フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 速度2件で免許取消→無免許酒気帯びで弟の名を騙り | トップページ | 高山俊吉弁護士『裁判員制度はいらない』(講談社) »

2006年12月17日 (日)

交通取締りに対する苦情申出は0.002%

 ここんとこ、情報公開法・条例をだいぶ利用させてもらってる
 警視庁へは、週平均2回は行ってるんじゃない?
 専用のパスカードを交付してもらいたいよ、もう。
 いや、なんでも便利になればいいってもんじゃない。
 受付で住所氏名等書きながら、お姉さんと勾留もとえ交流するのも大事だ。
 目と目の、心と心の、ね。
 と書いて、「ひ~、キモイからあのオヤジにパスカードを交付してやって!」と言わせる作戦、どないや(笑)。

061216  画像は、「東京都公安委員会室 管理第二係」による「平成18年 苦情処理一覧簿(A)」の一部。
 受付番号1号(通知月日1/5)から100号(同11/30)に、「交通指導取締り」と「交通取締り」に関するものが29件。
 6月1日から増えた、という傾向は見られなかった。
 駐禁ステッカーをつけられた場合の、東京の出頭率は、6、7、8月は15%を割る。
 つまり、警察官に対する苦情が生じる可能性は、以前よりぐんと減ったのだ。

 受付番号87号(同10/31)に限ると、25件。
 警視庁の「平成18年所属別交通違反取締状況一覧表」を見ると、10月末までの取締りの合計は、106万8775件。
 つまり、苦情(警察法79条による苦情申出)は、約0.002%てことか。

 オービスの取締りについては、ちょっと異変が起きてることがわかった。
 へえ! って感じ。
 それは雑誌原稿に書こうかと。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 真ん中辺りに当ブログがありまーす♪

« 速度2件で免許取消→無免許酒気帯びで弟の名を騙り | トップページ | 高山俊吉弁護士『裁判員制度はいらない』(講談社) »

情報公開」カテゴリの記事