フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 駐車監視員のストレス | トップページ | 運転免許の行政処分とは »

2006年11月26日 (日)

酒気帯び検査の記録紙を毀棄すると…

飲酒測定記録紙を食べた男逮捕 公文書毀棄容疑
2006年11月25日11時04分
 飲酒運転をしたうえ、証拠隠滅のため検問で受けたアルコール濃度測定の記録紙を食べたとして、三重県警四日市南署は24日、同県四日市市万古町、配管業■■■■容疑者(28)を道路交通法違反(酒気帯び運転)と公文書毀棄(きき)の疑いで現行犯逮捕した。
 調べでは、■■容疑者は24日午後11時20分ごろ、同市本郷町の市道で酒を飲んで乗用車を運転し、検問でアルコール濃度測定の呼気検査を受けた際に、測定器から打ち出された記録紙を引きちぎって口に入れた疑い。
 飲み込み損ねて■■容疑者がはき出した記録紙には、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールを検出したとの結果が記されていた。

 と朝日新聞(■部分は記事では実名)。
 これは、刑法258条の紅葉もとえ公用文書等毀棄になる。

第二百五十八条  公務所の用に供する文書又は電磁的記録を毀棄した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

 似たケースを2件、傍聴したことがある。
 酒気帯びで捕まり、かーっとなって調書を破いた青年(前科前歴なし)は、懲役1年、執行猶予3年だった。
 左折のみ禁止場所での待伏せ取締りに抗議しようと、交通事件原票(運転者がサインを求められる紙)を破った会社経営者(前科なし。違反歴7)も、懲役1年、執行猶予3年だった。

 たぶん報道の事件は、早ければ12月中、遅くとも1月中には地裁の公判廷へ出てくるはず。混んでると2月に初旬になるかも。
 裁判所は、津地裁の四日市支部になるのかな?
 どんな理由で記録紙を口に入れたのか、なぜ飲み込み損ねたのか。
 三重県の傍聴マニア諸氏よ、1週間分の開廷表を毎週チェックし、「公用文書毀棄等」か「公用文書毀棄・道路交通法違反」を、探してみよう。
 05年の「検察統計年報」によると、「公用文書毀棄」の公判請求は全国で48件。少ないから、ヒットするのはそう難しくないよ。

 チェックの際、「有印私文書偽造 同行使」「犯人隠避」「犯人隠避教唆」にも目を光らせてると、この報道の公判も傍聴できるかも(■部分は記事では実名)。

24時:飲酒運転隠しで2容疑者を逮捕 四日市南署、犯人隠避で2人書類送検 /三重
 四日市南署は24日、同市東日野、配管業、■■■■(29)と同市西日野町、自動車販売業、●●●●(29)の両容疑者を道交法違反(無免許、飲酒運転)や有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕したと発表した。また、同市内の男性会社員(27)と津市内の女性会社員(32)を同日、犯人隠避の容疑で津地裁四日市支部に書類送検した。
 調べでは、■■容疑者は10月4日午後11時半ごろ、四日市市ときわで、無免許で軽乗用車を飲酒運転し、警官に停止するように求められた。その際に男性会社員の住所と氏名を申告し、●●容疑者に対して警官に同様の申告をするよう依頼した疑い。さらに、男性会社員に自分の身代わりに四日市簡裁に出頭するよう依頼した疑い。●●容疑者は■■容疑者の依頼通りに警官に虚偽の申告をし、女性会社員に男性会社員を■■容疑者だと申告するよう依頼した疑い。男性会社員と女性会社員はそれぞれ依頼通りに行動した疑い。  〔三重版〕  毎日新聞 2006年11月25日

 供述書の本人署名欄(交通事件原票のサイン欄もそれに当たる)に、ウソの署名をすると、有印私文書偽造になるのだ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとクリックお願いしまーす♪

  

« 駐車監視員のストレス | トップページ | 運転免許の行政処分とは »

交通/飲酒運転」カテゴリの記事