フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« [3] 酒気帯び検査拒否 仰天の展開!! | トップページ | 6月のレッカー移動は前代未聞の激減!! »

2006年8月12日 (土)

6月中の駐車取締り状況

 警察庁の公文書開示請求の電子申請
 おかげさまで、なんとか申請でき、開示決定の連絡もメールで受け取ることができた。
 ところが、開示文書を電子的に受領することが、どうしてもできない。
 警察庁に電話したら、例のCD-ROMでもう1回アレしてみてはどうかという。
 CD-ROM? それ、探すのに数日かかりそう(泣)。
 新たにまたCD-ROMをもらう(焼いてもらう)ほうが早いかも…。
 とかなんとかごちゃごちゃして、警察庁の担当者氏にはたいへんお世話になりました。

 そうして、6月1日から5日間の、各1日ずつの「新駐車対策法施行後における駐車取締状況」と、6月中の「確認標章取付状況」という文書を先日ゲットしたよぅ。

06081161  いずれも、単純なのと詳しいのと2枚でワンセットになってる。
 右は、6月1日の、単純なほうだ。
  あのお祭りの日、あなたのお住まいの都道府県はどんな具合だったか、拡大してご覧ください。

 各都道府県にそれぞれ警察署がいくつあり、確認事務(新しい取締り)を委託したのはそのうち何署か、わかる。

 岩手と宮城は、1ユニット3人?
 奈良は3ユニットのうち1ユニットだけ3人?
 しかし、詳しいほうの表を見ると、こうなっとるんですわ。

      委託人員 活動ユニット数 活動人員
  岩手   2       1         3
  宮城   8       4         12
  奈良   6       3         7
    和歌山 12             6                13
  熊本   8       6         12 

 何なんだろ、これは。

 6月1日は、全都道府県で一斉に全駐車監視員を活動させたことがわかる。
 が、岩手、静岡、島根、沖縄は、確認標章(新しい駐禁ステッカー)を1枚も貼りつけてない。
 携帯端末の操作がうまくいかなかったのかしらねぇ。
 警視庁(東京)は、265ユニットを出して確認標章181枚なのに対し、大阪は129ユニットで168枚…。

 もっと面白いのは、6月中の、詳しいほうのデータだ。
 そこには、6月中に取付けた確認標章のうち、駐車監視員が取付けた割合が載っている(ま、単純なほうから計算してもいいんだけど)。

 これ、ものすごーく、ばらつきがある。
 トップは山形で81,5%。
 最下位は静岡で3.3%。
 静岡は、携帯端末の不具合が長引いたんだろうか。

 「告知件数」の割合も、かなりばらつきがある。
 「告知」とは、原則として、道路交通法126条の、反則告知、いわゆる青キップを切ること(赤キップも含まれ得るが、ごくごくわずかだろう)。

 確認標章を取付けられたあと、違反者は、知らん顔しててもいい(後日「放置違反金」さえ払えば法的には終了する)のだが、正直に出頭するなどして違反キップを切られると、この「告知件数」の中に入ることになる。

 「告知件数」の割合がいちばん多いのは、青森の48,9%。
 いちばん少ないのは、滋賀県で5,0%。

 こうしたデータが各月どう推移していくのか、私としては興味津々。
 でも、毎月は集計しないかもしれない、3カ月、6カ月、という形の集計になるかもしれない、とのこと。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 8月12日3時40分現在、週間INが630で、なんと19位♪

 ところで、レッカー移動の件数。
 4月と、とくに5月が激減してる、6月以降、激増するんじゃないか、という話をした。

 先日、さっそく6月と7月の所属別・月別・二輪については車種別の、開示請求書をつくって、警視庁へ行った。7月中のはまだ集計できてない可能性があるので、そこはぼかして。
 惜しくも17時15分をすぎてしまい、いつもの副玄関の受付は終了してしまった。
 帰宅して80円切手を使って郵送するのもバカらしい、せっかく出てきたのだから、受付で請求書を受け取るだけ受け取ってもらえれば…。

 と正面玄関で粘ったら、情報公開の担当の方々が出てきてくれた。
 私の開示請求書を見るなり、担当者は言った。
「今井さん、それ、もう請求したでしょ」
 は?
 別の担当者が言った。
「昼間、電話したの、それだったんですよ」
 ぎょっ!!
 昼間、開示決定が出たから、開示日をいつにするか、じゃあ来週にしましょ、と電話で話したのは、6月中のレッカー移動のその文書の件だったのだ!

 もう、赤面。穴があったら入りたい、とはこのことだ。
 A県警への開示請求書をB県警へ、B県警のをA県警へ郵送したり…。
 全国都道府県警の担当者諸氏よ、子ども叱るな来た道ぢゃもの、年寄り叱るな往く道じゃもの、今井を叱るな泣いちゃうよ。きゃ~。す、すみません…。

« [3] 酒気帯び検査拒否 仰天の展開!! | トップページ | 6月のレッカー移動は前代未聞の激減!! »

情報公開」カテゴリの記事

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事