フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の36件の記事

2007年1月30日 (火)

求刑は懲役1年→判決は罰金30万円 満つるまで算入

1月29日(月)14時30~17時00分

 裁判所に着き、一服してエレベータへ向かう途中、ちらっと1階で開廷表を見てたら、醍醐聡教授にばったり。
 今日NHKの裁判(民事)があり、勝ったのだという。おおっ!

 「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁
 NHK番組改変訴訟 判決理由の要旨
 表現の自由への危うさはらむ「期待権」 NHK訴訟判決

          ★

 14時30分から、東京地裁・民事第7部(山﨑努・武藤真紀子・広瀨大輔裁判官)713号法廷で、損害賠償事件の第1回口頭弁論。
 これ、「2ちゃんねる」が関係する訴訟で、これまでとは違う訴訟らしい、ねらーがたくさん来るかも、「ひろゆき」が来るかも、わかんないけど、との情報を先週裁判所の廊下で得て、たまにはそういうのも見ておくか、他に用事もあるし、と出かけたのだ。

 法廷に入ろうとすると、職員がいて、言われた。
「撮影、録音できるものはお持ちですか。ケータイは電源を切って鞄に入れてください」
 へえ~。
 傍聴席には、10数名の傍聴人。
 雰囲気的に、いつも見る刑事事件の傍聴席とも、よくある民事事件の傍聴席とも、明らかに異なる感じ。

 14時28分、被告のひろゆき氏がやってきた。おお~。
 髪ばさばさ。裏がふわふわ毛皮(模造?)で、フードがついた草色のコート。
 ソックスに、ありゃま、サンダル履きかいな。冬だよぅ。
 ひろゆき氏は被告席に座り、書記官から身分証で本人確認されたあと、机にひじをつき顔面を上向きにして、たぶん今日わたされたのかな? 書面を読んだ。
 今度は、椅子に深く掛け、持参の三つ折りの書面を読んだ。訴状かな。

 原告席には、若めの男が1人。弁護士バッヂはつけてないようだった。
 私は事件の内容をぜんっぜん何にも知らない。
 以下のようなやり取りに苦笑してただけ。

被告  「スレッドの立ち上げの定義がズレてるような気がするんですが」
裁判長「バンというんですか、イタというんですか」
被告  「掲示板ですからバンでいーんじゃないですか?」

裁判長「裁判所は2ちゃんねるが何か、よくわかってない。娘はわかってるらしいが」
被告  「(娘さんに)よろしくお伝えください」

 今日の期日は、今後へ向けての整理で終わった、という感じかな。
 14時47分閉廷。
 次回は3月19日(月)14時から。

          ★

 弁護士会館へ寄ってから、警視庁へ。
 1件開示を受け、1件開示請求
 そしてまた裁判所へ。

 16時から、東京地裁・刑事第2部(神坂尚裁判官)529号法廷で、12月26日に傍聴した公務執行妨害・傷害の判決。

 ものすごく短く要約すると、こんな事件だ。
 男とともに警察署へ任意同行され、その署内でカメラで撮影したら、警察官から制止され、その警察官の顔にツバを吐きかけた。逮捕されて留置場で、別の留置人の顔面を手拳で殴打した(全治7日間の上口唇裂傷)。
 求刑は懲役1年。

 判決は、罰金30万円!
 しかも、未決勾留期間のうち1日を金5千円に換算して、刑に満つるまで算入。
 訴訟費用のうち、殴打された留置人に支給した分のみ被告人負担。

 懲役求刑で罰金判決、を傍聴するのは私は2回目かと思う(1回目はオービス事件。『ドライバー』でレポートしたっけ)。

 なぜ罰金刑にしたのか。
 この事件は、だいぶ長く争われたようだが、争点についてはすべて被告人側の主張をていねいに退けたうえで、神坂裁判官は要旨こう述べた。
 警察官へのツバかけについては、暴行の程度としては重いものとはいえないこと、留置人への暴行については、示談が成立していること、そして長期にわたり勾留されていることから、自由刑を選択する必要は認められない、と。
 神坂さんの文体というか論法は、たいへんわかりやすく、非常に勉強になった。
 刑事裁判とは(裁判所の認定とは)何なのか、見えたような気がした。

 それにしても、公務執行妨害に罰金刑の選択肢が設けられたのは、06年5月末頃。
 本件の公妨は05年11月末。その時点では、懲役刑のみ、罰金刑の選択肢はないのだが、そんなこともできるのか。ふうん。

          ★

 その事件を、『漫画実話ナックルズ』によく描いてる漫画家さんと傍聴し、続いていっしょに、16時から始まってる421号法廷の道路交通法違反の新件へ。
 無免許だった。

 06年8月、酒気帯び自損事故で自車大破。すぐにまた車を買う。
 06年9月、その酒気帯びで罰金25万円。
 06年10月、その酒気帯びで免停90日。
 06年12月、短縮講習へ行く途中、本件無免許。右折レーンを直進して発覚。

 他には、駐車違反などの前歴3回しかないらしい。
 「酒気帯び→無免許」だけなら、略式による罰金でもおかしくない。
 が、短期間に車を大破させる事故も含めて連続でやってること、本件検挙時に逃走を図ったと見なされて現行犯逮捕されたこと(その後保釈)、などが影響して公判請求となったんだろうか。
 求刑は懲役5月。
 私は次の予定があり、弁論が始まると同時に退廷…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 30日(火)0時45分現在、「週間OUT」が1790。ずっとせいぜい1000くらいだったのに♪

2007年1月29日 (月)

ひき逃げ同乗者の救護義務

江別ひき逃げ 同乗者にも救護義務 札幌高裁、初の認定
 二○○三年二月、江別市でひき逃げされ死亡した■■■■さん=当時(16)=の両親が、飲酒運転して■■さんをはねた男性と同乗の女性に、計八千四百万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が二十六日、札幌高裁であった。末永進裁判長は「事故後すぐに救護措置を取らなかった責任は同乗者にもある」として、男性にのみ賠償を命じた一審判決を変更し、男性に七千九百万円、女性にも慰謝料など三百三十万円を男性と連帯して支払うよう命じた。原告代理人によると、飲酒運転について同乗者の責任を認めた判決はあるが、ひき逃げを起こした車の同乗者に救護義務を認めた判決は全国で初めて

 と北海道新聞(1月27日。上掲はその一部。太字は今井。■部分は記事では実名。以下同)。
 「ひき逃げ、同乗者に賠償命令…札幌高裁が逆転判決」と読売新聞も。

 「同乗者の責任を認めた判決」とは、たとえばこれのことをいうのだろう。
 以下は河北新報06年11月24日の記事の一部。

飲酒運転でひき逃げ 同乗2人にも賠償命令 山形地裁支部
 北海道函館市内で2004年10月、飲酒運転の車にひき逃げされ死亡した同市亀田港町、大学生■■■■さん=米沢市出身、当時(20)=の両親が、運転していた同市的場町、元運転手■■■■受刑者(43)=危険運転致死罪などで服役中=と同乗の友人2人に、計9500万円の損害賠償を求めた裁判の判決で、山形地裁米沢支部は24日、3人に計6200万円を支払うよう命じた。
 判決理由で飛沢知行裁判官は、被告側3人が車ではしご酒をしていた事実を認定。「加害者本人だけでなく、運転を制止しなかった同乗者2人も、飲酒運転と危険運転行為を手助けした者として責任を負うべきだ」と指摘した。

 ひき逃げは、どうなのか。
 いわゆる「ひき逃げ」とは、道路交通法72条1項の、救護義務違反(同条前段)、報告義務違反(同条後段)のこと。
 72条1項は、こういう規定だ(太字は今井)。

 車両等の交通による人の死傷又は物の損壊(以下「交通事故」という。)があつたときは、当該車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

 「その他の乗務員」とは、誰をいうのか。
 『執務資料道路交通法解説13-2訂版』は、こう解説している。

 人又は物を特定の場所に運ぶという自動車本来の運行目的において、運転者とともに、目的を達成するための責任を有する者をいうと解されている。したがつて、この「乗務員」の範囲を定める基準は、自動車の運行目的において「責任」を有しているかどうかにかかつているといえよう(交通警察質疑応答集)。
 例えば、乗合自動車の車掌、ハイヤー、タクシーの助手、トラックの貨物の看視者等がこれに当たると解される。

 そうすると、刑事責任については、単なる同乗者に対しては、救護義務、報告義務は課されないことになる。
 なるのだけれども、「条理上の救護義務が発生する」として、民事責任を課した、ということなのだろうか。

 ここで、
「そんなら、なぜ道交法は、『その他の乗務員』に同乗者を含めないのか」
 という疑問を感じる?
 いや、それはさ、止まるかどうか、走り去るかどうか、の運行に責任を有していない者に、そんな義務を課すのは無意味ないし不適当、という考えによるんじゃないのかな。
 刑事責任は科さない(問わない)けれども、ケースによっては、一定程度の民事責任(損害賠償の責任)を課すことはあるぞ、という運用は、まぁスジが通っている(現実に即している)ように思える。
 記録はもちろん、判決書きすら読まずに、報道を見ただけでの、荒っぽい感想ではあるけど。

 何にしても、亡くなった当年16歳の方に、深く合掌するばかりだ…。
 次はあなたの、あるいは私の、番かもしれない。
 また、運転者の立場としては、飲酒運転をしなくても、何かの拍子に、いつ加害者になるかもしれない。
 交通事故は、普通の日常のなかで、一瞬のタイミングで起こる。
 「厳罰化を! 取締り強化を!」と叫べば逃れられる、というものでは到底ない。
 一瞬、一瞬、そうとうにヒリヒリしている必要がある。
 そんなヒリヒリ感を強いられること自体、おかしいといえばおかしいのだが…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 27日(土)10時35分現在11位から、29日(月)5時5分現在14位。順位はともかく、「週間OUT」がず~いぶん増えた。「週間OUT」とは、ランキングのそのページから当ブログのリンクをクリックした数(1週間分)と思われる。以前はせいぜい1000くらいだった。増えたのはタイトル変更の影響、かな? とすれば、やっぱブログはタイトル、人間は外見、なのかなぁ…。

2007年1月26日 (金)

裁判官から「間違いない」と聞けば納得する?

 9時40分頃、裁判所の入り口がやけに混雑した。
 今日は“ホリエモン”と“監禁王子”の公判がある、そのせいだろうか…。

 9時55分から、東京簡裁・刑事1室1係(松本弘裁判官)826号法廷で、1月19日に傍聴した10t トラックの酒気帯びの判決。

 その前に50分から、横領の判決。
 被告人(身柄。拘置所)の顔に見覚えあり。
 東京都北区でオリックスレンタカーを借り、欲しいままに返還することなく自己のものとして用いた…。
 あれ、この事件、酒気帯びのあとにすぐ始まり、ちらっと傍聴したやつだ。
 酒気帯びと同じく、今日判決なのか。

 最終刑の執行後20年近くがすぎてるとのことで、懲役1年、執行猶予3年。
 釈放されても、金は一銭もないという。
 レンタカーは、寝泊まりに利用するため横領したのだという。
 だいぶ年配か高齢のように見え、うまくホームレス生活ができなければ、猶予期間中に弁当とか万引して刑務所で暮らすほかないのか…。切ない…。

 55分から、酒気帯びの判決。
 求刑どおり罰金25万円。
 被告人(在宅)は、前回と同じジャンパーとズボンだった。

 途中、たぶん美人なのだろう中年女性と、顔立ちがはっきりした若い女性が入ってきた。次の事件の、どっちかが被告人なのだろうか。いや、これから手錠・腰縄で入ってくる被告人の、身内なのだろうか…。

          ★

 次の事件は窃盗だった。
 被告人(身柄。拘置所。47歳)は、前夜会社の飲み会で飲みすぎ、カプセルホテルで泊まり、起きたが仕事にならないと思い渋谷から田園都市線で帰宅する途中、上り電車が混んでいるのを見て、あれならヤレると思い、三軒茶屋駅で乗り換えた。乗客のショルダーバッグに目を向けていた被告人を、スリの警戒に当たっていた警視庁捜査第3課の警察官2名が怪しみ、被告人といっしょに上り電車に乗った。被告人は、池尻大橋駅へ向かう間に、立っている女性のバッグに手を差し入れ、何か探した。女性が被告人を見てバッグを引っぱったことから、被告人は手を引っ込めた。
 渋谷駅へ向かう間に、被告人は別の女性の近くに立ち、女性が右肩にかけたバッグに自分の右肘を当てて幕をつくり、左手でごそごそバッグ内を物色。被害女性を押しながら青っぽい財布を抜いた。渋谷駅で被告人が走り出したのをみて、警察官らは被告人を現行犯逮捕。財布を差し押さえた…のだと検察官。

 甲12号証は、被告人の手帳の複写。
 現金いくら、朝かどうか、被害者は男かどうか、略語で記載されているという。
 フィリピンパブへ行った日には星印が付けられているという。
 手帳でわかるスリの回数は53回、被害金額は126万円だという。
 ただ、これら被害については立証がなかった。

 傍聴席にいた女性の、年上のほうが被告人の妻だった。
 妻を証人尋問。
 夫が逮捕され、もう別れようと決めたが、思い直したのだという。

 続いて被告人質問。
 盗んだカネで買ったDVDソフトを売り(2000円)、現金8000円を足して1万円、贖罪寄付したという。
 今後は、つきあいで飲み会に出ても、どこへも寄らずに帰り、通勤の電車内では、両手で吊革をつかみ、家族の(2人の娘の)ちっちゃいときの写真を持ち、妻と娘に指輪を1つずつ買ってもらい、足かせのつもりで両手につける、今は(鞄は)リュックタイプだが、お弁当は別にして両手に物を持つ、のだという。は~。

 検察官(木村昇一さん)はこう責めた。
「ここまでくり返すのも不思議だが、それより不思議なのは、家族が見放さないことだよ。仲が良い? 非常に恵まれてるというかねぇ、そのへんよく考えたほうがいいぞ。(奥さんが情状証言するのは)普通は1回だよ。6回なんて、まぁず珍しいぞ。子供が小さいときの写真? 平成2(90)年にやったとき、子供は小さかったんだろ? (写真など)戒めにも何にもならない、あんたにとって。まだわかってない、あんたは! 二度とやりません、今回が最後です、毎回毎回言ってきたんだよ! 累犯だから(今度は刑務所に)長く入る。よく考えてきなさい! 甘える気持ちを捨てなさい! 人を頼ったり甘えたり、どんどん堕落していって…。刑務所に入ってもわからなければ、人間、終わりだぞ!」

「(スリの常習犯は)熟練した技術、胆力が必要だ。盗癖は相当に深化し、固着している」
 と、懲役3年を求刑。
 若い弁護人が、最終弁論。
「帰宅途中、上り電車の混雑を見て、つい出来心でやったものであり、偶発的側面を有する…。バッグを切ったり仲間で囲んだりするのと比べると軽微といえる。100件のスリは、そのような事実はない。三件茶屋駅から池尻大橋駅の間で、他の乗客を狙ったというのは、起訴の直前で急に出てきており、不自然。何らの秘密の暴露もない…」

 被告人の最終陳述。
「あっ、ほんとにもう、被害者の方には申し訳ない。さっき検事さんが言ったように…。ほんとに天に誓って二度とこのような…誓います」
 「…」の部分はメモ漏れ。
 私の傍聴メモには、この最終陳述に矢印をつけ、「慣れてる」とある。
 次回判決。
 10時55分閉廷。

 次に私が傍聴する事件は15時50分。
 もう眠くてたまらない。
 夜、某TV番組のVTR撮りの予定で、連絡が入るはずなのに、携帯電話を忘れた…。
 それで、馬鹿馬鹿しいけれども、いったん帰宅して急ぎ仮眠することに。

          ★

 15時50分から、東京簡裁・刑事1室3係(堀内信明裁判官)534号法廷で、道路交通法違反の新件。
 1分前に入ったら、もう検察官の冒頭陳述が始まっていた。
 …が、あれ? なんか違うぞ?
 新件じゃなくて、10月6日が第1回の、首都高5号線下り・南池袋のオービス事件の、第4回公判(論告・弁論)だった。
 12月6日の第3回のとき、次回期日は追って指定となったのだ。

 被告人は最終陳述で、こういう趣旨のことを言っていた。
「ごく普通に走っていて、速度違反だと取締りを受けた。そんな速度を出した覚えはないと言い続け、写真に写ってるから間違いないんだと言われ続けてきた。裁判官にシロクロつけてもらいたい。裁判官からお話をいただけば、警察や検察でとは違う意味で納得できると思う」

 えーっ? 警察や検察じゃ信じられない、裁判官が「写真に写ってるから間違いないんだ」と言うなら納得できる、つまり、容疑の121㎞/h(61㎞/h超過)を出した可能性はある、そうとしか聞こえないんだけど。

 ご相談者にも、
「絶対出してない。出したという証拠があれば罰金払う」
 とか言う人がいる。
「絶対出してないんだから、出したという証拠があるはずがない」
 と言いたいんだろうけど、「あるはずがない」と「あれば罰金を払う」とは、イコールじゃないんですよ。
 被告人が言う、「裁判官から聞けば納得する」は、皮肉を込めた言葉なのかもしれないが…。

 次回判決。
 16時3分閉廷。
 急いでまた帰宅し、VTR撮りの準備。

 その撮影のカメラマン氏が、「私のこと覚えてますか」と。え…?
 昨年6月の前後のあの嵐の時期に、何かの番組でお会いした…?
 そうじゃなかった!
 ななっなんと、以前交通違反のことでご相談を受け、『ドライバー』でレポートさせてもらい、『交通違反ウォーズ!』にも収載させていただいたケースの、その人だった。
 現場の情景がありありと思い出された。
 いや~、こんなところでお会いするとは(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 27日(土)10時35分現在、じゅっ11位♪

『それでもボクはやってない』を観たよ!

1月25日(木)13時55分~

 警視庁でまた3件ほど開示請求し、12時をすぎた。
 公務員を38年間やって勧奨退職に応じ、ハプニングバー(スタート時はカップル喫茶)を始めたという被告人の公然わいせつ幇助の、13時15分から判決。
 傍聴したいけれども…。
 えーい、スケジュール的にもう今日しかない!
 てことで昼食をとる暇もなく地下鉄で新宿歌舞伎町へ。
 コマ劇場前の広場に面した、なんていったっけ劇場で(客席がかなり多い)、12時55分からの回の、『それでもボクはやってない』を観ることに。

 や~! これは何と言っていいのだろう。
 昨晩あんまり寝てないし、映画は2時間半もあるっていうし、ちょっとでもダレたシーンがあれば(なくても)もう絶対居眠りするなぁ、でも今日しか行けないしなぁ、と行ったのだが、なんとまったく眠らなかった。眠くもならなかった。

 自白の強要だとか、被告人側の証拠請求がじゃんじゃん却下されることとか、そういう部分は、あの伝説(だってもう絶版だもんね)の名作『交通被告人 前へ!!』(小学館スピリッツコミック)の原作を書いた私には、べつに新鮮味がない。
 のだけれども!
 それでもやっぱり見せてくれるうえ、細部のリアルさに度肝を抜かれた。
 もう、ぷぷっと吹き出しそうになったよ。
 裁判所の外で、マイクで何かわめいてる人がいるんだが、霞が関の裁判所ビルへ通ってる人は、「そんなとこまでリアルにやるかよ!」と、もう笑っちゃうんじゃないかな。

 細部といっても、もちろん、私が知ってる範囲の細部だし、裁判所のロビーや階段の造りについては「あんな裁判所あるか?」と思うし、喫煙所についても、建物内にありながら隔離された小部屋じゃないのには違和感があるとはいえ、法廷のなか、審理のシーンは、すごいよ! すっげぇよ!

 裁判官が奥のドアから入ってくるとき、その直前にちょっと固い音が聞こえることとか、裁判官が壁の時計を見上げる雰囲気とか、「壇上で居眠りしてるのか?」と傍聴席からは見えるときの裁判官の表情とか、それに、証人尋問、被告人質問のやり方とかね。
 検察官の雰囲気や表情もそうだ。
 よっくもあれだけリアルにつくれたもんだ。
 映画監督と俳優をはじめ映画人のすごさに、驚愕したよぅ!

 公判は、平日の、原則10~17時しかやらない。
 そんなんじゃ傍聴に行けねーよ、という方、ぜひぜひ“それボク”をご鑑賞ください。
 真っ向否認の事件は、東京簡裁のオービス事件ではときどきあるが、全体としてはごく少ない。少ない否認事件は、まーさーに! あんなふうに審理、判決、されるんですよ。
 それを、捜査段階も含めて2時間半くらいで観られるのは、チョーお得だと思う。
 
 ところで、
「だから、国民の真っ当な感覚が必要なのだ。裁判員制度が必要なのだ」
 という論法もあるようだが、私にはそうは思えない。
 否認事件の場合(自白事件でも!)、真実が何か、結局だれにもわからない。
 たいてい、各証拠は、突き詰めれば(とくに突き詰めなくても)有罪とも無罪とも、解釈し得る。
 裁判官が、何か専門的なことを言って有罪へリードしようとした場合、
「もしかしたら有実の者を自分は無罪と考えてるんじゃないだろうか。有実の者を無罪としたら、被害者・遺族は浮かばれないし、被告人は舌を出してまた凶悪犯罪をやるかもしれない」
 という不安に逆らって、
「それでも私の意見は無罪です」
 と言い続けられる裁判員がいるだろうか。
 そして、終わってから、
「裁判官がこんなセリフでリードした。あの裁判員とあの裁判員が、こう引きずられた。私はこれこれの理由で無罪と思う」
 と誰かに言えば、守秘義務違反で処罰されるのだ。

 だいたいやね、国は、
「裁判官だけだと無辜の者が有罪とされるので、だから裁判員制度にするのだ」
「裁判官の量定は非常識なので、だから裁判員が必要なのだ」
 と言ってるか?
 国にとっては、現行の裁判はすでに十分に公平・公正・妥当・適切であるのだ。
 そこに、国民の荷担を強制する、それが裁判員制度なのだ。 
 国民の参加が必要だとしても、国民が求めて勝ち取るならわかるが、国家が強要して義務づけるって、はは~、そういう制度であり、そういう時代になったんだなぁ…。

 民主党や社民党や日本共産党に政権を与えるのは不安だから、自民党に投票する(公明党支持者は不動)、または、投票しないことで自民党と公明党に勝たせる…。そんなことをこのまま続けていると…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページの真ん中辺りに当ブログが載ってますぅ♪

 10人の真犯人を逃がさないためには、1人の無辜を罰するもやむなし…。

制限40キロの環七で測定値97キロ

1月25日(木)10時45分~

 東京簡裁・刑事2室1係(櫻井廣美裁判官)534号法廷で、道路交通法違反の新件。
 今日はこれが私のメイン。
 検察官は鈴木健一さん。髪、伸びたねー。坊主のほうが似合うですよ。

【場   所】 環七 大田区山王4-19 
【日  時】 2005年3月5日 午前1時55分頃
【装   置】 三菱電機 RS-2000
【測定値】 97㎞/h 制限速度40㎞/hを57㎞/h超過
【被告人】 40歳 会社役員  
【弁護人】 1月17日に地裁の危険運転致傷・道路交通法違反で見た、高齢紳士の弁護士。国選だろう。左耳辺りから細いコードが垂れている。補聴器か。
【主   張】 「取調べのときも申し上げてきたとおり、メーター読みでは96㎞/hは出てなかったんじゃないかと」

裁判官「弁護人のご意見は」
弁護人「ちょっと(被告人と)打ち合わせしたいと」
 …………その場でごにょごにょ…………
弁護人「甲乙いずれも同意致します」
裁判官「公訴事実に対するご意見は」
弁護人「ただ、犯情として被告人が言ったことを考えていただきたいと思います」

 メーター読みでは90㎞/hはどうしても出ていなかったが、測定値については争わない、確定的な意思をもって96㎞/h出したわけじゃないので、どうか寛大な判決を、ということだった。

 どうなんだろうね。
 以前、環七の高円寺南の同じくRS-2000の事件で、警察と親しい関係にあり「何かあったら言ってくれ」と言われていた被告人が、測定値は低すぎると正直に言い続けて…というのを傍聴したっけ。
 誤表示・誤測定は、プラスのほうにだけ起こるとは限らない。
 かつ、メーター速度と大いに違うこともあれば、少ししか違わないこともあるはず。
 運転者は、免停の基準や、オービスのセット速度(それ以上の超過だと撮影するよう設定された速度)、を考えて走行速度を決めがちだ。
「超過50㎞/h台だと12点。免停90日だ。超過40㎞/h台ならオービスは光らない」
 とか考えて速度を調整していたことは、あり得る。が、
日本の裁判の有罪率は99.9%。起訴されたらオシマイだ」
 と考えて争わないことにしたのかもしれない。

検察官「さきほどおしゃったように(本件道路をいつも)60~80㎞/hで走ってるのか」
被告人「他の車がいれば(流れにあわせて)…」
検察官「他に車はいたか」
被告人「いなかった」
検察官「40㎞/hで走れば」
被告人「ま、あそこの通常値(通常の流れ)は…」
検察官「だいたいの人が、みなさん、そう言うんですが、参考までに聞いてください。05年の事故死亡者数はご存知ですか? 東京都内で263人です。6年連続で減少している。1年に263人が事故で死ぬのは、少ないか多いか、どう思う? あくまでこれ、個人的な見解だけど、263人、私は異常な数字だと思う。私の理想では、ゼロ、という数字へもっていきたい。参考までに、今年に入って昨日までにもう19人死んでる。運転する人は、明日は我が身なんですよ。だから、他の車が60だ80だで走ってるからという、そういうふうな考え方は、やめてもらいたい。速度を出せば出すほど、事故は大きくなるんです」

 私も同様に思うのだが、しかし…。
 環七(東京の主要幹線道路)のあそこが、終日40㎞/h規制ってどうなの。
 そんなの誰も守らない。
 ザル法ほど人々の遵法精神を損なうものはないと、元内閣法制局長官も言っている。
 守らないなかで、じゃあどうやって運転者たちは自車の速度を決めるか。
 捕まっても重い免停を食らわない速度、オービスが光らない(撮影しない)速度…。
 こういう、なんというか、遵法環境、自律環境では…。
 40㎞/hを超えない速度で走ることが絶対に必要というなら、その合理的理由を周知徹底させ、かつ、違反したらほぼ必ず捕まるようにする必要がある。
 そうしないで、違反者のごくごく一部を捕まえて処罰してても…。

 求刑は相場どおり罰金9万円。
裁判官「えー、それで、判決ですが、証拠がこれだけなので(少ないので)、すぐにしようと思えばできるんですが、どうしましょうか」
 被告人は、どういうことかまるでわからないようで、弁護人の顔を見た。
 弁護人は、では次回、と。
 来週判決。
 11時19分閉廷。

 1階の喫煙室で(ってまだ煙草やめてないのかよ!)、再び刑裁はうすの方にお会いする。
 13時15分から、公然わいせつ幇助の判決ですね、と言われ、あっ、そうだったのか、となる。
 第1回公判を私は途中で出たし、忙しくて木曜以降の地裁開廷表をチェックしてなかったので、判決期日を知らなかったす。
 今日は『それでもボクはやってない』を観に行く予定にしてたんだけど…。

それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり! Book それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!

著者:周防 正行
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページの真ん中辺りに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月25日 (木)

若めの女性が飲酒ひき逃げ死亡事故で懲役2年6月

 またも満員電車で裁判所へ。
 満員といっても、朝8時頃の本格的な通禁ラッシュに比べれば柔い(やわい)もんなんだろうけど。

 1階ロビーで「裁判傍聴愛好集団刑裁はうす」の方(団長さん?)にばったり。
 あの人もしっかし毎日裁判所へ来とるなぁ。ってお互い様ですね(笑)。
 9時50分から業過致傷(業務上過失致傷)・道路交通法違反の判決があるという。
 あと数分じゃん…。

 東京地裁・第6刑事部(白坂裕之裁判官)418号法廷。
 被告人(在宅)は、40歳くらいの女性。
 水商売のお姉さん風。気が強そうな感じ。
 銀色の厚底靴。
 2人の検察官のうち1人は、例の、大部分が豊川悦司さんに、一部なんとなく美川憲一さんに似た男。あの検察官は、内部でもそう言われてるんだろうねぇ。

 友人宅で飲酒した後、車を運転して、自分が経営する飲食店へ戻る途中、11月17日22時30分頃、前方左右の注意を怠り、5~10㎞/hで、道路脇に停車中の車を追い越すに当たり、その右後部に自車左前部を衝突させ、乗っていた男女(いずれも21歳)に加療2週間の頸椎捻挫を負わせた…。
 同年5月に酒気帯びで罰金刑を受け、半年余りでの犯行。
 検査値は0.51mg。
 刑事責任は重い。
 しかし他方、今後車の運転はしないと誓っている。
 車はすでに売却した。
 対人無制限の保険により、示談が成立する予定。
 同居中の元夫が、監督を誓っている。
 公判になる(正式な裁判の法廷に被告人として立たされる)のは初めて…。

 で、懲役8月、執行猶予3年。

          ★

 刑裁はうすの方と別れ、私は10時から、第8刑事部(山下博司裁判官)407号法廷で、六本木で警察官の顔にツバを吐いたという公務執行妨害の判決。

裁判官 「被告人を懲役10月に処する。未決勾留日数中60日をその刑に算入…」
 あー、やっぱり実刑なのだな。
 4月に同種の公妨で懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、その約4カ月後の本件犯行だもの…。
 と思ったら、どっこい、続きがあった。

裁判官 「確定の日から5年間、その刑の執行を猶予する。その猶予の期間中、被告人を保護観察に付する」

 えーっ!! 再度の執行猶予かよ、珍しいっ!!
 量刑の理由は、要するにこうだった。
裁判官 「05年にうつ状態との診断を受け、現在においても、何らかの精神疾患が認められる。責任能力には問題がないものの、本件公妨の態様自体は、罰金刑がふさわしいともいえるもので、逮捕からすでに5カ月間、身柄を拘束されていることを考えれば、実刑はきわめて酷と言わざるを得ず、精神疾患の治療の機会を与えるのが適当と判断した。治療の機会を与えるため、今回に限り再度の猶予を付すこととした」

 言渡しの間、被告人は証言台のところに座り、分厚いノートに、刑務官から借りたボールペンで、何やら書き留めていた。しきりに体をねじって。
 裁判官が最後に「わかりましたか?」と被告人に言った。
被告人 「はいっ」
 とはっきり答えた。
 勾留場所は拘置所なので、いったん拘置所へ戻ることになる。
 被告人は傍聴席、弁護人、検察官に礼をして、奥のドアから去った。
 母親と思われる小柄な老婆が傍聴席から見送った。
 10時27分閉廷。 

          ★ 

 10時30分から、東京高裁・第2刑事部(安廣文夫・山田敏彦・前澤久美子裁判官)で、業過致死・道交法違反の判決。

 被告人は女性。在宅。若め。
 黒タイツ、黒タイトスカート、黒カーディガンに、白セーター。細身で美人系。耳にピアスが光る。
 両親らしき年配男女が傍聴席に。

 主文。原判決を破棄する。被告人を懲役2年6月に処す。

 3月24日22時すぎ、飲酒後休憩をとったとはいえ体内にアルコールを保有する状態で、普通乗用自動車を運転。信号のある交差点を右折する際、青信号に従い右方から左方へ横断する自転車に気づかず、衝突し、乗員もろとも倒し、乗員(77歳男性)を死亡させた。
 衝突後、救護義務、報告義務を怠り、駐車車両やガードレールに衝突させて走行不能になるまで逃走…。
 4120万円の賠償金が支払われ、前科は駐車違反の罰金のみ(反則金を納付せず略式まで進んだんだろうね)とはいえ、原判決(懲役3年)は、その宣告時においては相当である。
 しかし、その後さらに反省を深め、30万円の贖罪寄付をし、老人ホームへ赴いて介護の手伝いをし、今後は介護の資格を取得するとのこと、老人ホーム長からの書面(嘆願書?)も出ていることなどからすると、原判決は、現時点においては重すぎるに至った…。
 そこで、6月減らしたわけだ。
 10時37分閉廷。

 2013年8月25日追記: これは、原判決後の情状により、というのは表向きの理由、ほんとは、量刑相場に照らして原判決が重すぎた、と推認するのが妥当なようにも思えて…。

 ←2015年1月23日追記: 長きにわたり「社会・経済(全般)」のカテゴリーでやってきたが、前夜、「裁判」のカテゴリーを発見。知らなかった、そっちのほうが断然なじむじゃん! つーことでさっそく変更したっ。

2007年1月24日 (水)

逃げずに救急車を呼んだことがせめてもの救い…

 9時50分から、東京簡裁534号法廷で、1月17日に傍聴した弁護人なしの無免許の判決。
 この時刻に裁判所へ来るには、満員電車に乗ることになる。
 昨夜ちっと飲み過ぎたもんだから、気持ち悪くて…。

 今日は被告人は、黒いスーツ(サイドベンツ)に黒靴。
 勾留場所が警察留置場だから、判決後直ちに釈放されることになるため、私服で来たのだ。

 判決は、罰金25万円、満つるまで算入。
 未決勾留期間のうち、1日を5千円に換算して、刑に満つるまで算入する、つまり「全額をすでに体で払ったことにしようと」いうこと。

          ★

 10時から、東京高裁・第11刑事部(池田耕平・飯渕進・齋藤博志裁判官)715号法廷で、道路交通法違反の控訴審第1回。
 この構成、3人とも私はお初かな?
 池田裁判長は、昔の東映ヤクザ映画でいえば、ワル組長役のお顔。

 被告人(在宅)は、黒スーツ。
 弁護人は3人で、3人ともばりっとして、なーんかお金持ち風。
 国選が事務所の新人を連れてきたよ、という雰囲気は微塵もない。
 おそらくは私選なんだろう。
 真ん中の弁護士が少し三波春夫さんに似てた。

 被告人側の主張は、量刑不当。
 無免許で実刑判決を受け、介護の活動をやっている(今後も仕事にする)ので、なんとか執行猶予を、と。
 刑務所行きだけはなんとしても避けたく、私選を頼んだのだろうか。
 原審の量刑等は不明。
 検察官も裁判官も、10時30分から次の事件があるので「手短に」「ポイントを絞って」と再三言ってるのに、弁護人は被告人質問を20分ほどやった。弁論も4分ほどやった。
 裁判所の意向を無視しても被告人に満足感を与えよう…ということ?
 だったら、もう完全にあれは私選だろうな、と思った。
 次回判決。
 10時38分、次の事件の弁護人、被告人と交替。

          ★

 11分押して、10時41分から、同じ法廷、同じ構成で、道路交通法違反の判決。
 こっちは弁護人は1人。

 控訴棄却。
 05年に懲役9月、執行猶予5年、保護観察付きの判決を受け、そのわずか2カ月半後に1度目の酒気帯びで検挙され、さらにその1カ月半後に2度目の酒気帯びで検挙されたのだという。
 執行猶予は最大5年。しかも保護観察付きとは、実刑ぎりぎりのぎりぎりってことだ。
 それから間もなくの、2回続けての犯行では、どう考えたって控訴棄却だろう。
 傍聴人としては、そう思うけどね。
 原審の(つまり2回の酒気帯びの)が懲役何月かは不明。
 10時44分閉廷。

          ★

 11時から、東京地裁・第12刑事部(開廷表には小坂敏幸裁判官とあったが、小坂さん?)409号法廷で、業務上過失致死の新件。
 被告人(保釈中)は被告人席で、両手を膝の上に置き、重い雰囲気。
 業過致死の雰囲気は、他の事件とがらり違う。
 これ、まさに、昨日の記事で書いた、ありがちな不注意による事故、のようだった。

 昨年11月末頃、雨の朝、6時13分頃、下目黒3丁目の交差点を右折するに当たり、対向車線の安全確認に気をとられ(結局、対向車はナシ)、交差点出口の横断歩道を、傘をさして青信号で右方から左方へ横断していた女性(69歳)に衝突、外傷性脳障害で死亡させたのだという。

 被告人は39歳。
 某私立大学の体育学部を卒業し、就職。職業人の某スポーツでそれなりに活躍したが、会社は経営不振となり廃業。その後も、定職に就き続け、前科はナシ。違反歴も、本人が法廷で申告した10数年前の駐車違反とスピード違反が1回くらいずつ、のみ。
 そんな人物による、ふとした不注意で、人があっけなく死ぬのだ。

 量刑には影響しないと思われるが、「窃盗の前歴が1回」あるという。
 大学時代に、500円くらいのカセットテープを万引したらしい。
 そんなことでも、「窃盗の前歴1回」として出てくるのだ。
 06年5月末から、窃盗に罰金の選択肢が設けられた。
 従来は不起訴で終わっていたものが、略式で罰金になる、そんなケースがこれからは多くなるんだろう。
 略式でも罰金刑に処されれば、「窃盗で前科1犯」だ。

 求刑は禁錮2年6月。
 11時45分閉廷。
 ちなみに、被告人は四十九日の法要で、遺族からこう言われたそうだ。
「逃げなかったし、すぐに救急車を呼んでくれたし、それだけが救いだ…」

          ★

 急いで警察庁へ。
 96年からの都道府県別の、オービスの取締り件数と設置数の表の、提供を受ける。
 急いで警視庁へ。
 「平成18年度 再雇用職員・専務的非常勤職員の所属別・職種別配置表」の開示を受ける。
 「駐車取締支援業務」は、総計200人。
 裁判所方面へ戻る横断歩道で、向こうから、昔の東映ヤクザ映画のワル組長顔の背広の男性が。あれ? あの人、さっきの池田裁判長では? どこへ?

         ★

 いったん帰宅して急ぎ仮眠し、車で栃木県へ。
 相当の数のNシステム、Tシステムの下を通過したよぅ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページの真ん中辺りに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月23日 (火)

こんな悲しい思いをするのは…

 ブログのタイトルを変更すると、URLが変わる…。
 アップした画像の在処もわからなくなる…。
 のかと説明書きを読んで躊躇し続けていた。
 のだが、
「えーい、めんどくせぃ。『今井亮一の交通違反相談センター2』(旧タイトル)は、いっくらなんでも不似合い、不適当。それは明らか。後がどうなろうと、知るか。変更しちゃえ!」
 と、1月22日(月)思いきって変更したよぅ。

 …が、URL等、べつに変わらないみたい。
 なーんだよぅ。
 早く変更すりゃ良かった。
 なお、いったん「交通違反バカ一代」に変更してから、これじゃあ、誰のブログかわからんじゃないの、と思い直し、「今井亮一の交通違反バカ一代」に変更しました。
 引き続きよろしくお願い申し上げます。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 23日(火)15時35分現在、「週間IN」が520で21位。また25位までの枠へ戻りました~♪

 同日、有酸素散歩約1時間。
 途中、某社の広い駐車場に、警察のワゴン車と白バイが各1台駐車してるのを発見。
 事故?
 いや、事故ならこんなとこに駐車しないはず。
 さらに少し歩いて行くと、あら~、警察官4人で、待伏せ取締りをやってるではないか。
 信号交差点を斜めにカットして通過できる、50mくらいの道路が、昼間だけ車両通行禁止になってて、たまーに待伏せ取締りをやってる。何百回か千何百回か通りかかって、見かけたのは、今日が3回目か4回目くらいか。

 4人もいるのは初めて見た。
 件数を稼ぐ必要が生じたんだろうか(※)。
 地元の交通安協会とか防犯協会のオヤジが、「たまには取り締まれよ」とネジ込んだんだろうか。

※ ニュー駐禁取締りにより、駐禁分の反則金は激減するはずなのに、反則金を原資とする「交通安全対策特別交付金」の今年度の予算は前年度より多い。つまり、今年度は駐禁以外の取締りに力を注ぐことが推察できるのだ。

※ 念のため、その駐車場の管理者に尋ねたところ、警察官たちは駐車の許可を得に来たとのこと。無断駐車ではなかった。管理棟からは遠くて、どうせがらがらの駐車場なのに、えらいね。

 その取締りを見て、風見しんごさんの娘さんの、なんとも無念な事故死が思い浮かんだ。
 某TV番組のスタッフ氏から聞いたところによると、あの事件は、小学校のそばのスクールゾーン(車両通行禁止)を、抜け道として走り抜けたトラックが、抜けてから信号交差点を右折するに当たり、横断歩道を(トラックから見て)左側のほうから青信号で横断しようとする娘さんを…というものだったらしい。

 だとすれば、普通に前を見ていれば起こり得ない事故ではないか。

 いや! その感想は、そもそものところが間違っている。
 ごく普通の注意を怠っての事故が、最も多いのだ。

 05年の「原付以上運転者(第1当事者)の事故類型別・法令違反別死亡事故件数」によれば、
  「漫然運転」
  「脇見運転」
  「動静不注視」
  「安全不確認」
 の4つが、法令違反の40.5%を占める。
 事故類型のうち「人対車両」の「横断中」に限れば、73.2%を占める。

 そんな、ついありがちな原因で、なぜ人が死ぬのか。
 私はもう口を酸っぱくして言ってるが、車は一瞬で凶器になり得るのだ。
 車のCMは快適さや便利さばかりを強調するけれども、1トンも2トンもの鉄の塊が、ある速度をもって進行すれば、人間の柔らかな肉体などひとたまりもないのだ。

 坂道でサイドブレーキが甘くて車がゆるゆる動き出し、あるいは、サイドブレーキをかけずに駐車するのが習慣だったところ、ギアがドライブに入ったままだったためゆるゆる動き出し、止めようとして挟まれて死んだとか、車に乗らずにエンジンキーを回したらギアが入っていて車が動き出し、挟まれて死んだとか、報道される。そんなことでも、<<重い鉄の塊vs柔らかな肉体>>、あっけなく死んでしまうのだ。

 当たり前の注意を怠る、そんな事故をどう防げばいいのか。
「注意しましょう」
 と、いくら呼びかけても、ほとんど無意味だろう。
 注意を心がけていても、人間という生き物は、ときに注意を怠ることはあるし、もともと注意などしない者も、ある割合で確かにいるようだ。

 こういう話になると、世間はすぐに、
「厳罰化しろ。取締りを強化しろ」
 と騒ぐ。
 それは、応報感情を満たすことにはなるだろう。
 だが、事故の抑止力には、ほとんどならないだろう。

 もともと交通違反の検挙率は1%をはるかに割るのだ。
 0,01%の検挙率を10倍にしても、0.1%にすぎない。
 10倍もの取締りをできるはずがないし。
 いくら厳罰化したって、いつも注意してるつもりの者には効果がない。または極めて薄い。
 また、
「どうせ捕まらない。みんなやってる。いつもやってる」
 という者にも、効果がない、または極めて薄い。

 交通違反は、極めつけの「ザル法」だ。
 ザル法の存在ほど、人々の遵法精神を損なうものはないと、元内閣法制局長官の著書『法令作成の常識』(日本評論社)にも書かれている。
 酒気帯びや超過50㎞/h以上のスピード違反で捕まってから、
「これで免取りになる。会社は首になる。懲役刑を食らったらどうしよう」
 とおろおろする人は後を絶たない。

 じゃあ、どうしたらいいのか。
 2つの方法がある。

 1つは、注意を怠る者がいても、たちまち人が死傷しないようにすること。
 ガードレールを設けることが、まずそれに当たる。

 もう1つは、運転者が注意せざるを得ない状態をつくること。
 車に最徐行させたいなら、一時停止の標識を設けるなどしてヨシとするのではなく、ハンプや、道路幅を狭めるポールを設け、物理的に最徐行せざるを得ない環境をつくる、それが大事だと思う。
 『月刊交通』(東京法令出版)06年12月号の特集は、「生活道路対策」。
 路面のペイントにより、心理的に注意を強いる環境をつくる、という手もある。
 この2番目の方法には、規制を、合理的で最小限のもの、つまり、「この規制に違反するのは確かに悪いことだ。破る奴は文句なしに悪い」と、誰もが普通に納得できるものとすること、も含まれる。

 ところが、とにかく規制を設けて標識を立てる、たまに取り締まる、運転者に安全運転させる、というのがこれまでの発想といえる…。事故が起これば、もっと規制を、もっと取り締まれ、安全運転しない運転者をやっつけろ、という方向へばかり…。
 それじゃあ、どうにもならんだろ、と私は思う。

 風見さんの場合、有名なタレントだったので、事故がどんなに悲惨か、残された親はどれほど苦しいか、かなり報じられた。
 しかし、ベタ記事で終わる事故、1行も報じられない事故も、みな同様のはず。

 06年1月18日、風見さんは、目を真っ赤にして「うちの子のほかにこんな目に遭う子が2度と出てほしくない。お願いします」と訴えたそうだ。

 02年2月10日、東京地裁の傍聴席で私は、
こんなに悲しい思いをするのは、ほんとにもう私だけでたくさんです
 と聞いた。涙が止まらなかった。
 何人の親御さんが、そんな悲しい思いを強いられ続けるのか…。

2007年1月22日 (月)

真犯人 出なきゃバレない 冤罪は

 先日書いた“あるある大事典・納豆ヤラセ事件”。
※ その記事に、その後のことを追記しときました。
※ その追記で紹介したライブドアニュースの、「放送内容が事前に流通サイドに流れている」という話のほうがショッキングかもね。

 あの番組を、うちの女房殿もちらっと見てた。
 てゆっか私のほうがたくさん見てて、女房殿に教えた。
 女房殿は、日本の伝統食(現代においては健康食)である納豆を、しょっちゅう食べてる。
 当然、のるはず。朝晩各1パック、よく混ぜて20分待ち、食べるはず…。
 ところが、のらなかった。冷笑。相手にしてくれなかった。
 ヤラセが発覚してから、理由を尋ねてみた。
 返ってきた答は簡潔だった。
「納豆でみるみる痩せる? そんなバカなことあるはずないでしょ」
 そして、言うのだった。
「あんたが、喜々として、20分待つんだとか言って朝晩食べてるのを見て、バカだなぁと思ってたのよ(笑)」
 く…くっそう…。

 「きっこのブログ」によると、こうしたヤラセこそが“あるある!”なんだそうだ。
 「あるある大事典」は打ち切りとなり、来週から「いるいる大事典」になる?
 ヤラセにころっと騙される、あんな奴、こんな奴、いるいる、と(笑)。

 だが、こっちのほうは深刻だ。

強姦などで服役の男性無実 別の男が容疑認め逮捕 富山」2007年01月19日20時56分
3年服役男性 無実」2007年01月20日
逮捕時「証拠ある」 富山の無実男性の兄に県警」2007年01月21日06時07分

 報道では、警察のコメントがいちおう出てる。
 検察庁のコメントもいちおう出てる。

 警察、検察が、今回は仮に反省したとしても、その反省が将来に生かされるか、といえば、かなり怪しい。きっこさん風にいえば「アリエナイザー」だろう。
 何があり得ないって、強姦の真犯人があとで(発表せざるを得ないほど)わかるってことが?

 それはいいとして(よかないけど)、気になるのは、裁判所のコメントがないこと。
「こういう理由で誤判しました」
 というコメントが、現時点ではないようだ。
「審理・判決の時点においては、やむを得なかったようにも見えますが、結果として誤判だった。警察・検察(行政府)の捜査に誤りはないかチェックし、無実の者を処罰させないよう見張るのが、刑事司法の役割であるにもかかわらず、無実の者を刑務所へ送ることに荷担してしまいました。これは司法への信頼を大きく裏切り、裁判所への信頼を著しく揺らがせるものです。過去の冤罪被害者も参加させて、原因究明委員会を立ち上げ、誤判が起こり得ない裁判を行えるよう、万全の努力を致します」
 それこそが「司法改革」だろうと思うんだが…。

 自民党が突然言い出した「司法改革」には、そんな観点は露ほどもなく、09年5月までには「裁判員制度」なるものを始めるんだという。
 あなたも私も、くじで選ばれて、冤罪づくりの共犯者になるかもしれないわけだ。
 だって、現在の捜査や自白の取り方、有罪に不要な証拠を隠すのが合法であること、などをそのままに(あるいは迅速化を理由にもっと悪くして)、国民の参加だけ持ち込もうって制度だから。
 でも大丈夫。
 あとで真犯人が出てくる可能性は希有ゆえ、バレませんよ。
 ってそれでいいのかぁ!
 と、ちらっとでも感じた方は、以下の本を読んでみてください。

裁判員制度はいらない Book 裁判員制度はいらない

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それにしても心配なのは、無実の強姦で服役したその男性、今どうしているのか…。
 色情犯は刑務所でイジメられるとか聞くが、どんな刑務所生活を送らされたんだろう…。

※ 日本に冤罪はないそうな。下級審で有罪でも、上級審で無罪となれば冤罪ではないし。有罪が確定すれば被告人が真犯人だから冤罪ではないし。
 富山の事件は、検察が再審請求して無罪になれば、冤罪ではなくなるのだ。
 私はそっちの手続きはよく知らないのだが、もしもその男性が行方不明であり続け、そしてもしもその男性の出廷がなければ再審を行えないとなれば、(当局的には)日本で唯一の冤罪が生まれることになるのか…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 21日(月)2時5分現在、「週間IN」が420で27位。とうとう25位までの枠から落っこっちゃったよぅ♪

2007年1月20日 (土)

第2次Nシステム訴訟 訴状提出

 え~、ご報告を忘れておりましたが、「第2次Nシステム訴訟」は、1月17日(水)、つつがなく訴状提出の運びとなりました。

訴     状

2007年1月17日
東京地方裁判所民事部御中
原告本人兼原告11名訴訟代理人弁護士
櫻 井 光 政

当事者の表示 別紙当事者目録記載のとおり

損害賠償請求事件
 訴訟物の価額 1200万円
 貼用印紙額 5万6000円

請 求 の 趣 旨

 被告は原告ら各自に対し金100万円及びこれに対する本訴状送達の日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
 訴訟費用は被告の負担とする。
との判決並びに仮執行の宣言を求める。

請 求 の 原 因

第1 当事者
 原告らは自動車を保有しこれを運転する者である。原告らが保有する自動車及びその利用状況は別紙自動車運用状況一覧のとおりである。
 被告は自動車ナンバー自動読取装置(通称Nシステム、以下本システムを指すときはこの通称を用いる)というシステム稼動させ、全国各地の道路上に自ら設置した撮影端末及び各都道府県警察が設置した撮影端末とをラインで結び、全国900箇所以上の端末設置地点を通過する全自動車の登録番号(以下ナンバーという)を撮影、記録している。また、交通流速の計測などを行いドライバーへの目的地までの到達予定時間などの情報を提供することが目的の設備であるとされている旅行時間測定システム(通称Tシステム)というシステムを稼動させているが、これについてもNシステムと連動させて捜査に利用している。

第2 収集するデータの内容および収集方法
 1
 Nシステムでは、撮影端末設置地点を通過する自動車の全ナンバーを記録するが、画像は蓄積、記録されていないと説明されている。しかし、後述する理由から、現実には画像も保存されていると推測される。
  Tシステムは、原理的にはNシステムと全く同じ、車両検知装置と撮影装置及びコンピューターがセットになったシステムである。従ってその外観はNシステムとほとんど区別がつかない。Tシステムでは全通過車両の画像が現実に蓄積されている。
  NシステムとTシステムは相互にリンクし、情報を共有できるようになっていることが後に述べる情報流出の事故によって判明した。情報が共有できるということは、相互に同種の情報を収集しているということを意味する。ということは、Tシステムが行っている画像の保存はNシステムも行っているということであり、Nシステムが行っているナンバー情報の記録はTシステムも行っているということである。
  以上によれば、NシステムとTシステムとはそれぞれの設置目的は異なるとされてはいるが、相互に、設置箇所を通過する車両を全て無差別に撮影、記録し、且つ画像も保存する大ネットワークになっているというべきである。
  その情報収集の方法は、物理的な強制力を用いるものではないが、情報を収集する場所は明らかにされず、且つ個々のドライバーが撮影を拒むことができないものである。

第3 データの管理状況
1 
被告がこれまで公表しているところによれば、Nシステムによって収集されたデータは厳格に管理され且つ一定期間経過後は廃棄されているとのことであったが、現実にどのように管理されているのか、またデータ保存の期間がどの程度長期にわたるのかについては一切明らかにされたことがなかった。
 ところが2006年3月16日付の毎日新聞報道によって、1999年5月の中旬から下旬にかけての10日の間に愛媛県や香川県、徳島県の国道、高速道路を通過した自動車延べ10万台のナンバー、通過日時が、愛媛県警捜査1課の警部の私有パソコンからファイル交換ソフト「Winny」を介してネット上に流出したことが明らかになった。また、流出した情報からは、NシステムとTシステムとがリンクしており、必要に応じてNシステムの操作端末からTシステムの情報も取得できることも明らかになった。
 警察官が私用のパソコンに取り込んで持ち出せるようなデータ管理は常識的に見ておよそ厳格とは言えない。また、7年前のデータがそっくりそのまま残っていたことに鑑みれば、「一定期間経過後に廃棄している」旨の説明は虚偽であるというべきである。
 要するに、国は、Nシステム及びTシステムを利用して、各々の撮影端末が撮影して得た画像を保存し、自動車ナンバーのデータを保存しているが、その保存及び管理の方法はきわめてずさんであり、個々の捜査官が希望すれば簡単に入手でき、かつ、個人のパソコンにもダウンロードできる状態なのである。

第4 権利侵害
 1
 被告がかように無限定かつ広範に個人の情報を同意なく取得して管理すること、しかもこの管理が極めてずさんなものであることは、両者あいまって国民に保障されているプライバシーの権利を侵害するものである。
  本件原告らはいずれも日常的に特定の自動車を利用して頻繁にNシステム及びこれと連動するTシステム(以下Nシステム等という)の撮影端末によって撮影され、画像を含む情報を取得されているものであって、それぞれが有するプライバシーの権利を侵害されている。このプライバシーの権利は3つの権利からなる。
   その1は肖像権である。人が濫りにその容ぼうを撮影されない権利は比較的古くからプライバシー権の代表的なものと認識されてきたが、Nシステム等はまさに濫りに人の容ぼうを撮影するものであるから、Nシステム等は原告らの肖像権を侵害している。
   その2は自由に移動する権利である。何人も自由に移動する権利を有しているが、Nシステム等によって国の監視下に置かれることにより、自由な移動が事実上制限されることになる。従ってNシステム等は原告らの自由に移動する権利を侵害している。
   その3は自らの情報をコントロールする権利である。個人の情報はもともとその個人に属するものであり、特段の事由がない限りどの情報を開示し、どの情報を秘匿するかはその情報の主体である個人の選択に委ねられるべきものである。ところがNシステム等は撮影端末設置場所を通行する自動車の全てをいやおうなしに撮影し、記録を保存するものでありながら、情報の主体に対しては、情報を保存しているかどうか、また、いかなる情報を保存しているかについて一切開示せず、その主体による利用の機会すら与えない。従ってNシステム等は原告らが自ら情報をコントロールする権利を侵害するものである。
3 原告らはNシステム等によって日々撮影されることにより、多大な精神的苦痛を被っている。この苦痛は金銭には換算しがたいものであるが、あえて金銭的評価を与えるとすると、その額は1人当たり100万円を下らない。
 よって原告のそれぞれについて金100万円の慰謝料の支払いを求めるため本訴請求に及んだ。

証  拠  方  法

甲第1号証 Nシステムニュース
甲第2号証 新聞記事

付  属  書  類

1 訴状副本               1通
2 甲号証写し             各2通
3 訴訟委任状              11通

 第2次というからには、第1次があるわけで、その提訴は98年3月16日だった。
 そっちは最高裁で敗訴が確定している。
 が、01年2月6日言渡しの東京地裁判決(平成10年ワ5272号。西村則夫・内田博久・下澤良太裁判官)は、こう言っている。

 しかし他方、このような車両を用いた移動に関する情報が大量かつ緊密に集積されると、車両の運転者である個人の行動等を一定程度推認する手がかりとなり得ることは否定できない。また、仮に、Nシステムの端末が道路上の至る所に張りめぐらされ、そこから得られる大量の情報が集積、保存されるような事態が生じれば、運転者の行動や私生活の内容を相当程度詳細に推測し得る情報となり、原告らの主張するような国民の行動に対する監視の問題すら生じ得るという点で、Nシステムによって得られる情報が、目的や方法の如何を問わず収集の許される情報とはいえないことも明らかである。

 この判決は、Nシステムが日本全国約400カ所にあることを前提としたものだ。
 現在、900カ所を超え、Nと連動させられるTシステムも1000カ所を超える…。
 91年の判決が危惧したことが、すでに現実のものとなっていると言えるのではないか。
 愛媛県警から流出したNデータを見ると、そのことは背すじが寒くなるほど実感される。

 愛媛の流出データが原告側から証拠請求された場合、被告国(代表者法務大臣・長勢甚遠)は、それが警察のデータと認めるかどうか、興味深いよね。

 ところで、私個人としては、「Nをなくせ!」などと最初から言うつもりはない。
 ただ、具体的に誰がどう運用してるのか、犯罪捜査以外にどう利用されているのか、全く明らかにされておらず、目的外の恣意的な利用があってもわからないこと、そういう利用を防ぐ現実的な手立てがないらしいこと、そういったところに非常な不安を覚えるわけ。
 Nに限らず、監視装置は、諸刃の剣といえる。
 世のなか、たいがいのものは諸刃の剣だろ。
 民のためになる側の刃が鋭いことはけっこうだが、民のためにならない側の刃は、丸めていかねばならない。それは十分に、または一定程度可能なことと思える。可能じゃなくても、努力していかなきゃ。
 そうやって世のなかは、比較的良い状態に保たれていくべき…そんなもんでしょ。

 おまけ。笑える動画を見つけたよ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月19日 (金)

長距離トラックの日常的な飲酒運転

1月19日(金)10時~

 東京簡裁の、今週4件目の道路交通法違反の新件。
 刑事1室1係(松本弘裁判官)826号法廷。

 起訴状によると、首都高・都心環状線での酒気帯び。
 午後2時30分頃。大型貨物。
 は? 昼間に大型トラックがどうやって捕まったの?
 って思うでしょ。

 冒頭陳述、同意書証の要旨告知、被告人質問と続くうち、
「ええっ!? そっそんなことが!!」
 となった。
 詳細は『ラジオライフ』で書くとして、概要を一部…。

 被告人は長距離の10t車の運転手。
 朝、荷卸しが終わり、眠るために酒を飲み、醒めてないと認識しつつ運転を開始。
 強引に割り込んだことから、そのときの前後の車とトラブルになり、前に回り込まれて止められ、口論中、相手運転手から「酒臭いぞ、飲んでるだろ、警察呼ぶぞ」とケータイで110番され…という事件だった。
 検査値は0.35mg。
 しかも、当時の状況について、書証にある内容と、被告人の法廷供述とが真っ向違うのだった。

 酒気帯びは初犯で、他に前科もないが、大型車ゆえか求刑は罰金25万円。
 来週判決。
 10時49分閉廷。

 今日は13時30分から、16日のとは別の2人の被告人の貨幣損傷等防止法違反の新件があるけど、欲張らず気を散らさず、帰ってもぞもぞ仕事をしよう、と思いつつ、念のため1階でちらっと民事の開廷表をめくってみた。運転免許の行政処分関係の事件があるかなと。

 11時から、東京地裁・第43民事部(松井英隆・阿部雅彦・大倉靖広裁判官)103号法廷で、
   原告:破産者(株)ヒューザー破産管財人弁護士瀬戸英雄
   被告:北区外17名
 という損害賠償事件の弁論あり。

 たぶんすぐ終わるだろうから、どんな感じか、ちらっと覗いていくことに。←もう気を散らしてるよ!
 傍聴席には背広の男が数十人。
 おっさん臭ぇ~。って私もおっさんです(笑)。
 原告側は3人。
 被告側は、多数というより大量。傍聴人と同じくらいずらっと並んでる。

 私はぜんぜん知識がないので、無知な奴はそういう見当違いの受け止め方をするのか、という程度のまとめになるかもしれないが、被告側が構造計算の何かをどさっと出し、原告側は全部確認しなきゃいけないのだが、その確認をやる会社1社でさばける量ではなく、かつ、確認をする会社へは依頼が殺到しているので、どうしようか、とりあえずいくつかやって、その結果を踏まえて今後の進行を決めよう、とそんなことになったらしい。

 次の弁論期日が、なんせ当事者が大量なので「差し支え」「差し支え」で決まらず、
「3月9日11時で指定させていただきます」
 と松井裁判長。
 この裁判長、傍聴席からは全身見えないのだが、たぶん背は低いほうなんだろうと思う。
 で、両脇の2人の陪席裁判官が、えらく背が高い。
 肩が、裁判長の頭のてっぺんより高いくらい。
 若い大男のボディガードを従えた長老、みたいな感じだった。
 裁判長、そんな歳でもなさそうだけど。
 ま、絵になってる、と思えた。
 11時8分閉廷。

 警視庁で2件開示を受け、農林水産省地下・第4食堂(そば食堂)で、てんぷらそば大盛り360円。
 えらく高いと思ったら、エビ天の食券を買ってたのだ。贅沢っ。

 ちょっと第2食堂も見てみた。
 日替わり弁当400円、あれは良さそうだね!
 第5食堂の日替わり弁当360円も、お得感ばりばりだが、40円の差なら第2のほうが良さそう。
 でも、第5の定食のほうがもっとお得。旨いし、栄養的にも良いし。
 農林水産省の地下の奥のほうへ迷い込むと、外で昼食とる気がなくなるね。

 帰宅して、さて少し仮眠しようかと時計を見上げたところへ、某TV番組から電話が…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

午前2時に出会い系サイトで知った男の 後部座席が倒れた状態の車に

1月18日(木)13時30分~

 13時30分から、東京地裁・第19刑事部(角田正*裁判官)719号法廷で、道路交通法違反の新件。

※ *部分は、糸偏に「巳」。合体させると「糸巳」。
 私のパソコンではそんな文字は出ない。
 被告人氏名には、棒が1本多かったり少なかったり変わった文字がしばしばあり、「出生届を書き間違えたのかな~」と想像してるのだが、角田裁判官もそうなんだろうか。
 じつはそんな字、あるんだろうか。

 そういう話じゃなくて、719号法廷の前へ行くと、期日変更になってた。
 あ~、今日はこれで帰ろうか。
 いや、待てよ、霞っ子クラブのユキさんが傍聴してた殺人の、控訴審がちょうど13時30分からある。ちょっと見てこようか…。

 東京高裁・第4刑事部(大野市太郎・嶋原文雄・中島経太裁判官)803号法廷。
 さすが有名な殺人事件。傍聴席はずいぶん埋まってる。
 被告人(身柄。拘置所)は、黒いパンツスーツの細い女性。
 被告人質問が始まった。
 が、私は原審を傍聴しておらず、なのにたくさんの人物が次々登場するので、さっぱりわからない。
 しかも法廷はすごく暖かくて。
 うとうと…うとうと…。
 1時間近く眠ってしまった。

 途中で廊下へ出て、「そうだ、期日が変更になる事件は、ややこしい可能性がある、開廷表で被告人氏名等メモして、あとでチェックしよう」と719号法廷へ戻る。
 ふと隣の718号法廷(こっちは高裁の法廷)の開廷表を見ると、14時30分から強姦の判決。
 1~2分で始まるよ…。

 東京高裁・第6刑事部(池田修・吉井隆平・坂口裕俊裁判官)。
 被告人(身柄。拘置所)は車椅子。
 主文。本件控訴を棄却する。未決80日を刑に算入する。
 原判決の量刑は不明。

 もう1人の男とともに、出会い系サイトを通じて知りあった女性2人と、カラオケで遊ぼうと午前2時にコンビニの駐車場で待ち合わせ、後部座席を倒したワゴン車に乗せ、「遅いからカラオケ行くのヤメよう」と、280m離れた別の駐車場に止まり、車内で、片方の女性(※)に対し、口淫させるなど姦淫した…んだという。
※ 被告人氏名からネット検索すると、その女性は15歳の中学生? 後日自宅へ呼んでわいせつ行為をし、ケータイで写真を撮った? 逮捕容疑は「児童買春禁止法違反(児童ポルノ製造など)」となってるが…。

 被告人側の主張は、
「暴行を加えたのち強姦した事実はない。抑圧する程度の暴行を加えておらず無罪」
 というものらしい。
 池田裁判官は、
「午前2時に出会い系サイトで知った男の、後部座席が倒れた状態の車に、性行為をしない前提で自ら乗るはずがない」
 という主張を、
「被害者らが被告人らに会ったのは、カラオケに連れて行ってくれる相手をさがすためであったことは明らか」
 と退け、また、強姦中、強姦されなかったほうの女性がタバコを吸ったり携帯電話でメールをしたりしていたと、もう片方の男が原審で証言していることについては、
「(その女性のその行為は)必要以上に刺激しないようにしていたことのあらわれともとれるのであり」
 と退け、
「警察捜査の段階で被告人は否認を続けていたのに、認めれば執行猶予で出られるが認めなければ実刑だなどと言われ、屈して自白調書に署名した」
 旨の主張を、警察官証言によればそのようなことを言われた事実はなかったと退け…。

 真実は知らないが、いかにも裁判所っぽい言い方ではある…。
 2時47分閉廷。

 地裁の総務課(広報)で、来週の開廷表をチェックし終えたのが、15時10分頃。
 15時30分から地裁520号法廷で、「カリスマナンパ師」とされる被告人の児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反の新件だ。ちょうど良い時間…。
 いや、待て!
 お前は何者なのだ。
 お前の専門は道路交通法違反関連だろ。そんなに気を散らすな!
 メジャーで興味深い事件は、他の方々にお任せすればいいじゃないか。
 人間、欲張ったらアカン。
 美しい日本(※)の美徳とは、分をわきまえること、自らの分を知ることではないのか。
 と、新宿思い出横町の岐阜屋でラーメン350円、食って帰る。

※ 汚い奴ほど「美しい××」と言いたがる。掲げたがる。
※ 「分をわきまえる」は『武士道』より? 忘れた…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 19日1時10分現在、「週間IN」が460で21位~♪

2007年1月18日 (木)

セルシオの廃車処分料2万円

1月18日(木)13時15分~

 東京地裁・第19刑事部(津田敬三裁判官)424号法廷。
 道路交通法違反(無免許)。
 12月21日が判決の予定だったのに、車の廃車証明のことで延期され、改めての判決期日だ。

 2万円の廃車処分料を払ったという領収書と、その関連の封筒などを書証として提出。
 車はセルシオだそうだ。
「領収書ですか? 廃車証明じゃなくて…」
 と津田敬三裁判官。

 双方の意見を改めて聞き、被告人に改めて最終陳述させ、判決。
 懲役3月、未決30日算入。

 なんだ、廃車うんぬんは考慮されなかったのか…。
 と思ったら津田さんはこう言ってた。
「累犯前科があるうえ、無免許にもかかわらず車を手に入れており、悪質である。求刑の4月は当然、刑務所へ行ってもらわないといけない。が、車を廃車したというので、斟酌して主文の刑としました」
 うーん。

 被告人は再び手錠・腰縄につながれながら、
「訴訟費用はカンベンしてもらえるようにしてくださいよ」
 と弁護人に。
 それを、立ち上がって去りかけた津田さんが聞き、
「説明を省略したけどね、負担しなくていいことにしましたから」
 と壇上から。
 13時21分閉廷。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪ 
 

赤信号無視90㎞/hで自転車に衝突!?

1月17日(水)11時50分~

 東京地裁・第10刑事部(鈴木秀行裁判官)801号法廷。
 ちょい早めに入ると、窃盗・窃盗未遂の判決を言い渡すところだった。
 被告人は身柄(拘置所)。

 窃盗にもいろいろあるが、これは、いわゆるスリ。
 05年2月に、同種の窃盗・窃盗未遂で懲役2年、執行猶予4年の判決を受けたのち、
1、06年6月15日、京浜東北線の車内で女子大生のトートバッグから、
2、06年6月21日、京浜東北線の車内で女子大生のショルダーバッグから、
3、06年6月26日、京浜東北線の車内で女性のショルダーバッグから、
4、06年6月28日、京浜東北線の車内で女性のバッグから、
 現金やカード等が入った財布を抜き取り、4番目の現場を警察官に発見され、捕まったというもの。

 若い女性の、開口部の広いバッグを狙ったわけだ。
 被害合計約7万円。

 懲役2年2月、未決算入100日。訴訟費用不負担。

「求刑は3年6月。奥さんが今度こそしっかり監督すると誓っていること、幼い2人の子供がいることなどを考慮しても、2年2月はもうほんとにやむを得ないと考えて量定しました」
 と鈴木さん。

          ★

 予定の11時50分を7分ほど遅れて、危険運転致傷・道路交通法違反の判決。
 被告人は身柄(拘置所)。
 弁護人は高齢だが、身なりが良い。
 薄い白髪というより、よく整えられた銀髪、と表現したくなる。

 06年8月、午後5時頃、荒川区・西日暮里で、85㎞/hで進行中、前方の赤色信号を134.9mの地点で認めたのに、パトカーに追尾されていたため(覚醒剤が車内から発見されることをおそれ)、逃げようと加速し、90㎞/hで赤信号をことさらに無視して交差点に進入。横断歩道を青信号にしたがって右方から左方に渡ろうとしていた自転車の男性(49歳)を右前方49.9mに求め、急制動したが間に合わず、自転車後部に衝突。救護義務と報告義務を怠り、逃走を図ったのだという。

 何㎞/hだの何mだのいうのは、所詮は紙に書かれたもの。アテにはならない。
 とはいえ、相当とんでもない事故のように聞こえる。
 しかし被害者は、加療2週間の左手打撲・挫傷のみ。
 ほっとする。

 94年に懲役刑を受けて後、前科はなし。
「起きた結果はラッキーとしか言いようのないものだが…、悪くみようと思ったらいくらでも悪くみれるけれども、今後絶対にやらないという誓いをある程度信用して…」
 と懲役2年、執行猶予4年。訴訟費用負担。
 12時8分閉廷。
 たしかこの被告人、左手小指の先がなかった…?

          ★

 いったん帰宅して仮眠をとり、新宿歌舞伎町へ。
 新宿ロフトプラスワンで、阿曽山大噴火さん礼田計さんと、裁判傍聴のイベント。
 もう何回目か。
 今回もほぼ満席。ありがとございますぅ。

 この日のゲストは、「ライブドア事情に詳しい」とテレビで紹介されたという井上トシユキさんと、元刑務官・坂本敏夫さん。
 私はライブドアとか“ホリエモン”とか、まったく興味がないんだけど、坂本さんの話はじつに興味深かった。
 お客さんも興奮したでしょ、ねぇ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

弁護人なしの無免許とスピード違反

1月17日(水)10時00分~11時44分

 今日は東京簡裁・刑事1室3係(堀内信明裁判官)534号法廷で、道路交通法違反が続けて2件。
 堀内さんのとこで続けて2件なんて、マニアにとっては贅沢な配点だ。

 なのに、間違えて1時間遅く起き、それでも余裕があり、たまにはのんびり鈍行(各駅停車の電車)でと思ったら、予想外に遅く、途中で急行に乗り換えたものの、その後の地下鉄が、先がつかえてるとかでやたら止まり…。
 こういうのを美しい日本語では「翻弄(ほんろう)」というのであろうか。

 いつもは5~9分前に傍聴席に着くのに、10時1分着。
 礼田計さんが既にいた。

 なんと、壇上に堀内さんの姿はなく、検察官が被告人に書証(被告人を有罪にするために検察官が用意してきた証拠書類)を閲覧させてた。
 審理は始まってない。
 ラッキー! どれほど安堵したことか。
 私が不覚にも遅れると、審理の開始も遅れる、こういうこと、なぜかよくあるんだよね。
※ 通常、書証は公判前に(普通は弁護人が)閲覧するのだが、本件は弁護人なしで身柄のため(しかも朝一の公判のため?)、公判廷へ出てきてから閲覧しているのだった。

 被告人は金髪、つか明るい黄色の茶パツ。←それも茶パツというのか?
 根本がだいぶ黒くなってた。
 身柄(警察留置場)。
 猿がラジカセを担いでるイラスト入りの、グレーの、あれは何ていうんだろ、擦れるとシャカシャカ音がしそうな上下。

 被告人は書証を、じっくり丹念に読み、10時16分、やっと読み終えた。
 そして堀内さんが登壇。審理スタート。

 被告人は30代。
 風俗店の従業員だという。
 2回目の無免許。
 弁護人なし。
裁判官「キミのほうから、これを聞いてほしいということは?」
被告人「いやべつにないですけど」

 通常なら略式で罰金25万円だが、払わずどこかへ行ってしまいそうなので、身柄を拘束したまま公判請求し、未決勾留期間のうち×日を1日5000円に換算して、体刑に代えて執行する…というケースらしかった。
 前回の罰金20万円は、会社の誰かが払っており、現在の所持金は2~3万円だという。
 求刑は、仮納付命令付きの罰金25万円。
 直ちに判決かと思ったら、来週になった。
 上記「×日」の部分、何日の算入になるのか。

          ★

 次は、首都高・都心環状線外回り、芝2丁目2番地付近のオービスⅢLjによる超過67㎞/h(測定値117㎞/h)。
 ここのオービスも、ときどき公判廷へ出てくる。

 この被告人は、さっきより約半年、年下。
 黒のしゃれたジーンズに、白のしゃれた靴。帽子。
 ちょっと高座を離れた噺家さんのような雰囲気。
 これも弁護人なし。
 道に迷ったそうで、少し遅れてやってきた。
 6分ほど休廷して、書証を閲覧…。

 普通なら略式で罰金9万円の事件。
 公判請求になる(略式に応じなかった)からには、何か不服があったはず。
 堀内さんはそれを確かめようとするのだが、被告人はとくに言わず、審理は進み…。
 ところが、最終陳述の段になって初めて、「覆面(パト)みたいなのに後ろからあおられたのが…」と言い出すのだった。
 じつはそのことは、最初に警察へ出頭したときから毎回言っており、そのことを記載した書面もあるのに、検察官提出の書証には含まれていないのだった。

 堀内さん、翻弄されましたね。
 おあとがよろしいようで…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月17日 (水)

マジック用コインで「貨幣損傷等取締法違反」

1月16日(火)15時30分~

 東京地裁・第16刑事部(川口政明裁判官)610号法廷で、貨幣損傷等取締法違反の新件。

 村上さんが東映ヤクザ映画の組長だとすれば、この川口さんは年末のスペシャル時代劇のご家老役がぴったしずっぽりだと思う。

 川口さんも冒頭、珍しい事件だと言ってたように、これは極めて珍しい事件。
 東京地裁の主な傍聴マニアが全員集合っ! て感じ。
 貨幣損傷等取締法ってのは、条がない、項だけの短い法律なんだねぇ。
 ま、↑このハイパーリンクをクリックしてみてください。エロサイトへは飛びませんてば(笑)。

 で、内容については、いや~、じつに興味深かったのだが、
「ミスターマリックも同罪で逮捕されるのか? あれは魔術だから大丈夫なの?」
 というにとどめ、あとは「裁判傍聴愛好集団刑裁はうす」の傍聴記に譲ることとします(拙著を紹介くださってありがとございますぅ)。
 阿曽山さんも、きっとレポートしてくれるでしょう。
 霞っ子クラブの毒人参さんも。

 私はもう時間がなくて。風邪をひきかけなのか、喉が痛くなってきて。
 薬飲んで、もう寝ます。
 明日、ってもう今日か、新宿ロフトプラスワンで、裁判傍聴のイベントだし。
 よかったらおいでください~。
 じゃんけんプレゼント、いろいろ用意してます、うふふ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

町の電気店の哀しい無免許

1月16日(火)14時40分頃~

 東京地裁・第8刑事部(山下博司裁判官)407号法廷で、14時15分から道路交通法違反の新件。
 だいぶ遅れてしまったが念のため、と14時40分頃行ってみたところ、外に職員がいて、
「被告人が空気感染症に罹患しているようなので…」
 とマスクをくれた。
 なかなか厳重な、つけるのに苦労するマスクを。
 けっこう息が苦しいぞ。
 そういう法廷を、前に(外から)見たことあるけど、自分で傍聴するのは初めて。うれし~(笑)。←バカですな。

 入ると、もう全員、口先の尖った白いマスクをつけてるではないか。
 なんか笑いそうになった。

 審理は、被告人(身柄。拘置所)の妻の証人尋問の途中だった。
 被告人は、60歳くらいなんだろうか。
 93年に「免許更新漏れ」で無免許となり、その後、目が悪くて(右目の視力があまりないらしい)再取得できず、しかし電気店をやっており、小さな電気店は廃れる一方で、なんとか生活するためには、お客さんからの電話を受けたら直ちに出張るのが必須で、車を運転せざるを得ず、それで運転を続け、00年と03年に無免許で罰金となり、04年には無免許で執行猶予付き懲役刑を受けたのに、今回、その執行猶予中に、電話代の滞納で電話が通じず、急いで払おうと、自転車でも時間的にはそう違わないのに車を運転し、一時停止違反で止められたのかな、捕まったのだという。

 事故って他人を死なせたら取り返しがつかないとはいえ、なーんかもう、時代に取り残された町の電気店の、わびしい哀しい事件、という感じがした。
 もう電気店は廃業し、自宅は売り、奥さんと一から出直すんだそうだ。
 若い検察官による求刑は、「懲役6月の実刑」。
 次回判決。
 あの年齢で、無免許で刑務所へ行くんだろうか。
 実刑判決でも、控訴して、
「原判決は、その言渡しの時点においては、重すぎるとは言えない。しかしその後、被告人はこれこれ反省を深めたことが認められるので…」
 と執行猶予に落ち着く、という道もあるんだろうが。

 さぁ、次は、珍しい珍しい「貨幣損傷等取締法違反」だ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

腕組みで仁王立ちする被告人

1月16日(火)14時10分~

 東京簡裁・刑事1室2係(横川保廣裁判官)836号法廷で、道路交通法違反の新件。

 開廷表の被告人氏名に見覚えあり。
 06年10月3日13時20分10月26日14時10分、空振りさせられた事件だった。

 3回目なんだけど、第1回公判、新件になるんだね。

 弁護人とともに3分ほど遅れて入ってきた被告人は、態度悪い悪い。
 「俺は、ふてくされてるんだ。文句あっか」感が、ばりばり伝わってきた。
 証言台の前で、頭をかしげ、腕組みして仁王立ちする被告人の、ひざが曲がってる。
 なぜ?
 あとでエレベータのなかで1人マネてみた。
 無理にそっくり返ると、自然とひざが曲がるんだね。
 あなたもパソコンの前で立って、やってみてね。
 そうそう、そんな感じ。 

【場   所】 首都高5号線下り 豊島区南池袋2-41 5.95kp
【日  時】 2005年4月16(?)日 午後4時46分頃
【装   置】 三菱電機 RS-2000
【測定値】 127㎞/h 制限速度60㎞/hを67㎞/h超過
【被告人】 30代 会社員  
【弁護人】 あり
【主   張】 「(起訴状に間違ってるところは)いや、ないです。(起訴事実が)事実とは思ってないですけど、この先争うつもりはないんで、ま、認めます」

 オービス裁判の基本パターンの1つだ。
「絶対126㎞/hも出してないけど、どうせ勝てないから争わない」
「126㎞/h出した事情など、どうせ酌んでくれないだろうから言わない」
 のいずれかで、ムカついてたのかな。
 そりゃ、わからないじゃないけど。

 否認の理由、ないし略式に応じなかった理由が何か、捜査段階での調書にあるはずなのに、検察官は要旨告知しなかった。
 ただ、検面(検察官面前調書)だけ証拠請求され、員面(司法警察員面前調書)が請求されてないようなのが、気になった。なんで?

 被告人質問。
 被告人は、本件後に運転して無免許で罰金25万円となり、免許取消になったそうだ。
 弁護人からの質問は、この先免許を取るつもりはあるか、もし取ったとき二度と違反しないか、のみ。
 検察官は「弁護人からの質問で十分と思います」。
 裁判官は、勤務先の会社のことだけ質問。

 ふてくされてる被告人には、あんまり触らず、所定の手続きだけ踏んで早く終えよう、というものがときどき感じられる。
 まあね、争わないと言ってるのに、やたらつついても、結局、腹立ちを倍加させるだけなのかもしれない…。

 求刑は相場どおり罰金9万円。
※ これは超過60㎞/h台の首都高での相場。一般道だと10万円だよ。

 5分間休廷して判決。罰金9万円。
「全額納めることができないときは、その未納分を、金5000円を1日に換算して被告人を労役場に留置する」
 という言い方を裁判官がしたのが、マニア的には気になった。
 あたかも、全額一括払いでないことが当たり前のようじゃないの。
 くっそう、私が「駐禁の罰金1万5000円のうち1万円分だけ労役場に入れてくれ」と言ったとき、検察庁の徴収課は「罰金は分納できません!」と言い張り、5000円をどうしても受け取らず、1万5000円全額を銀行口座から差押えやがったのに。←あらら、ふてくされてますね。

 訴訟費用は不負担。
 14時37分閉廷。
 判決まで24分間か。

 14時15分からやってる地裁の道路交通法違反、新件をちょっと見に行ったら…!

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

ハプニングバーで公然わいせつ幇助

1月16日(火)13時30分~

 今日は10時から殺人の新件。
 いやいや、ここは、やはり分をわきまえて(専門外に手を出すときりがないので)パスし、ちらっと仮眠。
 13時15分の道路交通違反の判決(審理は傍聴してない)からスタート…。
 の予定が、ちよと寝過ごし、かつぎりぎり電車(10分おき)に乗り遅れて、裁判所着は13時23分。げ~。

 13時30分から、東京地裁・第17刑事部(登石郁朗裁判官。幼稚園からエリートだったお坊ちゃん、みたいな感じ。いやゴメン。特徴をデフォルメして覚えるのが習性なので許してねcrying)の723号法廷で、「公然わいせつ幇助」の新件を傍聴することに。

 公然わいせつ幇助って、あんまりないけど、もしかしてあれかな…と思ったらそれだった。
 起訴状朗読で、「下半身を露出し」「性玩具を挿入し」「陰部をなめるなどし」「乳房を露出し」「陰部をパンティーの上からなめるなどし」等の、中学生が喜ぶ言葉がばんばん出た。
 池袋のハプニングバーの事件だった。

 被告人は、ちょっと眉の濃い、普通のおじさん風。保釈中。
 38年間、東京都の西のほうの市役所に勤務したのだという。
 少年野球の監督をしたり、サッカーの審判の資格を持ってたり。
 ところが、市が合併することになり、00年末に勧奨退職に応じた。
 年金が出るまで、と喫茶店をやることにした。
 当時、ドトールコーヒーとか流行って、一般の喫茶店は衰退の時期。
 フランチャイズは大金が必要だし、公務員時代何十人もの部下がいて人をつかうことに疲れていたこともあり、かとって自分に技術があるわけじゃなし、いろいろ検討した結果、カップル喫茶をやることにしたのだという。
 04年、お客の薦めもあり、もっと売上を得ようと、単独男性も受け入れることにした。
 それがハプニングバー。

 40年近く公務員をやってきて、始めた喫茶店がなぜカップル喫茶なのか、裁判官はどうにも理解できなかったようで、何度も理由を尋ねていた。
 被告人の答は、先に供述したことの堂々巡り。

 紙に書いて、法曹界の他の者がその紙を見たとき、さくっと納得するような、そういう理由を求めるのだな裁判官は、という臭いを失礼ながら私は感じてしまった。
 これはオービス事件にも共通する。
 真実はどうせわからない。だから調書に書かれて署名押印があることを拾えばいいのだ…。紙の上で整合してるように見えれば、とりあえずいいのだ…。紙の試験に勝ち上がってきた人の、紙の世界…。裁判所の限界…。
 そういうものを、どうも感じるんだけど、如何でしょう。

「二度としないと、当法廷で誓えますか?」
「誓います」
 お定まりの手続きを経て、求刑は懲役3月。
 被告人は、伊豆のほうで余生を暮らすのだという。
 前科はないようで、ま、これは執行猶予だろう。

 マニア的には、通常は被告人に示す、甲号証の写真を、
裁判官「写真を示すほどのものではないですね」
 と示さなかったのが、私としては初めて見るシーンだった。

※2014年追記: そんなのが「初めて見るシーン」とは、この当時、争いのある事件を多く傍聴していたのか…。

 あと、未成年者を入れず暴力団ともとくに関わらず、ハプニングバーをやることの、どこが悪いのか、法廷的な考え方も興味深かったね。

 詳しくは、「裁判傍聴愛好集団刑裁はうす」か阿曽山大噴火さんがレポートしてくれるんじゃないかな。

 私は次の事件の時刻が迫り、求刑を聴いて退席。

※2014年、さらに追記: 判決は懲役3月、執行猶予2年、訴訟費用(国選弁護人の費用)不負担。詳しくは拙著『裁判中毒』に収載。 あと、13時30分からの、事件名に「わいせつ」の4文字があって傍聴席20席の事件を、13時23分頃に裁判所へ行って傍聴できた、ということに驚愕を覚える! 今は傍聴人が爆発的に増え、とくにエロ裁判は大人気なのだっ。

 Banner_02_2 人気blogランキング

2007年1月15日 (月)

税金で票を買う無敵の自民党に対抗できる唯一の方法は…

 ずるずると「きっこのブログ」を流し読みしてたら、「なりふりかまってらんない自民党(笑)」という記事に、自民党の松浪健四郎議員がこんなことを書いてるとあった。太字は今井。

「国会が終幕したが、与党議員は走りまわっている。自治体や関係機関が、予算編成にともなって御礼まわり、私も同行を依頼されて多忙。関西空港に関する予算は、ほぼ満額。府知事や大阪市長、関経連会長に関空社長が上京され、自民党3役に挨拶。さらに国土交通省に赴いて大臣ほか幹部に御礼まわり。面倒くさい仕事だが、予算獲得に汗した実感を得る。与党議員の特権であろうか。自民党大阪府連所属議員と知事および市長との懇談会も行なわれた。19年度予算は、比較的自治体に歓迎されるものとなっている関係でか、全員ともにニコニコ顔。交付金にしても各事業につけられる補助金も満額。財政難に苦しむ首長にとっては、安倍内閣サマサマであろう。これも好景気のおかげだ。くわえて、来年は参院選挙、各自治体も与党を応援せねばならないように追い込む予算。民主党や野党を応援するとなると、しっぺ返しがあると理解せねばならない・・・。(後略)」

 続けてきっこさんは、こう論評している。

この駄文の最後の部分、「各自治体も与党を応援せねばならないように追い込む予算。民主党や野党を応援するとなると、しっぺ返しがあると理解せねばならない・・・。」、これこそが、自民党のヤリクチであり、今回の宮崎での自民県連主催の新春懇談会でも炸裂した「票をお金で買う」って方式だ。それも、自分たちのお金じゃなくて、あたしたちから巻き上げた血税が、自民党や公明党の候補者の票を買うために、湯水のごとく使われてるってワケだ。

 ぃえ~~~っ?
 いっくらなんでも、そんなあからさまな本音つか真実を、現職国会議員が書いて公表するかぁ?

 申し訳ないけど、ちょと信じ難くて、松浪議員のHPを見てみた。
 すると、あらまぁなんと!! 「健四郎代議士日記」の06年12月22日「師走」に、マジでそんなことがハッキリ書かれてるではないか!!
 驚いたっス…。

 先日、スーパーへ行ったところ、どこを探しても納豆がない。
 あり? このスーパーって、納豆、置いてなかったっけ?
 んなわきゃないよな…。
 よくよく見ると、スーパーにしては珍しく空っぽの棚があり、そこに張り紙が。
 「発掘! あるある大辞典2」というTV番組で、納豆を食べて痩せるとかいうのが放映され、そのせいなんだという。うっそーん。

 税金で票を買う無敵の自民党に対抗し、民主党選挙本部は、あらゆる機会をとらえ、次のように積極的に広報することを決めたらしぃ。

 選挙区は民主党候補者に、比例区は民主党に投票にすると、若返りホルモンDHEAが増え、脂肪を燃焼させてみるみる痩せることが確認されました。先の衆院選挙で、日米のさまざまな専門家の協力を得て実験したところ、8名全員の体重が減少しました。
 驚きの民主党ダイエット!! 今年の参院選挙で是非お試しを!!

 民主党でヤセる黄金法則
  ① 選挙区と比例区に投票すべし
  ② 朝晩投票すべし
  ③ よく混ぜて20分放置すべし

※ 言うまでもないことかと思うのですが、「民主党選挙本部は…」以降の部分のみ冗談ですよ。だぁって、「よく混ぜて」ってのが意味わかんないし。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

※ 06年1月21日1時40分追記

 上記「…以降の部分のみ冗談ですよ」は、正しくなかった!?

納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも
 「ダイエット効果がある」として納豆を取り上げ、全国の小売店での品薄騒動を引き起こしたフジテレビ系のテレビ番組「発掘!あるある大事典2」を制作した関西テレビは20日、記者会見を開き、実験が「捏造(ねつぞう)」だったことなどを明らかにし、千草宗一郎社長が陳謝した。

 と読売新聞(上掲記事はその一部)。
 各紙、同様の記事をばんばん出してる。
 以下はライブドアニュース。

フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(上)」06年1月14日
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(下)」06年1月15日
続・フジ『発掘!あるある大事典II』の納豆特集でねつ造」06年1月20日
【続・続】フジ『発掘!あるある大事典II』の納豆特集でねつ造」06年1月20日

 げえっ、マジっすか!?
 …そうしてみると、「民主党でヤセる黄金法則」みたいなのも、あながち冗談じゃないのかも。
 似たようなことを、すでにどこもやってる? あそう…。
 と聞いて「選挙なんてくだらねえ」と棄権すれば、イコール自民党を利することになる、と。

2007年1月14日 (日)

1月23日 彦根簡裁で第1回公判!

高速道を不正通行させた疑い、区議を逮捕
2006年11月15日11時22分
 フリーウェイクラブによる高速料金不払い事件で、滋賀県警は15日、東京都江戸川区議で同クラブ副会長の田中健容疑者(40)=同区中央4丁目=を道路整備特別措置法違反(高速道路の不正通行)容疑で逮捕した。
 調べでは、田中容疑者は8~9月、会長の和合秀典容疑者(65)=同容疑で逮捕=らと共謀し、会員の女性(58)に阪和自動車道の和歌山料金所(和歌山市)を、4回にわたり料金計4400円を支払わずに通行させた疑い。女性は6日に同容疑で逮捕され、9日に罰金50万円を支払い釈放されている。
 田中容疑者は6月、大阪市内で和合容疑者らと同クラブの勉強会を開催。参加した女性らに対し、不正通行を「1人でも始められる市民運動だ」などと促していたとされる。調べに対し「(通行を)指示した覚えはない」と容疑を否認しているという。
 田中容疑者は95年に初当選し、当選3回。

 と朝日新聞
 この事件の第1回公判が、1月23日(火)11時15分から彦根簡裁で行われる予定。
 滋賀県彦根市の、彦根簡裁ね。

 道路整備特別措置法の「不正通行」の罰則は、58条。

 第二十四条第三項後段の規定に違反して道路を通行した自動車その他の車両の運転者は、三十万円以下の罰金に処する。

 罰金なので、とくに争いがなければ略式で終わる。
 争いはあっても、とにかく釈放されるため略式に応じて罰金の支払命令を受け、それから2週間以内に正式裁判を請求する、という方法もあるわけだが、この事件はもとから公判請求(略式を経ずに正式な裁判)のようだ。身柄を拘束されながら否認を続けたものと思われる。

 漏れ聞くところによると、田中健さんは、とくに無料通行を勧めることはなく、会場にいただけらしい。
 それが事実なら、副会長の立場で会場にいるだけで、共謀になるのか。
 検察は、「なる」と解して主張するのか、はたまた「勧めた事実があった」とするのか。
 自民党がなんとしても成立させたいらしい「共謀罪」は、“目配せだけでも共謀”とか言われているが、現在すでに“同席だけで共謀”なのか。
 どう、興味がわいてくるでしょ。

 こういう事件は、被告人側も冒頭陳述をやるかもしれない。
 こういうので真っ向から争う裁判は、非常にレアだ。
 お近くのマニアの方は、ぜひ傍聴を。
 11時15分からってことは、長くても12時には終わる予定なんだろう。

 せっかく行ったからには、ついでに道路交通法違反も、と言いたいのだが、検察統計年報によると、05年の彦根区検の道路交通法違反の公判請求はゼロ。
 滋賀県内は、彦根のほか、高島、甲賀、東近江の各区検がゼロ、大津区検が2件、長浜区検が1件あるだけ。
 道交法違反に出会える可能性は極めて低い。残念。
 でも、窃盗事件は、もしかしたらあるかも。
 0.01%が0.02%になる、程度の望みかもしれないけれども、そういう望みをもって実行しなければ幸運には遭遇できない。人生とはそういうもんだろ。おお!
※ 区検は簡裁に、地検は地裁に対応する。
※ ただし、宝くじは馬鹿馬鹿しいと思う。その望み利用してカネを得る仕掛けだから。ま、私もたまには宝くじ、買うけどもさ(笑)。

 傍聴に行く前の予備知識を少し。
 罰則にある「第二十四条第三項後段」とは何か。
 以下、24条3項のうち後段を太字にするyo。

 会社等又は有料道路管理者は、この法律の規定により料金を徴収することができる道路について、料金の徴収を確実に行うため、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣の認可を受けて、料金の徴収施設及びその付近における車両の一時停止その他の車両の通行方法を定めることができる。この場合において、第一項本文の規定により料金を徴収される自動車その他の車両は、当該通行方法に従つて、道路を通行しなければならない

 「通行方法」については、道路整備特別措置法施行規則13条の2項のイで、こう定められている。太字は今井。

通行車両は、確実に係員が料金の収受を行うことができる程度に当該係員が当該収受を行う場所に近接した場所(停止すべき場所について当該係員の指示又は標識その他の方法による表示がある場合には、当該指示又は表示に係る場所)で停止しなければならず、かつ、料金の収受後に当該係員が発進を承諾するまでの間は発進してはならないこと。

 そうすると、「会員の女性(58)」は、何によりどう、「係員の指示又は標識その他の方法による表示がある場合」であると認めたんだろう。
 停止しなかったんだろうか。
 「係員が発進を承諾するまでの間は」って、何をもって「承諾」というんだろう。
「定められた料金を払い終える(領収証書の交付を受ける)までの間は発進してはならない」
 とかすれば良さそうなもんなのに、わざわざ係員の「承諾」を必要としたのは、なぜなんだろう。
 うむ~。
 高速道路を使って(ETCは使わず)彦根簡裁へ行く方は、どんな「指示又は標識その他の方法による表示」があるか、どんな「承諾」があるか、チェックしときましょう。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

払いません。―ナンデ?モッタイナイ! Book 払いません。―ナンデ?モッタイナイ!

著者:和合 秀典,今井 亮一,松谷 宏,本多 勝一,日向 咲嗣
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月13日 (土)

被告人は無罪!

1月12日(金)14時30分~

 東京地裁・第1刑事部(小坂敏幸裁判官)で、道路交通法違反教唆・傷害の判決。
 これはねぇ、やっぱ、雑誌に書こうかと思う
 んだから、ここでは概要だけにしとこう。興味深いディテールは省略するよ、ごめんね。

 検察官から補充の被告人質問が1~2分あり、判決言渡し。
裁判官「主文、被告人を懲役6月に処する。ただしその刑の執行を4年間猶予する」
 被告人が「はぁ~」と大きく息を吐き出した。
裁判官「訴訟費用のうち、国選の弁護人に支給した部分の3分の1を被告人の負担とする」
 え? そういうのは珍しいな。

 そして、「げえっ!!」となったのは、その後だった。
裁判官「第2、第3の事実について、被告人は無罪」
 第2、第3の事実というのは、同居女性に対する傷害なのだが、被害女性の供述もカルテの記載も信用できないということで、無罪なのだった。
 しかも、第1の事実(これが無免許運転の教唆)は、執行猶予中の再度の執行猶予。

 判決理由を朗読する間、被告人(身柄。拘置所)は被告人席へ戻されたのだが、座って体を前へかがめ、両手で顔を覆っていた。

 がーん! まともな無罪、つまり検察官の論告・求刑に逆らっての無罪を、初めて傍聴したよ!
 やっぱこりゃあ、雑誌に書かねばいかんでしょ!

 この(一部)無罪判決、報道されたのかなぁ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

申し訳ないカンベンしてくれと言いながら

1月12日(金)13時30分

 東京地裁・第5刑事部(栃木力裁判官)532号法廷で、道路交通法違反・業務上過失致傷の新件。
 栃木さんの法廷も、私は久しぶりだ~。

 その前に(13時25分から)常習累犯窃盗・銃刀法違反の判決。
 02年に常累窃盗・覚醒剤で懲役4年を受け、06年5月に出所して5カ月足らず(?)で、自転車を盗み、開錠道具と護身用のナイフ(刃体長10cm)を持って車上狙いし、1万4000円相当のコンパクトディスクを窃取。
 車上狙いの前科が6犯あるんだという。
 懲役3年、未決40日算入。
「キミの場合つくかどうかわかんないけど、まじめに努めれば早く出られる、仮釈放の制度もあるんで、1日も早く出所して、こぉーんどはもうこんなことしないように。幸いにして、キミが車上狙いできる車はなくなるから」
 と、栃木さんはいつものようにニコニコ説示。
 そっかぁ、被告人が長年使ってきた車上狙いの“技術”は、もう古いんだぁ。

 続いて、13時30分からの道交法・業過致傷の新件。
 被告人(在宅。保釈中。保釈金80万円)は細身で黒スーツで短髪。一見ボクサーのよう。手が大きい。
 06年11月、仕事先のお客と食事しようと入ったのが寿司屋で、刺身などつまみが出るものだからつい生ビール1杯と焼酎水割り3杯を飲み、帰ってまた仕事しようと普通貨物を運転。カーナビのセットに気を取られ、信号待ちしていた自動二輪(スクータ)に低速で追突。追いかけて車にしがみつくスクータ運転者に「ごめんごめん」「申し訳ない、カンベンしてくれ」と言いながら200mにわたり車を走らせて逃げ、観念して停止したところを、目撃して走ってきた警察官により現行犯逮捕…という事件。
 スクータ運転者は両下腿打撲など全治2週間。
 翌日、被告人の妻が謝罪に行き、その後(?)10万円を払い、宥恕を得ているという。

 06年8月の終わりに福岡で、幼児3人が亡くなるという痛ましい飲酒事故が起こり、全マスコミが飲酒運転・飲酒事故についてコレデモカというくらい報道しまくっていた時期(ないし少し収まりかけていた時期)の事件だ。
 酒を飲んで事故を起こしたので、怖くなって逃げたのだという。

「私は弁護士だから、交通事故はもう嫌になるほど見てきている! 親を亡くした子供、子供を亡くした親、もう嫌になるほど見てきている!」
 と弁護人は被告人に、二度と運転しないことを誓わせた。
 被告人(自営?)は、運転する従業員を雇ったと言っていた。
 しかし、まだ30代で技術的・職人的な仕事をしている被告人が、生涯運転しないなんて、無理があるのでは?

裁判官「将来的にもうハンドル握らないの?」
被告人「…今はその気持ちはない」
裁判官「今どき、任意保険に入らないなんて非常識でしょ」
被告人「…ちょうど車を乗り換えようと(任意保険が)切れて間もないころで…」
裁判官「人がドアに張り付いてるのに走るって、殺人罪になりかねないこと、わかってる?」
被告人「…はい」
裁判官「殺人罪! なりかねないよ!」
裁判官「はい…」
裁判官「はぁい、じゃ終わりました。元の席に戻ってください。はぁいじゃ検察官、ご意見を」

 求刑は懲役10月。
 次回判決。
裁判官「はぁいじゃ今日はこれで終わります」
 やっぱ栃木さんはいいな~。
 14時18分閉廷。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

いささか世の中を甘くみてるというか

1月12日(金)13時15分~

 東京か千葉か悩みに悩んだ末、よしゃ、久しぶりに千葉地裁(改装工事中だという)を見てくるかと、2時間半前に出かける。
 13時30分から、千葉地裁(簡裁?)でオービス事件の新件があるのだ。

 …が、電車の中で、なんだか気持ち悪くなった。
 あんまり寝てないからだろう。
 どうしよう。
 交通安全教会の戒律にこうある。
 押すべきときは少々無理しても押し、退くべきときはあっさりとっとと退くべし。

 急遽、東京地裁へ行き先変更。
 1時間半以上余ってしまうが、しょーがない。
 それが功を奏したか、いや、千葉のオービス事件の内容を知れば後悔することになるかもしれないのだが、とにかく、この日、東京地裁で興奮の事件を傍聴することになるのだった…。

         ★

 まずは農林水産省地下・第5職員食堂で、早めの腹ごしらえ。
 鯖味噌煮定食(半食)380円。
 地下の売店のほとんどが撤去し、廃墟のようになっていた。
 まさに昭和の廃墟。
 入札で入れ替わるんだそうだ。
 あの風情が失われるのか。哀しい。

         ★

 裁判所1階で、最近あまり見なかった民事の開廷表をチェック。
 「不当利得返還」という事件がずいぶん入ってる。何割かを占めてる。
 被告は見る限りサラ金。
 これはあれか、払いすぎた利息を返せ、というやつなのかな。

         ★

 5階の関係者控え室でだいぶ居眠り。
 13時15分から東京地裁・第13刑事部(村上博信・中川正隆・小林麻子裁判官)で、道路交通法違反・偽造有印公文書行使、の判決。

 村上さんの公判は、私はたぶん久しぶりだ。
 最前列中央の傍聴席の傍聴人と、目があった。
 この人、知ってる。誰だっけ。思い出せない。

 最前列左側に座ると、あとから霞っ子クラブの毒人参さんが隣に。
 あ~、毒さんは“村上さん好き”なんだっけ。

 13時14分、みんなそろってるところへ、やっと被告人(在宅)が来た。
 検察官(茶系のスーツで背の高い、一度見たら忘れない感じの若めの女性)が弁論再開を求め、ブツを証拠請求。
 ビニール袋に入れられた、偽造免許証だ。
 そして、求刑2年に加え、押収してある偽造免許証の没収を…。
 
 村上さんいわく、没収の手続きは5分や10分では終わらず、次の事件もあるそうで、14時40分まで求刑となった。
 なんだよぉ~。
 こっちは14時30分から別の事件がある。傍聴できないかもしれないじゃーん。

 傍聴席最前列の傍聴人に、廊下でご挨拶。
 もしやと思ったら、やっぱり「裁判傍聴愛好集団刑裁はうす」の方(団長?)だった。

         ★

 それから私は別の法廷で2件傍聴し、14時50分頃に戻った。
 説示の最中だった。
 主文は懲役2年、執行猶予4年だったようだ。
 偽造免許証は当然没収となったんだろう。

 で、その説示が、まー、村上さんらしいというか。
 低く通る、ドスの効いた声。昔の東映ヤクザ映画の組長役がぴったしずっぽりじゃん?

「(被告人の反省は)真摯な反省とは見ていないけれども、まぁそれなりに反省している…。
 (なぜ執行猶予にしたか)従前、前科がなかった、これがいちばん大きい。
 なぜ3人で裁判をしているか、わかりますか?
 キミがやったことの重大さを、考えてください。
 いささか世の中を甘く見てるというか、バカにしているというか、世の中のルールを守るということに…。
 あぁこれで終わった終わったと、そのような甘い考えが再び頭をもたげ、今回のように法廷で裁かれることになると、間違いなく実刑の判決になります…。
 うーんと多くの人がそういうこと(執行猶予の取消および実刑)になってます。
 あなたにはそういう要素があります!」

 そんなこと言い切る裁判官はあんまりいないよ。
 それを、昔の東映ヤクザ映画の組長役のように壇上から言うんだから、人気あるわけだ。

※ 興奮の事件は、「別の法廷で2件傍聴」したうちの1件。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月12日 (金)

パトカーに最新式カメラを搭載

パトカーに防犯カメラ…警視庁が700台配備検討
 犯罪の多発地域を中心に最新式カメラを搭載したパトカーを走行させ、街角の映像を自動録画する全国初の措置を、警視庁が導入する方向で検討していることが明らかになった。
 犯罪の証拠保全とともに、「パトカーが街頭を撮影している」という意識を広げ、犯罪抑止につなげる狙いがある。東京都内を走るパトカーの半数の七百数十台で運用したい考えだ。市民の肖像権やプライバシー侵害につながるとの慎重論に配慮、有識者にも映像の利用方法の意見を求め、2007年度から一部車両での実施を目指している。
 警視庁は現在、都内の全パトカー約1400台のうち五百数十台に家庭用8ミリビデオカメラを配備、暴走族の摘発や不審車の追跡などに利用しているが、パトカー乗務員は2人1組のため、無線の連絡などに追われ、捜査に必要な映像を撮影できない事例が報告されている。
  最終更新:1月10日18時4分

 と読売新聞。
 そっかぁ、山がまた一歩、ゴゴゴと動くんだな、という感じがする。

 監視カメラはもう町中にあふれてるわけで、プライバシーがどうとか、こだわる人はもう少数奇矯とさえいえる時代となり、いよいよそういう一歩を踏み出すんですか、と。

 追尾式の速度違反取締りを行うときは、そのカメラ、停止させるのかな。
 だって、法廷で証言するような追尾方法(『なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識』のQ036参照)は、現実にはほとんど不可能、録画という証拠があっては追尾式は成り立たないから。
 しかし、
「追尾開始と同時に、カメラは停止させました」
 と法廷で証言しては、さすがに裁判官も首をかしげるはず。
 どうするんだろ。

 追尾なんて原始的な、あり得ないやり方は、もうヤメるんだろうか。
 そして、オービスのセット速度(設定速度。それ以上の超過だと撮影するという速度)を下げ、青キップの違反も撮影できるようにして、運用を民間に委託する、なーんて可能性もあるよね。
 現在のところ、「赤キップ以上の悪質な違反を取り締まるためには肖像権侵害もやむを得ない」という趣旨でセット速度は設定されているけれども、ここまで監視カメラがあふれてしまえば、裁判所はもうそんなこと言わないでしょ。

 一歩を踏み出し、だんだんと拡大していく…。
 変わらないのは、証拠の取捨選択(※)は警察・検察の自由であること、当局に都合の悪い証拠を当局が隠すのは合法であること、写真や画像を当局がどう使っているか国民はチェックできないこと、などか。
※ 裁判員制度といっしょに出てきた公判前整理手続きにより、それはもっと国民の目に見えなくなるらしい。

 パトにつけるという最新式カメラだが、やがて(または最初から)Nシステムと同じように、ナンバーの文字情報を切り出してデータ化し、永久保存し、どの車が何年何月何日何時何分どこにいたか、瞬時に検索できるようになるだろう。
 犯罪捜査に役立つと同時に、国民監視が飛躍的に強まる。
 何事も「諸刃の剣」という面はあるわけで、問題は、その剣を誰が持つのか、どっちの側の刃を重視する者が持つのか、だよね。

 いまに外国の勢力によるテロがどかんと起こるだろう。
 そのとき、政府はマスコミはどう動き、日本はどこへ転がっていくのか。
 どう転がすか、準備万端、整え、テロを待ち望む人たちも、いるんだろうなぁ。
 昔、待ちきれずに自分たちで偽装してやっちゃったという事件もあったっけ。

懲役10月 罰金30万円 未決30日算入

1月11日(木)15時~

 東京地裁424号法廷(津田敬三裁判官)で、12月22日に傍聴した道路交通法違反・道路整備特別措置法違反の第2回。判決。

 5分前に法廷に入ると、広い法廷の40数席の傍聴席の、いちばん後ろ側の席に、6~7人の若者が。
 手前の1人は、前回証言した妻(被告人の)だ。
 私は最前列、被告人が見える席へ。
 被告人は落ち着いた感じのグレーのスエット上下で、手錠をかけられたまま、じっと前を見ている。文句なしに、いい男だ。トレンディドラマの俳優のよう。格好いい。

 15時ちょうど、裁判官が登壇。
 弁論再開。
 検察官が追加で書証を請求。
 弁護人、同意。
 要旨告知。
 甲23号証は、電話聴取り報告書。
 首都高・大井町料金所を管理していたのはどこそこであると。
 甲24号証は、資料入手報告書。
 道路整備特別措置法とその施行令の写し。
 それプラス、料金所の通行(ETCの通行)について会社が定めた規則があるんだそうだ。
裁判官「被告人車がETC車でないことが前提となってるようだが」
検察官「昨年11月より前は、二輪車はETC通行車ではないので」
裁判官「弁護人、よろしいですかね」
弁護人「(被告人と何やら話して)けっこうです」
 検察官、弁護人の意見は従前通りであることを確認して、改めて最終陳述。
被告人「………1日も早く社会復帰したいです」
 改めて結審。
 「審理を閉じる」という言い方を津田さんはしたね。

 そして判決。
 懲役10月、罰金30万円。未決30日算入。訴訟費用については言及なし。
 実刑である。
 求刑は懲役1年6月、罰金30万円だった。

「無免許にもかかわらず多数の者と共謀し、二輪車約16台を連ねて約7.8kmにわたり警察の追尾を受けながら暴走し、捜査が身辺に及んだと知るや、逮捕を免れるため逃亡生活を送った。以前にも共同危険行為で罰金刑を受けており、別件の執行猶予期間中に、共犯者に誘われ安易に犯行に至っていることは、遵法意識が欠落していると言わざるを得ない。そうすると、被告人に有利な事情を最大限考慮したとしても、再度の執行猶予を付すことはできないと裁判所は判断した」
 というふうな理由。
「まじめに努めれば、それだけ早く出られる制度(仮釈放)もあるので」
 とも津田さん。

 下りのエレベータで、被告人の妻といっしょになった。
 仲間かと思った若者たちは乗らなかった。
 私は地下の郵便局へ行くため、B1のボタンを押した。
 妻はぼんやり考え込んでいるようだったので、1階で降りるのか尋ね、私は1のボタンを押した。
 妻は1階で降りて行った。前回と同様の、豹柄のブーツだった…。

          ★

 郵便局へ寄ってから、至誠堂書店へ寄り、『Q&A実例警察官の職務執行』1300円が面白そうなので買う。

 それから9階の東京地裁・総務課(広報)へ。
 来週の開廷表をチェック。
 来週は道路交通法違反の新件がけっこう入ってる。
 珍しい罪名のがあった。
 16日(火)15時30分から610号法廷で、貨幣損傷等取締法違反。
 これはアレだ、マジックのネタに硬貨に穴を開ける等して売ったという事件か。
 同日13時30分から723号法廷の、公然わいせつ幇助、これもあんまりないんじゃないか。
 19日(金)13時30分から719号法廷で、別の被告人の貨幣損傷等取締法違反。
 こっちは、マジック用品販売業とマジシャンの事件か。
 以上いずれも新件。

 同日16時30分から522号法廷で、建造物侵入・強盗・営利略取・監禁・拐取者身の代金要求・窃盗の判決。
 これは、パチンコのゴト師をさらったという事件か。
 同日10時から419号法廷では、同居女性を包丁で刺殺したと報じられた殺人の新件。
 18日(木)は15時30分から520号法廷で、「カリスマナンパ師」の児童ポルノの新件もある。

 そういうのを「うわぁ!」とか言いながら傍聴してるとキリがない。
 私は道路交通法違反に集中しよう。
 って道路交通法違反も相当キリがないんだが(笑)。

 2階で、東京簡裁の開廷表をチェック。
 今日は10時から、金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律違反という、珍しい罪名の新件が入ってたんだね。

 それから警視庁へ行き、1件開示を受け、1件請求し、1件補正の手続き。

 帰宅して「待てよ?」と書棚を見ると、まったく同じ本があった、『Q&A実例警察官の職務執行』が。げえー! レンタルビデオは、数カ月前に観たのを忘れてまた借りる、ということがよくあるが、本までかよ!
 17日のロフトプラスワンの裁判傍聴のイベントの、プレゼントにしよっか。
 もぉう泣きたいです。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月11日 (木)

殺人被害者の元カレが出刃包丁で被告人に復讐を?

 「ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕、別人を誤認逮捕後」と朝日新聞。
 「ひき逃げでタクシー運転手逮捕 別に逮捕した女性は釈放」と産経新聞。
 「ひき逃げ、別のタクシー運転手を逮捕…女性運転手釈放」と読売新聞。

 これ、気にならない?
 女性のタクシーには、被害者のバイクの塗料が不着していたという。
 朝日と読売の記事では「女性は容疑を否認した」とされているが、産経の記事によると、女性は「逮捕後、接触事故を認めていた」んだという。
 産経がそう書くからには、いちおう自白調書は取ってたんじゃなかろうか。
 否認したけれども、逮捕後、自白した(自白調書を取った)…と?
 「女性運転手のタクシーに残された痕跡など十分な証拠があった」と警視庁は言ってるそうな。
 これはもう、真犯人(とされる被疑者)が見つからなければ、その女性は楽々、犯人に仕立てあげられていただろう。

 そういうことは読者に勝手に感じさせるにとどめ、新聞はとにかく記者クラブ発表そのままに報じる…。それが大手新聞報道の役割とすれば、オーマイニュースに取って代わられるのは時間の問題…。
 と言いたいのだが、私がちらちら見る限りでは、オーマイニュースはあまりにもかけ離れてるような。

          ★

 「呼気検査拒否で高校生を逮捕」と新潟日報。
 「高校生は酒臭く、飲酒して運転していたことは明らかだったため逮捕された」と記事にあるが、マニアックに言わせてもらえば、そのこと自体は、検査拒否の逮捕の理由にならない。道路交通法の規定は、というか論理構造は、ややこしいのだ。
 詳しくは、今発売中の『ラジオライフ』の私の連載を。

          ★

NEWSスポット:供述調書破った疑いで女性逮捕 /群馬
 8日、岐阜市柳津町上佐波3、建設業手伝い、■■■容疑者(33)を公用文書き棄容疑で現行犯逮捕。同日午後5時ごろ、富岡市内匠の上信越道富岡インターチェンジで、シートベルト違反で取り締まりを受け、供述調書に署名押印を求められ、調書を破いた疑い。■容疑者は「シートベルトをしていた」と主張しており、取り締まりに抵抗したという。■容疑者は家族3人で同市内に観光に来ていた。(県警高速隊) 

 と毎日新聞(■部分は記事では実名)。
 これも興味深い報道だよねぇ。
 犯罪=刑事罰の対象となる行為、であれば、シートベルト違反は犯罪ではない。
 ないのに、「供述調書」を取るのは、いちおう違法行為ではあるからか。どうなんだろ。
 ともあれ、公用文書を毀棄したのであれば、それは刑法258条の「公用文書等毀棄」罪になる。
 3月以上7年以下の懲役。
 罰金ではすまない。不起訴にならなければ、必ず公判廷へ出てくる。

 「シートベルトをしていた」については、真実は知らないが、そういうことはあり得る。
 否認されてもシートベルト違反は刑事手続きの扱いにはならない(つまり警察官には面倒がない)こともあるのか、かなりいい加減な現認(というか違反の押しつけ)が横行しているようだ。

          ★

 「ダンプ運転手、全国初のスト 運送単価引き上げ求め」と朝日新聞。
 関東ダンプ協議会栃木支部(栃木県佐野市、組合員数約800人)の、おぉ~、山内健人書記長!
 山内さんは、過去の道路交通法違反事件の公判記録のデータ化(電子ファイル化)という、たいへんな作業をやってくれてるのだ。
 1月中に、私の手元にある大量の公判記録を持って栃木へうかがいますぅ。

          ★

 ところで、1月20日、周防正行監督の最新作、「それボク」こと『それでもボクはやってない』が公開される。
 すでに観た人によると、だいぶんに面白いらしい。
 そのサイトから行ける、ブログ「映画宣伝マンによるそれボク的傍聴記」、面白いよ。
 傍聴し始めた頃がリアルに思い出され、笑っちゃったよぅ。

          ★

 えーと、そんなことで、だいたい書き終えたかな。
 あそうそう、『週刊朝日』1月19日号に、現役駐車監視員へのインタビュー記事(4ページ)が載ってます。
 駐車監視員の本音を、ぜひ読んでみてください。

          ★

 その号の141~142ページに、「遺恨 被害者の元カレが法廷で復讐計画」という記事。
 横浜地裁の殺人事件の法廷で06年9月、「元カノ」を殺害した被告人に対し、「ぶっ殺してやる!」「クソ!」と怒鳴った傍聴人がいたのだという。
 刃渡り17cmの出刃包丁を隠し持って裁判所へ入ろうとし、同行した友人に取り上げられ、11月に銃刀法違反などの容疑で逮捕されたんだという。
 「少しノイローゼ気味に見えた」との友人談あり。
 短い記事なのでよくわからないが、もしかしたら、そっちの公判がこれからあるかもしれない。
 記事には実名も載ってるので、横浜地裁へ通ってる方、ぜひチェックを。
 殺人のほうは、毎日新聞の記事によると、12月27日に結審し、判決は1月30日だそうだ。

          ★

P1010252  9日(水)は吉祥寺のちょい西の税務署へ、自転車で行ってきた。
 3日連続のいちおう運動だぁ。偉いっ。
 井の頭公園で、「踊る顔面紙芝居」というのをやっていた。
 お笑い系パフォーマンスとでもいうのか、私はちぃとも笑えなかったが、いちおう自分の世界(スタイル)をつくってるように見えた。そこは小気味よかった。「エンタの神様」とかに、あるいはもっと深夜の番組に、そのうち出る…かな?
 そういえば、06年5月に日比谷公園で見た、狂言か謡いか密法の呪文か、唸るあのギターのおじさんは、どうしたんだろう…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月10日 (水)

警視庁 職員配置状況

070109  被告人の未決勾留の場所は、本来は拘置所(法務省の施設)だ。
 しかし警察留置場を使うこともあり、ダイヨーカンゴク(代用監獄)と呼ばれる。

 拘置所の場合、腰縄の色はグレー。
 警察留置場の場合は、青っぽい色。

 いずれの場合も原則2人の職員がついて来る。
 留置場係の警察官に、巡査の階級をまず見ない…1回見た記憶があるような、ないような、だ。

070109_1  過去に開示を受けた文書を整理をしてたら、その関係の文書が、仕事場の資料棚にあった。
 「留管」って留置場の管理をいうんだろうと思うんだけど(あとで確認しとくです)、巡査は異様なほど少数なのね。
 なんで?
 参考のため、新宿署の定員もアップしとくです。
 いずれも05年7月21日に開示決定を受けた文書(4240円分)の一部。

 しっかし、うちの資料棚には、いろんな文書がそろってる。
 整理しないまま積み上げてほこりをかぶらせてる文書が、どれほどあるのか。怖っ。

 お知らせ。

千葉地裁303号法廷 1月12日(金)13:30~
  オービス否認事件 第1回公判

横浜地裁4階 2月6日(火)13:30~17:00
  レーダー否認事件 第2回公判 警察官2名証人尋問

東京簡裁728号法廷 2月6日(火)15:10~ 
  オービス否認事件 第2回公判 警察官証人尋問

横浜地裁4階 2月27日(火)15:00~17:00
  レーダー否認事件 第3回公判 内容未定

 ところで、当ブログのアクセス解析のリンク元ページを見てたら、「かけ出し裁判官Nonの裁判取説」というブログがあった
 この作者、現職の裁判官?

 締切り3本が終わり、珍しく次の急ぎの締切りがないので、8日(月)はプールへ。そして9日(火)は有酸素散歩約1時間。
 途中、久しぶりに『』を買った。風呂で少し読んだ。
 斎藤貴男さんの「『非国民』のすすめ」連載第20回「教育基本法“改正”」、良いね~。
 民意を問うはずのタウンミーティングのヤラセ、そぉんな凄いことをやってたんだ。知らんかった~。
 斎藤さんの論に、ほとんど同意。拍手、である。

 いわゆる「戦争できる国」って、月給10万円くらいでこき使われる新貧困層が(アメリカがやる戦争の)戦場で殺されるとか、それは一面だよね。
 戦時の銃口(殲滅のパワー)は、敵兵だけへ向けられるわけじゃない。
 必ず、自国民へも向けられるのだ。
 自国民(のうち戦争に反対する者、ないし個々の国民になかにある戦争は嫌だという気持ち)は、「戦争できる国(する国)」が都合の良い者にとって、敵兵と同じく敵だから。

 風呂から出て、1月5日の朝日新聞に、『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』の著者・安部司さんへのインタビュー記事を見つけた。
 安部さんはこう言ってる。
「消費者は添加物を嫌ってるのに、それがたっぷり使われているコンビニ弁当やカップめんは欲しがる」
「日本人は野菜の残留農薬が危険だといいながら、虫がつかず、きれいで安い中国野菜を奪い合うようにして買う」

 「汚い取締りをするな」と言いながら、汚い取締りに捕まれば唯々諾々とカネを払う(汚い取締りを行いやすくする)…。
 戦争は絶対に嫌だと言いながら、××党に投票する…。
 これが人間というものだわさ、と池波正太郎さんの小説の人物は言いそう。
 『1984年』に出てくる「プロレ階級」とイメージがダブる。
 1月9日、防衛省が誕生したそうだ。
 どうせなら「平和省」とすれば良かった?

       WAR IS PEACE
    FREEDOM IS SLAVERY
  IGNORACE IS STRENGTH

 たぶんSちゃんが置いていったペーパーバック『NINETEEN EIGHTY-FOUR』より。 

 Banner_02_2 人気blogランキング ← これを1日1回クリックすれば確実に痩せると聞き、半信半疑、試してみたところ、1週間ほどで体が軽い感じがして、1カ月で3kg痩せました。クリック痩身法、驚きです! とのご報告が続々。さぁ、あなたも試してみましょう。わはは。

2007年1月 9日 (火)

無免許ひき逃げのオリックス投手 続報

 「無免許ひき逃げのオリックス前川投手 どうなる?」という記事を、朝日新聞の報道をもとに長々書いたあと、「自動車ニュース&コラム」というメルマガの配信を受けた。
 それによると、スポーツ新聞では、かなーり詳しく報道されてるんだね。
 いくつかの記事には、加害車両とされるものの写真も載ってる。

前川 無免許ひき逃げで無期限謹慎」スポニチ
オリックス前川を無免許ひき逃げで逮捕!無期限謹慎、解雇は必至」サンスポ
逮捕オリックス前川!無免許ひき逃げ」スポーツ報知
オリックス・前川逮捕 無免許ひき逃げで」中日スポーツ

 02年に免許取消処分を受けてからも、自家用車(高級外車?)を保有し続けて、常習的に無免許運転をくり返し、マスコミが待ち受ける場所へも運転して乗りつけていたとすれば、犯情は相当悪質だわねぇ。

 しかし、公判請求(懲役求刑)されたとしても、公判請求されるのが初めてなら(当然執行猶予中でもないなら)、本人および周囲(家族、友人、球団)の出方によっては、執行猶予はアリではないかと、多くの裁判を傍聴してきて思う。
 くり返しになるが、その「ベンツRV車」は直ちに売却等処分するほうがいいと思う。

          ★

 事故の量刑等の参考にと、当ブログ読者氏から、「交通死亡事故」というメルマガを紹介してもらった。
 ありがとうございます。いや~、そんなのがあるとは知らんかったス。

 その1月8日の記事中に、検察官宛ての上申書について、
「だって助かりたいから書く訳だから、思い切り自分に都合のいいように書くよ」
 とある。
 そりゃもう、わからない話じゃなく、どう書こうと自由なんだが、あんまりウソっぽいこと書くと、慣れた検察官はすぐ見破っちゃうんじゃないかな。
 私だって、膨大な数のご相談等を受けてると、「もしかしてウソ?」と感じることはときどきある。
 私以上に、検察官は、疑いの目で読む(聞く)だろう。

 そして、本当はウソであっても、そこに書いたことは、書類上は本心として(扱われるときは)扱われる。
 次に何かやったとき、
「あそこまで反省を誓っておきながら、またこんなことをやるとは、社会内での更生にはまったく期待できない! 当法廷での反省の誓いも、まったく信用できない!」
 とされ、長めの実刑を食らうことになるかも。
「前回の裁判で、何を誓ったか(どんな上申書を提出したか)、覚えてる? あなたねえ、前回の公判調書を見ると、こんなこと誓ってるよ、覚えてないのっ(驚)」
 と、若い検察官からぼろくそに突っ込まれる、そんなシーンを見かけるよ。

          ★

 メルマガ「自動車ニュース&コラム」から、もひとつ。

トラック助手席の積載物、集中摘発へ…大阪府警
 助手席に家庭用テレビや遮光カーテンなどを取り付けた大型トラックの死亡事故が大阪府内で相次いでいる問題で、府警は、全国で初めてこうした行為について道路交通法違反(乗車積載方法違反)容疑での集中摘発に乗り出す方針を固めた。従来、現行の法律や規則では取り締まることができないとされてきたが、警察庁が昨年末、運転者の視界を妨げる積載を禁じた同法の規定の適用が可能とする判断を示し、対処が可能となった。
 道交法55条2項は「車両の運転者は、運転者の視野やハンドル操作などを妨げるような乗車をさせ、または積載をして車両を運転してはならない」と規定。実務上、同項は荷台に人を乗せての走行や自転車の2人乗りなどに適用されてきたが、同庁は深刻な実情を重視、家財道具やカーテン類も同項の積載物に該当すると、新たな判断を示した。
 違反した場合、運転者は反則金7000円などの行政処分が科される。

 と読売新聞(上掲記事はその一部)。

 現在、つかだいぶ何年も前から、大型車の助手席側に、本来の窓以外にぽこぽこと“窓部分”があるでしょ。
 あれはねぇ、昔、大型車の左折巻込み事故が頻発し、自転車の母子が死亡するという、とりわけ悲惨な事故があったことから、市民団体の尽力もあり、ああいう“窓部分”が設けられることになったのだ。
 視界を増やすミラーや、前後輪の間の、アンダーバーといったっけ(違ったらごめん)あの巻込み防止用の柵のような装着物も、その頃できたのだ。
 そのことは『事故と心理―なぜ事故に好かれてしまうのか』(中公新書)で言及されてるし、東京弁護士会の高山俊吉弁護士や、桜丘法律事務所の浜島望さんが詳しい。

 その“窓部分”を家財道具などで塞ぎ、本来の窓までカーテンで塞ぐとは…。

 ところで、記事にある55条2項の捉え方というか運用、なーんか妙な印象を受ける。
 厳密には、ははぁ、こういうことかな、とは思えるのだが、それを解説すると、またまたものすごーく長くなりそう(笑)。やめとくです。
 ま、道路交通法55条をご参照ください。

(乗車又は積載の方法)
第五十五条  車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第五十七条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。
2  車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。
3  車両に乗車する者は、当該車両の運転者が前二項の規定に違反することとなるような方法で乗車をしてはならない。
   (罰則 第一項及び第二項については第百二十条第一項第十号、第百二十三条 第三項については第百二十一条第一項第六号)

 それよか、記事中の、
「違反した場合、運転者は反則金7000円などの行政処分が科される」
 というのは、ヤメてほしい。

 「科される」は「課される」の誤記かな、てのはどうでもよくて、「など」は違反点数のことをいうんだろうけれども、反則金も、違反点数も、「行政処分」ではないのだ。

 反則金は、行政上のペナルティといえるが、納付は任意。
 「行政処分」ではないので、行政不服審査法に基づく不服申立(審査請求または異議申立)はできない。
 違反点数は、警察が勝手に内部的に登録してるだけであり、それ自体では運転者に何ら法律作用としての不利益はない、というのが警察の見解だ。同様に不服申立の対象にはならない。

 なのに、
「反則金を納付した。(反則金納付という)行政処分を受けた。不服申立をしたい」
「×年にスピード違反で行政処分を受けたことがある(よく聞けば点数が登録されただけ)」
 といったご相談がけっこうあって、困るんです。

 え? 新聞は、広く一般の老若男女が読むんだから、あれでいいのだ、お前のはどうでもいいようなマニアックな話だ?
 そ、そうかもしれないけど、うぇーん、哀しいよぅ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 9日(火)2時45分現在、収監もとえ週間INが480で19位にまで落っこちました~♪

2007年1月 8日 (月)

無免許ひき逃げのオリックス前川投手 どうなる?

オリックスの前川投手を無免許、ひき逃げで逮捕
 無免許運転で女性をはね、逃走したとして、大阪府警南署は7日、プロ野球オリックス・バファローズの投手、前川勝彦容疑者(本名・克彦)(28)=大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目=を道交法違反(無免許、ひき逃げ)と業務上過失傷害容疑で逮捕した。前川容疑者は「無免許だったので怖くなって逃げた」と供述しているという。前川容疑者は98年に免許を取ったが、スピード違反などを繰り返し、02年に免許を取り消されていた。
 調べでは、前川容疑者は6日午後2時ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の御堂筋の交差点で、乗用車を無免許で運転中、横断歩道を自転車に乗って渡っていた同市港区の歯科衛生士の女性(28)に衝突。女性を転倒させ、両ひざの打撲など約1週間の軽傷を負わせたが、救護せずに走り去った疑い。
 前川容疑者は事故後、車から降りて女性と口論。現場近くの駐大阪韓国総領事館を警戒していた府警機動隊員が事故を目撃し、免許証の提示を求めたが、従わずに再び乗車して走り去ったという。乗用車のナンバーから所有者が前川容疑者と分かり、同署が6日夜から事情を聴いていた。

 と朝日新聞(上掲記事はその一部)。

 「スピード違反などを繰り返し」。
 これ、普通は複数回のスピード違反に駐車違反や交差点違反等をくり返したのか、と聞こえる。

 免許取消までいくからには、非反則行為(赤キップの違反)もあったのか。
 そうすると、スピード違反で前科が1回ないし複数回あることになる。
 遵法精神、規範意識の鈍磨が著しい、と責められることになる。
 酒気帯びや無免許(停止中の運転など)もあったのかもしれない。
 忙しい有名人の場合、停止処分者講習(いわゆる短縮講習)に出られず、かつ長い処分期間に耐えられず、つい無免許運転をやっちゃう、てこともあり得るだろう。

 今回の事件、なんで「口論」になったのか。
 自転車の女性がムチャな運転をしたため「衝突」したと、少なくとも本件被疑者は思う状況があったのか、なかったのか。記事からは、まったくわからない。
 ともあれ…。

① 死傷事故を起こしたことは、刑法211条、業務上過失致死傷罪に当たる。

第二百十一条  業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。
 自動車を運転して前項前段の罪を犯した者は、傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

 でも、「約1週間の軽傷」ということなので、事故のみなら、間違いなく不起訴だろう。
 交通関係業過の起訴・不起訴は、検察統計年報(05年)によると、致死も含めて、起訴が9万2031人(公判請求8365人、略式命令請求8万3666人)、不起訴が76万7452人なのだ。

② 無免許運転は、道路交通法64条の違反。
 罰則は同法117条の4、2号。1年以下の懲役又は30万円以下の罰金。
 普通車で初犯なら、相場は20万円だ。

③ 次に、「逃げた」ことについて。
 犯罪を犯して直ちに逃げることは、普通は何の犯罪にも当たらない。
「犯行後警察官が臨場するまで現場にとどまらなかった者は懲役×年に処す」
「他人を殺傷した者は、直ちに被害者を救護し、被害の状況を警察に報告しなければならない」
 なんて法律はない。
 自首を義務づける法律もない。

 しかし、道路交通法には、それに近い規定がある。
 事故を起こして逃げたことは、通常は同法72条1項の違反になる。
 1項は前段と後段とに分かれる。
 1項前段は、要するに、

 直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

 というもの。
 この違反を、自動車の運転者がやった場合の罰則は、同法117条。5年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

 1項後段は、要するに、

 警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

 というもの。
 この罰則は同法119条1項10号で、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金。

 報道によれば本件被疑者は、「車から降りて女性と口論」し、「免許証の提示を求め」られたが「従わずに再び乗車して走り去った」のだという。
 本件現場で何があったのか詳しいことはわからないが、場合によっては、「違法性は薄い。情状を酌んで寛大な処分を」と弁護士は主張するかもしれない。

 で、結局本件はどうなるのか。
 普通に略式(による罰金)ですむのか、頑張ればなんとか略式ですむのか、当然に公判請求(懲役求刑)なのか、そのへんは私にはなんともいえない。いえるだけの積み上げが、事故がらみでは、ない。

 ただ、公判請求されても、公判請求されるのが初めてで(通常はつまり懲役前科がなく)、執行猶予中でもなければ、そして『なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識』のQ125にあるようなツボをしっかり押さえれば、執行猶予はつくんじゃないだろうか。
 とにかく、もしも本件犯行車両が被疑者の自家用車なら、直ちに売却等処分し、駐車場があるなら解約することが、必須だろうね。

 その場合、朝日新聞の記事の続きにある、
「雑賀忠夫社長は同日夜、解雇などの厳罰には消極的な姿勢を見せた」
 というのがねぇ。
 もしも、罰金か懲役か、実刑か執行猶予か、ほんとにぎりぎりだとしたら、そういう姿勢は良くないほうに作用するだろうとはいえる。
「厳重処分を検討する! もちろん解雇も含めてだ!」
 というのとは、検察官や裁判官に与える印象が違うだろうから。
 ま、刑事処分を軽くするためにウソのポーズをとるのは如何かと思うけど。

 えー、忘れてましたが(あんたはいろんなこと忘れるね)、1月17日(水)夜、ロフトプラスワンでまた裁判傍聴のイベントやります。
 私としては、お客さんとのトークに時間を割きたいと思うんですけど、どうなるか。
 よろしくお願い申し上げます。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月 7日 (日)

世に違反者の種は尽きまじ?

 司法統計年報(05年)の、第33表、
「通常第一審事件の有罪(懲役・禁錮)人員─罪名別刑期区分別─全地方裁判所」
 の、罪名「道路交通法」(有罪人員6868人)の項で、刑期を見ると、こうなってる。 

3年 実刑 1
執行猶予 4
2年以上 実刑 1
執行猶予 16
1年以上 実刑 100
執行猶予 503
6月以上 実刑 1026
執行猶予 2961
6月未満 実刑 797
執行猶予 1459

 6月以上1年未満で執行猶予付き、これがいちばん多い。
 2位の、6月未満で執行猶予付き、の2倍も多い。

 え…? という気がする。
 私が東京地裁へ通ってきた限りでは、懲役4月、5月で執行猶予3年がすごく多くて、6月以上はそんなにないんだけど。

 以前、被告人の生年月日(の月日つまり誕生日)が、犯行日または第1回公判期日の直前ないし少し前ということが多く、何か人間生理の法則みたいなものがあるのか? いやいや単なる偶然か? と思ったもんだが、懲役4~5月がすごく多いというのも、私がたまたまそんな事件ばかり傍聴した、単なる偶然、なのか?
 うーん。

 ちなみに「窃盗の罪」(有罪人員12266人)の最多は、1年以上で執行猶予付き(3204人)、2位は1年以上で実刑(2228人)。
 これは傍聴に通っての印象と合致する。

石川や 濱の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ
 と石川五右衛門は詠んだそうな。

 世に違反者の種も尽きまじ?
 いや、窃盗と交通違反では、ちょっと違うように思う。
 窃盗は、法律がどうこう以前に、悪いことだと誰もがわかってる。
 一方、交通違反は、つか道路交通法違反は、きわめつけのザル法だ。
 多くの運転者が日常的に当たり前に違反している。
 違反自体が悪いこと、やっちゃいけないこと、という認識は、かなり希薄というべきだろう。
 そんななかで、酒気帯び0.5mg、制限30㎞/hの道路で70㎞/h、同乗者と会話のため脇見運転といった、やっちゃけない違反へ踏み出してしまう者も出てくる。

 やっていいこと、いけないこと、の線引き、境界が、法律の線引きと乖離してる。
 大方の運転者は、常識的なところで自律的に線を引いてる。
 しかし、なかには、だいぶ外れたところに線を引く人もいれば、そのときどきの自分の都合や欲望のままに線を外す人、そもそも「俺がやりたいこと=やっていいこと」みたいな人もいて、その先に交通事故がある、という捉え方もできる。

 いや、でも、窃盗も、それ自体が悪いことという認識は、近ごろは希薄だったりして?
 「これくらいならいいだろう」「俺だけじゃない。みんなやってるじゃん」「盗れるのに盗らないのはバカ」とは法廷で被告人は言わないけれども、腹のなかにはそんなものが何グラムかある(少なくとも犯行時にはあった)ように、傍聴してて感じることがある。

 窃盗と公務執行妨害には、06年5月末(28日だっけ? そのへん)から、罰金刑の選択肢が設けられた。
 各どれくらいが罰金刑で処理されたのか、早く見たいよぅ。
 最高裁へ聞きに行こうかな。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

警察が大目にみる違反を駐車監視員に取り締まらせるな

 2日午前中には全部書き上げる予定だった連載原稿を、ようやく終えた。

 『ザッカー』は、
「夜間は料金なしで駐車OKのパーキングメータの枠内に駐車して、(保管場所法違反ではなく道路交通法の)駐車違反でステッカーを貼られた。なんで? 『弁明』をすればナシになる?」
「自転車の取締りを強化するとか言ってたが、その後どうなった?」
 の2本。

 『ドライバー』は、ニュー駐禁取締り関連の半年間のデータの分析・解説。
 同じデータをもとに、昨年12月の中頃、新聞・テレビが大きく報道したのだが、その報道になかった非常に興味深い部分。

 『ラジオライフ』は、酒気帯び0.5mgで会社の同僚(部下)3人を同乗させて運転し、1人を降ろしたあと、制限30㎞/hの都道を70㎞/hで走り、会話するため脇見して…という凄惨な死亡事故(業務上過失致死・道路交通法違反)の判決公判のレポート。

 6日(土)夜、『漫画実話ナックルズ』の新年会へ2時間ほど。
 編集長から、「『週刊朝日』読みましたよ」と言われ、「げぇっ」となる。
 締切りに追われ、すっかり失念していた。
 現役の駐車監視員氏のインタビュー記事、が載った雑誌、もう発売されてたんだ。
 こういうインタビュー、本邦初かも。
 やっぱ、現場の人のナマの声が出てこないと、いけないよねぇ。
 記事では、「知ら猿」の作者氏のコメントも少しいただいた。感謝。

 「知ら猿」を、みなさん読んでるんだろうか。
 守秘義務を侵さない範囲で書いてるようで、もどかしいところはあるけれども、すっごくよくわかる気がする。
それから、警察が大目に見ようとするものは、駐車監視員へ確認業務からはずすように指示してほしい
 なんて、まったくそのとおりだと思う。

 現在発売中(かな?)の『週刊プレイボーイ』に、なぜか私が司会役の座談会記事。
 ここに登場してる元警察官氏の話は、面白いよ。

 さーて、そろそろ年賀状を書かねば。って、えーっ?

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月 5日 (金)

ICカード免許証 券面の本籍は?

 茨城、埼玉、東京、兵庫、島根の5都県で、ICカード免許証の交付が始まったそうだ。
 『月刊交通』(東京法令)06年12月号の記事によると、ICチップの容量は8キロバイト。
    ・OS          2キロバイト
    ・記載事項  4キロバイト
    ・顔写真   2キロバイト
 だそうだ。
 詳しい仕様を知りたいマニア氏は、06年3月31日発出の通達、警察庁丁運発第40号、「ICカード化運転免許証及びその運転免許証作成システム等の仕様について」をご覧ください。

 ニッケイネット岐阜新聞の記事にあるICカード免許証の見本写真、本籍が記載されてるように見える。
 『月刊交通』には、ICカード免許証のメリットのひとつとして、
「本籍を券面から削除することによるプライバシーの保護」
 と書かれてる。
 どっちがほんとなの?
 見本写真が、どえらく古いのか、またはミスなのかな?
 さっそくICカード免許証をゲットした方、よく見てみてください。

 夕方、携帯電話を開いたら、警視庁からの着信がばんばん入ってた。

 記入漏れを補正した開示請求書と、三菱電機の高速走行抑止システムによる交通流集計の開示請求書、12月31日に封筒に入れて切手を貼り、あぁ俺はなんて事務がさくさく早いんだろ、と思ったのに、それきりついつい忘れ、投函したのはじつは1月4日の夕方(おいおい~)。
「補正の書面がまだ届いてないよ。忘れてる?」
 という電話かと思ったら、違った。
 郵便はもう届いていて(早いね!)、しかしなんと、今度は高抑のほうの開示請求書を、警視総監宛てのを使うべきところ、東京都公安委員会宛てのを使ってしまったのだ。
 その補正についての電話だったのだ。

 あちゃーっ、年末年始の連続ミスとは。
 いろんな意味で目出度いね?
 これで厄を落として今年は、精緻を極めた開示請求の神髄をご披露しよう、わはは。じゃないよ、とほほだよぅ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 5日(金)23時55分現在、16位♪

2007年1月 4日 (木)

『裁判員制度はいらない』『グーグル八分とは何か』

 じつは、福利厚生を兼ね、箱根の温泉で宿泊していたのだ。
 正月の温泉は良いね~。しかも源泉掛け流し。良いね~。
 湯船で(もちろん部屋でも)読もうと、本を3冊持っていった。

 『裁判員制度はいらない』は、裁判所への往復電車で半分ほど読んでいた残りを、読み終えた。
 この本、最終章(第6章)が、「戦争できる国へ」の流れのなかに裁判員制度を位置づけて、その危なさを熱く語っており、そこに違和感とか持つ人もいるんだろうけど、プロローグおよび第1~5章は、いやはやびっくり。
 裁判員制度って、そんなだったの!?
 法務省や裁判所の宣伝は、ぜんぜん違うじゃーん!?
 と驚いてしまう。

 私がいちばん震撼したのは、「アメリカの陪審員候補者に対する質問事項の実例」。
 日本の裁判員制度でも、裁判員の候補者(実際に裁判員になる人よりずっとずっと多くの人)に「質問票」が送られるという。
 まだ日本の「質問票」の内容は発表されてないので、アメリカの実例を紹介してるわけだが、その詳細なこと!
 詳細どころの話じゃないね。著者の高山俊吉弁護士も書いてるように、「あなたは文字通り素っ裸にされる。それこそ、胸の内、腹の内、脳味噌まですっぽんぽん」である。
「俺は悪いことしてねーから、政府に対しては素っ裸を見せてもいい」
 なんて人も、マジでびびるんじゃない?
 びびって虚偽を書けば、罰則があるんだという。
 処罰されないよう、ていねいに書こうとしたら、数日かかるんじゃない?
 ま、アメリカの陪審制度と日本の裁判員制度とは、中身も形もまるきり異なるようで、「質問票」もどうなるかわからないとはいえ、こぉれは震撼したね。

裁判員制度はいらない Book 裁判員制度はいらない

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 続いて『グーグル八分とは何か』を、こっちは最初から読み終えた。
 私はパソコンのこともネットのこともよくわからないんだけど、わからんオヤジにもわかるよう砕いて書かれてる。その砕き方に味がある。それでも完全にはわかんないのがオヤジとはいえ(笑)。

 いや、でも、これもびっくり。そんなこと知らなかったよぅ。
 試しに、仕事場へ戻ってから、文中にあった「渡邉文男」でグーグル検索してみたら、あらまぁ、画面下のほうに、ほんとに出るのね、そんな断り書きが。 
 温泉の湯船ではなくパソコンの前で、文中に出てくるあれこれを実際に検索しながら読めば良かった?

 調べものといえば、図書館が本家。
 そこで、社団法人日本図書館協会の人にインタビューしてるとこが、この本の(著者の)味を示してるといえる。
 その話も興味深かった。
 しっかしまぁ、世のなかには、いろんなことがあるんだねぇ。

グーグル八分とは何か Book グーグル八分とは何か

著者:吉本 敏洋
販売元:九天社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『徴税権力―国税庁の研究』も持っていったのだが、1泊ではさすがにそこまでは読めず、来週も温泉へ行きたいっ!

徴税権力―国税庁の研究 Book 徴税権力―国税庁の研究

著者:落合 博実
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2007年1月 2日 (火)

駐車監視員が外国人にヘルメットを叩かれた?

 事実かどうか確認できていないが、新年早々こんなご報告(目撃談)をいただいた。

 名古屋市中区栄三丁目で、駐車監視員が外国人(黒人)にヘルメットを叩かれ、助けを呼んでいる女性監視員が携帯電話を奪い取られたのを見た。
 やがて警察官が現れたが、その時には黒人はすでに逃亡していた。
 その後、この事件が新聞で取り上げられたのを見ていないし、ネットでもニュースになっていないようだ。

 昨年10月か11月か、その頃のことらしい。
 ご報告者は、暴行したのが車の持ち主でなかったり、監視員が確認標章(ニュー駐禁ステッカー)を取付けてる最中でなかったりすると、公務執行妨害にならないのか、だからニュースにならないのか? もしそうなら監視員は不安だろうに…との疑問をお持ちのようだ。

 いや、それはないと思いますよ。
 確認機関に委託されてる業務は、巡回活動。
 制服を着て徽章をつけ、資器材の貸与を受けて、巡回計画にしたがって巡回活動をする駐車監視員は、それだけでもう十二分に「確認事務に従事する放置車両確認機関の」「職員」であり、「法令により公務に従事する職員とみな」されるはず(道路交通法第51条の12第7項)。

 ヘルメットを叩いたのが公妨に当たるとすれば、

・警察は捜査を遂げ、犯人を検挙する
・捜査が及ばす、時効となる
・検挙できない(監視員への公妨の検挙率が下がる)ことをおそれ、立件しない

 やがてそのいずれかになる(すでになってる)んじゃないでしょうか。
 携帯電話を奪い去ったなら、窃盗か強盗でもあるだろうし。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 2日4時5分現在、11位だ~♪

2007年1月 1日 (月)

新春のご挨拶を

 新年おめでとうございます。

 例年、暮れが近づくと「あ~少しは年賀状を書かねば」と焦ったもんだが、昨年はほとんどまったく考えなかった。もうあきらめ、裁判所へ通っておりました。
 この場をお借りして(あとで mixi の日記の場もお借りしよう)、年賀のご挨拶とさせていただくこと、お許しください。

 06年中に傍聴してエクセルの表に入力したのは、135件。
 超レアな、駐車監視員への公務執行妨害、を2件も偶然傍聴できたのはラッキーだった。
 酒気帯び検査拒否(求刑罰金20万円)で、罰金15万円、執行猶予2年という希有な判決も傍聴できた。

 135件中、オービス(無人式の自動速度取締り機)によるスピード違反は38件。
 無免許運転が25件。
 酒気帯び・酒酔い運転が14件。
 無免許で酒気帯びが3件。
 それらも含め、罪名に道路交通法違反がある事件が90件。

 ご相談等の対応のほうは、新規が391件、継続が480件、合計871件。
 未対応、つまり07年へ積み残しが、あれ? 0件? 快挙?

 そのほか、行政文書の開示請求を、昨年もたくさんやりました。
 12月27日の警視総監への開示請求書1枚に書き漏れがあり、補正したのを郵送。
 その際、1枚郵送するのに切手80円はもったいないよと貧乏根性を発揮し(笑)、さらに1件開示請求。警視庁管内の高速走行抑止システム(俗称Hシステム)による、交通流調査の一覧表(07年1月1日分)を。
 07年の整理番号1番をゲットできたらうれしいなぁ(笑)。

070101  三菱の高抑も、東京航空計器のオービスⅢLkも、測定可能範囲の通過車両を24時間すべて測定し、1時間毎、10㎞/h毎の一覧表にまとめてるのだ。
 前回開示を受けたとき、データの部分は全部不開示(墨塗り)だった。
 が、やっぱどう考えても、事故防止の観点からも、開示されて然るべきと思う。
 警視総監もそのように考え至り、今回は開示されるかもしれない。
 もし不開示だったら、審査請求をし、もしも棄却されたら、うーん、面倒だけど訴訟をやる(裁判所の判断をあおぐ)しかないか…。
 って、その開示請求書と補正の請求書を入れて80円切手を貼った封筒、まだ投函してねーじゃん。いけねっ。

※ オービスⅢLkではなく高抑にしたのは、なぜか。
 オービスⅢは、あれは取締りのための装置。設置場所は秘密らしい。
 けど高抑は、信号機など交通管制装置(?)の一部らしく、オービスⅢよりは設置場所の秘密性は薄い。実際、千葉県と秋田県については、設置場所を特定して契約書を開示請求すると、出てくる。東京都はどうだったかな、忘れた。
 そんなわけで、訴訟まで見据えるなら高抑のほうがスジが良かろうと考えたわけ。
 おぅ、深謀遠慮だぁ(笑)。

 とまあ、そうやって新年が始まるのでありました。
 交通違反バカ一代、本年も宜しくご指導ください。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ご祝儀クリック、お願いしま~す♪

なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識 Book なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »