フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 捜査段階で否認、公判請求されて自白のパターン | トップページ | 私は、なんとしても90㎞/hは出していません! »

2006年11月 1日 (水)

拉致事件被害者等認定請求事件の抽選に当たった…

11月1日(水) その2

 次の道路交通法違反は、16時から。
 それまでどうしよう。
 傍聴券の事件の掲示板を見ると、15時から東京地裁民事2部(大門匡・関口剛弘・倉知康弘裁判官)606号法廷で、「拉致事件被害者等認定請求事件」というのがあった。
 抽選の締切りは2時40分。
 ちょうど時間が良いので、たまにはそういうのも…。

 交付所には、青いリボンのようなバッヂをつけた人が多かった。
 32席の傍聴券に、74人が並び、私(整理券70番)はすんなり当たってしまった。

 法廷には、2分間の撮影が入った。
 壇上に向かって右手、国側の代理人たちのすぐそばの島の端に座ってたのが私でーす。

 書証提出を終えてから、証人尋問。
 ハングル語の通訳が、証言台の向かって左側に。そんな位置に座るのは初めて見たっす。
 証人は、朝鮮労働党直属政治学校で、スパイ養成工作員教育を受けたという男性だった。
 尋問で出てくる図のコピーを、多くの傍聴人が持っていた。支援者なのだろう。

 途中、誰かの携帯電話のバイブ音らしき音が2回、1回につき1分以上鳴った。うるさかった。
 裁判長は何も言わなかった。

 裁判所は、秋になると、法廷内の気温には関係なく暖房を入れるらしい。
 暑くて暑くて。次の道路交通法違反が近づいてきたし、私は途中で退廷…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 当ブログの読者は、マスコミ、警察、検察、裁判所の方々と、物好きな一部の一般の方々だろう、と常々言ってたが、裁判所の方が実際ずいぶん見てくれてるらしいことが最近わかった。や~、ありがとございますぅ。「今井くん、アレも書くかと思ったのにぃ(笑)」という向きもおありでしょうが、でもやっぱ、個々の現場限りのことと、匿名のややこしい人も見る場所での公開とは、一線を引かなきゃいけないかも、と思うのね。うまく言えないんですけどね(ってそれが口癖の被告人、いたなぁ)。そんなこんなで、ぽちっとクリックしてね~♪

« 捜査段階で否認、公判請求されて自白のパターン | トップページ | 私は、なんとしても90㎞/hは出していません! »

民事の裁判」カテゴリの記事