フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ネットで殺し屋を雇い父(祖父)を殺害 | トップページ | オービスの測定誤差って何よ!? »

2006年11月17日 (金)

事の起こりはノルマ消化の取締り?

11月16日(木) その3

 14時10分から、東京簡裁826号法廷(横川保廣裁判官)で、道路交通法違反の新件。

 帝国もとえ定刻になっても、弁護人も被告人も来ない。
 3分遅れで来た弁護人によれば、待ち合わせていた被告人が来ず、連絡も取れないのだという。
 あら~。
 午前の事件は、事件番号が1333だったのに、本件は1183。だいぶ番号が若い。起訴状の受理から第1回公判までにだいぶかかったということだ。うむ~。

 まーた流れるのか、と思ったが、12分遅れで作業服姿の被告人(30代後半)が来た。
 謝罪も言い訳も聞かず、直ちに審理が始まった。

 これも、通常なら略式で罰金20万円で終わる無免許(普通貨物)。
 なぜ略式に応じなかったのか。

 大型二輪免許を取得、その初心運転者期間中に、2件の違反(反則行為)で捕まった。
 2件とも違反してないので、サインも何もしなかった。
 しかしその2件を理由に、初心運転者講習の対象になった。
 違反してないので、講習など受ける必要はないと思った。
 そしたら、免許更新のとき、大型二輪免許が初心取消処分になった。
 その後、大型二輪を無免許運転した。
 それで04年11月、欠格期間2年の免許取消処分(すべての免許の通常の取消処分)になった。
 ノルマ(ノルマ消化の取締り)の犠牲になったと思っている。
 罰金(取消の理由になった違反の罰金?)を払ったとき、もうこの件については終わりですねと、話がついたはずだ。
 …どうもそんなふうなことらしかった。 

 求刑は罰金25万円。やっぱり無免許は2回目ってことなのだろう。
 直ちに判決。
 罰金25万円、訴訟費用は負担させない。

「本件違反の以前に不満がいろいろあるようだが、それはそれで、そっちで解決すべき問題です」
 と横川さん。
 それはそうだ。
 でも、ノルマ消化の取締りと、警察の独善と独断のシステムである行政処分とは、解決できない場合が往々にしてあり、刑事裁判の法廷へ、想定外な形で噴出してくることもある…そういうことなんだろうか。

 警察庁へ寄り、インターネットで開示請求した手数料、1件200円の印紙を納める。
 紙で開示請求するより100円安いんだよね。
 ただ、「高速道路における追尾式速度取締り要領(警察庁交通局作成)」は、だいぶ微妙な文書らしく、最終的な開示等決定の期限が来年の2月1日になった。
 2月かよ!
 でも、すぐに、もう2月かよ! ってなるんだよねぇ。
 そうやって日々は過ぎ去っていくんだよねぇ。嗚呼。 

 弁護士会館で、ある弁護士さんと会見。

Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとクリックお願いしまーす♪

全国警察力ランキング―本当に優秀なケーサツはどこだ? Book 全国警察力ランキング―本当に優秀なケーサツはどこだ?

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ネットで殺し屋を雇い父(祖父)を殺害 | トップページ | オービスの測定誤差って何よ!? »

交通/無免許」カテゴリの記事