フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« オービスは「ニセ科学」であることを裁判所にどう気づかせるか | トップページ | 車両の使用制限命令 全国第1号 »

2006年9月27日 (水)

無料通行の和合さん逮捕!

払いません。―ナンデ?モッタイナイ! Book 払いません。―ナンデ?モッタイナイ!

著者:和合 秀典,今井 亮一,松谷 宏,本多 勝一,日向 咲嗣
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 この本の第1章「高速道路通行料は払いません」、和合さんの執筆部分をようやく読んだ。
 「首都高500円通行」として始まったのは87年、500円から600円に値上げされた直後だという。
 そして01年、「全国の有料道路の無料通行」を始めたのだという。

 当時のノートを見ると96年2月、「TIN」の学習会つか月例ミーティングに、和合さんをお招きしている。
 主旨に賛同し、私も首都高(当時は700円)を500円で走った。合計2回か3回。3回だったかな。
 当時、私はバイク(ホンダCB250RS。燃費はリッター30㎞くらい)が足で、首都高を利用することなど滅多になかった。のだが、必要もないのにわざわざ走ったわけ。500円で。

 すると、あとで首都高公団の職員が拙宅を突然訪問して来たり、私のほうから、最高裁の裏手にある公団のビルを訪問したり、とても良い体験だった。一般人がまず来ない公団ビルには、すっげぇ便利な地図が(あれは安くないだろ)何種類も無料でラックに置かれてあり、貧乏だった私は狂気して何種類も取った。貧乏性なので根こそぎは取れなかったyo(笑)。

 500円通行1回につき、差額の200円の3倍、プラス督促の郵便代が50円だったか、私は公団から請求された。3件なら1800円プラス。
 和合さんは、「そういうのは全部、俺に送らせろ」とか言ってたっけ。
 私は自分の責任でやるつもりだったから、和合さんのセリフはよく覚えてない。
 貧乏な私としては、何千円も賭ける余裕はなく、かつ首都高を利用する必要などもともとないもんだから、私の「500円通行」はそれきりになった…と記憶する。

 05年の、落葉樹が紅葉する時期に入ってからだったか、公団が民間会社に移行し始めたのは。
 そのとき、無料通行というか通行料金不払いは、刑事犯罪になった。それまでは民事の債権・債務の問題だったのだ。
 和合さんおよび「フリーウエイクラブ」の会員は、以降無料通行をしたら続々逮捕されるのか、と私は思った。
 ところが、そうはならなかった。なぜ?

 そしてこの9月26日、読売新聞に<<高速道の無料通行、宣言書発行の会長を逮捕>>との記事(下掲はその一部)。

 全国で広がっている「無料通行宣言書」を使った高速道路料金の不払い運動を助長したとして、滋賀県警高速隊は26日、この宣言書を発行している「フリーウェイクラブ」会長の和合秀典容疑者(64)(埼玉県戸田市)を道路整備特別措置法違反容疑で逮捕した。

 滋賀県警? 容疑は幇助・教唆?
 と首をかしげていたら、その約7時間後の毎日新聞に、<<高速道:料金不払い勧めた会社役員逮捕 滋賀県警>>との記事(下掲はその一部)。

 滋賀県警は26日、高速道路で「無料通行宣言書」と書いた紙を示し、料金を払わないよう勧めていた「フリーウェイクラブ」(事務局・埼玉県)の会長で会社役員、和合秀典容疑者(64)=住所不定=を、道路整備特別措置法違反(不正通行)容疑で逮捕した。

 はにゃ? 和合さん、「住所不定」?
 読売新聞のほうは「埼玉県戸田市」となってるのに。
 そんなことより、毎日新聞は続けてこう書いてるんだねぇ(■部分は記事では実名)。

 調べでは、和合容疑者は、同県豊郷町の暴力団組員、■■■■容疑者(31)=同容疑で逮捕=と共謀。■■容疑者が今月4日、名神高速道路八日市料金所(同県東近江市)を通過する際、係員に宣言書を渡し、料金1300円を支払わなかった疑い。
 県警は▽■■容疑者は会費1万円を払って会員になり、和合容疑者が宣言書を与えた▽神奈川県警が8月、同クラブ会員を同容疑で逮捕したことを知った■■容疑者から「逮捕されるのでは」と電話で相談を受けた和合容疑者が「逮捕されたのは正規会員ではない。大丈夫だから、今まで通りにしたらいい」などと不正通行を勧めた--ことから共謀関係にあると判断した。
 和合容疑者は事実関係を認めているが、「法解釈はいろいろある」などと供述しているという。

 はは~、やっぱ刑法の、

(共同正犯)
第六十条
 二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。
(教唆)
第六十一条
 人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。
2  教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする。
(幇助)
第六十二条
 正犯を幇助した者は、従犯とする。
2  従犯を教唆した者には、従犯の刑を科する。

 このへんの規定でパクったのか。
 しっかし、本丸は和合さん本人の「無料通行」ではないのか。
 警察(および道路会社)は、この逮捕をきっけかに何かやるつもりなのか。何をどこまでやるつもりなのか…。
 いずれにせよ、たぶん、和合さんは略式による罰金に応じず、公判請求されれば法廷で、テレビなどで言い続けてきた持論を熱く展開するのだろう。あのオジサンのバイタリティは侮れない。って私もオジサンだが、和合さんにはとてもかなわないよぅ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← これをクリックして出てくるページに、当ブログが現在載ってまーす。かつ、そのクリックにより当ブログの週間INに10ポイント加算されまーす♪

« オービスは「ニセ科学」であることを裁判所にどう気づかせるか | トップページ | 車両の使用制限命令 全国第1号 »

日記」カテゴリの記事