フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« マジック用コインで「貨幣損傷等取締法違反」 | トップページ | 赤信号無視90㎞/hで自転車に衝突!? »

2007年1月18日 (木)

弁護人なしの無免許とスピード違反

1月17日(水)10時00分~11時44分

 今日は東京簡裁・刑事1室3係(堀内信明裁判官)534号法廷で、道路交通法違反が続けて2件。
 堀内さんのとこで続けて2件なんて、マニアにとっては贅沢な配点だ。

 なのに、間違えて1時間遅く起き、それでも余裕があり、たまにはのんびり鈍行(各駅停車の電車)でと思ったら、予想外に遅く、途中で急行に乗り換えたものの、その後の地下鉄が、先がつかえてるとかでやたら止まり…。
 こういうのを美しい日本語では「翻弄(ほんろう)」というのであろうか。

 いつもは5~9分前に傍聴席に着くのに、10時1分着。
 礼田計さんが既にいた。

 なんと、壇上に堀内さんの姿はなく、検察官が被告人に書証(被告人を有罪にするために検察官が用意してきた証拠書類)を閲覧させてた。
 審理は始まってない。
 ラッキー! どれほど安堵したことか。
 私が不覚にも遅れると、審理の開始も遅れる、こういうこと、なぜかよくあるんだよね。
※ 通常、書証は公判前に(普通は弁護人が)閲覧するのだが、本件は弁護人なしで身柄のため(しかも朝一の公判のため?)、公判廷へ出てきてから閲覧しているのだった。

 被告人は金髪、つか明るい黄色の茶パツ。←それも茶パツというのか?
 根本がだいぶ黒くなってた。
 身柄(警察留置場)。
 猿がラジカセを担いでるイラスト入りの、グレーの、あれは何ていうんだろ、擦れるとシャカシャカ音がしそうな上下。

 被告人は書証を、じっくり丹念に読み、10時16分、やっと読み終えた。
 そして堀内さんが登壇。審理スタート。

 被告人は30代。
 風俗店の従業員だという。
 2回目の無免許。
 弁護人なし。
裁判官「キミのほうから、これを聞いてほしいということは?」
被告人「いやべつにないですけど」

 通常なら略式で罰金25万円だが、払わずどこかへ行ってしまいそうなので、身柄を拘束したまま公判請求し、未決勾留期間のうち×日を1日5000円に換算して、体刑に代えて執行する…というケースらしかった。
 前回の罰金20万円は、会社の誰かが払っており、現在の所持金は2~3万円だという。
 求刑は、仮納付命令付きの罰金25万円。
 直ちに判決かと思ったら、来週になった。
 上記「×日」の部分、何日の算入になるのか。

          ★

 次は、首都高・都心環状線外回り、芝2丁目2番地付近のオービスⅢLjによる超過67㎞/h(測定値117㎞/h)。
 ここのオービスも、ときどき公判廷へ出てくる。

 この被告人は、さっきより約半年、年下。
 黒のしゃれたジーンズに、白のしゃれた靴。帽子。
 ちょっと高座を離れた噺家さんのような雰囲気。
 これも弁護人なし。
 道に迷ったそうで、少し遅れてやってきた。
 6分ほど休廷して、書証を閲覧…。

 普通なら略式で罰金9万円の事件。
 公判請求になる(略式に応じなかった)からには、何か不服があったはず。
 堀内さんはそれを確かめようとするのだが、被告人はとくに言わず、審理は進み…。
 ところが、最終陳述の段になって初めて、「覆面(パト)みたいなのに後ろからあおられたのが…」と言い出すのだった。
 じつはそのことは、最初に警察へ出頭したときから毎回言っており、そのことを記載した書面もあるのに、検察官提出の書証には含まれていないのだった。

 堀内さん、翻弄されましたね。
 おあとがよろしいようで…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

« マジック用コインで「貨幣損傷等取締法違反」 | トップページ | 赤信号無視90㎞/hで自転車に衝突!? »

オービス(オービスⅢ)」カテゴリの記事

交通/無免許」カテゴリの記事