であって、初回は大目に見られるかも。実際の運用はまだわかっていない。
 ※ 公安委員会による従来の「指示」や命令(旧法75条の2)は廃止された。

 捕まっちゃったドライバーは、会社は、いったいどうするのか。
 後日、「会社が払った」と聞いた。

 会社としては、
「点数の累積でドライバーが免停になれば、業務に支障がでるし、ドライバーに酷なことはしにくい。会社がカネさえ払えばすむなら、それに越したことはない。使用制限命令については、2回なり3回なり放置違反金を払うことになったトラックは、捕まりにくいエリアの営業にまわし、ほとぼりをさまそう。それでもステッカー(確認標章)を貼られ、いよいよ使用制限の基準に達しそうになったら、そのときはドライバーに頼んで反則金を払ってもらおう」
 という考え方があるだろう。

 そうやってしのいでいくほうが、「2人乗車」のために人をやりくりしたり新たに雇ったり、あるいは駐車場を新たに借りたりするより、安上がり、またはどっちもどっち、という判断もあるだろう…。

 「日経スペシャル ガイアの夜明け」、東京では今夜22時放送。
 「迷惑駐車は消えたか ~ ママさん監視員の1カ月」ってタイトル、面白そうじゃん。
 「違法駐車」ではなく「迷惑駐車」としているところが、ワタシ的には目を引く。珍しい。
 だぁって、「迷惑駐車は悪い。取り締まって当然」を理由に、迷惑でない違法駐車(警察庁の通達によれば違法でないはずの駐車)をびしびし取り締まってカネを稼ぐ、という構図のことを言う者は(たぶん私以外には)これまでいなかったように思われるから。
 って、テレビあんまり見てないくせに。すみません。

 上記構図は、「凶悪犯をやっつけろ」を理由に、国民生活全体に網を掛けて身動きできなくする、というのと同じだ。
 一部事象の一般化。すり替え。
 これに大衆はひっかかりやすく、そしてこれを巧みにできることが為政者としての大事な資質だ、という趣旨のことがくり返しくり返し書かれているのは、この本だっけ。

群衆心理 Book 群衆心理

著者:ギュスターヴ ル・ボン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


  Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

« 民間委託で黒字になるためには | トップページ | ガイアの夜明け ママさん監視員の1カ月 »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事