フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 駐車監視員心得五則 | トップページ | スケボーの交通違反 »

2006年8月19日 (土)

「汚名を着たまま墓へ行けない」事件 第9回公判

8月18日(金)

050915r205  15時30分から、東京簡裁刑事1室3係534号法廷(堀内信明裁判官)で、いわゆるオービス事件、「汚名を着たまま墓へ行けない!」事件の第9回公判。
 ※ 写真は05年9月に撮影。工事がなくても、この場所で月曜の昼間に90㎞/h出すなんて可能か?

【場   所】 甲州街道下り世田谷区給田
【日  時】 2004年2月23日(月) 午後2時15分頃
【装   置】 三菱電機 RS-2000 (俗称・新Hシステム)
【測定値】 90㎞/h 制限速度50㎞/hを40㎞/h超過
【被告人】 78歳 白髪ポニーテール 東京府の大久保村生まれ
【弁護人】 国選 
【主   張】 道路右側のエッソのGSが混んでいたので入らず、第2通行帯から第1通行帯へ車線変更し、オービスの下を通って信号待ち、発進して間もなくのファミレス・ジョナサンに入った。90㎞/hなどまったく出していないし、出せない。昼間の甲州街道で90㎞/hなどきちがい沙汰。車線変更の途中なので、写真には車が切れて写っている。顔がだいぶ不鮮明。

 前回(第8回)は2月24日
 この間、期日外で打ち合わせを重ねていたようだ。

 今回は、現場付近での走行経路について、被告人が精密な図面をつくったので、それに関して被告人質問を小一時間。
 「しんぼく」という言葉が何度も出てきて、いったい何のことかわからなかったところ、堀内さんが「どう書くんですか」と尋ねた。
 「真北(まきた)」だと被告人。
 真北かよ! 真北が「しんぼく」かよ!
 私は、おかしくなってしまった。
 被告人は、ずっと建築・設計に携わってきたそうで、真北を「しんぼく」と読むのは当たり前なわけだ。

 終わって警視庁へ。
 7月分のレッカー移動件数がわかる文書と、渋谷署の確認事務のマニュアルを開示請求。
 じつは、次の月曜発売の『FLASH』(光文社)で、石川県警から公開してもらったマニュアルの、違反者と駐車監視員との想定問答集について、記事を書くことになっている。つか、もう徹夜で書いた。
 そのとき、ジャーナリスト・小谷洋之さんから、警視庁の同じマニュアルを一部見せてもらった。
 石川県警のと警視庁のとは、マニュアル自体は、文字詰めと、そしてなぜか「違反者等」と「運転者等」という表現が1カ所違う以外は、まったく同じだった。
 んが、石川県警から公開された想定問答集の部分は、警視庁が小谷さんに開示したマニュアルでは、全部墨塗りだった(他にも警視庁だけ墨塗りの部分あり)。
 そんなわけで、全体を確認しておこうと、私も開示請求したわけ、遅れ馳せながら。
 ※ 「公開」と「開示」とあるのは誤記ではないよ。ま、どっちも同じようなものだが。

 それから、来週の東京簡裁刑事の開廷予定(金曜17時すぎでないと見られないのだ)を確認しようと、裁判所へ。
 途中、某裁判官とばったり。
「下駄…ですかぁ」
「ええ、夏ですから」
「裁判所、入れる?」
「昔はスリッパに履き替えさせられたんですが、最近はそうでも…」
「ほう…」
 などと。
 ちなみに私は、カラコロ音をたてないよう、だいぶ気を遣ってる。
 足もとを見なければ、私が下駄履きとは誰も気づかないはずだ。

 簡裁刑事の訟廷庶務へ行く途中、さっきのオービス事件の被告人、弁護人とばったり。
 閉廷後、また堀内さんと打ち合わせしていたようだ。
 車で来ている被告人(私とは帰る方向が同じ)に、思い切って同乗をお願いしてみる。

 驚いた。78歳とは到底思えない、安心感のある、スムーズで着実な運転だった。しかも、道をよく知ってる…。

 兵庫、京都、滋賀、福井、富山、長野、静岡の各府県警へ、駐禁取り締まりの民間委託関係と、Tシステムの設置場所について開示請求、の文書をつくり封筒詰め。今回はシステマチクに進行した。切手代は計560円。
 だけど、このあとにかかるカネと時間が、たいへんなんだよなぁ…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 19日5時55分現在(今日は徹夜じゃなく早起き)、週間INが410で29位。25位台の枠からまた落っこちたよぅ♪ 

 来週の簡裁は、継続のオービス事件が1件あるのみ。
 これで8月28日まで、東京区検が今年4月以降に起訴(公判請求)して期日が入った道路交通法違反は0件(または1件のみ)ってことになる。
 東京簡裁の道路交通法違反は、ほとんどがオービス。まさか、堀内さんがオービスの信頼性に疑問を持ってる(または、慎重な審理をやろうとしている)せいで、区検は起訴を躊躇してる!?
 それを言うのはまだ早すぎるかとは思うが、でも、もしも本当にそうだったら…!!
 もしも、そうだとして、堀内さんがこの「汚名を着たまま墓へ行けない」事件を有罪にしたら、区検は大いに安堵し、「どんなケースでも、起訴さえすれば有罪は決まりだ!」と、じゃんじゃん起訴するんじゃないか。
 もしもそうなら、って「もしも」ばかり積み重ねるけども、たぶん元名古屋高裁の堀内さんは、そのへんのことも頭に入れてるんだろうか…。ああ、なんかどきどきするよぅっ!!

 こんなことばっかり考えてるから、皇室のどなたかが近々出産という話をぜんぜん知らなくて、バカにされたとです(泣)。

« 駐車監視員心得五則 | トップページ | スケボーの交通違反 »

オービス(RS-2000)」カテゴリの記事