フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「交番」改め「地域安全センター」へ | トップページ | 農林水産省地下、職員第二食堂 »

2007年3月13日 (火)

長野潤一さん「トラックドライバー三番星」

 忘れてた、今月の連載原稿3本を、お知らせしとくです。
 以下、五十音順。原稿を先に書いた順じゃないよ。
 発売日は、その日が日祝だとその前日になるのかも。

 『ザッカー』 3月20日発売号   「運転中に携帯電話で留守録を聞いたりメールを送受信したりするのも違反になるのか」と、「駐禁とられたが、どうしてもカネがない。どうすればいいんだ」。留守録を聞くのは通話じゃないから違反じゃない、と思ってる人もいるのでは?

 『ドライバー』 3月20日発売号   先日東京高裁で傍聴した、映画『それでもボクはやってない』に非常によく似た痴漢否認事件の、交通違反専門の立場から見たレポート。プラス、今国会に提出された、免許証提示義務についての、びっくり改定。

 『ラジオライフ』 3月25日発売号   検察官「(無免許運転をするに当たり、無免許での執行猶予中であることを忘れた)原因は?」  被告人「なんてったって歳ですからねえ、申し訳ない」  検察官「歳をとったから、忘れたと?」  被告人「おっしゃるとおり」  という爆笑ものの、しかし別のことで背筋が寒くなる、無免許の傍聴レポート。この連載はこれで16回目。

 ところで、『ベストカー』の「トラックドライバー長野潤一」さんの連載、「トラックドライバー三番星」、これは良いねぇ。
 首都高で先日起こった、コンテナトレーラの事故、について長野さんはこう書いてる。
「車両寸法や重量をナビに登録しておき、通れない道路や危険な速度を警告、場合によっては強制的にブレーキをかける。こむずかしいITSよりそっちのほうが先じゃないか?」
 風見しんごさんの娘さんの事故についても、長野さんはこう書いてる。
「(2~3トントラックのサイドミラーは大きすぎて)右折時に、横断歩道を渡る自転車や歩行者の動きと、トラックの旋回する動きが一致すると、ミラーやAピラーの陰になり、認識にしにくいことがある。もしそれが原因だったら…」

 この連載、早く単行本になってほしい。

 ところで、今日の朝日新聞の夕刊、社会面に大きく、片山徒有さんと「被害者と司法を考える会」のことが出ている。
 大手新聞の社会面にしては、だいぶ異質な記事に思えた。

 私はそのへん、よくは知らないが、そっかぁ、被害者・遺族が法廷で証言し、それもあって加害者(被告人)が重い刑に処され、そして何年かして、加害者は刑務所から出てくる…。
 お礼参りが不安とまでは言わないにしても、やっぱり、「厳罰化を!」へ突き進む世相は如何なものか、と思う。

 関係ないけど、片山徒有さんの「徒有」は「ただあり」と読む。
 徒(いたずら)に有る。ただ、ある。すごい名前だと思う。親御さんは禅(ぜん)の達人…?

 

Banner_02_2 人気blogランキング ← 13日(火)23時45分現在、20位~♪

« 「交番」改め「地域安全センター」へ | トップページ | 農林水産省地下、職員第二食堂 »

日記」カテゴリの記事