フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 酒気帯び運転は過失犯を処罰しない | トップページ | 暴行 ホームレス夫婦(内縁)の痴話喧嘩? »

2006年10月12日 (木)

酔って記憶のない傷害 罰金50万円

 地方も概ねそうなんだろうけど、東京簡裁の場合、事件はほとんど窃盗。住居侵入や占有離脱物横領、そして私が追っかけてる道路交通法違反、たまに公然わいせつが混じる…概ねそんな感じだ。
 窃盗だって、万引が多い。
 地裁に比べると、ある意味平和な裁判ばかりといえる。

 そんななか、今日は2室2係(関口政利裁判官)728号法廷で、傷害と暴行の新件が続いた。
 傷害は間に合わなかったので、暴行を傍聴すべく、早めに法廷に入った。
 すると、まだ傷害の被告人質問をやっているところだった。

刑法第二百四条  人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 途中からの聞きかじりなので、いい加減かもしれないが、だいたいこんなふう。
 夜中、騒いだ。シャッターに肘を突き、お経を10分間ほど唸った。
 うるさいと出てきた、足の悪い住民を、路上に倒して一方的に殴った。
 疲れているところに、いつもと違う酒を、いつもと違う量飲んでおり、犯行時の記憶がない。
 現行犯逮捕されてパトカーに乗せられた記憶もない。
 何も覚えていない。
 警察に着き、泥酔で保護されたにしちゃ扱いが荒いなと悪態をつき、そこで初めて、逮捕されていることを知った。
 微罪処分を除き、前科・前歴なし。
 示談は、被害者がけっこう高額を言っており、成立してない…。

 求刑は罰金50万円。
 直ちに判決。
 罰金50万円。未決勾留期間のうち70日を、金5000円を1日に換算して、その刑に算入する。
 訴訟費用は被告人に負担させない。
 つまり、35万円は払ったことにし、現金での罰金は15万円とする、ということだ。

「仮に罰金額に相当する額を納付することを命じる」
 とかそんなことを関口さんは言ってた。
 刑が確定する前に、とっとと払いなさいよ、ってことなんだろうか。
 そういうのは初めて聞く。何なんだろ。
 それにしても、未決勾留が70日以上とは、だーいぶ長いね。何があったんだろう。

 途中、霞っ子クラブのユキさんが傍聴席に。
 そして、次の暴行事件へ…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとお願いしまーす♪

« 酒気帯び運転は過失犯を処罰しない | トップページ | 暴行 ホームレス夫婦(内縁)の痴話喧嘩? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事