フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« またも青信号で横断中の死亡事故 | トップページ | 石原都知事の代理人が都民を嘲笑 »

2007年4月12日 (木)

オービス予告表示板のお値段

 今日は霞が関へは、傍聴のために来たのではなかった。
 …のだが、裁判所へ入って東京高裁の開廷表をぱらりめくると、数分後の14時30分から、刑事12部(長岡哲次・姉川博之・片山隆夫裁判官)715号法廷で、業務上過失致死傷の第1回。

 一審判決は懲役刑(執行猶予付きかどうか不明だが、懲役刑は懲役刑)で、懲役刑を受けると国家公務員を失職するので罰金刑に、という量刑不当の主張だった。
 とりあえず被害者の傷害の程度を照会することになり、次回期日は追って指定。

 以前、執行猶予付きの懲役刑を受け、宅建業の免許が取り消されること知って仰天、なんとか罰金刑に、という控訴審を傍聴したことがある
 その事件は、『ラジオライフ』でレポートしたとおり、原判決破棄で罰金刑になったが…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 15時から、高裁刑事10部(須田贒・小西秀宣・横山泰造裁判官)805号法廷で、「航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律違反」の判決。
 珍しい罪名だ。傍聴マニアが押し寄せるに違いない!
 と思ったが、そうでもなかった。私も含め10人ちょい。

 旅客機内でオヤジが酒飲んで暴れたのか?
 と思ったら、鮮やかなブルーのツナギのオジサンがやってきた。
 なんだ?
 と思ったら、それが被告人(在宅)だった。
 05年12月、鬼怒川で動力機付きのグライダーが墜落した事件だった。

 被告人は、77年に滑空機の操縦資格を得てから1万7500時間くらい飛んでるという人で、事故当時、訓練生とともに複座式(横に並んで座る)に乗っていたのだが、
「操縦士は、刹那刹那に対応できるよう、技術を体で覚え込む。長年慣れ親しんだ単座式の操縦席と、複座式の左側の操縦席は同じ。右側はレバーが逆。複座式の左操縦席では70時間くらい、右操縦席では10時間くらいの経験がある。当日、右操縦席で操縦中、うっかり右手でエアブレーキのレバーを引いてしまい、墜落、地面に激突した。複座式のこの設計は、人間工学に反しており、危険な機体構造が招いた誤操作によるものだ。不可抗力によるというほかない。原審の罰金15万円は重すぎて不当」
 という主張なのだった。
 15万円がどうこうではなく、機体構造のことを問題にしたかったのだろうか。
 須田さんは、
「思慮を尽くせば誤操作は防げたはず。身に付いたというだけでは(事故は)不可避とまでは言えない。操作できると思えたから右操縦席で操縦しようとしたのだ。反省の態度を示すことなく、むしろ他人に転嫁しようとする態度を維持している。そうとう重い、重傷を負ったとしても…」
 と、控訴棄却。

          ★

 それから、本日はこのために来たのだよ、という“イベント”へ。
 マニア的には大満足!
 語ればものすごーく長くなるのだが、私はまだ語らないっ。

 それから、警視庁へ。
 面白いものを見てきた。
 「品川区戸越5丁目1番先 一般国道1号線下り外7箇所」の、「自動速度取締予告表示板設置工事」(工期07年3月16日)を、「東邦ロード(株)」が、税込919万9050円で落札してるんだねぇ。
 8カ所で919万9050円ってことは、1カ所平均約114万9881円。
 へえ~、そうなんだ~。
 どんな予告表示板なんだろう。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 12日(木)22時50分現在、8位。これから転げ落ちそう~♪

« またも青信号で横断中の死亡事故 | トップページ | 石原都知事の代理人が都民を嘲笑 »

交通事故」カテゴリの記事

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

情報公開」カテゴリの記事