フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 公務執行妨害と窃盗の罰金刑の数 | トップページ | 殺人で1カ月に18人が嫌疑なしの不起訴って? »

2007年5月 5日 (土)

被疑事件罪名別月表

 5月20日発売号の『ザッカー』には、06年1月~07年2月のデータを載せたが、連休で当ブログのアクセス数が落ちてるのを幸いに、こそこそっと(笑)、そのうち06年12月の分だけご紹介しよう。

070505_0612  東京地検管内の「被疑事件罪名別月表(1)」。
 各月ばらつきがけっこうあるが、たとえば06年12月は…。

 罪名「公務執行妨害
   公判請求  10人
   略式命令  36人
   不 起 訴   23人

 罪名「窃盗
   公判請求  420人
   略式命令  29人
   不 起 訴    877人

 「公判請求」とは、正式な裁判のほうへの起訴のこと。
 公判で、公判立会検察官は、普通は懲役刑を求刑する。

 「略式命令」は、略式命令請求の略。
 略式命令請求とは、罰金の支払命令を出してくれと裁判所に請求すること。
 つまり略式の裁判への起訴だ。

 06年5月28日から、罰金刑の選択肢を設けたことを、公妨のほうは存分に利用してる。
 窃盗のほうは、あんまり利用してない。不起訴がやけに多い。
「万引など、懲役刑は重すぎ、かといって不起訴ともできず、ということがある。罰金刑の選択肢があっていい」
 と言われたわけだが、やっぱ、まだまだ不起訴ですますべきケースが多いってことだろうか。とすれば、どんなケースが罰金になったのかな、興味が湧いてくるよね。

 それにしても…。
「窃盗は数がものすごく多いから、罰金刑の選択肢を設けるのはまだわかるが、公妨は数も少ないし、おかしいんじゃない?」
 という趣旨のことを私は以前から言ってたが、上記データだけ見ると、窃盗はオマケ(つか罰金刑の選択肢を設けることの理由付け)で、本丸は公妨だった、なんて言えそうな気がしてくるよね。

 同じ月表によれば、罪名「道路交通法違反」は…。
   公判請求   55人
   略式命令 2979人
   不 起 訴  2078人

 公判請求の55人の大部分は、酒気帯びや無免許の常習か、超過80㎞/h以上の速度違反だ。
 全国の1年間のデータと比較すると、略式に比べて不起訴がどえらく多い。
 東京に特徴的な現象なのか。
 他の道府県の同じ月表を開示請求してみると、都道府県別の“長いものに巻かれろ度”、あるいは“多忙で交通違反の否認なんぞ相手にしてられない度”、みたいなのがわかって面白いかもしれない。
 って、そんな暇も費用もないよぅ(泣)。

 ついでに、東京都の罪名「公衆に著しく…条例」は、
   公判請求   16人
   略式命令   167人
   不 起 訴      69人

 この167人のなかに、
「痴漢を認めれば罰金ですましてやる。認めないなら、勾留のまま正式な裁判だ。手錠をかけられ、被告人として、好奇心ばりばりの傍聴人の前へ引き出されるんだぞ」
 とか言われて略式に応じた人が、何割くらい含まれてるんだろうか。

 同条例違反は、神奈川、千葉、愛知、岐阜県のものもある。
 それらの県の条例に違反したとして、東京地検・区検が起訴・不起訴を決めたわけだ。へぇ。

 罪名「漁業法(除く選挙等)」なんてのもある。略式命令55人。
 いわゆる密漁とか、だろうか。へぇ。

 ま、こういうのをしみじみ見て傍聴に通うと、また一味違ってくるってことで。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 5日1時35分現在、ちょと上がって18位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 公務執行妨害と窃盗の罰金刑の数 | トップページ | 殺人で1カ月に18人が嫌疑なしの不起訴って? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事