フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 詐欺等 幼い頃から虐待されてきたイイ男 | トップページ | 地裁刑事3部で鈴木検察官に遭遇! »

2006年8月24日 (木)

無免許&なりすましで執行猶予中の無免許

8月23日(水) その3

 11時30分から日比谷公園内のレストランで、防臭監視もとえ某週刊誌と打ち合わせ。
 オムレツライスとコーヒーをゴチになりますた。

 13時30分から、東京高裁・刑事1部(田中康郎・石山容示・佐藤正信裁判官)720号法廷で、道路交通法違反の控訴審第1回。

 その前に、器物損壊の控訴審判決。
 被告人(身柄、拘置所)はホームレス。
 鼻下とあごの短い髭がもみ上げとつながった、痩せた老人。昔の軍人(戦犯?)を思わせる雰囲気。

 2月9日昼すぎ、台東区内の飲食店で朝から酒を飲み、置き忘れたセカンドバッグを取りに戻ったら、入れてあった11万円(裏付けなし)がなくなっており、店員に文句を言ったが相手にされず、腹が立ち、ガソリンスタンドへヤカンを持参してガソリン1リットルを買い、同飲食店の外にあった台車の車輪にかけて火をつけ、台車1台2万4800円相当を溶解させた…。
 一審判決は、懲役10月。未決30日算入。

 本件控訴を棄却する。控訴審における未決勾留日数中、50日を算入。訴訟費用(国選弁護人費用)は負担させない。
 裁判官が「この判決に不服があれば…」と上告手続きの告知をすると、被告人は細く言った。
「もういいです、これで…」

 こんなこと言っちゃなんだが、裁判所へ通ってると、この被告人は良心も規範意識も強いほうと思える。だって、ガソリンを、店や店員にではなく、外にあった台車の車輪に…なのだから。

 13時30分から、目指す道路交通法違反。
 被告人(36歳)は在宅。

 サラ金やヤミ金に多額の借金があり、外出の要が生じて交通費節約のため職場の車を勝手に持ち出して運転、その途中、携帯電話使用を見咎められ、無免許運転発覚の端緒になったのだという。
 04年4月に、無免許&有印私文書偽造・同行使(兄の名を騙った)で、懲役1年6月執行猶予3年の判決を受けているのだという。
 一審判決は懲役3月。
 実刑なら3月が相場と思われ。
 念のため言っておくと、前の執行猶予は取り消され、合計1年9カ月の刑期で、刑務所へ行くことになる、確定すれば。

 執行猶予がほしい、原審(一審)の記録に基づいて判断してほしい、という控訴の趣旨らしく、直ちに弁論を終結して判決。
 本件控訴を棄却する。訴訟費用(国選費用)は負担させない。
「3人の家族の生活を支える立場にあるとしても、再度猶予すべき事案とは認められず…」
 と田中さん。

 右陪席はずっと目を閉じてた。寝てるのかどうか不明。
 書記官は、ときどき目を(ムリヤリ半眼を)開けてたけど、あれは完全に一瞬ずつ寝てたんじゃないかなぁ。

 13時38分閉廷。

  Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

« 詐欺等 幼い頃から虐待されてきたイイ男 | トップページ | 地裁刑事3部で鈴木検察官に遭遇! »

交通/無免許」カテゴリの記事

刑事/その他刑事」カテゴリの記事