フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 酒気帯び検査を拒否したのは警察官のほう? | トップページ | 原付は壊れて電車賃もなく しかし彼女に会いに… »

2006年10月 5日 (木)

香川県警 1件200円取るかねしかし

 9月12日付けの四国新聞が、
「器材の老朽化などを踏まえ、今年五月に呼気一リットル当たり〇・〇一ミリグラムのアルコールも検出できる最新型の感知器を五十個導入した」
 そして最近になって、
「わずかな酒のにおいも検出できる高精度のアルコール感知器を新たに百個導入、香川県内各署や交番に配備した」
 と報じている。
 その「感知器」の、それぞれの契約書(仕様書を含む)及び取扱説明書は、これはさっそく開示請求してみよっかな。

 と9月18日に書いた
 その「公開回答書」が、え? 先週だっけ? 香川県警から届いた。

 写しの交付の手数料は…660円。
 警視庁は1枚30円だが、地方は10円。
 660円とはけっこうな枚数だな…。
 で、送付の切手代は?
 は、80円?
 66枚を80円で郵送できるわけないじゃん。
 はは~、香川県警、どっかの今井みたいなボケをかましてるな?

 …と思ったら、なんとびっくり!
「公開請求のあった行政文書の件数(1件につき200円)」
 というのが、3件合計600円あり、写し自体は6枚(60円)なのだった!

 私ゃほとんど全国の都道府県警から開示・公開を受けてるが、「1件につき200円」てのは初めてだ!
 香川県警、おそるべし!
 いや、県警は手数料の額を決められないはず。
 とすれば、香川県議会(または知事部局?)、おそるべし!
 いや、議会って、役人が出した条例案等を追認するだけとすれば、香川県の役人、すげっ!
 つか、国の情報公開は、1件300円というやり方をしている。
 香川のこの手数料を決めたのは、国好きの役人で、「国が300円なら地方は200円でよかっちゃろたい」(方言、違うと思いますけど)となったとか、あるいは国からの、なんつーの出向みたいな役人だったとか。
 200円でここまでごちゃごちゃ言えるとは、私もすげっ(笑)。

 ともあれ、新型の感知器、どんななのか楽しみっす。うふふ。
 文書をゲットしたら、当ブログに少しアップするね。

Banner_02_2 人気blogランキング ← ここの「週間IN」てのは、1週間のうちに1日1回クリックしてくれた人数掛ける10、のようだ。5日(木)4時40分現在、910に下がったけれども、順位はなんと10位。大きな文字で紹介されるようになった!! うわぁ♪

« 酒気帯び検査を拒否したのは警察官のほう? | トップページ | 原付は壊れて電車賃もなく しかし彼女に会いに… »

情報公開」カテゴリの記事