フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 報道された飲酒死亡事故の判決 | トップページ | 飲酒ひき逃げ厳罰化 それでいいのか… »

2006年12月28日 (木)

六本木で警察官の顔に唾を吐き

12月27日(水)11時30分~

 東京地裁・第8刑事部(山下博司裁判官)407号法廷で、公務執行妨害の審理。

 10分ちょい前に法廷に入ると、前の地方税法違反の論告をやっていた。
 壇上には大量の書類がいくつも山になってる。書記官のそば、キャスター付きのラックにも大量の書類。どわ~。あんなの全部読むのか~。

 密造軽油の事件らしかった。
 「ヌキ」とか、初めて聞く言葉が。
 被告人は、顔にしわの多い、ちょい小太りのオジサン。
 原料費、加工費を踏み倒すつもりで、1リットル43円で販売していた?
 多数の関係者が密造に関わっていたそうだ。
 求刑は、懲役2年、罰金1000万円。

 続く公務執行妨害のほうも論告だった。
 今年8月、六本木で、被告人はタクシーに対して大声を上げ、ちょうど清掃活動に付き添っていた警察官に、「なんでタクシーを捕まえないんだ。お前の名前はなんてんだ。バカ野郎、国家権力が」とか言い、「帰りな」となだめられたが、警察官を追いかけていき、前にまわって肩や胸をぶつけるなどし、三井住友六本木ビルのあたりで警察官の顔に唾(つば)を吐いた…というふうな事件(検察官のストーリィ)らしかった。

 01年4月、道を広がって歩いていた人の左手首(?)を蹴った。
 01年6月、公衆電話の受話器が外れていたと、工事の人(?)に文句を言い…暴行で罰金20万円。
 06年2月、麻布署に車の取り締まりを頼み、1時間待ったが何もしてくれないと、警察官の後頭部を平手で殴った。
 06年4月、その件で公務執行妨害で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。
 06年8月、本件犯行。
 母親にも暴力をふるっている、とか。
 傍聴席に、だいぶお年寄りの婦人がぽつんと1人。母親らしい。

 被告人(身柄。拘置所)は、論告の間、終始体を動かし、口をとがらせ眉をつり上げ、ぎょろりと検察官をにらんだり、手に3冊ほど持った大学ノートに、刑務官から借りたボールペンで何やら熱心に書き込んだり、ぎゅっと目を閉じて集中したり、ぎょろりと天井を見上げたり…。

 被告人からの最終陳述は、8分間ほど。
 要するに、唾を吐くのは生理現象で、吐いた唾がたまたま警察官の顔にかかった、人間というのは相手から誤解されるもの、自分は警察官を誤解した、警察官も自分を誤解した…ということらしかった。
 途中、なんだか力が入ってきて、泣き出しそうにも見えた。
 ふとふり返ると、傍聴席の後ろに警備員がいた。

 求刑は懲役10月。
 判決期日は1月25日と聞いて、被告人はものすごーく困ったような、すごい顔をした。が、それだけだった。
 再び手錠・腰縄をつけられ、母親らしき婦人には一瞥もくれず、奥のドアへ去った。
 12時18分閉廷。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

« 報道された飲酒死亡事故の判決 | トップページ | 飲酒ひき逃げ厳罰化 それでいいのか… »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事