フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 珍しい保管場所法違反の公判 | トップページ | テレ朝社員が駐車監視員に暴行と »

2007年3月16日 (金)

「歩行者優先」と誰が言ったのか

3月8日(木)15時~

 東京地裁・刑事7部(高橋徹裁判官)511号法廷で、業務上過失致死の判決。
 大阪行きの夜行観光バス(定員56名、12.87トン)で交差点を左折する際、前方注意を怠り、青色信号に従って横断歩道を横断中の歩行者(60歳)に衝突して転倒させ轢過(れきか)、右下肢切断により2時間余りで死亡させた…というもの。
 前科はなく、保険で相応の賠償が為される見込みで、弔意を尽くしている等から、禁錮2年、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 また横断歩道での事故だ…残念でならない。

 事故を劇的に、あるいは確実に減らすだろう策は、いくつもある。
 しかしそれらは、手間もカネもかかる。
 いわゆる縦割り行政のなかでは困難という面もあるだろう。
 昨日買った『ジュリスト』No.1330なんか読むと気が遠くなる。

 そうしてみると、最も簡単なのは、運転者の注意に頼ることだと気づく。
 人間はそもそも不注意な生き物であり、ただ注意に頼るのは愚の骨頂、という点さえ除けば、じつはそれが最も手軽な方策なんだよね。
 しかし、そうであれば、だよ、なぜ、被害者となり得る側の注意を言わないのか。
「信号が青か赤かは関係ない。青でも赤でも、信号があってもなくても、人と車が交差し得る部分で、人対車の事故は起こる。青でも安心するな」
 なぜそう大きく言わないのか。
 言わずに、歩行者優先という認識を植え付けてきたのは、なぜ?
 そんなことを思ったよぅ。

 帰り、京王線のつつじが丘駅前(北口)で、女性警察官らが駐禁取締りをやってた。
 たしか昨日もやってた。
 ここは調布署の管内。所属別の駐禁取締り件数によれば、調布署って、その付近の他の署に比べ突出して多い。
 それにしても素早いね!
 ミニパトを駐車するや、もう直ちに乗用車1台、スクータ1台のデジカメ撮影にかかったよ。
 スクータは曲がり角付近なので若干ジャマといえるが、乗用車のほうはもうぜんぜん誰の迷惑になるじゃなし。

Photo_3  携帯端末は使わず、駐車監視員とは違って目標物からの実測もせず、確認標章をデジタルペンで手書き。
 時間差攻撃を仕掛けるように、レッカー車(ここのは23区でよく見かけるのとは違うタイプ)がすべり込み、直ちに乗用車にレーラーをかませ始めた。
 車両窃盗犯も真っ青の手早さ。
 けど、乗用車のほうは運転者(ご婦人)が戻ってきた。ビニールの買物袋を提げて。
 そしてミニパトとレッカー車は、他の違法駐車車両には目もくれず、移動せよと広報することもなく、風のように去った。職人技やねえ!

 画像は、草思社から送ってもらった、『なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識』の改訂新版の画像。
 もうすぐ発売。調布署の方も買ってね♪

Banner_02_2 人気blogランキング ← 16日(金)1時20分現在、21位~♪

« 珍しい保管場所法違反の公判 | トップページ | テレ朝社員が駐車監視員に暴行と »

交通事故」カテゴリの記事