フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 被告人は無罪! | トップページ | 税金で票を買う無敵の自民党に対抗できる唯一の方法は… »

2007年1月14日 (日)

1月23日 彦根簡裁で第1回公判!

高速道を不正通行させた疑い、区議を逮捕
2006年11月15日11時22分
 フリーウェイクラブによる高速料金不払い事件で、滋賀県警は15日、東京都江戸川区議で同クラブ副会長の田中健容疑者(40)=同区中央4丁目=を道路整備特別措置法違反(高速道路の不正通行)容疑で逮捕した。
 調べでは、田中容疑者は8~9月、会長の和合秀典容疑者(65)=同容疑で逮捕=らと共謀し、会員の女性(58)に阪和自動車道の和歌山料金所(和歌山市)を、4回にわたり料金計4400円を支払わずに通行させた疑い。女性は6日に同容疑で逮捕され、9日に罰金50万円を支払い釈放されている。
 田中容疑者は6月、大阪市内で和合容疑者らと同クラブの勉強会を開催。参加した女性らに対し、不正通行を「1人でも始められる市民運動だ」などと促していたとされる。調べに対し「(通行を)指示した覚えはない」と容疑を否認しているという。
 田中容疑者は95年に初当選し、当選3回。

 と朝日新聞
 この事件の第1回公判が、1月23日(火)11時15分から彦根簡裁で行われる予定。
 滋賀県彦根市の、彦根簡裁ね。

 道路整備特別措置法の「不正通行」の罰則は、58条。

 第二十四条第三項後段の規定に違反して道路を通行した自動車その他の車両の運転者は、三十万円以下の罰金に処する。

 罰金なので、とくに争いがなければ略式で終わる。
 争いはあっても、とにかく釈放されるため略式に応じて罰金の支払命令を受け、それから2週間以内に正式裁判を請求する、という方法もあるわけだが、この事件はもとから公判請求(略式を経ずに正式な裁判)のようだ。身柄を拘束されながら否認を続けたものと思われる。

 漏れ聞くところによると、田中健さんは、とくに無料通行を勧めることはなく、会場にいただけらしい。
 それが事実なら、副会長の立場で会場にいるだけで、共謀になるのか。
 検察は、「なる」と解して主張するのか、はたまた「勧めた事実があった」とするのか。
 自民党がなんとしても成立させたいらしい「共謀罪」は、“目配せだけでも共謀”とか言われているが、現在すでに“同席だけで共謀”なのか。
 どう、興味がわいてくるでしょ。

 こういう事件は、被告人側も冒頭陳述をやるかもしれない。
 こういうので真っ向から争う裁判は、非常にレアだ。
 お近くのマニアの方は、ぜひ傍聴を。
 11時15分からってことは、長くても12時には終わる予定なんだろう。

 せっかく行ったからには、ついでに道路交通法違反も、と言いたいのだが、検察統計年報によると、05年の彦根区検の道路交通法違反の公判請求はゼロ。
 滋賀県内は、彦根のほか、高島、甲賀、東近江の各区検がゼロ、大津区検が2件、長浜区検が1件あるだけ。
 道交法違反に出会える可能性は極めて低い。残念。
 でも、窃盗事件は、もしかしたらあるかも。
 0.01%が0.02%になる、程度の望みかもしれないけれども、そういう望みをもって実行しなければ幸運には遭遇できない。人生とはそういうもんだろ。おお!
※ 区検は簡裁に、地検は地裁に対応する。
※ ただし、宝くじは馬鹿馬鹿しいと思う。その望み利用してカネを得る仕掛けだから。ま、私もたまには宝くじ、買うけどもさ(笑)。

 傍聴に行く前の予備知識を少し。
 罰則にある「第二十四条第三項後段」とは何か。
 以下、24条3項のうち後段を太字にするyo。

 会社等又は有料道路管理者は、この法律の規定により料金を徴収することができる道路について、料金の徴収を確実に行うため、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣の認可を受けて、料金の徴収施設及びその付近における車両の一時停止その他の車両の通行方法を定めることができる。この場合において、第一項本文の規定により料金を徴収される自動車その他の車両は、当該通行方法に従つて、道路を通行しなければならない

 「通行方法」については、道路整備特別措置法施行規則13条の2項のイで、こう定められている。太字は今井。

通行車両は、確実に係員が料金の収受を行うことができる程度に当該係員が当該収受を行う場所に近接した場所(停止すべき場所について当該係員の指示又は標識その他の方法による表示がある場合には、当該指示又は表示に係る場所)で停止しなければならず、かつ、料金の収受後に当該係員が発進を承諾するまでの間は発進してはならないこと。

 そうすると、「会員の女性(58)」は、何によりどう、「係員の指示又は標識その他の方法による表示がある場合」であると認めたんだろう。
 停止しなかったんだろうか。
 「係員が発進を承諾するまでの間は」って、何をもって「承諾」というんだろう。
「定められた料金を払い終える(領収証書の交付を受ける)までの間は発進してはならない」
 とかすれば良さそうなもんなのに、わざわざ係員の「承諾」を必要としたのは、なぜなんだろう。
 うむ~。
 高速道路を使って(ETCは使わず)彦根簡裁へ行く方は、どんな「指示又は標識その他の方法による表示」があるか、どんな「承諾」があるか、チェックしときましょう。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

払いません。―ナンデ?モッタイナイ! Book 払いません。―ナンデ?モッタイナイ!

著者:和合 秀典,今井 亮一,松谷 宏,本多 勝一,日向 咲嗣
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 被告人は無罪! | トップページ | 税金で票を買う無敵の自民党に対抗できる唯一の方法は… »