フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 東京簡裁で道路交通法違反の新件3件連続傍聴 | トップページ | 無免許が処罰される理由 それは違反だから »

2006年11月 9日 (木)

検察庁の指定医師が人格障害と

11月9日(木) その2

 続いて始まった窃盗の審理。
 第1回は10月19日
 第2回は10月26日だったが、この日は高裁の連続判決でくらくらしてて、すっかり忘れた。
 だから今日は第3回公判になるのかも。

 検察官(鈴木健一さん。今日はピンクのネクタイ。やっぱりそれが似合うよぅ)が、甲21号証「せいしんえんせいしんだんしょ」なるものを証拠請求。
 精神衛生診断書か?
 古茶大樹作成だという。
 この人、検察庁の診断室の指定医師? よく聴き取れなかった。

 被告人は「人格障害圏の範囲であり、責任能力は問える」とのこと。
 続いて行われた論告では、
「F60の2は、反社会性人格障害、F60の3は情緒不安定性人格障害…パーソナル障害ともいう…他人の権利を無視し侵害する…攻撃的…対人関係は…統合失調症の症状は見られない…前刑の裁判では更正を誓う陳述をしていない…更正の意欲も認められない…人格障害が病気かどうか議論はあるが、いちおう精神疾患といえる…医師の治療を受ければ…しかし被告人は…他人の指導を受ける性格でないことは明白…およそ他人の言葉を聞きいれず…もはや被告人には自律(自立?)更正の望みはない…執行猶予を付する事案ではない…」
 といった言葉が聴き取れた。
 13分にわたる長い論告だった。
 傍聴席のご家族(と思われる方々)は、どんな気持ちだったろう。
 たぶん、かなりの苦労をされてきたのでは。
 私は否応もなく、“例の人物”を思い出したよ。ま、ちょっとタイプは違うと思うけど。
 求刑は、懲役1年6月の実刑。

 弁護人は無罪を主張。
 CD8枚を窃取というが、手にしたのは13枚、うち5枚を別の陳列棚に戻し(そのへんは目撃証言や防犯カメラの記録から明らか)、残り8枚をさらに別の陳列棚に戻すべく、防犯タグを爪で剥がしてだが、紙袋に入れ、店内3階へ向かったところを窃盗とされた。被告人は「ときとして無意味な行動をすることがある。紙袋に入れたからといって盗むつもりはない。目的は人それぞれだ」と述べてもおり、窃盗の意思はなかった。といふうな趣旨かな。

 その点について検察官は、
「他人の支配内のものを自己の支配内に移したとき、窃盗は成立する。紙袋に入れた時点で自己の占有に移したことになり、窃盗は成立する」
 というふうな趣旨のことを論告で言っていた。

 ※ いずれも、無知な私の傍聴メモより。法律的なポイントを外すか誤解するかしている可能性あり。

 次回判決。
 被告人は、傍聴席のほうへ一度も顔を向けず、再び手錠・腰縄をつけられ去って行った。

 Banner_02_2 人気blogランキング ←25位までの枠から落っこちそうだ~♪ と言ってたら、しっかり落っこちたよ~♪

« 東京簡裁で道路交通法違反の新件3件連続傍聴 | トップページ | 無免許が処罰される理由 それは違反だから »

刑事/窃盗」カテゴリの記事