フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 大阪の05年の二輪駐禁取締り件数は前年の6倍 | トップページ | 主文 原判決を棄却する… »

2006年8月28日 (月)

公安委の意思決定で駐禁規制解除!

 ワタシ的にはスクープ!

 そろそろ仕事にかからなきゃいけない…となると、どうもぐずぐずして、ネットを見たりしちゃう。
 それでまた、「駐車監視員 公務執行妨害」で検索してみた。
<<違法駐車罰則強化 悲鳴を上げる運送業者に“スペシャルカード”>>
 という記事がヒットした。
 6月16日の、古い記事…。
<<…集配中の普通貨物車両に限り、20分間駐停車の緩和措置を実施>>
 ※ 軽貨物も含むという。
 ははぁ、そういうのは、ちらっと聞いたっけ。
 でも、待てよ、
<<実施地区の該当箇所(駐車禁止標識の補助板に記載)において…>>
 って? 補助標識のことをいうのか?

 私は前々から、
「駐車してもとくに危険や迷惑はなく、駐車需要があるとかで、短時間の駐車は認めてしかるべき場所は、駐禁の丸い標識の下に『20分まで可』といった補助標識をつければいいんだ」
 という旨を言い続けてきたわけだが、それに近いことが、貨物車に限ってのそのものズバリが、北海道ですでに行われているのか?

 さっそく札幌のトラック協会に電話してみた。
 が、どうも要領を得ない。
 法的なことは道警へ聞いてほしい、とのこと。ま、そりゃそうだ。

 北海道警察へ電話。
 おおむねこんなやり取りをした。
今井「20分間、規制から除外される、駐車違反でなくなる、ということなんですか」
職員「そうです」
今井「補助標識には何とあるんですか」
職員「今すぐにはわかりません」
今井「それは、公安委員会規則で定めたんですか」
職員「いいえ、公安委員会の意思決定です」

 そそっ、そうなんだぁっ!
 公安委員会の意思決定というのは、オービス裁判(指定速度違反)を傍聴しまくってる者には、なじみ深いといえる。
 検察の甲号証のなかに必ず、制限60㎞/hなら60㎞/hという、公安委の決定の抜粋がある。
 指定最高速度も、指定駐車禁止場所も、公安委が決定する(道路交通法4条)。
 その決定でもって、貨物車を除外したのか。
 そういうやり方なのか!
 禁止だけども規則で除外する、のより、そもそも禁止じゃなくする、のほうが妥当だよね。
 北海道警、この点に関しては、えらいじゃないかっ!

 さっそく、その決定の文書、起案文書とか、開示請求することに…。
 どんなのが出てくるか、楽しみ!

 街角に、その補助標識がついた光景を、見たいっす。
 でも、なかなか行けないので、北海道の方、写真を送ってくれると嬉しいっす。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

« 大阪の05年の二輪駐禁取締り件数は前年の6倍 | トップページ | 主文 原判決を棄却する… »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事