フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 暴行 ホームレス夫婦(内縁)の痴話喧嘩? | トップページ | 有名会社のオーナーから頼まれ犯人隠避 謝礼は20万円 »

2006年10月13日 (金)

無免許 故意を否認!?

 10時から、東京簡裁・刑事2室3係(坂本昌弘裁判官)428号728号法廷で、道路交通法違反の新件。

 開廷表に鈴木健一検察官の名。おおっ!
 しかし鈴木さん、前は1室2係826号法廷の立会いだったのに。
 今回、裁判官に近いほうの席に、よく顔を見る別の検察官。
 あの人を独り立ちさせる、鈴木さんはサポート役なのか?
 それはともかく、鈴木さん、坊主頭だった。
 何かミスったのか、私を見てマネたのか(すんません、つまんない冗談で)、似合うよぅ!

 事件は、現在63歳で体を悪くしている被告人(身柄、拘置所)が、建築業の仕事をしていたとき、どうしても資材が足りず、運転できる者がおらず、軽貨物を約3分間、500mくらい、無免許で運転したというもの。
 そんなの略式で罰金20万円のはず。
 なんで公判になったのか。

 罪状認否で、被告人が言った。
「無免許じゃないと思ってたんで…」
 無免許は、酒気帯びと同じく、過失犯の処罰規定がない。
 被告人は免許取消中だったという。
 取消期間が明けたから(再取得しなくても)もう運転していい、と勘違いしたのか?

 弁護人は自白事件と思っていたようで、しばし休廷して被告人と長々打ち合わせ。
 検察官は、冒頭陳述をせず、証拠調べ請求。
 異例の展開である。

 結局、被告人質問により、明らかとなったのは…。
 要するに、酒気帯びのときの取締りに納得いかず、だから免許取消にも納得いかず…ということらしかった。
 どうも、ちょっとあり得ないような取締りを受けた…ような、わかんないけど。

 捜査段階でカウンセリング的にちゃんと話を聞いてあげれば、わざわざ公判など開かなくてよかったろうに、という事件がときどきある…。

 求刑は罰金25万円。高い。
 酒気帯び(前科1犯)で取消中の無免許、だからか。
 直ちに判決。罰金25万円。

 ところで、この坂本裁判官、頭の中を忙しく駆け巡っているだろうことが、うまく外に言葉に出ないというか、大丈夫なのかな、という気がする。単なるキャラならいいんだけど。←ま、傍聴人は生意気にそんなこと言いたがる、つーことで、ね。

 10時54分、閉廷。
 11時から別の法廷で、犯人隠避の新件。

Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとお願いしま~す♪

« 暴行 ホームレス夫婦(内縁)の痴話喧嘩? | トップページ | 有名会社のオーナーから頼まれ犯人隠避 謝礼は20万円 »

交通/無免許」カテゴリの記事