フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« スケボーの交通違反 | トップページ | 定期点検時のオービス写真を出せと被告人 »

2006年8月21日 (月)

オービスの取締りは兵庫がダントツ

060821_05  以前、『ドライバー』の連載コラムでちょっと書いた、オービスの取締り件数、こういう表だ。
 「速度違反自動監視装置等による取締り状況(平成17年中)」というのが、警察庁から開示を受けた、都道府県別の全国のデータ。
 画像右側の、半分ほど切れてるのは、警視庁から開示を受けた、月別・所属別の「自速機取締結果」(05年)。

 都道府県別では、兵庫が1万7024件でダントツ。断然突出。
 お隣の大阪は7946件。兵庫の半分以下だ。
 この差は、どこからくるの?

 通称「オービスマップ」。写真つきでオービスの場所を紹介した出版物。たいてい雑誌の別冊かな。
 毎年何点か出版されており、礼田計さんは全部コレクションしているようだが、私はそうでもない。

 オービスマップは、都道府県別のものと、高速道路別&都道府県別のものとがある。都道府県別のは、手元には、『OPTION速度取り締まりスペシャル 2004年版』(三栄書房)しかない。
 その後もオービスは少しずつ増えているはずだが、とりあえずこれを見る。
 兵庫県は、淡路島の3カ所も含めて46カ所。
 大阪府は、43カ所。
 あんまり違わない。

 だが、よく見ると、「一般道路」は、兵庫が29カ所。大阪が10カ所。
 このへんが、ひとつ関係するんだろうか。

 でも、東京は、60カ所(うち「一般道」25カ所)で、9040件。
 ま、設定速度(セット速度)を何㎞/hにするか、などによっても違うんだろうね。

 …そういえば、都道府県別の「超過速度別速度違反取締り状況」って表(89年、94年、99年、04年)も、うちにあるんだった。
 これで分析すると、兵庫はなぜダントツに多いか、少しは推測…できないかも(笑)。

 だけどこの表も、けっこう面白い。
 04年のを見ると、超過15㎞/h以上20㎞/h未満の取締りの、各都道府県における各割合は、関東圏が少なくて、九州が多い、なーんてことがわかる。ものすごーく細かい表だ。

06082105 超過速度別の全国の取締り件数は、「平成17年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締り状況について」という文書にある。
 これは毎年、警察庁のホームページで公開されてる。
 駐禁取締りのうち「放置駐車」は何件か、というデータもあるよ。
 開示請求すれば、都道府県別のもっと細かいデータも出てくる。

 細かな件数がわかるのは、私なんぞからすればありがたいが、しかし一方、現場の警察官は数字で管理されてるということでもあるわけだ…。

なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識 Book なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
  Banner_02_2 人気blogランキング ← 21日3時40分現在(今日も暑くて眠れず早起きだよぅ)、週間INが390で35位。おーぃ、どこまで落っこちるんだーぃ♪

   *******

 当ブログのトップの画面の、最新の記事の下に、「Ads by Google」というのがあるでしょ。
 私は何もしてないが、自動的につくらしい。
 アフィリエイトとは関係ないらしい。

 で、前々からそうなんだけど、最近とくに、“反則金保険”の広告(なのかな?)がよくつくみたい。
 金融庁がダメ出ししたので、もしかしたら駆け込み的に頑張ってるのか。

 私は、金融庁とはべつの理由で、反則金保険に批判的だ。
 というのはともあれ、それって補償するのは「反則金」であって、今年6月1日から導入された「放置違反金」じゃないってこと、どれぐらいの人がわかってるのかしら…。
 “反則金保険”は、なぜ「放置違反金」を補償しないのか、そのへんはまたべつの機会に。

« スケボーの交通違反 | トップページ | 定期点検時のオービス写真を出せと被告人 »

情報公開」カテゴリの記事