フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 適切な治療を受けなかったことには被害者自身の意思も働いている… | トップページ | 横浜地裁でレーダ事件スタート »

2006年12月14日 (木)

「汚名を着たまま墓へ行けない!」事件 とうとう判決

050915r205_1 12月13日(水)13時10~

 13時10分から、東京簡裁・刑事1室3係534号法廷(堀内信明裁判官)で、いわゆるオービス事件、「汚名を着たまま墓へ行けない!」事件(第1回公判は05年6月17日)の、とうとう判決。

【場   所】 甲州街道下り世田谷区給田
【日  時】 2004年2月23日 午後2時15分頃
【装   置】 三菱電機 RS-2000 (俗称・新Hシステム)
【測定値】 90㎞/h 制限速度50㎞/hを40㎞/h超過
【被告人】 78歳 白髪ポニーテール 東京府の大久保村生まれ
【弁護人】 国選 
【主   張】 道路右側のエッソのGSが混んでいたので入らず、第2通行帯から第1通行帯へ車線変更し、オービスの下を通って信号待ち、発進して間もなくのファミレス・ジョナサンに入った。90㎞/hなどまったく出していないし、出せない。昼間の甲州街道で90㎞/hなどきちがい沙汰。車線変更の途中なので、写真には車が切れて写っている。顔がだいぶ不鮮明。

 もしかして無罪か!?
 とはこの事件は思えなかった。
 堀内さんは、だ~いぶていねいにやってくれたのだが、弁護人、被告人のほうが残念ながら迷走しすぎた、まとまりが悪すぎた、と思う。

 求刑どおり罰金8万円。
 訴訟費用中、警察官、三菱の菅井宗一社員、カナデン(点検会社)の社員に支給した部分は被告人の負担とする。合計1万3000円ほどだそうだ。
 国選弁護人の費用は不負担…。
 堀内さんは、半分は負担させようかと思ったそうだ。
 でも、これは全額負担させないほうが良いと私も思う。

 警察官の尋問が行われたのは05年7月22日。
 当時は警視庁の警察官は、私が見る限り、旅費・日当を請求・受領していた
 その後、「それは税金の二重取りじゃないか」という趣旨で私がごちゃごちゃ動き始め、たしか06年の夏頃からだったか、警察官証人が証言後に旅費・日当の茶封筒を受け取るシーンは見られなくなった。
 本件における警察官証人分、どういう扱いになるんだろうか。ま、被告人が払えば終わりとはいえ。

 言渡しは30分ほどかかった。
 被告人は淡々としているように見えたが、腹の中では何を思ったか、聞くのは後日とし、私は急ぎ横浜地裁へ…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 14日(木)0時30分現在、週間INが610で16位です~♪

« 適切な治療を受けなかったことには被害者自身の意思も働いている… | トップページ | 横浜地裁でレーダ事件スタート »

オービス(RS-2000)」カテゴリの記事