フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 裁判傍聴トークライブ超満員 | トップページ | 渋谷HMVでCDの防犯タグを外して… »

2006年10月18日 (水)

20万円で身代わりを頼んだオーナー逮捕

 ぎょっ!?

社員に身代わり出頭させる 人気ブランドのオーナー逮捕
 人身事故を起こし、社員に身代わり出頭させたとして、警視庁渋谷署が犯人隠避教唆と道交法違反などの容疑で、人気ブランド「マウジー」を展開するアパレル会社「フェイクデリック」(東京都目黒区)を設立したオーナーの■■■■容疑者(34)を逮捕していたことが17日、分かった。
 身代わり出頭した元社員の男(25)も8月、犯人隠避容疑で逮捕、起訴され公判中。冒頭陳述によると、■■容疑者は六本木ヒルズの自宅に男を呼び出し身代わりを依頼。報酬は20万円だった。男は起訴事実を認め「オーナーの発言は絶対だった」と証言した。
 男の話が不自然だったことから、渋谷署が捜査して発覚した。
 同署などによると、事故を起こした車は会社名義で、同社は発生直後「誰が使っていたか分からない」と説明する一方で、オーナーが身代わり出頭を依頼したことを、幹部を含む複数の社員が知っていたという。
 調べでは、■■容疑者は2003年9月13日午前1時半過ぎ、渋谷区松濤1丁目の交差点を乗用車で走行中にタクシーと衝突して乗客に軽傷を負わせて逃走し、当時社員だった男に出頭を依頼した疑い。
 ■■容疑者は02年に大麻取締法違反容疑で逮捕され、その後有罪が確定。当時は執行猶予期間中だった。
 同社は「個人的な事故と認識している。公判中なのでコメントできない」としている。  (共同)  (2006年10月18日 02時00分)

 と毎日新聞。
 先週金曜、簡裁の無免許新件が終わってから、たまたまちょうど数分後の開廷だったので、何げに傍聴した「犯人隠避」、あの被告人の「稼働先のオーナー」のニュースじゃん。

 へえ!
「軽い事故なのにオーナーはなぜ逃げたのか不思議じゃなかったのか」
 旨を検察官はしきりに突っ込み、被告人は「さあ…」と答えていたが、オーナーは大麻で執行猶予中だったのか。
 いや、どうなんだろ…。
 事故は過失で起きるもの。だから「業務上過失致死傷」というのだ。
 軽い事故で執行猶予取消とは考えにくい。
 20万円は贖罪寄付へまわす等して(しなくても)、執行猶予の取消を免れることはできたろう。もしかしたら、不起訴にもなったかもしれない。
 オーナーは、そういうことを知らなかったのか。
 あるいは、そのときも大麻を所持していたり、酒を飲んでいたりしたのか。

 オーナーはたぶん今年中に、犯人隠避教唆・道路交通法違反(措置義務違反)で地裁のどこかの法廷へ出てくることになるのだろう。

 次号発売の『ラジオライフ』に、
<<傍聴席に着き、審理が始まってから「あっ、これはあの事件だ!」と気づくこともある>>
 と書いたが、傍聴してから数日後、「あーっ、これはあの事件に出てきたアレだ!」と気づくこともあるわけだ。
 ま、だからどうだってこともないんだが、傍聴はヤメられない止まらない。

 しかし…。
 この事件の判決、今日午前9時50分からだったのね。
 今日はえらく早起きして、仕事関係のメールをばりばり片付け、寝ちゃったのね。
 えーい、今日は裁判所へ行かず、資料の整理をしよう、と。
 失敗した~!

  

Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとお願いします~♪

« 裁判傍聴トークライブ超満員 | トップページ | 渋谷HMVでCDの防犯タグを外して… »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事