フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« そんなときだけ 特効薬を 観客席から 求めても | トップページ | バスカメラと環境対応型Tシステム »

2006年9月11日 (月)

国民監視網せばまる!

 昔、『捜査網せばまる』という映画があった。
 さしづめこれは、「国民監視網せばまる」か。
 以下は朝日新聞、の栃木県版ていうのかな。

県警、Nシステム増強へ
2006年09月09日

 重要犯罪の捜査が難航する中、県警は自動車のナンバーを自動で読み取る装置「Nシステム」の増強に乗り出す。手始めにコンピューターのシステム設計費として714万円を9月補正予算案に計上した。プライバシー侵害につながりかねないとの議論もあるが、県と県警は同システムの補強で犯人逮捕に役立てたい考えだ。

 Nシステムは設置地点を通過する車両すべてのナンバーなどを記録し、コンピューターに一定期間保存する。旧南河内町の5億円強奪事件をはじめ、さまざまな犯罪捜査で活用されている。

 今回予算案に計上するのは「簡易Nシステム」と呼ばれるもので、現行のシステムより設置しやすいのが特徴。従来は道路上に門型の構造物を設置し、ナンバー読み取り用のカメラなどの機材を数台並べているが、簡易型は既存の信号柱に取り付けられる。1カ所に1400万円かかった費用も900万円に抑えられるという。

 従来型は今年度末までに県内で30カ所に達する見通し。簡易型は補正予算が成立すれば、来年度半ばにも運用を始める予定だ。県警によると「100カ所以上」の設置を検討しているが、設置個所は捜査上の秘密のため、明らかにしていないという。

 昨年12月に発生した今市女児殺害事件では、連れ去り現場から茨城県内の遺体の遺棄現場まで犯行に使用されたとみられる車の特定や走行経路が分からず、捜査が難航する一因にもなっている。

 事件以後、県警は同システムの強化を強く希望しており、高速道路や国道、県道だけでなく市道などにも範囲を広げる考えだ。県財政課も「安全・安心の県づくりや治安の向上という必要性にかんがみて、早急に対応しなければいけないと判断した」としている。

 犯人の移動のみならず、一般市民の動きも網羅的に把握できるNシステムをめぐっては、東京都内の弁護士らが「移動を監視されるなどプライバシーを侵害された」として国に損害賠償を求め提訴したが、最高裁で敗訴が確定した。

 一審の東京地裁判決は原告の請求を棄却したものの、Nシステムが数多く設置されれば国民の行動に対する監視の問題が生じる可能性があるため「目的や方法を一切問わず収集が許される情報とはいえない」と乱用にくぎを刺している。

 へえっ!!
 浜島望さんが、「信号柱などに取付けられ、目立たないNが増え始めてますよぉ」と言っていた、それがこんな形で警察側から発表されるとは! 驚くというか感慨深いというか!

警察がひた隠す 電子検問システムを暴く Book 警察がひた隠す 電子検問システムを暴く

著者:浜島 望
販売元:技術と人間
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 浜島さんによると、栃木の「従来型」のNは現在16カ所。
 それを30カ所に増やし、「簡易Nシステム」を100カ所以上…か。
 栃木だけにとどまるはずがない。
 全国数千カ所で、電子の目が光ることになるんだろう(記事にある裁判の時点では全国400カ所)。
 Tシステム(旅行時間計測装置)が得たナンバー情報も、Nと連動させていい、との通達も出てるし。

 まぁね、「もっと監視を!」が国民の合意であるなら、それも良かろうとは思う。
 ただ、それって、
「警察は正義でなければならない。正義であってほしい。よって警察は正義である」
 という論法の上にあるんじゃないのか。

 愛媛県警から流出したとされるNデータをダウンロードしていじると、その便利さにを舌を巻く。道路の地点、日時、ナンバーの陸運支局名、4桁の数字、等々をクリック一発、たちまち検索できてしまうんだから。
 犯罪者は偽造ナンバーを取り替えたりするようだが、野党議員や反戦運動のおばさん、その親戚やご近所の人たちは、あんまりそんなことしないだろう。
 ※ 親戚や近所の人たちを、「なんで私が警察から見張られてるの? あの人とつき合ってるから?」とびびらせ、ターゲットを孤立させるのも、ひとつの作戦だ。

 「もっと監視を!」と言うなら、同時に、
(1) いつどんな理由で誰がどの情報を閲覧したか、をしっかり監視し、
(2) 目的外の利用をした者、させた者は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処す」とか、
(3) また、国民の側は、自分の車の移動情報を、いつ誰が何の目的で閲覧したか、開示請求できるとか、
 そういう手当が必要と思うけど。
 しかし、世論を動かすのは“ワンフレーズ”。
 「もっと監視を!」だけで突き進んでいきやすいんだわねぇ。

群衆心理 Book 群衆心理

著者:ギュスターヴ ル・ボン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 え? テロ対策?
 はは~、それは肯ける気がする。
 私ゃ世間のことはよく知らないんだが、ジャマな日本国憲法を変え、某巨大帝国の同盟軍になりたいと、はっきり打ち出してる人(たぶんお金持ち)が、内閣総理大臣になるんだとか?
 もしそうならテロ対策は当然だし、戦時体制では国家が好き放題できるほうがいい。国家を監視するなど利敵行為。非国民だわさ。

 いま気がついた。非国民と被告人、mとnの違いなんだね。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 1日1クリックしてくれる方が増えたようで、なんと、11日16時55分現在、25位までの枠内に戻ったよぅ♪

« そんなときだけ 特効薬を 観客席から 求めても | トップページ | バスカメラと環境対応型Tシステム »

Nシステム」カテゴリの記事