フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 愛知の運転者たちよ、8月に気をつけろぉっ!! | トップページ | [2] 駐車監視員のマニュアルをゲット! »

2006年8月10日 (木)

[1] 熊本にTシステム50カ所って多くない?

 水曜日(途中から木曜と勘違いしたが水曜)、盛りだくさんだった。
 [1]、[2]、[3]…と番号をふってご報告しよう。

 熊本県警と宮崎県から、確認事務(新しい駐禁取締り)の入札結果と委託契約書と、それからTシステム(旅行時間計測装置)の撮影端末の設置場所一覧表、が届いた。ありがとございます!

 熊本53カ所。
 宮崎20カ所。
 私は両県とも行ったことないはずだが、なんか多くない?
 とくに熊本、警察が監視したい重要施設等あるの? 「オウム真理教」の関係?

 ともあれ、熊本の一覧表は、私が見てきた限り、全国で一番詳しい。
 「種別(カメラ)」という項があって、「F型」「N型」「4桁」とある。
 「電球種別」という項があって、「LED」「ハロゲン」「ストロボ」とある。
 「設置年度」も「メーカー」もある。
 「メーカー」は「三菱」と「オムロン」だ。
 へえ!
 こういう情報を一番喜んでくれる方へ直ちにFAX。

警察がひた隠す 電子検問システムを暴く Book 警察がひた隠す 電子検問システムを暴く

著者:浜島 望
販売元:技術と人間
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ちなみに、Nシステム(浜島さんの踏査によれば全国8百数十カ所)は国民監視システムとしてわりと広く知られるようになっているが、TシステムもまたNと同様に運用するんだというオドロキの通達が、しっかりあるのね。
 愛媛県警(の警察官のパソコン)から流出したものと思われるNデータに、Tの設置場所の通過車両情報もばっちり載ってるのは、そういうことなのね。
 その通達、プリントアウトしたんだが、どっかいっちゃった。見つけたら、あとで書くね。ってウチの資料の山から何か探すのはたーいへんだぞぅ。

 Nの設置場所数は、浜島さんは上下線で分けてない。
 上下線を分ければ、全国1700~1800カ所になる。
 これにTをあわせると、全国2千数百カ所。

 Nシステム訴訟(平成10年[ワ]5272)は原告側敗訴だったが、東京地裁判決にこうあった。

 しかし、他方、このような車両を用いた移動に関する情報が大量かつ緊密に集積されると、車両の運転者である個人の行動等を一定程度推認する手がかりとなり得ることは否定できない。また、仮に、Nシステムの端末が道路上の至る所に張りめぐらされ、そこから得られる大量の情報が集積、保存されるような事態が生じれば、運転者の行動や私生活の内容を相当程度詳細に推測し得る情報となり、原告らの主張するような国民の行動に対する監視の問題すら生じ得るという点で、Nシステムによって得られる情報が、目的や方法の如何を問わず収集の許される情報といえないことも明らかである。

 その判決は、Nが全国約400カ所であることを前提としていた…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 10日3時35分現在、週間INが530で、23位ですぅ♪

« 愛知の運転者たちよ、8月に気をつけろぉっ!! | トップページ | [2] 駐車監視員のマニュアルをゲット! »

情報公開」カテゴリの記事

Nシステム」カテゴリの記事