フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 検察サポート制度ってどう? | トップページ | 公務執行妨害と窃盗の罰金刑の数 »

2007年5月 2日 (水)

98回くり返せた駐車違反

駐禁98回、男を送検=「逃げ得防止」逆手、名義変えず-大阪府警
5月1日21時32分配信 時事通信
 駐車違反の摘発を逃れるために買った車の名義を変更せず、98回も違反を繰り返したとして、大阪府警西署は1日、道交法違反(放置駐車)などの疑いで、大阪市大正区■■■■、パチスロ機器販売員■■■■容疑者(24)を追送検した。同容疑者は「名義を変えなければ責任を問われず、やり放題だと思った」と供述しているという。
 ■■容疑者は4月21日、免許停止処分を受けた後も無免許運転を続けたとして、現行犯逮捕されていた。
 調べでは、■■容疑者は知人を通じ、静岡県沼津市の女性から乗用車を購入。名義変更しないまま、昨年6月から今年4月にかけ、大阪市内で駐車違反を98回繰り返した疑い。車は交際中の女性宅に通ったり、仕事に使ったりしていた。
 昨年6月施行の改正道交法は、駐車違反車両の運転者が反則金を納めない場合、「逃げ得」を防ぐため、使用者から同額の放置違反金を徴収できると定めている。■■容疑者はこの規定を逆手に取り、わざと名義変更せず、使用者を沼津市の女性にしたままだった。

※ ■部分は時事通信記事では実住所、実名。

 「駐車違反の摘発を逃れるために」が、車を「買った」ことにかかるのか、買った車の名義を「変更せず」にかかるのか、初っ端に悩んぢゃったのはどうでもいいとして、この記事、けっこうスゴイことを暴露してるよね。

 06年6月1日からスタートした新制度は、大ざっぱに言うと、ある駐車違反について、違反者が「反則金」を払わない場合、犯行車両の持ち主(車検証上の使用者)へ「放置違反金」の納付命令がいく、というものだ。
 放置違反金で決着すれば、違反者は(もちろん持ち主も)、違反キップを切られず、違反点数を登録されず、違反歴にならずにすむ。
 以前なら、逃げ回ってる違反者は、「いつか検挙されるんじゃないか」という不安があったわけだが、新制度では、放置違反金で決着してしまうのだから、もう不安はない。
 したがってこれは、逃げ得を防ぐ制度というより、カネ(放置違反金)さえ払えば逃げ得オッケーにしたもの、といえると思う。

 で、大阪のその男性は、カネ(放置違反金=逃げ賃)も払わず、逃げ切ろうとしたわけだ。
 しかし、だよ。そりゃあ、無理でしょ。
 前の持ち主、静岡のその女性が、いつまでも泣き寝入りするはずがない。
 公安委員会への弁明をつうじて、あるいは警察に相談して、大阪の男性に車を売ったことを、普通は言うだろう。
 警察は、駐車違反は大阪の男性がしたらしいことを知っても、大阪の男性が否認ないし無視したら、検挙は困難になる。
 でも、その車が次に違反するときを張り込んで、現行犯で逮捕することはできる。
 かつて、十数回目とかでそのように逮捕した、という報道がよくあった。
 ところが今回、98回だという!
 ずいぶん長くほっといたもんだねぇ。

 仮に、98回ぜんぶ、静岡の女性が放置違反金をかぶっていたとしても…。
 その車には、最初の4回目で「使用制限命令」が出ることになる。
 「使用制限標章」が貼られることになる。
 貼ろうにも、車の持ち主のところに車がなかった、としても、同じ車がその後何十回も駐車違反してるのに、警察(警察官や駐車監視員)は、ただただ黄色い駐禁ステッカー(確認標章)をぺたぺた貼ってたんだろうか…。

 この報道、「悪い違反者を送検しました」というものに見えて、うーん、どっちかというと大阪府警の不祥事のような、大阪府警としては発表されたくないことのように、私には思えるのだが…。

※ 記事に「98回」とあるのは、確認標章が貼りつけられた回数のはず。実際の違法駐車回数は、最低その数倍になるんだろう、たぶん。
※ 新しい制度における駐禁取締り(確認標章の貼りつけ)は、駐車自体の悪質・迷惑性には関係なく行われる。世間は「迷惑駐車(違法で迷惑な駐車)」と「違法駐車(単に違法とされるだけの駐車)」との区別がつかないので、「違法=迷惑。外見が違法なら直ちに取り締まってしまえ」となっている。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 2日4時30分現在、どんどん下がって22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 検察サポート制度ってどう? | トップページ | 公務執行妨害と窃盗の罰金刑の数 »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事