フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 弁明理由の「大半」は「トイレ」じゃなかった!? | トップページ | 裁判やってもらえないと困るんです »

2006年11月30日 (木)

「それはないだろ!駐車監視員さんよ。」

 すんごいブログ記事を発見。
それはないだろ!駐車監視員さんよ。

 「通り沿いのコインパーキング」とは、パーキングチケットによる時間制限駐車区間のことらしい。
 パーキングメータ(パーメ)は、どういうわけか、300円なり200円なりの料金を払わずに駐車しても、60分なり40分なりの時間が経過するまでは「放置車両」とみなされず、確認事務の対象にならない。
 が、パーチケは、チケットを掲示せずに駐車すると、直ちに確認事務の対象になる。

 で、掲示せずに立ち去ろうとした運転者に、駐車監視員の1人が、
「あ!あそこにメーターがあるから、あそこでチケット買ってね!」
 と声をかけたんだという。
 ところが、相勤者が、
「なんだよ!なんでいちいち言うんだよ!ほっとけよ。くそっ。くそっ。馬鹿やろう」
 と言ったんだという。
 そうして、振り向いたブログ筆者の yuka さんに、その相勤者は、
「何見てやがるんだ!」
 と言ったんだという。
 ひえ~!

 駐車監視員は、2人以上(たいてい2人)1組で1ユニット。
 「馬鹿やろう」と言われたほうは、そんなのと組んで仕事するのがイヤになり、ストレスで辞めていったりする…。
 「馬鹿やろう」と言ったほうは、件数を稼ぎたさにムリな、不十分な確認をして、トラブルを招く。緑系の制服の駐車監視員全体に対する憎悪を集める…。

 きっと全国でそんなことが起こってるんだろう。
 この不幸はどこに根元があるのか。
 11月24日の記事「駐車監視員のストレス」に書いたとおりです。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとクリックお願いしまーす♪

« 弁明理由の「大半」は「トイレ」じゃなかった!? | トップページ | 裁判やってもらえないと困るんです »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43089/4364501

この記事へのトラックバック一覧です: 「それはないだろ!駐車監視員さんよ。」:

« 弁明理由の「大半」は「トイレ」じゃなかった!? | トップページ | 裁判やってもらえないと困るんです »