フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« いささか世の中を甘くみてるというか | トップページ | 被告人は無罪! »

2007年1月13日 (土)

申し訳ないカンベンしてくれと言いながら

1月12日(金)13時30分

 東京地裁・第5刑事部(栃木力裁判官)532号法廷で、道路交通法違反・業務上過失致傷の新件。
 栃木さんの法廷も、私は久しぶりだ~。

 その前に(13時25分から)常習累犯窃盗・銃刀法違反の判決。
 02年に常累窃盗・覚醒剤で懲役4年を受け、06年5月に出所して5カ月足らず(?)で、自転車を盗み、開錠道具と護身用のナイフ(刃体長10cm)を持って車上狙いし、1万4000円相当のコンパクトディスクを窃取。
 車上狙いの前科が6犯あるんだという。
 懲役3年、未決40日算入。
「キミの場合つくかどうかわかんないけど、まじめに努めれば早く出られる、仮釈放の制度もあるんで、1日も早く出所して、こぉーんどはもうこんなことしないように。幸いにして、キミが車上狙いできる車はなくなるから」
 と、栃木さんはいつものようにニコニコ説示。
 そっかぁ、被告人が長年使ってきた車上狙いの“技術”は、もう古いんだぁ。

 続いて、13時30分からの道交法・業過致傷の新件。
 被告人(在宅。保釈中。保釈金80万円)は細身で黒スーツで短髪。一見ボクサーのよう。手が大きい。
 06年11月、仕事先のお客と食事しようと入ったのが寿司屋で、刺身などつまみが出るものだからつい生ビール1杯と焼酎水割り3杯を飲み、帰ってまた仕事しようと普通貨物を運転。カーナビのセットに気を取られ、信号待ちしていた自動二輪(スクータ)に低速で追突。追いかけて車にしがみつくスクータ運転者に「ごめんごめん」「申し訳ない、カンベンしてくれ」と言いながら200mにわたり車を走らせて逃げ、観念して停止したところを、目撃して走ってきた警察官により現行犯逮捕…という事件。
 スクータ運転者は両下腿打撲など全治2週間。
 翌日、被告人の妻が謝罪に行き、その後(?)10万円を払い、宥恕を得ているという。

 06年8月の終わりに福岡で、幼児3人が亡くなるという痛ましい飲酒事故が起こり、全マスコミが飲酒運転・飲酒事故についてコレデモカというくらい報道しまくっていた時期(ないし少し収まりかけていた時期)の事件だ。
 酒を飲んで事故を起こしたので、怖くなって逃げたのだという。

「私は弁護士だから、交通事故はもう嫌になるほど見てきている! 親を亡くした子供、子供を亡くした親、もう嫌になるほど見てきている!」
 と弁護人は被告人に、二度と運転しないことを誓わせた。
 被告人(自営?)は、運転する従業員を雇ったと言っていた。
 しかし、まだ30代で技術的・職人的な仕事をしている被告人が、生涯運転しないなんて、無理があるのでは?

裁判官「将来的にもうハンドル握らないの?」
被告人「…今はその気持ちはない」
裁判官「今どき、任意保険に入らないなんて非常識でしょ」
被告人「…ちょうど車を乗り換えようと(任意保険が)切れて間もないころで…」
裁判官「人がドアに張り付いてるのに走るって、殺人罪になりかねないこと、わかってる?」
被告人「…はい」
裁判官「殺人罪! なりかねないよ!」
裁判官「はい…」
裁判官「はぁい、じゃ終わりました。元の席に戻ってください。はぁいじゃ検察官、ご意見を」

 求刑は懲役10月。
 次回判決。
裁判官「はぁいじゃ今日はこれで終わります」
 やっぱ栃木さんはいいな~。
 14時18分閉廷。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

« いささか世の中を甘くみてるというか | トップページ | 被告人は無罪! »

交通事故」カテゴリの記事