フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 無料通行の和合さん逮捕! | トップページ | 警察官証人の旅費・日当は不当利得! »

2006年9月27日 (水)

車両の使用制限命令 全国第1号

車使用禁止:悪質駐車繰り返す…全国初の適用 大阪
 悪質な放置駐車を繰り返したとして、大阪府公安委員会は26日までに、堺市東区白鷺町の男性会社員(27)に対し、道路交通法に基づき、自家用車を40日間使用禁止とする命令を出した。今年6月の同法改正で車を主に使う「使用者」に使用禁止を命じられるようになった。府警によると、全国初の適用。

 と毎日新聞(上掲はその一部)。
 この「使用制限命令」は、確認標章(新しい駐禁ステッカーで、かつ放置違反金の納付命令発出に至るもの)を取り付けられた日前(ひぜん)6カ月間に受けた、放置違反金の納付命令の回数による。
 ってややこしい?
 ま、要するに、
A、駐禁ステッカーを取り付けられた
B、それにより放置違反金の納付命令があった
C、そのステッカー取付けの日前6カ月間に受けた納付命令の回数を数える
 という関係のなかでの、納付命令の回数が、使用禁止命令についての警察庁の通達にある「納付命令の回数」だ。
 ってもっとややこしいか。ああっもぉう、いいや。

 とにかくだ、6月1日に制度がスタートして約4カ月間がすぎた。
 そうして、全国初の使用制限命令が出た(と報じられた)わけだ。
 毎日の記事はこう続く(太字は今井)。

 府警駐車対策課によると、大阪市西成区岸里東1の交差点内で7月18日、会社員の車が放置されているのが見つかった。その後の調べで、この車は今年6月1日~同7日にも計5回、近くで駐車違反されていた。しかし、会社員はこれまで「友達に車を貸した。誰が駐車したか分からない」などと話したため、運転者の責任を問えなかった。

 あり? 上記Aのステッカー取付けは、7月18日だったのか。
 上記Bまでに、そして何やかやの手続きに、あるいは発表までに、だいぶかかったねぇ。
 不可解なのは、「この車は今年6月1日~同7日にも計5回」ってとこ。それと「などと話したため」ってとこ。
 上記通達にあるとおり、上記Cが3回、つまりステッカー取付け最低4回目で、使用制限命令になるはず。
 また、ストレートに放置違反金へ進めば、「などと話す」場面はないはず。
 これは…何かごちゃごちゃモメたのかな?

 そういうことだと、新制度以前にも、(現行のとは法的意味の違う)駐禁ステッカーを取付けられ、知らん顔している可能性がある。
 もしあったとして、警察は、新制度以前の駐禁の責任を追及するんだろうか。
 そのへん、どう運用されてるんだろう。

 ちなみに、京王線つつじが丘駅前から、まっすぐ甲州街道(国道20号)に出た角に、交番があるでしょ。
 あの交番の斜向かいあたりの歩道に、旧ワッカを取付けられたままのバイクが、もう何カ月も放置されてる。ガードレールに倒れ込むような格好で。
 これ、駐車違反という犯罪の犯行車両だし、盗難にあったものなら盗難の被害品だし、持ち主が乗り捨てたんなら、廃棄物の処理の法律か条令の違反にならないんだろうか。
 とバイクをながめて、ふと顔を上げれば、すぐ斜向かいに交番が…。うーん…。

 とにかく、使用制限命令を受けたその「男性会社員」のその車には、「運転禁止標章」というのがぺったり貼られる。
 これを運転し、または運転させた場合は、3月以下の懲役または5万円以下の罰金の対象になる。
 40日間が経過する前に、勝手にはがしたり、破損または汚損した場合は、2万円以下の罰金または科料の対象になる。
 ただし、「男性会社員」自身は、他の車を自由に運転できる。
 違反歴や違反点数といったものは、誰にもつかない。

 ところで、もう1つ、ワタシ的には大ニュースが入ってきている…。
 警察官が、自分が扱った事件で刑事裁判の法廷に証人出廷して、旅費・日当を請求・受領するのは二重取りじゃないか!
 と前々から私は言ってきた。
 今年1月、東京区検へ何度も通い、裁判記録の閲覧をしたのは、二重取りの事実を裁判記録のなかで詳細に確認するためだったのだ、じつは。
 今日、NP会の中島修さんが原告となって、提訴の記者会見をやるんだという。へえ!

Banner_02_2 人気blogランキング ← これをクリックして出てくるページに、当ブログが現在載ってまーす♪
 

« 無料通行の和合さん逮捕! | トップページ | 警察官証人の旅費・日当は不当利得! »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事