フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 諸君の中の多数派、少数派 | トップページ | 反則金、罰金を払わないから逮捕ってあり得ね~! »

2007年4月 3日 (火)

『臨界点』と『霞っ子クラブの裁判傍聴入門』

 ぎりぎりまで原稿を書き、ちょと旅に出てたのね。
 やっぱ小説は、細切れの時間に少しずつ読んでもダメ、一気に読もうと、源泉掛け流しの湯に浸かりながら、部屋(客室)へ戻って一服しながら、一気に読んだ。

臨界点 Book 臨界点

著者:黒木 昭雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 アマゾンのカスタマーレビューで「ぺろりん "peperontina"」さんが書いてる以外のことを書くなら…。

 黒木昭雄さん、小説なんてチャレンジして大丈夫なの? と失礼ながら不安だったのだが、や~、びっくりしたよぅ!
 人物がよく描けてて、主人公らが「こりゃもう助からんだろ」というところへ追い込まれ、そこからどう脱するか、十分に物語に入れた。
 恥ずかしながら、泣いちゃったし、「おうっ! そこだっ!」と手を打ったりもした。
 この小説は特に、警察官の人間関係等々のディテールが優れてると思えた。
 ここまで書けるのは、黒木さん以外にいないんじゃないか。
 警察マニアの方は必読。

 何より、ここに描かれてる警察の、たぶんまだ誰も知らない(一部宮崎学さんが言ってたかな)警察の裏ガネ、これ、現実のいろんなことと符号するようだけど、マジ?
 あまりにマジすぎて、ものすごくショッキング。凄い警察小説だ。

 ま、エンターテイメントとしては100点とは言えないんだろうけど、そこを差し引いても、十二分に読めると思う、読ませると思う、とにかくいっぺん読んでみてよ。

 今回の旅では続けて、『警察公論』(立花書房)の1月号から4月号まで連載されてた、「徳島県警察本部地域課 広域自動車警ら隊小隊長 職務質問指導員」宇野博幸さんの、
「実戦から伝承へ 治安を守る術としての職務質問」
 と、各号の、
「クローズアップ実務 青年警察官の執行力向上を目指して 職務質問の要領と着眼点」
 を読んだ。
 あとでまとめて読もうと、コピーしてきたのだ。

 職質ってのも、たいへんだね。まったく頭が下がる思いだ。
 しかし、現場がそうやって汗を流して頑張ることで、警察組織のトップが裏ガネをつかむ仕組み…を黒木さんの『臨界点』は描いてるわけだ。
 その仕組みを、現場から崩すことは不可能だろう。
 不可能だから、そんな仕組みが築かれてしまいもするわけだ。
 今年は選挙がたくさんあるらしい。
 どの候補者に投票するか、そういう面からも…。

 あと、もう1冊紹介しとこう。

霞っ子クラブの裁判傍聴入門 Book 霞っ子クラブの裁判傍聴入門

著者:霞っ子クラブ
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これは、裁判所への往復の電車内ですでに読んだ。
 申し分なく、読みやすくて面白い。
 書き手の味がいいんだと思う。
 どういうわけか、ブログのほうより格段に読みやすいのね。
 巻末の、「レア度」が「★★☆」とかで示された「罪状カタログ」は素敵だ。
 「議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反」って、そんなのあったとは知らなかったよ。 

 そのなかに出てくる、農林水産省・職員第6食堂、のナポリタン510円の素晴らしさは同感として、裁判所から歩いて行ってその2軒手前にある、私がお気に入りの第5食堂、トさんからの情報によると大幅値上げしたらしい!
 まぁね、これまでが安すぎだったわけだが、なんで「大幅」値上げなのか。
 同省は地下の店舗をいじくってるようで、テナント料が大幅値上げになったのか。
 ともあれ、豚生姜焼き定食や鯖生姜焼き定食たちは何十円値上げされたのか、確認に行かねば。
 場合によっては、私の内なる霞が関昼食戦線に異変が起こるかも!

Banner_02_2 人気blogランキング ← 4日(水)0時20分現在、15位~♪

※続報   トさんによると、3日は値上げ幅が縮小されていたという。うむ~。以前大幅値下げされたときも、たしか、すぐに値下げ幅が縮小されたように記憶するが…。
 そしてトさんからの連絡は、「東京地裁刑事に20部と21部が」で途切れた。
 彼の身に何が迫ったのであろうか! ←『臨界点』の読後の余韻だ~♪
 まさか、19部までだったところに、20部と21部が増部された!?

 ちなみに、19部の裁判官に、私のPCでは「田正」と表示されるお名前がある。
 これ、後ろのほうの「・」は、編が「糸」で、つくりが「巳」、の文字の角田さんだろうと思われる。
 でも、「角」も変わった文字だったんだろうか。気がつかなかった…。

« 諸君の中の多数派、少数派 | トップページ | 反則金、罰金を払わないから逮捕ってあり得ね~! »

私の本棚」カテゴリの記事