フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ひき逃げ同乗者の救護義務 | トップページ | スピードを上げずに追突されるほうがいい »

2007年1月30日 (火)

求刑は懲役1年→判決は罰金30万円 満つるまで算入

1月29日(月)14時30~17時00分

 裁判所に着き、一服してエレベータへ向かう途中、ちらっと1階で開廷表を見てたら、醍醐聡教授にばったり。
 今日NHKの裁判(民事)があり、勝ったのだという。おおっ!

 「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁
 NHK番組改変訴訟 判決理由の要旨
 表現の自由への危うさはらむ「期待権」 NHK訴訟判決

          ★

 14時30分から、東京地裁・民事第7部(山﨑努・武藤真紀子・広瀨大輔裁判官)713号法廷で、損害賠償事件の第1回口頭弁論。
 これ、「2ちゃんねる」が関係する訴訟で、これまでとは違う訴訟らしい、ねらーがたくさん来るかも、「ひろゆき」が来るかも、わかんないけど、との情報を先週裁判所の廊下で得て、たまにはそういうのも見ておくか、他に用事もあるし、と出かけたのだ。

 法廷に入ろうとすると、職員がいて、言われた。
「撮影、録音できるものはお持ちですか。ケータイは電源を切って鞄に入れてください」
 へえ~。
 傍聴席には、10数名の傍聴人。
 雰囲気的に、いつも見る刑事事件の傍聴席とも、よくある民事事件の傍聴席とも、明らかに異なる感じ。

 14時28分、被告のひろゆき氏がやってきた。おお~。
 髪ばさばさ。裏がふわふわ毛皮(模造?)で、フードがついた草色のコート。
 ソックスに、ありゃま、サンダル履きかいな。冬だよぅ。
 ひろゆき氏は被告席に座り、書記官から身分証で本人確認されたあと、机にひじをつき顔面を上向きにして、たぶん今日わたされたのかな? 書面を読んだ。
 今度は、椅子に深く掛け、持参の三つ折りの書面を読んだ。訴状かな。

 原告席には、若めの男が1人。弁護士バッヂはつけてないようだった。
 私は事件の内容をぜんっぜん何にも知らない。
 以下のようなやり取りに苦笑してただけ。

被告  「スレッドの立ち上げの定義がズレてるような気がするんですが」
裁判長「バンというんですか、イタというんですか」
被告  「掲示板ですからバンでいーんじゃないですか?」

裁判長「裁判所は2ちゃんねるが何か、よくわかってない。娘はわかってるらしいが」
被告  「(娘さんに)よろしくお伝えください」

 今日の期日は、今後へ向けての整理で終わった、という感じかな。
 14時47分閉廷。
 次回は3月19日(月)14時から。

          ★

 弁護士会館へ寄ってから、警視庁へ。
 1件開示を受け、1件開示請求
 そしてまた裁判所へ。

 16時から、東京地裁・刑事第2部(神坂尚裁判官)529号法廷で、12月26日に傍聴した公務執行妨害・傷害の判決。

 ものすごく短く要約すると、こんな事件だ。
 男とともに警察署へ任意同行され、その署内でカメラで撮影したら、警察官から制止され、その警察官の顔にツバを吐きかけた。逮捕されて留置場で、別の留置人の顔面を手拳で殴打した(全治7日間の上口唇裂傷)。
 求刑は懲役1年。

 判決は、罰金30万円!
 しかも、未決勾留期間のうち1日を金5千円に換算して、刑に満つるまで算入。
 訴訟費用のうち、殴打された留置人に支給した分のみ被告人負担。

 懲役求刑で罰金判決、を傍聴するのは私は2回目かと思う(1回目はオービス事件。『ドライバー』でレポートしたっけ)。

 なぜ罰金刑にしたのか。
 この事件は、だいぶ長く争われたようだが、争点についてはすべて被告人側の主張をていねいに退けたうえで、神坂裁判官は要旨こう述べた。
 警察官へのツバかけについては、暴行の程度としては重いものとはいえないこと、留置人への暴行については、示談が成立していること、そして長期にわたり勾留されていることから、自由刑を選択する必要は認められない、と。
 神坂さんの文体というか論法は、たいへんわかりやすく、非常に勉強になった。
 刑事裁判とは(裁判所の認定とは)何なのか、見えたような気がした。

 それにしても、公務執行妨害に罰金刑の選択肢が設けられたのは、06年5月末頃。
 本件の公妨は05年11月末。その時点では、懲役刑のみ、罰金刑の選択肢はないのだが、そんなこともできるのか。ふうん。

          ★

 その事件を、『漫画実話ナックルズ』によく描いてる漫画家さんと傍聴し、続いていっしょに、16時から始まってる421号法廷の道路交通法違反の新件へ。
 無免許だった。

 06年8月、酒気帯び自損事故で自車大破。すぐにまた車を買う。
 06年9月、その酒気帯びで罰金25万円。
 06年10月、その酒気帯びで免停90日。
 06年12月、短縮講習へ行く途中、本件無免許。右折レーンを直進して発覚。

 他には、駐車違反などの前歴3回しかないらしい。
 「酒気帯び→無免許」だけなら、略式による罰金でもおかしくない。
 が、短期間に車を大破させる事故も含めて連続でやってること、本件検挙時に逃走を図ったと見なされて現行犯逮捕されたこと(その後保釈)、などが影響して公判請求となったんだろうか。
 求刑は懲役5月。
 私は次の予定があり、弁論が始まると同時に退廷…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 30日(火)0時45分現在、「週間OUT」が1790。ずっとせいぜい1000くらいだったのに♪

« ひき逃げ同乗者の救護義務 | トップページ | スピードを上げずに追突されるほうがいい »

交通/無免許」カテゴリの記事

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

民事の裁判」カテゴリの記事