フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 1分でも違反から12時間までOKへ | トップページ | 3件目の無罪判決を傍聴できるか »

2006年7月21日 (金)

『交通の教則』にちびまる子ちゃん出演とは!

 昨日(7月20日)午後、新宿の「警視庁新宿運転免許更新センター」へ出かけた。
 いつも府中だが、たまには違うところを試してみようと。

 途中の電車で、だいぶ年配の男性が私のそばに座った。
 良さげなブレザーで、胸ポケットにハンカチーフ。ソフト帽。
 向かいのシートにはもっとスペースがあるのに。
 男性が話しかけてきた。
 職業は何かと。
 鞄(ちょっと高価そうなビジネス鞄)と身なり(ジーンズに下駄)、そして風貌(坊さん風だという)のアンバランスが興味を惹いたらしい。
 デパートを散歩するのが趣味の、遊び人(元社長。約80歳)だという。
 面白い人だった。
 新宿までずっと歓談。

 新宿の更新センターは、こぢんまりしてるんだねえ。
 更新者は少なく、いくつもの窓口で、待っても1人か2人。
 しかも流れ作業だから早い早い。
 ※ 「こんなにいくつもの窓口に小分けする必要があるのか」と思う人もいるだろう。
   ああいう形で安協に委託されてるわけだ。
   安協に委託事業を与えることが、免許更新の主たる意義かと思われる。

 ちょうど5分ほどで、更新時講習(5年も無違反であるはずないのに優良運転者講習。30分間)が始まった。
 キューピーのマヨネーズ工場で次々訪れる見学者を案内するお姉さん、よりさらに慣れた流暢な講習。

 それより何より、『交通の教則』(06年6月1日改訂)がずいぶん変わったねえ。
 なんと「ちびまる子ちゃん」が出演してる。
 情報がいっぱい詰まってる感、がある。

 駅への帰り道、290円のラーメン店あり。大盛り360円だってさ!
 それを食いながら、『交通の教則』を読む。
 ん? 2ページ下のチャートは、ちょと不適切じゃない?
 これ、「放置違反金」のことを説明してるのに、「運転者出頭→納付」とだけなってる。
 運転者が出頭して納付するのは、普通は「反則金」でしょ。

 まあね、警察に出頭して事情を説明して、警察官も「よくわかった。そういう事情なら今回はキップは切らない」と指導・警告ですんでも、「放置違反金」の納付命令はくる。
 また、キップは切られたけれども「反則金」を払わず争って不起訴になっても、「放置違反金」の納付命令はくる。
 ※ えー、ちょっと何言ってるかわかんない説明かもしれないが、事実それが新制度なのだ。
 だから「運転者出頭→納付」でも間違いではない、というか、まる子ちゃんにも、まる子のお爺ちゃんにも、「反則金」と「放置違反金」の違いなど、たぶんどーでもいいっちゃいいわけだが…。

 ラーメン店を出て、ヨドバシカメラでストップウォッチを買う。
 駐車監視員をウォッチングするとき使おうかと。

 ケータイ売り場のお姉さんに、相談。
 私の携帯電話、最近急に写真がボケボケになったのだが、どういうことかと。
 お姉さんはすぐに直してくれた。
 切り替えスイッチがマクロ撮影になってますよと。
 たちまち直り、私は絶句…。

 帰宅して大ショック!
 手元の最新の『交通の教則』は、03年4月1日改訂のだった。
 03年? うっそ!
 その後、04年4月1日と、04年11月1日と、05年4月1日に改訂されとるやん!
 私はその間、何をやってたんだ!
 裁判傍聴と情報公開に夢中だったのか…。
 全日本安協の事務所へ、バックナンバーを買いにいかねば。

 ああっ、そういえば、更新センターでゴミ箱を漁るのを忘れた!
 人が少なかったし、まる子ちゃんだし、『交通の教則』等テキストが袋ごとばさばさ捨てられてることは、なかったかもしれないとはいえ…。
 うむぅ、こうして人は、己の年齢を自覚するのか…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 免許更新へ行ってゴミ箱を漁らないなんて、そんなの今井亮一じゃないっ。と心底驚いた方はぽちっとお願いしまーす♪

« 1分でも違反から12時間までOKへ | トップページ | 3件目の無罪判決を傍聴できるか »

日記」カテゴリの記事