フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 酒気帯び運転の心理とは | トップページ | 事故さえ起こさなきゃ大丈夫だろう »

2006年8月30日 (水)

懲役2年6月、執行猶予4年

 裁判所の1階ロビーで、ジャーナリスト・寺澤有さんにばったり。
 同氏が被告人のオービス事件・控訴審の第1回公判期日が決まったそうだ。おおぅ!
 それはあとでご報告しよう。

 13時20分から東京地裁・刑事12部(小林愛子裁判官)515号法廷で、詐欺未遂・詐欺・窃盗の判決。

裁判官「主文、被告人を懲役2年6月に処す…」

 求刑は懲役2年6月。求刑どおりの量定で実刑は普通あり得ない。

裁判官「…ただし確定の日から4年間その執行を猶予する」

 前回証言した社長(被告人の中学時代の同級生の父親で、被告人の父親代わり)とその妻らしき女性が、ひどく喜んでいた。
 弁護人もニコニコしていた。
 弁護人は2人、お爺ちゃんと、若い女性…と思ったがよく見たら、若い女性のほうは司法修習生だった。修習生のバッジをつけていた。

 執行猶予の4年は長めだが、複数件の犯行だから、ま、仕方ないか。
 未遂の件は、前日に同じ社の他店で怪しまれていたため発覚したんだそうだ。

 小林愛子裁判官が量刑の理由を述べ、ぜんぶ終わると、被告人が小さな声で言った。
被告人「ありがとうございました」

 次は13時30分から簡裁のほうでオービス事件。
 私は立ったが、他の傍聴人はほとんど残ってる…。
 廊下へ出ると、入ろうとしている人がいる。
 515号法廷の開廷表を見ると、次は道路交通法違反。
 え? なんか興味深い事件なの?

 しかし私は、簡裁のオービス事件優先だ。
 後ろ髪ひかれつつ、簡裁826号法廷へ急いだ。

 ところが…。
 霞が関の裁判所ビルは、南北に太い廊下が貫き、その太い廊下に直角に、枝のように何本かの細い廊下がつながり、その細い枝廊下に、果物がくっつくようにいくつもの法廷がある、そんな構造なのだが、826号法廷へ続く細い枝廊下が真っ暗。電灯が点いてない。
 あれ? 期日変更になったのか? やられた~!
 いや、私のメモ間違いかもしれない。
 急いで階段を駆け下り、728号法廷と534号法廷をチェック。
 ※ 東京簡裁は普段その3つの法廷を使うのだ。
 メモ間違いではない。
 やっぱり期日変更か。
 あとで簡裁の事務所で確認するとして、じゃあ、515号法廷のさっきの道路交通法違反へ…。
 私は廊下を走った…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

« 酒気帯び運転の心理とは | トップページ | 事故さえ起こさなきゃ大丈夫だろう »

刑事/窃盗」カテゴリの記事