フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の32件の記事

2007年3月31日 (土)

諸君の中の多数派、少数派

 新しいことがわかった。
 5つの方面の情報が一致するので、たぶん間違いなかろうと思う。
 オービス(速度違反自動取締り装置、自動速度取締り装置、自速機)の取締り件数には、ごくわずかだけれども、移動オービスの取締り件数が含まれてるんだね。
 現在、群馬県警と愛知県警の、移動オービスの取締り件数がわかっている。
 特段の事情があるとしか思えない激減ぶりだ。
 詳しくは、4月20日発売の『ドライバー』、「交通違反大盛り特区」を。

Photo_5  今後、他の都道府県警の、移動オービスの保有台数、実施回数、取締り件数などを調べていきたい。
 可能なら、他の方法による取締りについても。 

 先日開示を受けた文書によれば、少なくとも高速道路に関しては、追尾式、レーダ式、光電式など方法別の取締り件数を警察はとっているのだ。

 あぁ、こうやってどんどんマニア度が深まっていくのだなぁ(笑)。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 東京都知事選の立候補者、外山恒一さんの政見放送が、ネットで話題になってるらしい。
 私も、友人から教わって、見た、驚愕した、爆笑した!
 これはあれだ、政見放送という形をとった、アートな現代詩、ですか?
 深く感動し、勝手な感慨を覚えた。
 以下、「MellowMoon 外山恒一氏政見放送・テキスト起こし」から一部抜粋。

この下らない国を!そのシステムを!
支えてきたのは諸君に他ならないからだ!
正確に言えば、諸君の中の多数派は、私の敵だ!

私は、諸君の中の少数派に呼びかけている!
少数派の諸君!今こそ団結し、立ち上がらなければならない!

 「諸君の中の多数派」、これ、多数派に属する人物と、少数派に属する人物と、別々のように聞こえて、じつは、ある人物の内側に属する多数派の自分と、少数派の自分、をいうのではないか。
 そう解釈すると、「諸君の中の少数派に呼びかけている」という言葉は、趣深い。

 諸君の中の少数派よ、こっちの詩(短歌)にも目を向けたまえ!
 「正田篠枝:原爆歌集『さんげ』に触れて」。
 歯に衣着せぬ勇ましいことを言って多数派受けする金持ち政治家が、自分と自分の家族は安全圏において、多数派の諸君をそうした場面の当事者にならせるのだ。どこの国でも、いつの時代でも、きっと。

 そうそう、選挙といえば、自民党の松浪健四郎議員の言葉を思い出さねばならない。
 以下、06年12月22日「師走」から一部抜粋。

来年は参院選挙、各自治体も与党を応援せねばならないように追い込む予算。民主党や野党を応援するとなると、しっぺ返しがあると理解せねばならない・・・。

 つまり税金で票を買うんだから、自民党(が応援する立候補者)が強いわけだ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 31日(土)4時15分現在、DOWNで13位~♪

2007年3月29日 (木)

オービス事件 最高裁で弁論!

070329_122201 この弁論を見逃してたまるか!
 でも、ほとんど誰も興味持たないだろうな。
 でもでも万が一、傍聴人が詰めかけたら…。

 安心半分、不安半分。いや安心9割、不安1割で、12時15分頃、最高裁へ。
 傍聴券の交付待ちがなんと3人も! ほっ(笑)。

 すごく天気が良くて、付近を見物にきたらしき母子らしき2人が、珍しげに我々と、案内(当記事右上の画像)をしげしげ見てたので、
「最高裁が法廷を開くのは珍しいんですよ。せっかくですから傍聴してみてはどうですか?」
 と私は声をかけた。だぁって、ヒマだったんだもん。
 お2人、傍聴することになったyo。
 これで傍聴待ちは6人。

 12時55分、10人が並んだところで、傍聴券交付開始。
 階段を上って建物(石の砦)に入り、貴重品と筆記具以外をロッカーに入れ、金属探知器(羽田-秋田間の空港より敏感)のチェックを受け、職員8人に案内されて、第一小法廷へ。

 傍聴席は、「い-1」~「い-12」の12席が4列、「に-12」まで合計48席。
 両サイドに、小机と手元灯がある記者席が、3席×4列×左右=合計24席。

 傍聴人はだんだんと増え、合計18人になった。記者席には計6人。
※傍聴人は弁論開始から8分くらい後に2人来て、最終的には計20人。

 しっかしこの最高裁の法廷ってのは、見事だよね。
 豪壮、荘厳、重厚とか、すでにある言葉では表現できない、正義や理知をもじんわり感じさせる、異様なほど見事な造りだ。
 学生時代に心理学をかじった者としては、どうしても、内面はよっぽど自信がないんだな? と思えてしまう…。 

 13時29分、正面右奥のドアから若い職員が現れ、ぺこりと礼をした。
「間もなく開廷します」
 ぺこりと礼をしてもとのドアに下がった。
 時刻を告げる自動機械のよう。

 13時30分。正面の大きな扉がうぃーんと左右に開き、5人の裁判官が登場。
 法廷外の壁には、裁判長涌井、横尾裁判官、甲斐中裁判官、泉裁判官、才口裁判官とあった。
 最高裁は、姓しか表記しないんだね。
 ちなみに開廷表は「刑事弁論期日表」というんだね。

 まず、涌井裁判長が検察官に、上告趣意書を陳述することを確認し(民事と同様、陳述したことにして)、
「さらに付加して陳述することはありますか?」
 と。
 「最高検察庁 検察官 検事 水野美鈴」さんが、立って、弁論要旨を読み始めた。
 しかし…。
 要点は、たぶん来週発売の某週刊誌に書くとして、いや~、呆れたの何の。
 口ぱっくり、途中ぷぷっと吹き出しそうになってしまった。
 ツッコミ期待のボケ、ギャグかと思ってしまった。
 原審(仙台高裁秋田支部)判決に対する、何の反論にもなってない。
 百人が百人、万人が万人、「あんた、バカですか?」と呆れ返る内容というべきだろう。
 そんなことを、なぜ堂々と言える?
 裁判所をよっぽどバカにしてるのか、裁判所を検察の補完機関と見なしてるのか…。
 とにかく、原審判決でオービスの根幹(信頼性の裏付けとなるデータが一切なく、あるのはオービスを疑わしく思わせるものばかり)をずばりえぐられ、それでもオービスは絶対だと言おうとすると、ああならざるを得ないのだろう。
 水野美鈴さん、人前であんなもの読まされて、可哀想。
 哀しいね。

 弁護人(職権で付された国選)が、それに対する反論を朗読して、13時55分、涌井裁判長が、
「双方、これでよろしいですか? これをもって弁論は終結します。判決宣告期日は追って指定します」

 ま~、これは、原審へ差戻しになる、というのが一番考えられる線じゃないのかねぇ。
 しかし、本件はじつは、普通じゃ考えられない落ち度がメーカー&警察側にあり、検察は苦戦を強いられるかもしれない、もちろん、差戻し審の裁判官がどんな人物になるか、にもよるが。

 メーカー&警察&検察にとって、いちばん望ましいのは、法律の要件にあわないからと上告を門前払いされ、
「法律手続き上のことで門前払いされたが、秋田支部の判決は明らかに誤判であり、オービス(本件は三菱RS-2000B型)は絶対正しいのだ」
 と言い張ることだったはず。
 東京航空計器のオービスⅢは、92年に大阪高裁で無罪を食らい、検察は上告できずに(だってあっちの事件は無実の証拠があったので)確定したが、メーカーは、
「あれ(確定判決)は誤判だ」
 と言い張り、警察は今もオービスⅢを使い続けてるんだから。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 29日(木)19時45分現在、ずっと13位~♪

 オービスについてよくわからない方は、拙著をお読みいただければ。

2007年3月28日 (水)

秋田の裁判所の開廷表は!

P1010457  27日(火)、秋田へ行ってきたよ。
 公訴棄却を食らった三菱RS-2000B型を見て、被告人にお会いしてきたよ。
 この日の秋田は寒くてねぇ、風がぴゅーぴゅー吹いて、冷え切ってしまった。

 秋田の裁判所ビル(秋田簡裁、秋田地裁、仙台高裁秋田支部など)も見学。
 かけうどん270円。定食480円。←値段を見ただけ。

 何より驚いたのは、簡裁の開廷表ね。

P1010418 予約 変更等
 時        10:30~10:45
 事件番号    平成19ろ8 
 事件名      建造物侵入
 身柄       勾
 被告人      ■■■■
 収容場所    代用刑事施設秋
 弁護人      私 ●●●●
 検察官      ▲▲▲▲
 通訳人    
 通訳言語
 審理予定    判決
 速記等・警備
 係        2係
 書記官     ◆◆
 法廷       第8号

 そんな具合なのだ。空欄は記入なし。
 身柄拘束場所が、代用刑事施設(警察留置場のことなんだろ)か拘置所か、弁護人は私選か国選か、さらには通訳言語まで、開廷表に載せるってことなんだろうねぇ。
 これはびっくり。秋田の傍聴マニアは恵まれてるよぅ。

 宿はダイワロイネットホテル
 ここは良かったス。
 料金は安いほうなのに、ベッドはセミダブルで、全体にチョーきれい。
 なんと、広めのユニットバスのトイレにウォシュレットがついてるではないか!

P1010505  当然、夜は歓楽街をうろうろ。
 しっかし、代行運転だらけなのね。
 20分50円、終日置いても500円という駐車場もあった。
 入った飲み屋は安くて旨くて。
 ニュークラブというのも今回ちらっと初体験。
 これがまた、安いのに良くて、すっかり秋田が気に入ったyo。 

 28日(水)昼過ぎ、羽田着。
 大急ぎで裁判所へ。
 13時10分から東京簡裁728号法廷で、保管場所法違反の判決。
 …のはずが、ないじゃん!
 あとで手帳をよく見て気づいた。げっ、東京地裁708号法廷で、放置違反金納付命令処分取消請求(民事)の判決だったのだ。しまった! なんのために、重い鞄を持って汗だくになって有楽町から霞が関までひーひー歩いたのか。

 13時30分から、東京簡裁・刑事2室3係(坂本昌弘裁判官)728号法廷で、「世田谷区清掃・リサイクル条例違反」の判決。
 事件番号H17(ろ)2039のやつだ。
 この被告人は身柄(拘置所)。
「主文、被告人を罰金20万円に処する。その罰金を完納できないときは…」

 堀内信明裁判官の無罪判決が、
「そういう面もあるけれども、こういう面を見過ごすことはできず、無罪」
 というものだったとすれば、
「そういう面があるので有罪」
 という判決、のように思えた。
 私は途中で退廷。
 廊下でKさんにばったり。

 トさんやKさんほかから頂いた情報によれば、月曜の午前中の2件は無罪。
 月曜の午後の3件のうち2件は無罪(これは私自身が傍聴した)。
 火曜の3件のうち1件(2件だっけ?)は罰金15万円。
 上限20万円の条例違反で、無罪、罰金15万円、罰金20万円、と判断が分かれたわけだ。
※ 追記  Kさんによると火曜の3件は3件とも罰金15万円。 

 警察庁と警視庁へあたふたと寄ったのち、15時頃から国会議事堂周辺で、フジテレビのスーパーニュースのロケ…。
 ここ2日間、各3時間くらいしか寝てないもんだから、短い移動の間に、ロケ車内で寝そうになってしまった。ちょっと痩せたかもしれない。
 帰るとメールが百数十本…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 28日(水)20時10分現在、13位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月27日 (火)

憲法と良心に従った無罪判決

3月26日(月)15時30分~

 先週見た開廷表では、竹澤宏之裁判官(新しい人)となってたが、今日廊下の開廷表を見ると堀内信明裁判官だった。
 堀内さんは移動になったのでは…?
 そっか! 代読させず、自分で言渡すのか、おお~!

 傍聴席には、私のほかに11人もいた。
 司法記者クラブの記者らしき若い人たちが数名いた。

 検察官は3人。
 裁判官席に近いほうが、黒服の見かけない女性。
 次が、いつもの立会検察官、濱田立さん。
 その次が、遠藤薫さんといったっけ(間違ってたらごめんなさい)、長身で背が丸い、暗い感じの人。この人は、少し前に立会をやってた。
 この事件の第1回公判は05年6月10日。もしかしたら、代々の立会検察官が今日は並んだと、そういうことかもしれない。違うかもしれない。

 壁の時計で15時27分30秒頃、堀内さんが登壇した。
 法廷ではもう会えないと思っていた堀内さんのお顔を、私はまじまじ見た。
 近所の小学2年生のTちゃんに、ほんっとよく似てる。

 15時28分過ぎ、
「それじゃ…」
 と言って被告人を証言台の前に立たせ、判決の言渡しが始まった。
「主文、被告人…」

 事件は、「世田谷区清掃・リサイクル条例違反」。
 04年11月10日7時24分頃、世田谷区代田2丁目23番3号で、区の古紙回収のために出されてあった古紙12.1kgを、無断で普通貨物に積み運搬した、というもの。
 その行為を、世田谷区の条例による、20万円以下の罰金の対象となる犯罪、として検挙されたというものだ。

 警察に頼んで検挙する(当然、処罰の手続きにのせる)からには、検察庁とも協議しているはずだし、社会は条例でもってどんどん民を規律していこうとする傾向にもあるようだし、これはもう、被告人・弁護人のほうがどう抵抗しようと、結論は有罪じゃないのかな~、くらいに私は思っていた。
 ところが…!!

被告人を無罪とする

 私は思わず「おわ!」と声を漏らしてしまった。
 詳しい説明は省くが、ホンモノの完全な無罪を傍聴するのは、私は初めて!!
 感動したというか驚いたというか、誰も「きゃー」とも「わー」とも言わないことが、異様に感じられた。
 司法記者クラブの若い記者諸氏よ、その若さで無罪を傍聴できるとは、き、貴様ら、許せんっ! 俺はここまで52年かかったんだよぅ(泣)。
 はい、ここでCM入りまーす。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さて、正確には判決書きを読んでみないとアレだが、私の傍聴メモによれば…。
 いや、途切れ途切れのメモを再生してもしょーがないし、その時間もないので(いまほんっと忙しいのね)、私の感想だけ言うことにしよう。

 これ、無罪判決だから、古紙の持ち去りはぜんぜんオッケーなのかといえば、そうじゃない。堀内さんは、そんなことぜんぜん言ってない。
 ただ、自治体が、条例のそもそもの目的に沿う努力をせずに、安易に罰則を設けて排除しよう、処罰しようというのは、それはダメだよ、こんな罰則規定は、条例の制定権を超えるよ、条例自体が違法だから無罪だよ、とまぁそういうことと私は聞いた。
 あらゆる角度から子細に検討して、最後には、国の最高法規である憲法と、裁判官としての良心に従った、そういう判決と聞こえた。

 16時13分、言渡しの途中で、堀内さんの声の調子がおかしくなった。
 なんか、震えてるような。
 裁判官が45分ほど1人でしゃべり続けることは、滅多にない。
 喉の調子がおかしくなった、のかもしれないが、私は、なんというか、堀内さんは感極まったのではないかと思えた。
 風の噂(?)によると、堀内さんは令状係に移動になったらしい。
 もしそうなら…令状発布の実務も大事とはいえ、この判決が、長い裁判官人生の最後の判決ということになる。
 最後に、憲法と良心に従った、しかも、安易に条例で刑罰を科そうとする昨今の風潮に警鐘を鳴らす、満足のいく無罪判決を書けて、感極まったのではないか、と。
 どうせなら、その無罪を、オービス事件で書いてほしかった、いや、堀内さんも内心そう思っていたかもしれない…。
 と、東京簡裁へ通い詰めてる傍聴マニアの妄想は尽きないのでありました。

 16時17分に言渡しは終わり、ざわざわと被告人だけ交替し、すぐに次の判決。
 これも無罪だった。
 判決の構成も証拠もほとんど同じなうえ、この被告人は先ほどの言渡しを傍聴席で聴いていたそうで、異なる部分のみ説明して、16時19分閉廷。
 私は急ぎ警察庁と警視庁に用事があり、帰る。

 どうやら、午前中の2件も無罪だったらしい。
 明日の3件、明後日の2件はどうなるんだろう。
 世田谷区のこの一連の事件で、無罪率の統計に大きな影響が出るかもしれない。
 東京簡裁に通い詰めて、もう4年くらいになるか。
 いや~、びっくりしたよぅ。
 次はオービス事件でびっくりできるよう、私も努力したい!
 などと力が湧いてくる判決だった。堀内さん、お疲れ様でした。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 27日(火)0時45分現在、まだ13位~♪

2007年3月26日 (月)

移動オービス 27回実施して検挙48件

 レーダ式、光電式、追尾式、車載レーダ、移動オービス、オービス。
 速度違反の取締り方法はいろいろある。

 そのうち、オービスについては、所属別の取締り件数(がわかる文書)をゲットできる。
 都道府県別の総数と、警視庁の所属別件数は、すでにゲット。
 設置数はあまり変わらないのに、取締り件数だけ激減している、とわかって興味深かった。

 そう枚数がかさむ文書でもないので、各都道府県警察に対し、確認事務(ニュー駐禁取締り)関係の開示請求・申出をする際、ついでに…。
 ということで現在、愛知県警と群馬県警のその文書(オービスの所属別取締り件数がわかる文書)が手元にある。

 いや~、びっくり。
 どちらも移動オービスの取締り件数(検挙状況)についても、開示してくれたのね。
 もともと一体の文書として作成・保有していたのか。
 一体ではないけれども、「自速機(いわゆるオービス)の…」という形で請求したので、移動オービスの分も入れなきゃ、と開示してくれたのか。
 どっちにしても、マニア的には大喜び。やほーぃ♪
 もうすぐ石川県警と大阪府警から文書が届く。
 そっちにも移動オービスの分は載ってるか、載ってないか、楽しみだー♪
 その驚きの内容については、『ドライバー』で書こうか。

 少しはここでも書けよって?
 愛知県警の分については、3月23日にちらっと書いた。
 群馬県警のは「実施回数」も載ってて、06年は実施回数27回で検挙件数48件…。

          ★

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律
 06年7月7日に施行されたんだという。
 こんなの知ってた? 私ゃつい最近まで知らんかったです。
 内閣府の公共サービス改革推進室が詳しく解説していて、「公共サービス改革法 入門編」というのもある。
 それによると(って全部読んではないよ!)、「小泉政権の構造改革」のなかから出てきたものなんだそうだ。
 てことは、はは~、アメリカがそれを望んだか、アメリカの望みを叶えるために必要だったか、どっちかなんだろうと想像しちゃうのは、ひねくれすぎ?

 ま、その影響で、警察のほうは、
車庫証明関係の窓口業務の民間委託の必要性について検討することとされたい
 という通達を出してる。
 これも安協(交通安全協会)がほぼ独占的に委託されてきた業務だ。
 この契約書、東北方面のは全部手元にあるんだっけ…。
 ほとんど単価契約だっけ…。
 ひねくれた想像がダイレクトに当たれば、やがて車庫証明関係の窓口業務をアメリカ人がやる?

窓口 「ハロー、メイアイヘルピュー?」
市民 「ぎょっ。………………お、欧米かよ!」

 などと資料を整理しつつ、気を散らしつつ、久しぶりに審査請求(処分・決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内のあれ)の書面をつくる。時間がないので、あっさり簡潔に。
 あとは警察庁へあれして、岐阜県警へあれして…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 26日(月)2時20分現在、14位~♪ 

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月25日 (日)

古紙持ち去り事件 続々判決!

 マニア的にはビッグニュース。

 もう2年近く前になる、05年6月10日、東京簡裁・刑事1室3係(堀内信明裁判官)534号法廷で、「世田谷区清掃・リサイクル条例違反」という、初めて見る罪名の新件があった。
 いったい何だろう、と傍聴した。
 以下は焼糞日記より抜粋。

礼田計さんほか傍聴人多数。弁護人は2人で検察官は3人。しかも他の法廷の区検検察官も傍聴席に。罪状認否で被告人(古紙回収業。59歳)は、弁護士から受けとった陳述書を読み上げた。「法律、憲法に違反するので無実です」と(「無実」はママ)。うお。やはりあの事件の関連だったのか。区検は同条例違反で5件を起訴し、簡裁刑事の6人の裁判官の偶然5人別々に配点されたという。しかし争点は同じなので今後どうするかややこしい“協議”。被告人は居眠りしちゃったみたい。 

 要するに、自治体の資源回収の日に出ていた古紙を、よそからきた業者が持ち去った、という事件だ。

 私の傍聴メモによると、同年6月7日に刑事2室1係(小島裕史裁判官)534号法廷で第1回が始まったのが、この条例違反の公判としては、もしかして初めてなのかな。
 その後さらに起訴が続き、いくつもの法廷で審理が続いた。
「あ、まーだやってるのか」
 と、一度ちらり傍聴したら、区職員を証人尋問していた。
 以降、被告人氏名と期日だけ、なるべくメモしたが、傍聴はしなかった。だぁって、そこまで手を広げてられないもん。 

 そしてとうとう、そのうち10件の判決が、来週月曜から水曜にかけ、続々言い渡される!

        期日         事件番号   係属   裁判官

 3月26日(月)10:00~10:10 H17(ろ)2040 1室1係 松本弘
 3月26日(月)10:00~10:10 H17(ろ) 449 1室1係 松本弘

 3月26日(月)15:30~16:00 H17(ろ)2042 1室3係 竹澤宏之
 3月26日(月)15:30~16:00 H17(ろ) 360 1室3係 竹澤宏之
 3月26日(月)16:30~16:45 H17(ろ)1460 1室3係 竹澤宏之

  3月27日(火)15:00~15:45 H17(ろ) 495 2室1係 櫻井廣美
  3月27日(火)15:45~16:15 H17(ろ)1461 2室1係 櫻井廣美
  3月27日(火)16:15~17:00 H17(ろ)2043 2室1係 櫻井廣美

  3月28日(水)10:00~11:30 H17(ろ) 448 2室3係 坂本昌弘
  3月28日(水)13:30~14:30 H17(ろ)2039 2室3係 坂本昌弘

 以上、リサイクル条例違反なのだが、全部が世田谷区のものかメモ漏れ。
 木曜には審理が1件入ってる。論告、弁論あたりなのだろうか。

 私が05年6月10日に初めて傍聴したのは「H17(ろ)360」だ。
 05年6月7日が第1回だったのは「H17(ろ)495」だ。

 憲法違反が争点らしいとはいえ、どれもだいたい言渡しの時間が長い。
 水曜の坂本さん、1時間半もとってるよ!
 資源ゴミの持ち去り、どういう判断になるんだか。
 これはニュースになるのかな。

 ちなみに1室3係、竹澤宏之さんの名は、たしか初めて見る。
 堀内信明さん、移動になったんだぁ。残念!
 という感慨をもつ傍聴人は、世界で数人だろうなぁ…。

 ちなみに、「古紙ネット」の「2005年 古紙関連の動き(新聞等情報)」によると、私が初めて傍聴した事件の被告人は、第1回公判の翌日(6月11日)朝、江東区内の資源回収所から古新聞10kg(50円相当)を持ち去った(盗んだ)として現行犯逮捕されたそうだ。マジ?

 10kg50円なら100kgで500円。1トン5000円。2トンでも1万円…。
 私は昔、トラック運転手もやったが、1トン、2トン手積みするのは、荷台を開いた状態でも相当疲れるぞぃ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 25日(日)3時35分現在、ぎょっ、13位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月24日 (土)

前科16犯 生活保護を切られて逆戻り

3月23日(金)13時30分~

 東京地裁・刑事19部(園原敏彦裁判官)719号法廷で、脅迫の新件。
 13時31分頃、法廷に入ると、起訴状朗読が終わるところだった。
 被告人(身柄、拘置所)は、小柄だけれどもガッチリしたオジサン。
 傷害や強盗未遂など前科16犯、ほか前歴が8回あるんだそうだ。
 アルコール依存症で措置入院させられたことがあるんだそうだ。

 冒頭陳述と被告人質問などによると、事件の概要はだいたいこんなふうだった…。

 生活保護を受けながら1年半、治療のため病院へ通った。
 断酒会にも入り、何かの証明を、絶縁状態にある親元へ送ったら、喜んでくれた。
 前科前歴はすべて酒を飲んでのことだったと気づき、やり直そうと思った。
 しかし生活保護を切られて働かざるを得なくなり…。

 トラックターミナルの荷受け作業員(20:00~7:00)として働いていたところ、人間関係のストレスで、つい酒を飲むようになってしまった。
 その日(今年2月4日)、前日から飲み続けて仕事は無理そうだったが、馬力をつけ、酒の力で行こう、そのほうが休むよりマシだろうと、江戸川区内のロイヤルホストでラーメンとビールを飲食した。
 ラーメンの麺の名前のことで、若い女性従業員に尋ねたところ、わからないからと店長を呼ばれた。
「なんでこれ、責任者が出てくるような問題か! ラーメンのことで聞いとるんや。なんでアタマが出てくるんや。お前、ナメとるんか。俺は13年も刑務所に入ってたヤクザだ!」
 などと、20時頃のほぼ満席の店内で大声を出し、立ち上がって詰め寄り、30cmほどに顔を近づけ、「ほら」と刺青を見せた。

※ これらの場面説明は、ほとんど検察のストーリィによる。本人は詳しいことは覚えていないそうだ。警察や検察は、都合の良いように話をつくることがある。以上の、また以下の場面説明がどこまで信用できるか、疑問は残る。が、被告人は一切争わなかった。

 いったん勘定を払って店を出て職場へ行くが、帰っていいと言われ、帰る途中の23時半頃、またさっきのロイヤルホストへ立ち寄った。
「ラーメン屋に知合いがいて(また酒を飲もうと)屋台へ行ったが閉まっとったので、歩いて行ったら、ロイヤルホストしかなくて…」
 と被告人。
 ビールなどを注文し、カネが3000円しかなかったので、万が一足らんかったらツケてくれんかと頼んだがダメと言われ、
「指ツメるか。殺すぞ」
 と3回ほどわめいた。
 店長は「帰ってください」と言ったが、男は帰らず飲食を続けた。
 店長がレジ近くの電話から110通報。現行犯逮捕。

 弁護人は、書証3点を請求、提出。
 今後二度とロイホへは近づかないという謝罪文、示談書(金額は未払いだった料金1089円)、寛大な処分を求めるという店側の上申書。

 求刑は懲役2年。
 1年何月かの実刑となり、刑務所で断酒することになるのだろうか…。
 14時17分閉廷。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 24日(土)16時25分現在、16位~♪

 どうも、実刑=懲役刑と思ってる人が多いようだけど、実刑とは、執行猶予がつかずそのまま執行される刑のこと。
 懲役の実刑、罰金の実刑、懲役の執行猶予、罰金の執行猶予、どちらもある。
 ま、罰金の執行猶予は珍しいので(私は傍聴したことあるよ、うふふ)、実刑といえばほぼすべて懲役刑についてであるため実刑=懲役刑と思い込み、「執行猶予つきの実刑だった」と言う人もいる。
 一口豆知識でした。
 そんなこと解説できるほど私は偉そうなもんでもないのだが(笑)。

2007年3月23日 (金)

女性下着 侵入窃盗の判決

3月23日(金)13時20分~

 今週は東京簡裁で道路交通法違反の公判がなかった。
 それ以外で傍聴したいのはあったが、忙しくて裁判所へ行けなかった。
 今日も行かなければ、1週間行かないことになる、なんとなく不安、来週の開廷表もチェックしとかねば、ということで、原稿は午前中で切り上げ、午後から出かけたyo。

 なにげに1階の、東京簡裁の開廷表をぱらりめくると、霞っ子クラブ(最新刊は『霞っ子クラブの裁判傍聴入門』)のユキさんから聞いていた被告人氏名があった。
 あと10分ほどで始まる。
 なんという偶然というか幸運!

 以下は1月23日付け日経新聞(■部分は記事では実名)。

部屋に下着1660枚、窃盗容疑で男を逮捕・警視庁
 女性物の下着などを盗んだとして、警視庁田園調布署は22日、東京都目黒区大岡山の解体作業員、■■■容疑者(35)=窃盗罪で起訴=を窃盗の疑いで再逮捕した。調べに対し、■■容疑者は「仕事のストレスを発散させるためにやった。趣味で観賞用に集めていた」などと容疑を認めているという。
 同署は、■■容疑者の自宅アパートから約1660点の女性物下着を押収。約2年前から、大田区や世田谷区などで約100件の犯行を繰り返していたとみて余罪を追及する。
 調べによると、■■容疑者は昨年12月21日午後6時半から7時半ごろ、世田谷区のアパートの男性医師(39)方に侵入し、現金約4万円と、同居している女性の下着など15点を盗んだ疑い。■■容疑者は同23日、大田区内のアパートの男性会社員(30)方に侵入し、妻の下着を盗んだところを会社員に見つかり、窃盗で現行犯逮捕されていた。
 ■■容疑者は盗んだ下着を折りたたんで袋に入れ、自宅アパートの屋根裏に隠していたという。 (07:00)

 阿曽山大噴火さんが第1回公判のレポートを書いている。

 13時20分から、東京簡裁・2室3係(坂本昌弘裁判官)728号法廷で、その判決公判。
 罪名は「住居侵入、窃盗未遂、窃盗」。
 被告人(身柄、警察留置場)は、濃い茶のレザージャケットに、しゃれた黒のジーンズ。「解体作業員」には見えなかった。ってどんな姿なら「解体作業員」にふさわしいのか。

 12月23日に逮捕された分が、起訴状記載の分で、再逮捕された同21日の分が、追起訴状記載の分、らしい。
 判決は、懲役2年6月、執行猶予4年、保護観察付き、訴訟費用負担
 私は窃盗のことはよく知らないが、簡裁で言い渡される執行猶予判決としては、相当重い部類に入るんじゃないか。

 犯行は、いずれも夜間。電灯が点いてない部屋を狙い、指紋を残さないよう軍手をして、ドライバーでガラスを割ってカギを開け、侵入したらしい。

「前科・前歴はなく、逮捕・勾留は初めてであり、報道されていること…」
 と坂本さんが執行猶予を付した理由を言い、
「近く結婚する予定の婚約者があり…」
 と言ったところで、被告人はメガネを外し、目をこすった。手にハンカチがあった。泣いたようだ。
「今回は婚約者に救われたという面も見られる…」
 と坂本さん。

 13時28分閉廷。
 急ぎ、719号法廷へ。
 728から719へ行く途中の法廷で、オウム事件の中川なんとかいう被告人の控訴審をやってたみたいね。

    

無故意の無免許は無罪

 松崎はすぐに謹慎を受け入れたが、無免許については「悪いことはしていない」と主張した。送検直前の警察の事情聴取でも「02年以降も検問も普通に通れた。米で免許更新した際も、法改正について何の説明もなかった」と突っ張った。会見を開き、警察の落ち度を指摘した。

 と、3月20日9時56分配信の日刊スポーツ<<松崎しげる「間違ったことはしてない」>>にある。
 はは~、やっぱりそうなのか、という感じ。

 じつは04年2月19日、東京簡裁・刑事2室2係(齋藤利夫裁判官)728号法廷で、無免許の無罪判決が出ている。
 松崎さんと同様、国際免許証について02年6月1日から変わった(出国から入国までの期間が3カ月以上ないと国際免許証は無効となった)ことを知らずに無免許で検挙されたというケースで、その検挙の「1カ月くらい前」に駐車違反で青キップを切られ反則金を払っていたのだ。

 無免許で駐車違反の場合、無免許は不起訴になっても、道路交通法125条の規定により、駐車違反は反則行為とされない。青キップが切られることはなく、反則金で処理されることもない。
 駐車違反を取り締まった警察官は、02年6月1日施行の新規定についてよく知らず、無免許状態とわからなかったのだ。
 これでは、被告人の故意を問うことはできず、無罪。
 つか、傍聴してて、なんでこんなの起訴したの、それでも有罪とすべく尽力しなきゃなんない公判立会検察官の五日市祐幸さん、かわいそ、という事件だった。
 2月19日の判決公判(第7回公判)を、私は傍聴しなかったのだが(残念!!!)、傍聴した礼田計さんから聞いたところによると、齋藤裁判官は、
「本来不起訴とすべき事案である」
 とまで言ったらしい。

 松崎さんが不起訴処分になったのは、当然中の当然なのである(ヘンな日本語?)。
 しかし、
「不起訴(起訴猶予)なんて気色悪い。無罪が欲しい」
 と松崎さんが思っても、どうにもできない。
 理由が起訴猶予であろうと、不起訴は被疑者に有利な処分であり、有利な処分を撤回させるための法律手続きは用意されてないのだ。

 だが、警察は一般に、有利な処分とされたことを理由に、違反点数を抹消せず、行政処分を強要する(←これは日本語がヘンなのではなく、警察がヘンなのだと思う)。
 無免許運転は19点。
 今回、松崎さんの無免許の違反点数を警察はどう扱ったか、私としてはそっちが気になる。

 愛知県警から、郵送で3件の開示を受ける。
 03年~06年の、各年12月末の、所属別・違反別「交通取締結果」。
 06年から「駐停車」の項がなくなってる。
 これは切符処理した(つまり違反者が出頭した)データであり、06年6月1日から多くが「放置違反金」に流れた(つまり違反者の出頭を得ることなく処理が終わるようになった)ので、「駐停車」は「その他違反」に含まれてしまったのか。

 第一交通機動隊と第二交通機動隊と高速道路交通警察隊の、03年~06年の月別の「固定式オービス取締検挙状況」と、第一交通機動隊と第二交通機動隊の、03年~06年の月別の「移動式オービス取締検挙状況」。
 おお~、移動オービスの取締り件数を見るのは初めてだ!

 00年~06年の、所属別「レッカー移動台数の推移」。
 やはり06年は半減してる、というのは警察庁の都道府県別データでわかるとして、この一覧表からわかるのは、どの年も、愛知県内のレッカー移動のほぼ半分は中署管内で行われていること、だ。
 次に多いのは(中署に比べればがくっと減るけども)、中村署、千種署、東署の管内かな。
 こういうのをながめてると楽しいな~♪

Banner_02_2 人気blogランキング ← 23日(金)7時00分現在、15位~♪

2007年3月22日 (木)

「緩衝帯」をなくした結果…

 当ブログに書いたように記憶するんだが、どうにも検索できない。
 私の検索の仕方が下手なのか。
 あるいは、以前『FLASH』の原稿に一部引用しただけで、ブログには書かなかったとか?

 『講座 日本の警察 第三巻 交通警察』(立花書房、92年10月20日初版1刷発行)。

  

 この本、編者は河上和雄國松孝次香城敏麿田宮裕の各氏。アマゾンの紹介は「河上和雄(著)」「1992/01」となってる。でも河上さんは執筆はしてないよ。「編者」の1人だよ。どゆこと? 分かんない。

 それはともかく、そこに収載されてる「交通指導取締りに関する法律上の諸問題」、その部分の執筆者が矢代隆義さんなのである。

 同書における、91年8月現在の矢代隆義さんの肩書きは、警察庁都市交通対策課長。
 ネットで検索すると、同姓同名の人が01年9月現在、埼玉県警本部長、06年6月現在、警察庁交通局長、となってる。
 ちなみに91年8月現在の河上和雄さんの肩書きは、弁護士・前最高検察庁公判部長。國松孝次さんは警察庁刑事局長。香城敏麿さんは大分地方裁判所長、田宮裕さんは立教大学教授だ。

 で、その矢代さんの「交通指導取締りに関する法律上の諸問題」である。
 その「第三 実質的違法性をめぐる問題」の、「三 可罰的違法性」、そこに、以下のように書かれている。
 以下、太字は今井。「」とは、「一 問題の所在」に出てくる、「最高速度違反(又は駐車違反)を抽象的危険犯又は形式犯としながらも、当該行為の違法性の微少な点をとらえ、いわゆる可罰的違法性なしとする主張」のことだ。

 これ、多くの運転者たちの日々の疑問にズバリ答える、非常にスゴイというか素晴らしい、ショッキングな、ある意味ブラックなことを言ってると思う。

 次に②の主張のように、道路交通法の各条は、わずかな違反でも処罰の対象となるのかという問題は、確かに頭の痛い問題である。紋切り型にいえば、「速度超過分が毎時一キロメートルであっても速度違反であり、わずか一分間の駐車でも駐車違反であることに間違いない」ということになるが、これではあまりにも現実離れした結果を招くこととなり、可罰的違法性の問題を持ち出して弁解するのも無理からぬものがある。しかしながら、道路交通法のような大量処理の行政法規において、その違反事実が構成要件に該当しながら、実質的違法性の判断において違法性の微少性ゆえに違法性の推定が破れるとすることは、画一的処理を損い、不適切である。これは、結局のところ違反の成否の問題としてではなく、当該違反行為を取り締まることの相当性、社会的妥当性の問題として処理せざるを得ないものと考えられる。

 現実の問題としては、交通違反の取締り現場では、悪質な違反のみを取り締まり、軽微な違反は指導に止めているのが実情である。なぜならば、道路交通法違反は一〇〇パーセントこれを検挙できるわけではないので、軽微な違反については、取締りの公平性の観点からみても指導に止めるのが妥当であるし、また、軽微な違反は、仮にこれを検挙、送致しても、起訴段階において起訴便宜主義により起訴猶予処分となるであろうから、あえてこれを反則切符処理するのは妥当性を欠くと考えられるからである。このような事情から、軽微な違反はある程度まではこれを無視し、又は指導に止めており、これが緩衝帯の作用を果たし、現実の問題として、実際に検挙される事案では可罰的違法性を検討しなければならないようなケースは生じない。ただ、理論上のものとして可罰的違法性ないし実質的違法性の問題を考えるならば、道路交通法違反の罪責の多くが形式犯ないし抽象的危険犯であることと併せ考えると、違法性自体を否定するような結論を導くことは避けるべきものと考える。

 矢代さんは、交通取締りの現場をまったく知らないか、知りながら背を向けてる?

 いや~、たとえば、見通しの良い交差点でさ、最徐行して完全に安全を確認したのを、巧みに隠れて待ち伏せ、取り締まる場合、警察官は、違反態様について書く必要があれば、「漫然時速15キロメートル毎時で…」とか書く。取り締まることの相当性、社会的妥当性があったかに装う。「違法性自体を否定するような結論を導くこと」はないようにする。
 キャリアはそういう報告等をもとに交通行政を行うので、という面もあるんだろう。いわゆる「大本営発表」を現場がする状態にしておき、上がってきた「大本営発表」を見て、作戦を立てる、ようなものか。

 でも、それをもって直ちに矢代さんを責めることはできないだろう。
「現実の問題として、実際に検挙される事案では可罰的違法性を検討しなければならないようなケースは生じない」
 とさらり言える背景には、反則金の納付率がほぼ100%であること、つまりほぼ100%の運転者(反則者)が異議や不服を主張しない(法律手続きに従って争うことをしない)という厳然たる事実があるのだから。
 反則金を納付しない者が1割でもいれば、違反処理システムはパンクし、「…ケースは生じない」などとさらり言ってのけることはできないのだから。

 ま、それはそれとして、だ。
 要するに、駐車違反についていえば、チョークで印をつけて10分なり30分なり待つのは、「軽微な違反はある程度まではこれを無視し、又は指導に止め」ることを意味していたわけだ。 
 それは「緩衝帯の作用を果たし」ていたわけだ。

 ところが、06年6月1日から、チョークは使わなくなった。
 違反の悪質性・迷惑性や動機には関係なく、形式的に違反なら直ちに取り締まるようになった。

 「緩衝帯」をなくせば、「可罰的違法性を検討しなければならないようなケース」が白昼堂々、大量に生じることとなる。「あまりにも現実離れした結果を招くこととな」る。
 そうならないためには、規制の見直しが不可欠。
 規制自体を、よほど合理的かつ必要最小限に変えなければならない。
 それは当然すぎるほど当然。
 だから警察庁は、そのように規制を見直せと、2本も通達を出している。 
 しかし、見直しはごく一部しか行われず、「緩衝帯」だけが外された…。

 結局、私がこの1年間、雑誌や新聞やラジオやテレビで言い続けてきたところへ帰着する。

 どうすりゃいいのか。
「新制度は、確実にカネを集められるようにし、かつ、巨大な委託事業を(警察の縄張り内に)創設した、それだけのことなんです」
 と言ってくれれば、
「は~、そうだったんですか。それじゃ、しょーがないですよね~」
 となり、丸く収まる…かどうかわからないが、みんな納得するでしょ。
 個人も社会も、正直がいちばん。←そういう結論かよっ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 22日(木)1時55分現在、17位~♪

2007年3月21日 (水)

交通違反マニア王選手権?

 19日(月)は、ひろゆき氏を被告とする民事の口頭弁論だけ。他に傍聴したいものはなく、裁判所はパス。有酸素散歩約1時間。

 その夜、喉の痛みがだいぶひいたと思ったら、咳と鼻水が発作のように。
 これって、いわゆる花粉症?
 花粉症って、こんなに辛いものなの?
 だとすれば、皆さん可哀想。
 糸を引いた御飯とか、糸を引かなくなった納豆とか食べ、日々体を鍛えてる私が、まさか…。

 20日(火)、傍聴と情報公開請求の緻密なスケジュールを立て、早起きしていたのだが、再び咳と鼻水に襲われ背中も寒く、後ろ髪ひかれつつ断念。市販の風邪薬を飲んで寝る。
 愛知県警から(だっけ?)電話で起こされ、「おはよぅございますぅ…」と出た後、時計をよく見たら14時過ぎだった。昼間に4時間半も寝るか!?

 先週金曜あたりから、ずいぶん寝た。
「お手つきアリです。早押しです」
 と、司会のみのもんたさんか誰かから言われ、
「第1問、酒気帯び…」
 とだけ聞いて回答スイッチをばしいっと叩き、
2002年6月1日!」
 と答えたが不正解。問題の続きの
「…運転…」
 で回答スイッチをがつっと叩き、「呼気中0.15mg、血液中0.3mg!」では簡単すぎるぞ、今国会に提出される改定法案の罰則、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金!」でいくか、思いきって「道路交通法65条1項!」といくか、ああっ、どうしよう! しっかし、問題が最後まで読まれる前に、酒気帯び運転に関するあらゆる要素が出ちゃって、このクイズ(交通違反マニア王選手権?)は成り立つんかいな…。
 という夢をみて目が覚めたり(笑)。

 ちょっと時間を戻す。
 20日(火)未明、ココログのアクセス解析を見たら、やけにアクセスが多かった。
 こんな夜中に? はは~、何かあったな?
 と「リンク元ページ・サイト」を見たら、野田敬生さんのブログ「ESPIO」、およびその「<切込隊長VSひろゆき>「2ちゃんねる」裁判の行方」という記事が上位にあった。
 その記事で、私のブログ記事が紹介されてたんだねぇ。

 私のブログの平日のトータルアクセスは、ここんとこだいぶ減っており、600台の日が最も多いのだが、20日は1000に近かった。

 野田さんの記事によると、19日の口頭弁論は傍聴券が出たそうな。
 第1回期日(1月29日)は10数人だったのに。
 ひろゆき氏が出廷したので、興味を呼んだんだろうか。

 「ひろゆき日記@オープンSNS。」の3月20日の記事に、「東京と沖縄など同じ日に裁判が行われることがあり、全部に出席することがそもそも不可」とあるけど、「同じ日」云々の部分は違うんじゃないか。
 2回目以降の期日は、裁判所と原告・被告のスケジュールにあわせて決めるし、第1回期日は裁判所のほうで指定しちゃうので、ナニ陳述といったっけ(「擬制陳述」だ)、第1回だけは出頭しなくても不利益はないことになってたはず。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 21日(水)2時45分現在、downで15位~♪

2007年3月20日 (火)

マルクスが地球を救う!?

 マルクスが地球を救う! マルクスに学べ!
 と、いまマルクスが大注目。
 『資本論』とか『共産党宣言』とか飛ぶように売れてるらしいね。

資本論 1 (1) Book 資本論 1 (1)

著者:マルクス
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マルクス・エンゲルス 共産党宣言 Book マルクス・エンゲルス 共産党宣言

著者:マルクス,エンゲルス
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なぜ?
 あれだよ、元アメリカ大統領候補のアル・ゴアさんの映画『不都合な真実』。
 あの、異常気象、氷山が崩れ落ちるシーン、陸地が海に飲み込まれる未来、あれらによって、利潤追求の文明に対する憎悪が湧き上がり、そうしてそれが、マルクスが合羽、河童、ちがーうよ! 喝破した資本主義の本質、「我が亡き後に洪水よ来たれ」とばっちり重なったんだな~。
 奴らが儲けた後に、洪水でオレらは死ぬのか! ふざけんな! と。

 …つーのは、現時点ではウソぴょんとしても、いずれ、大堤防で囲まれた海面下の巨大都市、なんてのが登場するんだろうねぇ。
 んでもって、その大堤防をつくった資本家が、儲けるために工費をケチり、下請けの孫請けの曾孫請けに丸投げしたりなんかもして、堤防は決壊…。ありそうな話だね~。

 日本列島を堤防でおおう巨大公共工事で、これから景気は良くなるかもね~。
 一方、低地の地価は下落どころか崩落し、埋め立て地のハイソなマンションは下半分、入居ナシ…とか? そんな見通しで株で儲けたら「風説の流布」?
 フジテレビは、前は市ヶ谷だっけ、あのへんの小高いところにあったのに、なんでわざわざお台場へ引っ越したのか、将来の“ニュースの現場”に近いところへ…だとしたら、すごっ。
 とかアホなこと言ってるとキリがない(笑)。←笑ってられるのも今のうち?

          ★

 ところで、これからは、というか昨年6月から、簡裁に、または簡裁の開廷表に注目しなきゃ、と思ってる傍聴マニアはどれくらいいるんだろうか。

 昨年5月28日から、窃盗と公務執行妨害に罰金刑の選択肢ができ、窃盗は「十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金」、公妨は「三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金」とされた。
 12月10日現在での、駐車監視員への公務執行妨害の刑事処分は、懲役(執行猶予付き)が7件、罰金が20件だ。
 窃盗はもっと多いはず。

 罰金は通常、略式で処理されるわけだが、その一部は、罰金の支払い命令を受けてから、
「やっぱり不服がある。正式裁判を請求します」
 と公判廷へ出てくるに違いない。
 道路交通法違反でも業務上過失致傷でもそれはある。
 先日傍聴した保管場所法違反もそうだった。
 もちろん、最初から略式に応じず、検察官により公判請求される事件もあるだろう。

 簡裁の窃盗は、数が多くてフォローしきれないが、簡裁の公妨は、全件傍聴できる、つか、まだ開廷表に発見したことがない。
 とりあえず、データを調べてみよっかな。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 20日(火)1時15分現在、downで16位~♪

2007年3月19日 (月)

駐車監視員の派遣業がいちばんオイシイ?

 愛知県警と大阪府警へ、「確認事務」(つまりニュー駐禁取締り)の委託契約の、入札結果および契約書と仕様書を開示請求したら、そんな文書は不存在と言われた、たしか先々週。

 そりゃそうだ。
 愛知の06年度の契約書を見ると、契約期間は06年4月1日~07年9月30日、大阪は契約締結日(ぜんぶ06年2月17日?)~07年6月30日、なのだ。
 なんでそんなおかしな期間にしたのか、と当ブログでも書いたのに、忘れてたyo、ごめんね。

 なんでそんなおかしな期間にしたのか。
 次の契約は2年とかになるケースもあるらしい、という情報もたしか入ってきてる。
 この種の委託契約のあり方として、おかしなことなのか、それはそっち方面に詳しいだろう方々にそのうち聞いてみるとして、うーん、どうなんだろう、確認事務の委託を受けるためには、必要な人数の駐車監視員を集めるか、集める手配をするかしなければならないし、統括責任者(だいたい警察OBらしい)も集めなきゃならないし、警察署の近くに事務所も設けなきゃいけないし、制服もそろえなきゃならないしで、ま、たいへんだ。
 初期投資をまんま入札額に入れたら、2回目の業者に対抗しにくいだろう。
 赤字覚悟で応札、契約して、翌年度は契約できなかった、となったらダメージは大きいだろう。
 そういう苦労は、契約期間が長いほうが大きくなる、と言えるんだろうか、言えないんだろうか…。
 とにかく、結局、特定の業者がずっと契約し続けるってことになりそうな。

 あとね、聞えてくるところによると、どうも、必要な人数の駐車監視員の確保がキビシイような。
 派遣業者が駐車監視員を募集していたりする。
 これは、委託業者(「確認機関」)にとっては相当ありがたいんじゃないか。

 バブルの頃、マンションがじゃんじゃん建ってた頃、私は便利屋(ゴリラ便)にスタッフ登録していて、建築・改装・解体の現場へよく仕事に行った。
 便利屋の時給は、というか依頼主からいただく額は、原則1時間3000円。
 8時間で2万4000円(私の取り分はだいたい1万2000円~1万5000円)。
 普通に人を雇うより高いはずなのだが、どうしても必要なときに必要な人間を確実に用意できるのは、便利なのだろう。だから便利屋なわけだ。

 今後、委託業者がどう入れ替わっても、入れ替わらなくても、駐車監視員の派遣業者、これが栄えるのかもしれないね。
 そうなると、駐車監視員の資質がどうとかで、「駐車監視員派遣業法」とかつくって、派遣業者を警察庁の下に置く、というのは、あり得る線じゃないのかな。

 現在、駐車監視員の半数以上は正規社員じゃないとダメとかなってるけど、それを外して、全員、然るべき機関でしっかり講習を受けた派遣に、ということも可能でしょ。
 各都道府県に「駐車監視員派遣業協会」ができ、東京に「全日本駐車監視員派遣業協会連合会」なんてものができる、と。
 そこが、駐車監視員の資格者講習や、業務開始前の講習、また業務の途中の講習を一手にやり、交通安全協会をしのぐ天下り法人になるとか、あるいは、交通安全協会が「駐車監視員指定講習機関」なんてものに任ぜられるとか。どうなんでしょうね。

慣れと緩み
本日も特に問題なし
 私が妄想にふけってる間も、駐車監視員たちは悩みながら日々仕事しているようだ。
 もちろん、悩まない人もいるんだろう。
 悩む人がどんどん辞めて、悩まない派遣監視員ばかりに淘汰されていったりして。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 19日(月)5時35分現在、downで17位~♪

 警察庁の「安全・快適な交通の確保」というページで、「規制速度決定の在り方に関する調査研究の平成18年度における調査研究結果について」というのが発表されましたね。
 プリントアウトして机にのせる前に、すでに机の山積みの資料を整理できる、サウイフ モノニ ワタシハ ナリタイ…。

2007年3月18日 (日)

最初に施された処置が人工呼吸…

 希有な才能のイラストレーター、中野豪さんが亡くなって早1年。
 追悼の作品集を出すそうで(あの独特のユーモアと風刺が蘇る。楽しみ!)、短い原稿を書かせていただくに当たり、私の物書きとしてのデビュー記事を読み返した。
 1985年夏の『THE BIKE』(毎日新聞・すでに廃刊)に書いた、ホンダCB250RSの6万㎞レポート。
 中野さんによる7点のイラストが、今も懐かしく笑える。

 その記事のなかで、私はこう書いている。

 事故現場を見る。衝突の瞬間は見なかったが、若い男女の2人乗りバイクとトラックの事故だ。うつぶせに倒れたままの女性にトラックの運転手が必死に声をかけるが、ピクリとも動かない。足が奇妙に折れ曲がり、足から腰にかけて異様にふくれあがっている。その足の指先が、サンダルといっしょに、ヤスリをかけたように削れている。痛いだろうに、女性はピクリとも動かない。
 救急隊員が到着して、最初に施された処置が人工呼吸だった。彼女はもう息をしてないのだ。あそこにあるのは若い女性の形をした重い肉の塊(かたまり)なのだ、と思った瞬間、私はひざがガクガクとふるえ、ある種のめまいを感じた。人間の肉体とは、こんなに脆(もろ)いものだったのか、ガラスの積み木の上で、人は夢や愛や希望をうたっているのかと思うと、なぜか言いようのない「怒り」を感じてしまうのだった。
 額に汗を流して人工呼吸を続ける隊員の背を、バイクを運転していた若者が顔じゅう血まみれで倒れたまま、うつろな目で見ていた。
 交通事故は、ほんとうに悲惨だと思う。それは、明るく連続していたはずの日常が、ある日突然プツリと断ち切られてしまうからだ。このことをよく肝に銘じて…。

 このシーンを目撃したのは、10年ちょっと前くらいか、という認識でなんとなくいた。
 しかし記事によれば、84年8月18日。22年半も前のこと。
 深く鮮明に記憶に刻み込まれており、そう古くないはず、という認識になってたんだろう…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 18日(日)5時10分現在、17位~♪

 どうも喉の痛みが引かなくて。熱や咳はないんだが…。 

2007年3月17日 (土)

いつもの裁判所をテレビで見る…

 16日(金)は東京簡裁の、728号法廷で窃盗(下着泥棒)の審理と、826号法廷でコアマガジンを被告とする児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反の審理があったのだが、締切り原稿のためパス。

 同日、同じ建物のなかの東京地裁で、ライブドア関係の証券取引法違反の判決があったそうな
 私は(傍聴人としては)そういうのはまったく興味がなく、傍聴券の抽選に外れた人たちで、強制わいせつの法廷なんかは満員札がばんばん出てたんだろうなと…。
 自宅にいて、テレビのニュースで裁判所のあちこち(歩道や法廷や駐車場や傍聴券を配布する場所)を見るのは、なんだか妙な感じ。
「キチガイ裁判官! 泥棒裁判官! ヒトゴロシ裁判官!」
 と玄関前の歩道でいつもわめいてるあの人は、今日はどうしてたんだろう。

川口園児死傷事故 被告に懲役5年の実刑判決
 埼玉県川口市の市道で昨年秋、園児らの列に乗用車が突っ込み、4人が死亡し、17人が重軽傷を負った事故で、業務上過失致死傷罪に問われた運送業手伝い■■■■被告(38)の判決公判が16日、さいたま地裁であった。中谷雄二郎裁判長は「車を走る凶器として暴走させた無謀運転の極み。法定刑の上限をもってしても罪責を評価しきれない」と述べ、求刑通り懲役5年を言い渡した。■■被告は控訴しない方針。

 と朝日新聞(上掲記事はその一部。■部分は記事では実名)。

 業過致死傷は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金(刑法211条)。
 求刑どおり上限の懲役刑というのは、あんまりないんじゃないか。

 酒気帯びの罰金は、上限の5万円とされることが長く続き、02年6月から罰則が大幅に引き上げられたが(現在、普通車の相場は20万円)。
 業過のほうも、06年5月28日に、50万円から100万円に引き上げられるまで、上限の50万円とされることがけっこうあったかも。
 そして今国会に提出される(された?)刑法改定法案では、懲役7年を上限とする「自動車運転過失致死傷罪」が新設される。「刑法211条の2」ということになるんだろうか。

 犯罪であるとわかっていて、かつ刑罰の上限が死刑とわかっていて、それでもあえて実行する者さえごろごろいるのに、過失犯(やろうと思ってやるわけじゃない犯罪)の刑罰をいくら引き上げても、事故の抑止には、あんまりつながらないだろう、厳罰化で得られる「安心」は幻想だろう、と私は思うのだが…。

 さいたま地裁の判決のニュースを、たまたまテレビでちらっと見たら、え? 弁護人は…村木さん?

 どうも喉が痛い。風邪をひきかけ、らしい。
 そうだ、こういうときは!
 と、長ネギをたっぷり切って根生姜もおろしたが、ぶっかける豆腐がない。厚揚げもない。仕方ないのでそのまま醤油をかけて食ったら、辛いのなんの。デコから汗が出たよ。
 でも喉の痛みはひかず…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 17日(土)4時55分現在、おおっ、18位~♪

 毎日大量にメールが届く。
 交通違反のご相談等を入れるフォルダは、とっくの昔につくった。
 それ以外の私信用のフォルダもつくり、さくさく返信していこう、という素晴らしいアイデアを思いつき、フォルダをつくってどんどんメールを入れた…のをころっと忘れてたことに、今日気づいたよ! げえ~! ヤバすぎ!

2007年3月16日 (金)

テレ朝社員が駐車監視員に暴行と

テレ朝社員、駐車監視員に暴行 取り締まりに抗議し逮捕
 テレビ朝日報道局映像センターの男性社員(47)が駐車違反の摘発に腹を立て、駐車監視員の取り締まり活動を妨害したとして、警視庁麻布署に公務執行妨害の現行犯で逮捕されていたことが15日、わかった。男性はすでに釈放されている。
 調べでは、男性は今月11日午前11時25分ごろ、東京都港区麻布十番の路上に止めてあった自分の乗用車に、駐車違反のステッカーが張られているのを発見。近くで取り締まり中の駐車監視員の男性(48)に駆け寄って、帽子を引っ張って体を揺すったり腕をつかむなどして抗議したところを取り押さえられた。監視員にけがはなかった。男性は「何で自分だけが取り締まりを受けるのか」などと話していたという。

 と産経新聞。
 この人は、ニュー駐禁取締りについて、よく理解してなかったか、何か誤解してたんではないだろうか。

 ニュー駐禁取締りは、違反の迷惑性や動機などには関係なく、千台に1台か1万台に1台か、それくらいの割合で、言ってしまえば運の悪い者(の車)にステッカーを貼り、とにかくカネを徴収し、新しい巨大な委託事業を創設した、そういうものなのだ。

「アナタ、何だかんだと良さげなこと言うけど、結局、目的はあたしのカラダなんでしょ?」
 みたいな、ミもフタもないけれどもズバリ本質を射抜く言い方をすれば、結局、目的はカネであり、委託事業の創設なのだ。
 駐車監視員は、ニュー駐禁ビジネスの末端の兵隊として、粛々とステッカー(確認標章)を貼りつけていく、それが仕事なのだ。違反の迷惑性や動機や公平性などを考えることは、駐車監視員には許されていないのだ。

 そこをしっかり踏まえれば、駐車監視員に突っかかるなんて、なかったろうに。
 残念なことだ。
 ま、ビジネスの側にとっては、
「駐車監視員に逆らうと、逮捕だぞ」
 と、タダで全国に宣伝できて、良かったね…かな。

 ところで、上掲記事は「15日、わかった」としているが、どうやって「わかった」んだろうか。
 時事通信の記事だと、
「警視庁麻布署は15日までに、公務執行妨害の現行犯で…を逮捕した」
 となってる。
 「…日までに逮捕する」という日本語が、よくわからない。現行犯逮捕じゃなかったの?

 時事通信はさらに、
「送検後、14日に釈放された」
 とも書いてる。
 不服を引っ込めて略式に応じたので釈放したのか、それとも、証拠隠滅、逃亡のおそれがないので釈放し、在宅のままこれから処理するんだろうか…。

Photo_4  この人が、取締りに対してまだ不服がある場合、テレビ朝日は、
「然るべき法律手続きに従って然るべき者の判断をあおぎなさい。それはあなたの自由だ
 と言うのか、それとも、苦虫噛みつぶした顔で、
違反は違反だ。会社に迷惑をかけるな!」
 と言うのか、あるいは…。

 ま、こういう報道を見るとマニアは即座にそんなことをごちゃごちゃ思うんです。
 それにしても麻布十番…。って、まだごちゃごちゃ言うのか? もういいよっ!

 画像は、拙著『なんでこれが交通違反なの!?』の改訂新版。近日発売。
 ニュー駐禁取締りはどういうものか、何が変わったのか、しっかり書いた単行本は本邦初?

Banner_02_2 人気blogランキング ← 16日(金)15時15分現在、21位~♪

「歩行者優先」と誰が言ったのか

3月8日(木)15時~

 東京地裁・刑事7部(高橋徹裁判官)511号法廷で、業務上過失致死の判決。
 大阪行きの夜行観光バス(定員56名、12.87トン)で交差点を左折する際、前方注意を怠り、青色信号に従って横断歩道を横断中の歩行者(60歳)に衝突して転倒させ轢過(れきか)、右下肢切断により2時間余りで死亡させた…というもの。
 前科はなく、保険で相応の賠償が為される見込みで、弔意を尽くしている等から、禁錮2年、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 また横断歩道での事故だ…残念でならない。

 事故を劇的に、あるいは確実に減らすだろう策は、いくつもある。
 しかしそれらは、手間もカネもかかる。
 いわゆる縦割り行政のなかでは困難という面もあるだろう。
 昨日買った『ジュリスト』No.1330なんか読むと気が遠くなる。

 そうしてみると、最も簡単なのは、運転者の注意に頼ることだと気づく。
 人間はそもそも不注意な生き物であり、ただ注意に頼るのは愚の骨頂、という点さえ除けば、じつはそれが最も手軽な方策なんだよね。
 しかし、そうであれば、だよ、なぜ、被害者となり得る側の注意を言わないのか。
「信号が青か赤かは関係ない。青でも赤でも、信号があってもなくても、人と車が交差し得る部分で、人対車の事故は起こる。青でも安心するな」
 なぜそう大きく言わないのか。
 言わずに、歩行者優先という認識を植え付けてきたのは、なぜ?
 そんなことを思ったよぅ。

 帰り、京王線のつつじが丘駅前(北口)で、女性警察官らが駐禁取締りをやってた。
 たしか昨日もやってた。
 ここは調布署の管内。所属別の駐禁取締り件数によれば、調布署って、その付近の他の署に比べ突出して多い。
 それにしても素早いね!
 ミニパトを駐車するや、もう直ちに乗用車1台、スクータ1台のデジカメ撮影にかかったよ。
 スクータは曲がり角付近なので若干ジャマといえるが、乗用車のほうはもうぜんぜん誰の迷惑になるじゃなし。

Photo_3  携帯端末は使わず、駐車監視員とは違って目標物からの実測もせず、確認標章をデジタルペンで手書き。
 時間差攻撃を仕掛けるように、レッカー車(ここのは23区でよく見かけるのとは違うタイプ)がすべり込み、直ちに乗用車にレーラーをかませ始めた。
 車両窃盗犯も真っ青の手早さ。
 けど、乗用車のほうは運転者(ご婦人)が戻ってきた。ビニールの買物袋を提げて。
 そしてミニパトとレッカー車は、他の違法駐車車両には目もくれず、移動せよと広報することもなく、風のように去った。職人技やねえ!

 画像は、草思社から送ってもらった、『なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識』の改訂新版の画像。
 もうすぐ発売。調布署の方も買ってね♪

Banner_02_2 人気blogランキング ← 16日(金)1時20分現在、21位~♪

2007年3月15日 (木)

珍しい保管場所法違反の公判

3月15日(木)13時30分~

 窃盗未遂の判決に続き、いよいよ「自動車の保管場所の確保等に関する法律」違反の新件!
 この罪名を傍聴するのは初めてだ!
 以前に1件あったのだが、見逃してしまったのだ。

 検察統計年報によれば、この罪名の公判請求は毎年数件。
 傍聴マニアも滅多に当たらない、極めて珍しい事件なのだ。
 …んが、今回のは、略式に応じて罰金4万円の支払命令を受け、それから被告人自身が正式裁判を請求した事件だった。
 そういうのは検察統計年報の公判請求にはカウントされないという。そりゃそうだ。
 検察官による公判請求じゃない公判は、ぽつぽつあるんじゃないかと思われる。
 以前、最高裁で無罪になった事件も、略式→正式、だった。

 被告人は赤帽の運転手さんだそうで、なんとパーキングメータに夜間駐車して、取締りを受けたんだという。
 普通に争えば、間違いなく不起訴だったろう。
 でも、いったん裁判になれば、もう助からない。
 最高裁で無罪になったあの事件だって、無罪はもう明白だったのに、最高裁でやっとこさ無罪なんだもの。
 いったん休廷して、14時25分、判決。
 罰金4万円。

 被告人は何が不服で正式裁判を請求したのか、どういう理由で罰金4万円なのか、詳しくは『ラジオライフ』で書くことに。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 15日(木)18時15分現在、23位~♪

あぁ情けない ウソばっかり!

3月15日(木)13時10分~

 まーた時間を間違え、目指す事件の前の、窃盗未遂の判決を傍聴することに。東京簡裁・刑事2室2係(関口政利裁判官)728号法廷で。

 …んでも、開廷表に13:10~13:30とある。
 窃盗未遂の言渡しに20分間? あれ?
 と思ったら、否認(無罪主張)なのだった。

 主文は、懲役1年4月、未決30日算入、執行猶予3年、訴訟費用負担。

 06年6月23日の、時刻はわからなかったが、JR埼京線の7番線に到着した電車の最後尾車両でのこと。
 女性の手提げ鞄にちらちら目を向け、その左斜め後ろから乗車した男(被告人)を、スリ警戒中の警察官3人(1人は見習い)のうち1人が、スリ犯人だと直感し、女性の右斜め後ろ辺りからいっしょに乗車した。
 被告人が女性の手提げ鞄に右手を手首まで入れてごそごそやってるのを警察官はしっかり現認、「スリだ!」と叫んで現行犯逮捕した。

 …というのだが、被告人(前科なし。相当長期間拘束された後、在宅)のほうは、反対側のホームから急ぎ足でその電車に乗ったら、乗車して1~2秒で、「スリだ!」という声が聞こえ、男たち(警察官)が乗ってきた、自分を捕まえたのは別の警察官だ、と言っているのだった。

 女性(被害者)の調書は、警察の筋書きどおりになっているのだが、そんなの鵜呑みにはできない。
 結局、はっきりしてるのは、警察官と被告人の証言が真っ向から違うこと。
 真実は、もうわからない。
 こういうシチュエーションになったら、真実がどうであっても、被告人はもう助からない…。

 裁判所というのは、

   警察の言い分からは、肯ける部分ばかり探し、肯ける理屈を考えだす。
   被告人の言い分からは、疑える部分ばかり探し、疑える理屈を考えだす。

 そんな傾向というか体質が、どうしようもなくあるように思える。
 そのおかげで、確たる証拠はなくても真犯人を処罰し、治安に一役かってるのだろうと思う。
 だけど、そのやり方は必ず、無辜(無実の者)を処罰しもする。

 完璧な社会なんてないから、無辜が処罰される割合が少なくなるよう気をつけ(というか願い)、とにかく治安を第一にする、という選択もあるんだろうか。
 でもね、それならそうだと言ってほしい。
「社会の治安を守るためには、無辜の者もときに処罰されるのは、仕方ありません。防げません。運悪く処罰されたときは、これも社会のためだと、あきらめてくださいね」
 と言ってほしいよ。

 13時28分、上訴権の告知も終わり、みな引き上げるとき、傍聴席の、ちょっと上品そうな白髪のご婦人が言った。
「なんで警察がウソ言ってんのが、わかんないかねえ」
 続けて言った。
「あぁ情けない。ウソばっかり」
 さらに言った。
「情けないねえ」
 被告人の母親らしかった。

 06年6月23日、と聴き取れたんだが、その日(金曜日。時刻はわからない)、池袋の埼京線7番ホームに到着した(またはその後発車してからの)電車の最後尾車両で、「スリだ!」と聞いた方、もしもいたらメールください。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 15日(木)17時35分現在、23位~♪

職務質問を受けたよぅ!

 おっと忘れてた、ご報告するのを。
 昨夜新宿駅構内で、職質、職務質問を受けたんだよね~。
 普段あんまり相手にしてもらえない私としては、「おお~!」と内心ニコニコ。 ←こんなヤツ嫌だ~(笑)
 危うく交番へ連れ込まれ、一生還って来られないところだった…ってンなこたないよ…たぶん。

 滅多にない機会だから、交番へも任意同行されたかったんだが、結局行かずにすんでしまった。残念。
 でも、「はは~、やっぱこれはこういうことなんだな~」と、十分勉強になりました。
 どれがどういうことなのか、『Q&A実例警察官の職務執行』(立花書房)など引きながら、『ドライバー』に書こうか。
 月末までに少なくとも6本の原稿が…。

 帰宅すると、草思社から荷物が届いてた。
 『なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識』の改訂新版の著者分だった。
 表紙と背に、赤く目立つ丸囲みがあり、白抜きで「改訂新版」と。
 オビも黄色からオレンジ色に変わった。
 06年6月1日からスタートしたニュー駐禁取締りについて、しっかり書かれた単行本は、もしかしてこれが初めて?
 奥付を見ると、改訂新版第1刷発行は07年3月28日。
 その前に書店に並ぶかと思う。
 ま、5千部なので、全国津々浦々の書店全部に、というわけにはいかないだろうけど。
 よろしくお願いします~。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 15日(木)9時10分現在、23位~♪

2007年3月14日 (水)

農林水産省地下、職員第二食堂

 本当はもっと早い時間に行くつもりだったのyo、裁判所へ。
 ところが、ご相談等の対応等でずるずるし、いったん出かけたのに財布を忘れ、あー、もう焦ってもしょーがないやと、ぶらぶら遠回りを楽しみ、16時過ぎに裁判所へ。
 そんな時刻に行ったって、傍聴したい事件を傍聴できるはずもなく…。

 東京簡裁(刑事)の今週の開廷表をチェック。
 なんと、自動車の保管場所の確保等に関する法律違反の新件が(今日じゃないけど)入ってたがな!
 私の手帳にはそんなの記載がなく、危ねー! 見逃すとこだった。

 東京地裁の来週の開廷表をしみじみチェック。
 道路交通法違反の新件は来週はあんまりなかった。
 「ネコババさせ脅して強制わいせつ!」の判決日を教えてもらう。
 専門外だけど、こぉれは傍聴しようかな。

 ぶらぶら地下の書店を見てたら、『ジュリスト』No.1330の特集は「道路交通安全の法と対策」。1500円。買う。これは読みでがありそう。
 ほかに、前科の登録をどうするかという詳細な専門書があったが、道路交通法違反についてだけ少し立ち読みし、買うのは次回に。だって4000円もするんだもーん。

 『ジュリスト』もそうだけど、法曹向けの雑誌や本の高さには閉口する。
 少ない部数を金持ちに売る?
 だったら、高級文具とか高級書類鞄とか高級風呂敷とかデザイナーズブランドの法衣とか、通販のページも設ければ、儲かるのでは?
 そっちで儲けてさ、雑誌の単価は安くしてよ~。 

 それから、農林水産省地下の第2食堂で、某誌と打合せ。
 某誌に払ってもらったとはいえ、ここは安いよなぁ!
 こういうとこで酒飲んでると、地上で生きられなくなる!
 と言いつつ、新宿思い出横町へはよく行くんだけども。
 今日は早々ご帰宅。締切り2本、あるので。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 14日(水)23時45分現在、23位。最近、アクセス数はだいぶ落ち込んでるのに、順位ほうは25位までの枠から落っこちない。1日1回ぽちっと押してくれてる方の存在が実感される。ありがとございます~♪

2007年3月13日 (火)

長野潤一さん「トラックドライバー三番星」

 忘れてた、今月の連載原稿3本を、お知らせしとくです。
 以下、五十音順。原稿を先に書いた順じゃないよ。
 発売日は、その日が日祝だとその前日になるのかも。

 『ザッカー』 3月20日発売号   「運転中に携帯電話で留守録を聞いたりメールを送受信したりするのも違反になるのか」と、「駐禁とられたが、どうしてもカネがない。どうすればいいんだ」。留守録を聞くのは通話じゃないから違反じゃない、と思ってる人もいるのでは?

 『ドライバー』 3月20日発売号   先日東京高裁で傍聴した、映画『それでもボクはやってない』に非常によく似た痴漢否認事件の、交通違反専門の立場から見たレポート。プラス、今国会に提出された、免許証提示義務についての、びっくり改定。

 『ラジオライフ』 3月25日発売号   検察官「(無免許運転をするに当たり、無免許での執行猶予中であることを忘れた)原因は?」  被告人「なんてったって歳ですからねえ、申し訳ない」  検察官「歳をとったから、忘れたと?」  被告人「おっしゃるとおり」  という爆笑ものの、しかし別のことで背筋が寒くなる、無免許の傍聴レポート。この連載はこれで16回目。

 ところで、『ベストカー』の「トラックドライバー長野潤一」さんの連載、「トラックドライバー三番星」、これは良いねぇ。
 首都高で先日起こった、コンテナトレーラの事故、について長野さんはこう書いてる。
「車両寸法や重量をナビに登録しておき、通れない道路や危険な速度を警告、場合によっては強制的にブレーキをかける。こむずかしいITSよりそっちのほうが先じゃないか?」
 風見しんごさんの娘さんの事故についても、長野さんはこう書いてる。
「(2~3トントラックのサイドミラーは大きすぎて)右折時に、横断歩道を渡る自転車や歩行者の動きと、トラックの旋回する動きが一致すると、ミラーやAピラーの陰になり、認識にしにくいことがある。もしそれが原因だったら…」

 この連載、早く単行本になってほしい。

 ところで、今日の朝日新聞の夕刊、社会面に大きく、片山徒有さんと「被害者と司法を考える会」のことが出ている。
 大手新聞の社会面にしては、だいぶ異質な記事に思えた。

 私はそのへん、よくは知らないが、そっかぁ、被害者・遺族が法廷で証言し、それもあって加害者(被告人)が重い刑に処され、そして何年かして、加害者は刑務所から出てくる…。
 お礼参りが不安とまでは言わないにしても、やっぱり、「厳罰化を!」へ突き進む世相は如何なものか、と思う。

 関係ないけど、片山徒有さんの「徒有」は「ただあり」と読む。
 徒(いたずら)に有る。ただ、ある。すごい名前だと思う。親御さんは禅(ぜん)の達人…?

 

Banner_02_2 人気blogランキング ← 13日(火)23時45分現在、20位~♪

「交番」改め「地域安全センター」へ

 警視庁管内に現在941カ所ある交番の「配置の見直し」を行うなかで、4月1日から、87カ所を「地域安全センター」にするんだという。
 「赤色標灯(交番)から青色標灯」に変わるんだという。

 「地域安全センター」は、地域安全活動の拠点や各種ボランティア活動などの交流場所として昼間帯を中心に警察官OBである「地域安全サポーター」が勤務します。
 「地域安全サポーター」は、自治体等各方面と連携をとりながら、地域住民の方々の安全で平穏な生活を確保するため自らの知識、経験等を生かして次のような活動を行います

   防犯等の相談事に対するアドバイス
   子供の安全確保への支援(通学路や学校周辺の警戒)
   各種会合及びボランティア活動への参加
   自治体、関係協力団体等との連携
   事件又は事故発生時の警察官への通報
   各種情報の提供
   地理案内

 と警視庁。
 ニュー駐禁取締りもそうだが、団塊世代の警察官がこれから10年間、毎年およそ1万人ずつ退職する「大量退職時代」がきて、いろんなものが大きく変わるなぁ、という気がする。

 もちろん、いろんな意見・議論があるだろうわけで、「変わること自体はべつにいい」と言う人もいるだろう。「望ましい」と言う人もいるだろう。
 そこに割り込むつもりは、現在ない。暇(余裕)がない。
 だけど、私がどうも引っかかるのは、変える必要があるなら、それは粛々と変えればいいんであって、なんで「大量退職時代」になの? ということ。

 国民・社会のために変える必要(つまり本来の目的)があっても、ずるずる変えず、身内の都合(つまり組織の目的)が生じたらソク変える、というあり方で変えるんでは、社会・国民のため、という部分が疎かになっちゃうんじゃないか。

 交通違反・取締りを長年見ていると、交通利権という組織の目的がまずあって、だからどうしても、本来の目的である交通安全は疎かになってしまう、本来の目的に向かって組織と税金を使っていたら、起こらずにすんだ事故がたくさんあるんじゃないか、と思えてならないのだ。

 そこはねぇ、「国民・社会にとっての目的」と「行政組織にとっての目的」とは、もともと別物で、つかそれは相対立するものであって、常に綱引きし続けていかなきゃならない、なのに、大方の国民は、つか特にマスコミが、ふたつの目的は別物ではなく当然にイコールなのだという前提(=幻想)でいるから、困ったことになるんじゃないか。

※ そういう前提でいるほうが、行政職員が何か悪さをやったとき、「けしからん!」と偉そうにぶっ叩けて、読者・視聴者は興奮し、都合が良いという面もあったりして?

 たとえばさ、女房殿が私に、家族の生活費としてぽんとカネをよこせば、私は、なんだかんだと理由をつけて、つけられないときは黙って(笑)、酒や酒肴ばっかり買っちゃう。もちろん、家族も最低限の食事はできるよう、配慮するつもりだけど、家族の生活か自分の酒か、選択を迫られる場面になれば、自分の酒を選んぢゃうかも。

 だから、国民および女房殿は、行政組織や亭主はそんなもんなのだとよく理解し、よく見張らねばならないのだ。
 よく見張れる議員に投票しなきゃイカンのだ。

 えー、今のは、たとえ話であって、私はそんなひどいヒトじゃありません、というか、生活費をぽんと渡されたことは一度もなく、将来においてもあり得ないと思われ、ひどいヒトではないだろう、と思って暮らせております(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 13日(火)17時15分現在、21位~♪

2007年3月12日 (月)

確認事務の代行者が3人増えたのは?

 土曜、担当編集者氏と漫画家さんに会いに行く。
 某誌で漫画の原作(読切り)をやらせてもらうことになり。
 もっのすごく興味深い取材にもとづく原作なのだが、漫画に使えるのはごく一部。ま、そんなもんだわね。

 日曜は、終日ご相談等に対応。21件に対応。まだまだ未対応が…。

070312_002  月曜は、引き続きご相談等に対応しつつ、資料の整理。
 警視庁の07年度の確認事務(ニュー駐禁取締り)の委託契約の、06年11月20日契約分の契約書・仕様書(制服の仕様は除く)などを、ファイルに整理。
 今年もたくさん開示請求することになるかと、ファイルはたっぷり買い置いてあるのだ。

 そして久々に(っていっつも久々だな。ダメじゃん!)有酸素散歩約1時間。
 散歩日和だった~。ついでに洗濯も。

 ちょと気分転換に、確認事務の契約書を一部見てみる。
 06年度に最も契約金額が大きかった、港区内の、警視庁愛宕署、三田署、高輪署、麻布署、赤坂署、東京水上署の管内の、06年度と07年度の契約書(第62222号)にある、「月別内訳書」と「経費内訳書」。
 この契約、06年度はコアズが取ったが、コアズは07年度の入札は(昨年行われた分は)全部外し、07年度の契約はシンテイ警備になっている。
 シンテイ警備は、今年行われた入札で、江戸川区内の契約も取ったようだ。
 代表取締役は安見正彦さん。74年4月25日の国会議事録に、「警備課長の安見正彦という現場の責任者」と出てくるが、その人だろうか。

 画像は、2つとも、画像中の上が06年度、下が07年度。
 合計額、つまり委託契約額は、

   06年度  4億2380万1000円
   07年度  4億7754万0000円

 と、07年度のほうが高い。
 これは主に、06年度の契約は10カ月間、07年度は12カ月間、のためだろう。
 月別で見ると、

   06年度  4036万2000円
   07年度  3790万0000円

070312_001  と、06年度のほうが高い(この数字は税抜きね。以下同)。

 コアズの06年度の「経費内訳書」にある、駐車監視員の人件費は、3億15万5127円。
 仕様書にある、日勤帯、夜間帯、深夜帯の合計ユニット×日(2人以上1組の1ユニットが1日に活動する単位)は、5911+2672+748=9311。
 各帯により人件費は違うはずだが、単純に割り算すると、

   1ユニット×日 = 約3万2237円。

 シンテイ警備の07年度の、駐車監視員の人件費は、3億6863万2874円。
 合計ユニット×日は、7335+3160+728=1万1233万。
 単純に割り算すると、

   1ユニット×日 = 約3万2817円。

 あんまり変わらない。07年度のほうが深夜帯の活動の割合を減らしてることも考えると、コアズよりシンテイ警備のほうが、若干だけども駐車監視員の人件費が多いといえるか。ふうん。

 ちょっと気になるのは、「統括責任者・代行者」の人件費だ。
   06年度は、2911万2153円。
   07年度は、4248万3109円。
 月別にすると、
   06年度  2911万2153円 ÷ 10カ月 = 約291万1215円
   07年度  4248万3109円 ÷ 12カ月 = 約354万0259円
 07年度のほうが、月当たりで25万5719円も多いじゃん。
 これはどこからくるのか。

 仕様書を見ると、「統括責任者」は06年度も07年度も、警察署ごとに1人。
 港区内の契約は、6署の管内だから、6人だ。
 「代行者」は、06年度は9人以上、07年度は12人以上、とされている。

 「代行者」とは、「統括責任者」が職務に従事できないときに、その職務を代行する者。
 「統括責任者」の職務とは、警察との連絡や、確認事務の執行に伴うトラブルの処理。
 「代行者」は、「統括責任者」の職務を代行している間は、駐車監視員として従事することはできない。
 なぜ「代行者」を3人増やしたのか。

 トラブルが多いことがわかったから?
 「統括責任者」を、06年度より多く休ませるため?
 「代行者」の多くも元警察官で、要するに元警察官の採用枠を増やした? (私が聞いてる限り、「統括責任者」は皆、元警察官だが、「代行者」も同様なのか、よくわかってない)
 まぁ、そのうちだんだんとわかってくるんだろうか。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 12日(月)21時40分現在、22位~♪

 おっと、月曜発売の『週刊東洋経済』に、「スピード違反事件の暗闇」とのスペシャルレポートあり。書き手は…私だ~。オービス無謬神話が揺らぎ始めているのか!? という記事。

 東京航空計器と、三菱電機およびその子会社の証人の方々、業務で証人出廷しながら裁判所(国)から旅費・日当を、請求して受領するのは、そろそろヤメたほうがいいのでは? 司法記者クラブの記者氏らが、万々が一、オービス事件を傍聴にくるようになったら(それは本当に、万々万々が一だろうけれども)、ヤバイっすよ!

 警視庁はもう、少なくともオービス事件については、旅費・日当の請求・受領はヤメてますよ。
「警察官が取るのは、明かに二重取り。そんならウチら民間営利企業だって、いーじゃん。つか、ウチらも取らなきゃ警察の面子をつぶすことになる」
 とか思って請求・受領を始めたのかもしれないけど、警視庁はもう撤退してるのよ。
「ハシゴを外されて、ウチらだけが非難の矢を浴びるのか!」
 てことになりかねませんよ。

2007年3月 9日 (金)

人間Nシステム 283万5000円

歩行者の顔で入館管理、東芝が日本初の商品化
 東芝は、ビルなど建物への入館の許可を歩いてくる人の顔で行う「歩行顔照合システム」を日本で初めて商品化した。従来製品は照合機の前で一度立ち止まる必要があったが、新システムは2-3メートル先の人の顔を歩行中に検知し、約1秒で照合することができる。
 顔データの登録もシステムの前を歩行するだけででき、従来製品では必要だった専用照明も不要になった。照合対象の身長幅は1-2メートル。大人から子ども、さらに車いす利用者まで対応可能。IDカードを持ち歩く必要がないため、入退の認証作業が大幅に軽減される。
 新システムの価格は283万5000円から。

 とZAKZAK(3月7日)。
 まさに、人間Nシステムである。
 Nはナンバー。
 こっちは顔、カオだから、Kシステムですか。
 Nは全国におよそ900カ所。
 Kシステムは、Nのような門型構造物とか大掛かりなものは不要だろうし、民間も設置したがるだろうから、爆発的に増える可能性がある。
 全国民について、誰がいつどこにいるか、いつ誰がどこにいたか、どこにいつ誰がいたか、エクセル上でひらひらっと検索できるようになるのか。
 
 どんどんそんな時代になっていきますね~。
 この流れには、もう抗(あらが)いようがないのかもしれない。
 イッパツ、テロでも起これば、わっしょいわっしょいでそっちへ行くでしょ。
 つか、国民投票法→憲法ぶっ壊し→米軍の作戦に大手を振って参加→外地で戦死&内地でテロ&国民を戦時管理、への太い道が、はっきり見えてるわけで。

 …あっ、Nシステム訴訟に関して、私ってば何かしなきゃいけないことがあったような! いけねっ。
 毎日毎日、原稿原稿で、もう…。いや、ありがたいことなんですけど。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 9日(金)16時10分現在、20位~♪

2007年3月 8日 (木)

放置違反金納付命令処分取消請求事件

3月7日(水)10時40分~

 高裁715号法廷で、執行猶予中(無免許で懲役5月執行猶予3年、から約2年半後)の被告人の、無免許・無車検・無保険の控訴審判決(公訴棄却。原判決は懲役6月)を傍聴してから…。

 東京地裁・民事38部(杉原則彦・市原義孝・島田直人裁判官)で、「放置違反金納付命令処分取消」(被告は東京都)の第1回口頭弁論を傍聴。

 トさんによると、こういう事件名での訴訟は、東京地裁で始めてだという。
 私は今日は裁判所へ来ない予定だったし、毎回民事の開廷表まではチェックしてないので、トさんから教わらなければ間違いなく見逃してたろう。こんなの報道されるはずもないし。
 …人間、1人じゃ生きていけないんだよ。
 見当外れかもしれないが(笑)、そんな言葉が思い浮かぶ。
 ありがたいことです。

 双方の提出書面(つまり主張・立証)を確認し、
「では裁判所はこれに基づいて判断します」
 と、判決期日を決めて、10時42分閉廷。

 終わって原告から、少しお話をうかがった。
 放置違反とされたのは二輪車で、要するに、「警察もこんな違反はやってるじゃないか。つまんないことで違反とるなよ」という趣旨らしかった。

 被告・東京都の答弁は、あっさりしたもので、その答弁と同じ判決になるだろう。
 訴訟が起こればそうやって片付けられるよ、という前提で、ニュー駐禁取締りはスタートしたのだ。
 しかし、「妨害となるか否かを論ずるまでもなく、違反を構成すると解されている」とする過去の判例は、06年6月1日からの新制度を想定していない。
 現在のようなやり方を正当化するためには、規制の見直しが不可欠。
 警察庁も不可欠と承知の見直しを、やらないまま現在のような取締りを行って、過去の判例を引けるのか、と言う問題もある。

 とにかく、放置違反金の納付命令書には、不服があれば、弁明と、不服申立なり訴訟なりできると明記されているのだから、そしてまた、圧倒的多数の運転者はそんなことやらないだろうという見込みのもと、新制度は(つかこういうカネ集めの制度は)成り立っているのだから、不服があればちゃんと手続きしていくことが大事と思う。

 ちなみに、この訴訟の訴状に貼る印紙は1000円、予納郵券は6400円だ。
 6400円のうち、いくら戻るか、やり方にもよる。

 珍しいのを傍聴したのに、よくわかんないレポートだった?
 ごめん、詳しくはまた別の機会に。

 13時10分から、高裁715号法廷で、興味深い事件の控訴審判決があったのだが、「刑裁はうす」のやすさん(相変わらずおしゃれですな~)のレポートを楽しみにすることにして、私は早々帰る。締切りが…(泣)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 8日(木)0時30分現在、おおっ、18位~♪

2007年3月 7日 (水)

被告人不出頭で期日取消

3月7日(水)10時~

 眠いのを無理やり起きて10時前に裁判所へ。
 ところが、トさんから昨日教えてもらった裁判は、10時40分からだった。
 手帳を確認してから出かけろっつーの!

 しょーがないので10時から東京地裁522号法廷、道路交通法違反の新件へ。
 ところが、被告人が来ない。

 10時03分、波床昌則裁判官(刑事3部)が登壇。
 この人は白髪が決まってるね~。私もマネたい(無理だって!)。

「■■被告人が出廷しないということで…もう勾引の手続きを取りましょう…本日の手続きは取り消させていただきます…検察官からいろいろ所在についての…職場の飲食店の上司、それからご家族…結局、現時点では(被告人の)所在がはっきりしない…弁護人のほうも手紙、電話で連絡を取ろうとしても…裁判をこういう形で拒否することは許されない…本日は期日を取り消させていただきます…こういう形で空振りになってしまいましたけども…」

 10時4分閉廷。
 そっか、やっぱりこういう場合は期日取消で、被告人が出廷したときが第1回公判になるんだな、以前簡裁で聞いたのと符号するな、ふむふむ、と勉強になったのでありました。

オービス事件 あり得ないデータが漏れた!

3月6日(火)15時10分~

 なんとか4本目の締切り原稿を送信。
 仙台高裁・秋田支部へ電話。
 秋田支部には3人の裁判官しかおらず、例の公訴棄却判決を言い渡した3人のうちお1人はその後すぐに移動になり、お2人(うち1人は寺西さん)はまだいるそうだ。
 んで、私はそのへんよく知らなかったんだけど、最高裁で差戻しになった場合、仙台高裁に差戻しになるんであって、必ずしも秋田支部で審理になるわけではないらしい。

 5本目の締切り原稿は夕方から取りかかることとし、昼食抜きで裁判所へ。
 15時10分から、東京簡裁・刑事2室2係(関口政利裁判官)で、道路交通法違反の第2回公判。
 第1回をころっと見逃したと、2月2日に気づいて大ショックを受け、しかし続行と聞いて大安堵した事件だ。

 法廷に入ると、傍聴席に、どこかで見たお顔。あれ?
 と思ったら東京航空計器の産業事業部・生産品証部(呼び方、以前と変わったよ)のスギオサムさんだった。そして、あー、なんだよ、森成昭治さんもいた。先日千葉でお会いしたばっかりですね。

 そう、オービスⅢの事件だった。
 それも、聴き取れたところによると、首都高・都心環状線・八丁堀のオービスⅢLk。
 あれは自立型(道端に佇立するタイプ)のはず。
 てことは、Lv って何なんだ? 
 うーむ、調べてみなければ。ってまだ調べてないのかよ。はい。

 この日は17時40分頃までかかって(カンベンしてよもぉ)2人を証人尋問したんだけど、いやいやいやいやいや~! マニア冥利に尽きるというか、とんでもない展開だった!
 じつは、近々新創刊する雑誌に連載原稿を頼まれており(その締切りも間もなくか? 怖くて確認できないっす…)、第1回は絶対これでいこうっ! と思ってしまった。
 要点だけ書くと、絶対に出ちゃいけないトンデモ文書を、差し替えてくれと警察に言ったのに、なぜか法廷へ出てきちゃった、つー感じかな。
 大半をいっしょに傍聴していたトさん(この人は私以上に裁判所へ通ってる)の感想はこうだ。

「人が無罪か有罪か、判断のもととなるデータなのに、間違うのはまだわかるが、なんでへらへら笑っているのか、信じられない!」

 私も信じられない。
 今日送信した3本目の原稿に、「オービス無謬神話が揺らぎ始めたのか」と書いたが、なにか神がかりのパワーが本当に揺らがせ始めてるんじゃないか、と思える珍事!

 しかもっ! そのトさんから駐車違反関係でマニアびっくりの情報をいただく。
 うちの顧問占い師は、今年は私は儲かると予言していたが、はは~、こうやって動いていくのか、と思ったよぅ。

 あっ、それからね、阿曽山大噴火さんが、ちょー珍しい公判を傍聴したそうだ。
 話を聞いて爆笑してしまった。
 午前中にその公判(新件)があること、私もメモしてたんだが、原稿で行けなかった。残念!
 詳しくは、あとで阿曽山さんのレポートをお読みください。
 彼は大川興業の芸人さん。芸人さんのネタばらしはできないもん。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 7日(水)0時35分現在、おおっ、19位~♪

2007年3月 6日 (火)

日本の交通取締りは根底から崩壊している

 3月3日の河北新報に、先に報じられてしまった。下の記事はその一部。

秋田・自動速度取締装置訴訟 公訴棄却見直しへ 最高裁
 最高裁第一小法廷(涌井紀夫裁判長)は2日までに、自動速度取締装置の測定に基づき、道交法違反罪に問われた男鹿市の男性(41)の上告審弁論を29日に開くことを決めた。
 弁論が開かれることから、装置の信用性には疑いが残るとして、一審秋田簡裁の有罪判決を破棄、公訴を棄却した二審仙台高裁秋田支部判決が見直される可能性が高まった。

_44_1  06年3月14日に公訴棄却とされた、三菱電機製RS-2000B型の事件のことだ。
※ 写真は礼田計さん。
 公訴棄却とは、起訴自体を違法とすること。無罪のようなもの。
 その記事中に、こうある。

…二審判決は「実際の速度より高く測定されるプラス誤差も出ると考えるべきだ」などと述べ、一審判決を破棄。検察側は「装置のシステム上、マイナス誤差しか生じない。日本の交通取り締まりを根底から覆しかねない」として上告していた。

 日本の交通取締りを根底から覆しかねない?
 というか、日本の交通取締りはもともと根底から崩壊しているのだ。

 今ちょっと猛烈に忙しいので、簡単にコメントしとく。
 プラス誤差、マイナス誤差、そういう考え方だけに囚(とら)われてると、本質を見誤る。
 たとえば酒を180cc酌むとして、179ccか181ccか、それが誤差でしょ。
 もちろんそういう誤差もあるのかもしれないが、150ccしか酌まなかったのに、機械は180ccを表示した、そこを考えなければならない。
 150ccの酒を、150ccであると正しく測定したのに、写真には180ccと焼きつけられた、その可能性を考えなければならない。
 装置がどう作動してどう測ったか、全く記録がない。オービスは記録を残さない。
 あるのは、表示された数値(とされる写真の陰影模様)だけなのだから!

 ま、警察・検察・最高裁としては、差し戻して、「確立された採証法則」により、他の多くのオービス事件と同じように有罪とする、という筋書きなのだろう。
 「確立された採証法則」とは、学者でも何でもない単なるメーカー社員(サラリーマン)に、「我が社の製品は優秀でして、プラス誤差は絶対に出しません」と、客観的な裏付けデータは一切なしに言わせること、だ。
 そうしないと、日本の交通取締りはもともと根底から崩壊していることに、直面せざるを得なくなる。

 06年3月の公訴棄却判決を書いた3人の裁判官のなかに、寺西和史さんがいた。
 差戻し審が始まる前に、寺西さんは移動になるのな~。

愉快な裁判官 Book 愉快な裁判官

著者:寺西 和史
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6日(火)4時25分現在24位~♪

2007年3月 5日 (月)

交差点の歩道は無防備!

中学生の列にワゴン車、生徒7人重軽傷…滋賀・栗東
 4日午前8時20分ごろ、滋賀県栗東市手原の県道交差点で、赤信号を無視して進入してきた同県豊郷町安食南、トラック運転手戸田翔容疑者(21)運転のワゴン車が、同市内の男性会社員(31)運転の軽乗用車と衝突した。
 ワゴン車ははずみで横断歩道を渡っていた大津市立志賀中の男子バスケットボール部員ら21人の列に突っ込み、2年生(14)が頭の骨を折る重傷、別の生徒6人が軽傷を負い、会社員も腰などに軽いけがをした。
 草津署は、戸田容疑者を業務上過失傷害の現行犯で逮捕した。調べに対し、戸田容疑者は「いい天気なので、空をぼーっと見ていて、気付いたら赤信号の交差点に入っていた」などと供述しているという。 

 と読売新聞(3月4日)。
 「重体」ではなく「重傷」ってことは、生命の危険はないのかな。
 骨は折らなかったが事故で頭蓋内に出血してだいぶ苦しんだことがある私には、他人事とはいえない。無事な回復を祈ります。

 ところで、

 軽自動車(中央)と衝突、中学生の列に突っ込んだワゴン車(左)=読売ヘリから

 と写真のキャプションにある。
 この記事および写真からすると、ワゴン車は、歩道の外側の、横断歩道に面したふちに突っ込んだらしいことがわかる。

 そういう「ふち」で、道路向こう側の歩行者信号をぼーっとながめてる歩行者が、多くない? (滋賀のこのケースは横断中だったとのことだが)

 私は以前、甲州街道(東京)の交差点で、同じような位置へ突っ込んで止まってる乗用車を見たことがある。
 事故は、交差点および交差点付近でもっとも多い。
 衝突した車が路外に逸脱することはある。
 ガードレールがある道路でも、交差点の歩道は無防備だ。
 歩道のふちで歩行者信号をぼーっとながめてると、ある確率で、車が突っ込んでくる…。
 それって、背後からいつ突風が吹くかしれない断崖絶壁で、崖っぷちに立つようなものじゃない?

 私は、なるべく、信号柱などの後ろに立つようにしている。
 つまり、断崖絶壁のふちではなく、何mも下がって立つ、ということ。
 信号柱などでカバーされない場所に立つときは、ひりひりする。

 あなたも今日から、事故った車が歩道に突っ込んできても大丈夫な位置で、信号待ちしよう。
 そして、他の人たちが、どこにどんな表情で立っているか、見てみよう。
 あー、この人たちは、法律上の落ち度は何らなくても、突然被害者になるんだな、うわー、それなりの速度で行き交う、1トンも2トンもの鉄の塊が突然突っ込んできたら、人間なんかひとたまりもないな、うわー、とそう思う心は、他の場面での注意も鋭敏にするはずだよ。

 法律上の落ち度が何らないのに、なぜよけいな注意をしなきゃならないんだ、悪いのは車のほうだろ、と言う人もいるかもしれないが、そういう人って、悪いのは泥棒だからと、外出・就寝時、戸締まりしないんだろうか。

 …と、事故についてならそんなふうにコメントする、交通専門のテレビ番組を、自動車会社がスポンサーとなってゴールデンタイムに放送したら、ま、視聴率は少々低くても、事故は(事故被害)は、だいぶ減るんじゃないのか。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 忙しくて記事のアップをさぼりがちなのに、5日(月)7時45分現在23位。ありがとございます~♪

2007年3月 3日 (土)

オービス判決 結果を正当化する理屈づけ?

3月2日(金)

 06年11月20日契約分の、放置車両確認事務(ニュー駐禁取締り)の委託契約書、14件の開示を受ける。
 ただし、「制服等着用要領」は除き、1件以外は「確認事務実施要領」も除く。
 それでも184枚、5080円。いてて。

 13時20分から東京簡裁728号法廷で、2月1日に第2回公判だったオービス事件、の第4回公判。判決。
 第3回公判(論告・弁論)の2月21日は、私は千葉地裁へ行ってしまったのだ。

「主文。被告人を罰金8万円に処する。その罰金を完納できないときは、金5000円を1日に換算した期間、被告人を労役場に留置する」
 判決の理由は、裁判官なりにていねいに誠実に書いたんだろうけど、先に有罪という結果があり、その結果を正当化する理屈づけ、のように聞えた。
 しかし、紙の上での理屈づけを、先回りして全部つぶすことが必要なのだろう、と思う。
 全部つぶせば、採用した証拠と適用条文だけの判決になるわけだが、現在のオービスが存在し続ける以上、オービスによる違反処理システムの一部である裁判所は…ということかな。
 中学校で習う三権分立とか司法の役割とか、あれはなんなの?
 それが人間社会というものなのです、てことかな。

 東京簡裁で今週の開廷表と、東京地裁で来週の開廷表をチェック。
 きょうはこれで裁判所は終わり。

 農林水産省地下・第4食堂で、大もりそば210円とかきあげ100円。
 南別館の東側の玄関から出て、地下鉄まで歩く途中、ほら、あそこの、政府刊行物センターだっけ、あそこへ久しぶりに入り、『捜査官のための実戦的心理学講座 捜査心理ファイル ~犯罪捜査と心理学のかけひき~』を買っちゃう。2100円。いてて。

捜査心理ファイル―捜査官のための実戦的心理学講座 犯罪捜査と心理学のかけ橋 Book 捜査心理ファイル―捜査官のための実戦的心理学講座 犯罪捜査と心理学のかけ橋

著者:渡邉 和美,宮寺 貴之,鈴木 護,横田 賀英子
販売元:東京法令出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いったん帰宅し、催促されてる原稿を。
 ところが、大阪府警と某テレビ番組スタッフからじゃんじゃん電話が入り、夜、タクシーで某テレビ局へ行くことに。
 それから都内某所で某氏らと密談。
 いや~、今年は交通違反が面白くなりそう!

第 2話「手裏剣が誤測定の嵐をよんだ」
第 3話「呪いのループに人が踊った」
第 5話「風塵が因習の谷に無罪をよぶ」
第 8話「司法の誉れは臆病風に舞った」
第11話「ガンマンはストロボに泣いた」
第15話「首都高に響く復讐の叫び」
第16話「絞首台をかざった偽りの測定」
第19話「面子は裁判官の心を縛った」
 なんちゃって。これ気に入ってるんだよね~(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 3日(土)10時00分現在20位~♪

2007年3月 1日 (木)

留置場用特殊文具で大儲け?

 → 所属別・交通違反別・月別の取締件数がわかる一覧表(保存期限内のもの。各年12月末のもの)
 → 自速機(いわゆるオービス)の所属別の取締り件数がわかる文書(保存期限内のもの。各年12月末のもの)
 → 2007年度の放置車両確認事務の、入札結果がわかる文書と、契約書・仕様書(制服の仕様に関する部分を除く)
 → 所属別・車種別の、駐車違反のレッカー移動件数がわかる文書(※)

 を石川県警、愛知県警、大阪府警、群馬県警へ開示請求(または開示申出)。
 ※ ただし群馬県警のみ、上記4番目の代りに、1月29日に吾妻署管内で起こったと報じられたパトカーの事故に関する修理費等に関する文書。

 ぜんぶ手書きでやったもんだから、事務が苦手な私は消耗するのなんの。
 各府県警の担当者の方々、汚い字ですみません。

 確認事務の全国の契約書、昨年終わり頃にようやくそろったところなのに、また最初から始めるんかよ、俺はいつまでこんなことを続けるんだろうかと、なんか気が遠くなる…。

 未返信のメールに返信しようと、12月着信分から手をつける。

 留置場に起訴前勾留されてた方からのメールに、
「筆記具は差し入れ出来ません。ただ看守に言えばボールペンを貸してくれます。形は表現しにくいですが、先の部分がV字になっておらず、U字型に丸まった物を貸してくれます。多分危険だからだと思います。喉などにさせば自殺されかねないという理由です」
 とあり。

 ふぅむ。
 自殺に使い得ないボールペンをつくったら売れるんじゃないか。
 たとえば、湯飲みの脇にペン先があるとか。
 全国の警察署数は1200ぐらいだっけ。
 2000個くらいは売れるんじゃないか。議員会館の売店には、歴代首相の似顔絵が入った湯飲みだってあるんだし。
 いや、そんな珍妙な筆記具でなく、留置場や拘置所で貸し出すのを想定して、警察および留置・勾留体験者と協議して開発するとか。まだまだ未開拓の文具市場があるぞ。ってだめ?

Banner_02_2 人気blogランキング ← 1日(木)17時15分現在24位~♪

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »