フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 否認されて処理が長引いてはノルマ消化に支障が… | トップページ | 約半年間で3回目の無免許 »

2006年11月14日 (火)

罰金25万円 満つるまで算入

11月14日(火) その1

 11時40分から、東京簡裁・刑事2室1係・534号法廷で、11月9日(木)の2件目の酒気帯びの判決。

 10分ほど前に法廷に入ると、前の窃盗(?)の被告人質問を、まだやってた。
 検察官の質問は次回まわしになった。
 そんなこと珍しい。否認なの?

 その事件の検察官は2人。
 裁判官に近いほうが、開廷表に名前が出ない人。
 見習いつーことなのかな。ずいぶん前からお顔は見ている。
 ま、仮に“研鑽検察官”と呼んでおこう。 

 もう1人は、濱田立さん。
 この人は開廷表に名前が出る人。
 ただし今年は1室3係が担当のはず。今日は付き添いで2室1係へ来てる、つーこと?

 その窃盗(?)が終わり、研鑽検察官と濱田さんは傍聴席へ。
 そして、空いた検察官席へ、これも前からお顔はよく見てる、もう1人の“研鑽検察官”が。
 付き添い役は、いない。
 はりゃ?
 廊下の開廷表を見たら、なんと、新しい検察官の氏名が。
 三浦隆之さん。
 うーむ、どっちの人が三浦さんなのか、たぶんいま席に着いた人なのかな、とは思うがわからない。ま、そのうちわかってくるだろう。

 と、東京簡裁へ通い詰めてる者以外には全くどうでもいい話。

 さて、酒気帯びの判決。
 罰金25万円、満つるまで算入。訴訟費用は負担させない。
 つまり、罰金25万円の刑に処すけれども、未決勾留期間のうち1日を5000円に換算して、25万円に満つるまで算入する…。罰金はもう払わなくていいよ、払えない場合の労役場留置(体刑での罰金刑執行)を未決のうちにやっちゃったのと同じだよ、ということだ。

 ところで、前回(第1回公判)はあわただしかったので、あまり気にならなかったが、この国選弁護人、独特のおしゃれ。
 ワイシャツのえりが立って、先っちょだけ外側へ折り返されてる、そういうのがあるでしょ。あれに、ネクタイをしめてるのだ。
 そして、ちょっと丸みを帯びたソフト帽。渋い金縁のメガネ。
 顔立ちが、昔の文士、って感じ。
 ずばり、大正ロマン!
 これ読んで、「あ~、あいつのことか」と思った弁護士さん、いるよね、きっと。

 被告人の身柄は警察留置場だったので、もう手錠・腰縄をかけられることはなく、傍聴席のほうから外へ。
 廊下で被告人と、大正ロマンの弁護士さんが話しているのが聞こえた。

 弁護士は、「こんな判決は初めて」と言っていた。
 私は密かに思った。ふふふ~、東京簡裁ではよくあるんですよ、私ゃこの3~4年、東京簡裁の道路交通法違反を(たぶん)全件傍聴してますから。

被告人「今日はまるっきり1銭も持ってない。係官の方に370円借りて(留置場へ)帰らないといけない」
弁護士「えーっ? 係官て誰?」

 そんな2人を廊下に残し、私は急ぎ警視庁へ向かったのであった。

 警視庁で、8月、9月の所属別違反別取締り件数の一覧表、の開示を受ける。
 そして12時ちょい過ぎ、満席直前の農林水産省地下・第5職員食堂で、きょうは豚生姜焼き定食(半食)410円。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとクリックお願いしまーす♪

« 否認されて処理が長引いてはノルマ消化に支障が… | トップページ | 約半年間で3回目の無免許 »

交通/飲酒運転」カテゴリの記事