フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 無免許運転の幇助で無免許となり… | トップページ | オービス無謬神話のカラクリ »

2006年10月14日 (土)

雑誌で報じられた業過致傷

10月13日(金)13:30~

 13時30分から、東京高裁・第3刑事部(中川武隆・草野真人・後藤眞知子裁判官)718号法廷で、業務上過失致傷の判決。

(業務上過失致死傷等)
刑法 第二百十一条  業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。
2  自動車を運転して前項前段の罪を犯した者は、傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

 被告人(在宅)は車椅子。
 検察官に近い傍聴席に、家族らしい女性たち数人。被害者?

 主文、本件控訴を棄却する。
 控訴の趣旨は事実誤認の主張だという。
 しかし、「被告人の主張は客観的事実に反しており信用できず、原判決の事実認定は正当」と。

 ※ 書き忘れ。原判決(千葉地裁)は、禁錮1年4月、執行猶予5年だったかな。

 よく知らない事件の、しかも交通事故で車の挙動がどうこういう判決理由は、食後の眠気を誘うに十分。つい、うとうとしてしまった。

 13時52分閉廷。
 下りのエレベータで、傍聴席にいた女性たちといっしょになり、「被害者の方ですか?」と声をかけてみた。
 やっぱりそうだった。
 感じの良いご一家だった。
 かなりの大事故だったらしい。発生は03年4月だとか。
 そして、この事件、かなりややこしいことになってるらしかった。
 うわあ…って感じ。
 加害者側の(つまり被告人の)言い分をもとに(?)、雑誌で報じられたことがあるのだという…。

 帰宅後、もう眠くて眠くて。
 でもベッドに倒れたら数時間眠りそう。まずい。
 自転車に乗り、近所の公園のベンチへ。
 ベンチなら、長年の経験上(笑)、最長1時間で起きられる。
 ところが陽が陰ってきて、寒くて20分ほどで目が覚め…。何やってんだか。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 14日(土)5時20分現在、週間INが640で、14位。ま、この付近が身の程、かな♪

« 無免許運転の幇助で無免許となり… | トップページ | オービス無謬神話のカラクリ »

交通事故」カテゴリの記事