フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の35件の記事

2007年6月30日 (土)

裁判員制度の本当の目的は?

 6月29日(金)18時から、「裁判員制度はいらない!大運動」の「6・29大集会」があり、350人のご参加をいただいた。ありがとございました。

 途中、カンパ袋がまわってきた。
 財布を開いたら千円札がない。げっ。
 呼びかけ人が小銭ってわけにもいかないじゃん。
 しかし紙のカネは、5千円札と1万円札しかない…。
 そこで私は…。
 あ~、何であんなことをしたのか、女房殿にバレたらぶん殴られる。早く忘れよう。なかったことにしよう(笑)。

 裁判員制度について、国はいろんなパンフをつくってる。
 元手は税金。ばんばんつくってる。
 どのパンフにも、Q&Aがあり、そこに、「なぜ導入されるのですか?」とある。
 以下は、現在発売中の『ドライバー』の、私の連載「覆面パトは二度サイレンを鳴らす」の一部。

 「なぜ導入されるのですか?」としてこう書かれていた。
「国民のみなさんが裁判に参加することによって、法律の専門家ではない人たちの感覚が、裁判の内容に反映されることになります。その結果、裁判が身近になり、国民のみなさんの司法に対する理解と信頼が深まることが期待されています。さらに、国民のみなさんが、自分を取り巻く社会について考えることにつながり、より良い社会への第一歩となることも期待されています」

 はあ? そりゃたしかにけっこうな「期待」だが、そんな漠然としたことのために、ものすごーく重い負担を、苦悩を、国民に強制するわけ? 強制動員するわけ?

 「専門家でない人たちの感覚」がほしいなら、裁判官が国民の間へ出ておいでよ。「裁判を身近に」したいなら、まずは多くの人が傍聴できるよう土日も開廷すればいいじゃん。裁判官といっしょに裁けば「司法に対する」「信頼が深まる」って意味わかんないし。

「冤罪を防ぐための国民参加だろ」
 と思ってる人がいたら、見当違いもいいとこだ。
 「職業裁判官だけでは冤罪に気づかないおそれがある」とは、法務省も最高裁も最高検もぜんぜん言ってない。冤罪を防ぎたいなら、「この事件は冤罪臭い(裁判官の訴訟指揮が偏ってる)んでお願いします」という、たとえば弁護士会からの請求を受け、その都度、国民参加の法廷で審理すればいいじゃん。一定の全事件に国民を強制動員する必要はない。

 じゃあ、ずばり、本当の目的は何なのか。なぜ導入されるのか。
 裁判員制度から、どんな裁判が、どんな国がつくられていくのか。
 そのへん、どの弁護士さん、学者さんの意見もだいたい似たところへ収束するんだけども、切り口が若干違ったりするように思えた。
 そのへん、どの切り口からは何が見えるのか、どこへ収束するのか、まとめてみてもいいんじゃないか。

 たとえば、国にとって刑事裁判など、どうでもいーんだ、という考え方もあるだろう。
 誰が犯罪被害を受けようが、誰が死刑になろうが、国はどうでもいい。
 刑事事件など扱わない弁護士だって、たくさんいる。
 国が(自民党が)変えたいのは、民事裁判だ。
 企業のM&Aとか、アメリカがガンガン仕掛けて、司法ビジネスが、アメリカ資本の巨大ローファームが、ガンガン儲ける時代を前に、民事の裁判手続きをひっくり返したかった。
 その「司法改革」に、「国民参加」というイメージを与え、反対しにくい状況、本質に気づきにくい状況をつくりたかった…。
 なーんて、『司法占領』を読むと、思えたりする。

司法占領 Book 司法占領

著者:鈴木 仁志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本、いつも池波正太郎さんの文庫本を買う古書店で、たまたま見つけて買ったのね。
 司法占領って、土俵千両(←そんな言葉はないのかな)と紛らわしいタイトルだし(笑)、「裁判員制度」なるものを国が突然言い出す前に書かれた本ではあるんだが、ドスコイ、なかなか面白かったよ。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月30日12時15分現在、510で18位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月29日 (金)

放置違反金を払わず逮捕!?

 28日(木)の記事、当日夕方に途中までだらだら書いて送信後、29日(金)早朝に全体に簡潔に書き直して送信したら、またかよ! 書き直した部分が全部消えたよ!
 新たに書く気力も時間もなく、28日の記事自体、削除する。
 以前に比べればパソコンは、ファンのほこりを清掃してから、やたらフリーズせず、調子良いんだが。

44歳大工、自宅近くで44回駐車違反も反則金払わず
 大阪府警淀川署は28日までに、道交法違反(放置駐車)の疑いで、大阪市淀川区、大工(44)を逮捕した。
 容疑者は昨年4月からことし5月にかけ、自宅近くで44回駐車違反を繰り返し、再三の呼び出しに応じなかった。反則金は計約68万円に上るという。
 調べでは、容疑者は5月21日午後7時ごろから約40分間、自宅近くの駐車禁止の路上に乗用車を止めた疑い。
 出頭しない場合、車の持ち主に課せられる放置違反金も納付せず、同署の3回の出頭要請も無視し続けた。
 容疑者は「500万円くらい借金があり、違反金が払えなかった」と話している。

 とZAKZAK。
 これ、誤解を招きやすい記事じゃないかな。
「新しいペナルティ、放置違反金、あれって、払わないと逮捕なの?」
 と。
 誤解をあおって違反処理をスムーズにする、という意味はあるだろうけど。

 放置違反金は、行政制裁金の類であり、刑事罰ではない。
 逮捕は、刑事手続きの一部。
 だから、放置違反金を払わないことは、逮捕のどんな理由にもなり得ない。

 ZAKZAK記事の被疑者は、違反者であることを特定された後、反則金また放置違反金またはその両方の手続きから離れて、刑事手続きの扱いになり、任意の出頭に応じなかったから、逮捕されたのだ。
 取調べのための出頭は、あくまで任意だが、任意の出頭をしない者を、警察は強制的に出頭させる(逮捕する)ことがある。
 外山恒一さんも、任意の出頭に応じず逮捕された。

 外山さんのサイトに、起訴状が載っており、その公訴事実第1に、
「同標識を確認しかなった過失により」
 とある。
 過失により?
 こういう事件って、わざわざ「過失により」って書くんだっけ?
 公安委員会の標識による交通規制(道路交通法4条1項)の違反(同8条1項)は、過失犯の処罰規定がなく、かわりに、というか、刑法38条1項前段が「罪を犯す意思がない行為は、罰しない」と定めてる。
 そのへん、つまり標識見落しの運用については、私はよく知らないが…。

6_29chirashi_16  さてさて!
 いよいよ本日、「裁判員制度はいらない! 大集会」だ。
 弁護士さんたちが相当に力を入れてる。
 四谷区民ホールは、地下鉄・丸の内線、新宿御苑前から徒歩5分
 午後6時開会。終わりは、午後8時45分頃かな。
 それから近所で懇親会がある。
 来てねったら来てね!

Banner_02_2人気blogランキング← 6月29日6時35分現在、週間INが550で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月27日 (水)

クーラー設置 パソコン掃除!

6_29chirashi_15  本日とうとう、仕事場にクーラーを設置!
 何年もガマンし続けたが、7月中に文庫本を1冊書かねばならず、近所の家電量販店が改装売尽くしセールを始めたこともあり、思いきって思いきった。

 取付け工事のおじさんに聞いたところ、こういう工事は、以前は量販店と契約していたが、間に取りまとめの会社が入るようになり、また激安競争で、どんどん値切られ、現在は1台取付けて6千円ほどにしかならないんだという。必要な部品等は自分持ちなんだという。
 これで駐禁ステッカーなんぞ貼られた日にゃ、目も当てられないんだという。

 取付け工事の足場をつくるために、机を移動。
 工事が終わって机を戻す前に、パソコン周りなどお掃除してみた。
 どこにもつながってないケーブルが何本も、ほこりをかぶってトグロを巻いてたのには、驚いたね。
 こんなアホなことしたのは、どこのどいつだい? あたしだよっ

 ついでにパソコン本体の蓋を開け、中もお掃除。
 なんていう名称だっけ、心臓部分の、高熱を持つのでファンがついてる部品があるでしょ。あのファンが汚れてるふうなので外してみたら、ほこりが熱で固まったか、とんでもないことになってた!
 排気のファンも外して清掃。
 本体に取付けたケーブルも全部外し、取付け面にこびりついたほこりを除いた。

 全部組み付けて電源を入れたら、動かなく…ならずに動いた。ほっ。
 精密電子機器のような、良い音をたててる。
 あ~、クーラーは涼しいし、極楽だ~。

 画像の大集会、いよいよ明後日に迫った。
 二次会(懇親会)の会場も決まったと、FAXが届いた。
 来てね!

Banner_02_2人気blogランキング← 6月27日17時40分現在、650で15位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オービスはみんなの憧れ

 06年12月19日が第1回公判(東京簡裁2室2係、728号法廷。関口政利裁判官・田口照子検察官)だった、

【場   所】 首都高・湾岸線東行き・羽田空港3-3
【日  時】 2004年10月24日 22:13頃
【装   置】 東京航空計器 オービスⅢLk (俗称・LHシステム)
【測定値】 137㎞/h  制限速度80㎞/hを57㎞/h超過
【被告人】 50代 タクシー運転手
【主   張】 「110㎞くらいで走行していました」

6_29chirashi_14  この事件(第3回公判から石井清弘裁判官・今井重夫検察官)の、15時10分から第5回公判。
 論告・弁論。

 オービスの正確性は「電子式オービスⅢLk原理説明資料」によって明らかになっており…信用性が高いことは論を待たない…と検察官。
 何の裏付けもなく、メーカーの言い分を鵜呑みにし切ってくれる…。
 ミンチ肉の偽造や、スパ施設や、ニュースに次々と出てくる企業の人たちは、
「オービスのメーカーは良いな~。楽だな~」
 と、心底うらやましがるだろう。
 みんなの憧れ(あこがれ)、それはオービスぅ。

 求刑は相場どおり罰金8万円。

 続いて、弁護人による最終弁論。
 原理説明資料などは、作動原理の説明にすぎず、直接信頼性を立証するものではない…「これまでの試験(によりオービスは信頼できる)」と言うが、そのデータは一切提出されていない…オービスが正確に作動していたことを裏付ける証拠はない…等々と、オービス裁判の根幹(病理)を指摘。

 まったく正論なのだが、しかし…。
 これはアレだ、刑事裁判は、まず検察官が犯罪事実を立証し(証拠により証明し)、被告人・弁護人がそこに合理的な疑いを見出す、という形なんだけども、オービス裁判においては、検討の材料、つまりそもそもの検察立証がないから、手も足も出ないっつーことなんだな~、と思ったよ。

 次回判決。
 求刑どおり罰金8万円となるだろう。
 そして、メーカー社員が、業務で証人出廷しといて、裁判所に請求して受領した旅費日当を、被告人は負担させられるのだろう。

 16時すぎ、裁判所内の静かな場所で、RKBラジオの「門間良 ディリーファイル」に、携帯電話から数分間、生出演。

 帰りの電車で、都庁の広報広聴部・情報公開課からの郵便を鞄に入れたまま開けてなかったことに気づく!
 オービス(本件では三菱電機のRS-2000)の「交通流情報集計表」(何10㎞/h台の通過車両が1時間毎に何台あったか測定・記録した一覧表)の不開示部分について、今年3月26日付けで審査請求したところ、公安委員会から「理由説明書」が出たので、意見があれば7月6日までに「意見書」を提出せよ、というお手紙だ。郵送するよと、先週か先々週、電話をもらってたんだ。
 うわ~、そんなの、あったんだ~。忙しいのに~。
 って私が審査請求したからか。しょうがないな~もう(泣)。

          ★

 外山恒一さんが、鹿児島拘置支所へ移送されたそうだ。
 起訴前は警察留置場にいて、起訴後は拘置所へ、ということはよくある。
 が、ずっと留置場暮らしで、留置管理課の警察官に腰縄を持たれて法廷へ来る被告人もいる。
 そのへんの扱いの差が、どこから生じるのか、私はまだわかんないです。

 外山さんのブログの、
20キロ超過のおれを40キロ超過で護送するかキミらは!
 これは秀逸だと思う。
 墨書して、掛け軸にしたら良いと思う。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月27日4時40分現在、640で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

被告人を1年10月に処する…

 ちょい風邪気味のところへ、ラジオ1つとテレビ2つから次々電話があり、あることを調べる必要が生じたが、プリンタが反応せず、パソコンも固まり、あーっ、もう…。
 私としては珍しく焦りの気分で、今日も裁判所へ。

 13時10分から、東京簡裁・刑事1室2係(後藤征弘裁判官)826号法廷で、窃盗の判決。
 被告人(身柄。拘置所)は、失礼ながら、しょぼくれたサラリーマン風、という感じ。ま、状況が状況だけに、しょぼくれ度はだいぶ差し引いて見なければいけないんだけども。

裁判官 「(弁護人に)被告人の関係で、誰か身元引受人みたいな確実な人はいないんですか。兄弟いないんですか」
弁護人 「います。が…」
裁判官 「本人を今後、指導監督する者が資料上、何もない。そのへん量刑に関係してきますので」
弁護人 「今現在ないんですが、お時間いただければ」

 期日を延ばすことになり、13時15分閉廷。なんだよ~。

 13時20分から、東京地裁・刑事2部(神坂尚裁判官)528号法廷で、6月8日に傍聴した「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」違反の判決。

 再開して、弁護人から、被告人の今後の就労の見込みについての弁1号証と2号証を提出。
 その立証を踏まえての、検察官、弁護人の意見は従前どおりか確認し、いちおう被告人に最終陳述をさせ、改めて結審し、判決…。
 となるはずなのだが、神坂さんは検察官、弁護人の意見の確認を忘れた。
 そういうのは、たまにある。
 若い検察官が、忘れたよ旨言った。
 そして判決。
裁判官 「被告人を、1年10カ月に処する。この裁判確定の日から3年間、その執行を猶予…」
検察官 「あの…何を1年10カ月でしょうか…」

 「懲役」を言い忘れた、というか抜かしたのだ。
 論理的で頭の良さそうな、パレスチナへ行ってしまったHさんにどこか似てる神坂さん、今日は疲れてる?

 こんな日もあるよね~。
 私の焦りの気持ちが、ユングの共時性的にシンクロした? 意味わかんないけど。

 ま、傍聴マニアとしては、以上2件、傍聴できて良かった。

※ 「じゅうげつ」と言う裁判官のほうが多いが、「じゅっ(じっ)かげつ」と言う裁判官もいる。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月27日3時40分現在、630で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月26日 (火)

子どもの遺体を動かしてポーズをつけ…

6月25日(月)13時30分~

 今日は13時30分からいろいろあった。
 昨年5月6日に表参道の地下鉄駅入口へ酒酔い運転で突っ込んだ、という事件の控訴審もあった。

 そんななか、104号法廷へ。
 東京地裁・刑事12部(井口修・小林愛子・佐藤傑裁判官)104号法廷で、5月23日の午後に傍聴した「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反・著作権法違反」の第2回公判。

 右陪席裁判官が、バンデラス似の細野敦さんから、小林愛子さんに交替した。
 途中で交替って、細野さん、どうしたの?
 また、私のメモによると、今日の開廷表の事件番号は「平成19年特(わ)576等」で、第1回は「平成19年刑(わ)576号」だったような。
 メモミスか…?

 第1回公判のあと被告人は、被害者らに謝罪の手紙(初めての謝罪でかつ初めての手紙)を書いたそうで、それを読んでの被害者の1人からの上申書を、検察官が証拠請求。
 形式的には謝罪の形をとっているが内実は到底そうは思えない、という趣旨。

 弁護人(2人)のほうから、その謝罪の手紙(原本は郵送してしまい、メモ書きをもとに書き起こしたもの)と、医師の診断書(小児性愛と死体愛好?)と、インターネット(これ?)から拾ったという、小児性愛の改善可能性は高いことを示すプリントアウト、を証拠請求。

井口裁判長 「双方の立証は以上ということで、よろしいですか? それでは、被害者の方から意見陳述の申出がありましたので…。それでは、バーの中へ入って頂けますか?」

 「バーの中へ」と確かに聞えた、ような気がする。
 傍聴席の前の木の柵、あれを「バー」というのか?

 女性4人と男性1人が入り、バーを背にしたベンチに並んで座った。
 遺児の大切な写真(もう増えることのない写真)を、被告人のおぞましいHPに無断で載せられ、おぞましいコメントをつけられた人たちだ。
 左から順に1人ずつ、証言台のところに座って陳述書を朗読(1家族については夫が陳述し、妻については同じ気持ちか裁判官が確認)。

 その間、被告人は、証言台から2mほど右側の被告人席に座り、両手をひざの上に置き、小さくうなづいたり、きゅっと口を結んだりしているのだが、見た目、どうしても、「本人の頭の中では反省・悔悟の態度を示してるつもりなんだろうなぁ」という印象を受けるのだった。
 わざわざ外国へ出かけ(スマトラ地震のときか?)、子どもの遺体の写真を、遺体を動かしてポーズをつけて撮影、それをHPにアップしたりもしたそうだし…。

 14時22分に意見陳述は終わり、
井口裁判長 「今日の意見陳述を踏まえて、職権で被告人に若干尋ねたいことがあります」
 と、被告人質問。
 14時51分から論告。
 求刑は懲役2年6月。

元教諭に懲役2年6カ月求刑 死亡児童の写真無断転載
 交通事故で死亡した子どもの写真を自らのホームページに無断転載したなどとして著作権法違反などの罪に問われた東京都羽村市立小学校の元教諭■■■■被告(34)の公判が25日、東京地裁であり、検察側は懲役2年6カ月を求刑した。
 論告で検察側は「子どもたちの写真を自らのゆがんだ性欲のために用い、小児性愛者や死体愛好家にさらしものにした」と指摘。「教師でありながら教え子の写真を小児性愛者へ引き渡しており倫理観の欠如は甚だしい」と述べた。

 と朝日新聞。の記事の一部。
 最終弁論で弁護人は、弁護人としては当然なのだろうけど、執行猶予付きの寛大な判決を求めた。
 まぁ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年、というのが、予想されるいちばん重い判決じゃなかろうか。
 15時23分から、被告人の最終陳述。
 判決期日を決めて、15時27分閉廷。

 どんな性癖、どんな変態性欲があっても、いいのだ。問題は、欲望のままに、他人の心を平気で踏みにじって殺すようなことを、喜々としてやるかどうか、そこなのだ。治療すべきは、小児性愛や死体愛好より、人格の障害なのだ。と思った…。
 こういう人物にお手軽に活躍の場を与えるのが、匿名のインターネットなんだなぁ、とも思った。
 ネットの匿名性をなくそう、との議論もあるようだが、犯罪的な匿名性は国家の側にこそ有利という側面もあるので、それを超えるよっぽどのものがなければ…とも思った。
 生身の実世界の隣に、便利だけども恐るべき無法地帯がどーんとあるわけだ。
 そんななかで、私のこのブログって何なんだろう、とも…。

6_29chirashi_13  ちなみに、4月27日に第1回を傍聴した、2chでの投稿による脅迫・威力業務妨害、第2回期日は追って指定となっていたが、もうそろそろ決まったろうと、先週だったか地裁で確認したところ、まだ決まってなかった。

 あと、今回の被告人の父親に対し、横浜地裁で00年5月29日、犯人隠避などで懲役1年6月、執行猶予3年の判決(リンク先の記事中、被告人氏名に「辺」とあるのは「邊」)を言い渡したのが、現在の東京簡裁・1室1係の岩垂正起裁判官なんだよねぇ…。 

Banner_02_2人気blogランキング← 6月26日3時35分現在、610で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月25日 (月)

超過81キロと88キロで懲役4月猶予3年

6_29chirashi_12  いよいよ大集会が近づいてきたので、右のチラシ画像を毎回貼っとくです。
 来てね♪

 正面玄関脇で、1時30分からの事件の傍聴券の交付を先着順(私は26番)で受け、13時20分から、東京地裁・刑事2部(毛利晴光裁判官)528号法廷で、道路交通法違反の判決。

 被告人は在宅。だいぶ中年。草色のカーゴパンツに、グレーのワイシャツ。
 主文は懲役4月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

 06年10月1日に、埼玉県戸田市の、首都高速・板橋戸田線(そんなのあるんだ?)で、普通乗用自動車で、超過81キロ(測定値141キロ)。
 同年10月22日に、こっちは埼玉戸田線といったかな、よく聴き取れなかった、超過88キロ(測定値148キロ)。
 前科等なし。
 免許取消となり、大型トラックの運転手をできなくなり、所有の大型トラックを売り払った(売り払う?)んだという。
 これから、どうやって生計を立てていくのか…。

 2件とも、たぶんオービスなんだろう。
 1件なら、懲役3月、執行猶予3年が相場。
 いや、前科等なしってことなので、うまくすれば執行猶予2年かもしれない。
 それが、2件あわさると、懲役4月か。ふうん…。

 13時23分閉廷。急ぎ104号法廷へ。

Banner_02_2人気blogランキング← おかげさまで16位が続いてます~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

北海道の放置違反金、約6億5千万円の「利益」

 おお~っ!! これは毎日新聞だけの記事なのかな。下掲はその一部。

<駐車放置違反金>北海道の「利益」6億超 財政危機に天恵
 昨年6月施行の改正道交法で新設された駐車違反に伴う「放置違反金」の道への納付額が今年3月までで約8億4600万円に上ることが分かった。駐車監視員制度を導入するなどした経費を差し引いても約6億5000万円の「利益」が発生。一般財源の歳入に計上されるため、深刻な財政危機に苦しむ道には天恵となる。
 道警によると、改正道交法では駐車違反をした運転者が反則金を支払わない場合、車の所有者に同額の放置違反金の納付が義務付けられた。改正前までは違反者が反則金を支払わずに「逃げ得」となることもあった。
 道警のまとめで、06年6月以降の1年間で道内の駐車違反取り締まり件数は13万3094件(前年同期比9万7937件増)。放置違反金の金額は車種などに応じて9000円~2万5000円で、同時期の納付は9万6330件あった。
 改正法施行前は駐車違反や信号無視などで納付するのは原則として反則金だけだった。反則金は国庫にいったん入り、事故件数などに応じて「交通安全対策特別交付金」として都道府県を通じて市町村に分配される。主にガードレールや横断歩道の整備などに使途が限られ、06年度の道内分は総額21億4600万円(前年度比5000万円増)。
 放置違反金が8億円を超えた背景には、06年6月からの1年間で全体の約25%に当たる3万2384件の取り締まり実績を上げた監視員の存在が大きい。

 手元に、北海道の確認事務(ニュー駐禁取締り=ニュー駐禁ステッカーを貼付けるお仕事)の委託契約書があるから、「駐車監視員制度を導入するなどした経費」のうち、確認事務の委託費はいくらか、わかる。
 ま、経費=委託費としての、発表ないしリークかもしれないけど。

 放置違反金の納付が9万6330件で、納付額が約8億4600万円ってことは、割り算すると、1件平均…約8969円。
 あれ? 少なくね?
 そうか、納付額は「今年3月まで」の10カ月間で、納付件数は「06年6月以降の1年間」なのか。危ねーアブネー(笑)。
 制度スタート当初と1年後とでは、いずれも差があるだろうことを捨象し、各1カ月分で割り算してみると…。

6_29chirashi_11           ★

 そこまで書いて、あたふたと裁判所へ。
 夕方戻って、さらに記事を読み返すと、いや~、どこからどこまで面白い。
 北海道ならではの事情が見えるし。
 反則金の納付額が「前年度比5000万円増」もそうだし。ねぇ。
 これはもう、『ドライバー』の次の締切りの原稿で、詳述することにしまっすわ。

 東京都の放置違反金の収入はいくらか、現在、開示請求中。楽しみだ~。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月25日19時05分現在、650で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月24日 (日)

天井桟敷の公共は、楽しみのために犬を飼っておく…

 なんだか近ごろ、よくコレを思い出す。
 以下、「宗教法人w 交通安全教会」から一部転載。

 古書店でふと買った『ケルケゴール』(飯島宗亨編・平凡社)に面白いことが書いてあった。以下私のほうで適宜つなぎ合わせる。「犬」を「ワイドショー」とか「芸能マスコミ」とか(ごめんね)読み替えると面白いかも。

 自分では何ひとつ理解せず、自分では何ひとつなそうとしないこの物臭な大衆。言い換えれば「天井桟敷の公共」は、楽しみのために犬を飼っておく。誰か比較的ましな人、あるいは優秀でさえある人が現われると、この犬がけしかけられ、楽しみが始まる。咬みつく癖のあるこの犬は、その人のコートの裾に咬みつき、ありとあらゆる恥知らずな悪ふざけをはたらく。あげく、公共は飽きて「もう、たくさんだ」と言う。しかし公共は悔いることがない。なぜなら、それを行なったのは公共ではなく、それは公共が軽蔑する犬の仕業だからだ。彼らは犬を直接けしかけたのでもなく、口笛を鳴らして呼び返したのでもない。訴えられれば公共は言うだろう。「その犬は私のではない。野良犬だ」と。犬が捕らえられて撲殺されるときでさえ、公共は言いかねないのだ。「たちの悪い犬が殺されたのは良いことだ。我々はみなそれを望んでいたのだ」と。

 ケルケゴールは1813~1855年の人だそうだ。42歳で亡くなったんだねえ。同書は1976年の発行。

 ケルちゃん、うまいことを言うもんだ。
 今回はそれだけ。
 からめて他に書きたいこともあるが、どうにも忙しくて。

 今日は、カトリック清瀬教会で、無実の死刑囚・元プロボクサー袴田巌さんを救う会の公開学習会「それでも、まだ私を有罪死刑にしたいですか」があり、あの元静岡地裁裁判官・熊本典道さんが講師で来ると聞き、片道1時間半~2時間は痛いが、いや、これは行かねば! と思っていたのだが、涙をのんで断念したし。
 機関誌「キラキラ星通信」の、いつもの詳細な講演録を待てる、というのがありがたい。
 じつは今、安田好弘さんの講演録をトイレの書見台に置き、読み返してるのだ。
 あれ…私、会費を払ってたっけ?
 どの会費をいつ払ったか、みんなたち(※)も、わからなく、ならなくね?
※ あの日記の人、今度はだいぶ長く戻りませんねぇ…。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月24日18時30分現在、620の16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月23日 (土)

スリで260人逮捕 否認は40~60人

6月22日(金)15時~

  2007年3月15日 ああ情けない ウソばっかり!
  2007年4月22日 それでもボクは(すりを)やってない!
  2007年5月10日 岩垂正起裁判官の公判を初めて傍聴
  2007年5月19日 痴漢冤罪の次は、すり未遂冤罪!?

 この流れで5月18日(ブログ記事のアップは19日)に傍聴した窃盗未遂,の、今日はついに、ウチダミツノリ警部補の証人尋問があったよ!
 傍聴人は、およそ10人。阿曽山大噴火さん、霞っ子クラブのユキさんも来てた。
 裁判官は、岩垂正起さんだし、これは見逃せんよねぇ!
 しっかし岩垂さんは、つくづく時代劇顔だ。
 私服のスーツ姿は、なかなかお洒落で、ちょっと俳優のようだと私は見てる。

 ウチダ警部補は、背広の造りのせいなのか、やたら肩幅の広い、横幅の広さを感じさせる体型だった。
 あとで某氏にそう感想を述べたら、「単なる中年肥りでしょ」と言われた。

 鉄道警察隊だっけ、それと、本部の捜査三課スリ係とで、スリの捜査は通算12年、盗犯の関係は上野署で5年、赤羽署で2年半など通算10年やってきたんだという。
 スリで逮捕したのは、約260名。
 うち1人だけで現認したのは、約9割。
 1人現認で否認されたのは、40~60名くらい。
 否認のすべてに証人出廷しているという。
 最初、「ほとんど」と言い、検察官から「すべて」と言わされてた。
 当初否認で、「人質司法」(否認を続けると長く身柄を拘束されるので否認しにくいという日本の刑事司法の伝統)の関係で自白に転じた被疑者も、だいぶいたってことじゃないんだろうか。

6_29chirashi_9  尋問は17時頃まで続いた。
 いやはや、面白い尋問だった。
 まったく眠くならず、身を乗り出し続けていられた。
 レポートすれば長くなる。

 終わりのほう、重要な部分があいまいだったり、矛盾が見られるようになったりして、それを岩垂裁判官は、証人が疲れてきたからではないか、と解釈したかに聞こえ、その解釈が正しいのか、証人の表情を正面から見られない傍聴人には、よくわからないのだが…。
 傍聴席からは、証人は慣れと思い込み(決めつけ)で日々の仕事を(したがって捜査報告書の作成や証言も)やっており、そこをしつこく突っ込まれて精神的に参った…のではないかと思えた。
 とにかく、被告人が手を入れた女性バッグの中の、財布等の指紋を調べておらず、駅の監視カメラの録画も調べてないのは、そりゃもちろん、いったん逮捕したからには、警察側に不利になりかねないものを調べないのは、富山の冤罪事件をみてもよくわかるように、職務上当然とはいえ、常識的には、いかにも怪しく思えたよ。

 ま、これもオービス事件に通じるところがあるね。
 原則として…。
 オービスは絶対無謬だから、写真に焼きつけられた記号(測定値)が正しいか、確認する必要はない。
 警察官の現認は絶対無謬だから、指紋も録画も確認する必要はない。
 オービスでは、無実の運転者が無罪を得るためには、無実を自ら立証しなければならない。
 スリ未遂でも、無罪を得るためには…。

 次回も尋問を続行することになった。
 検察官は当然、証人とよく打ち合わせて、ボロの見えにくい証言を準備するだろう。
 そこんとこ、岩垂さんはどう捌くのか、裁くのか、見物(みもの)だ。

 17時01分閉廷。
 今日は警察庁へ行く約束だったのに、時間がなくなってキャンセルの電話を入れ、急ぎ某法律事務所へ…。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月22日16時10分現在、おおっ、週間INが630で17位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

交機隊員の速度違反取締り 1回の当番で約7件

6月22日(金)14時~

 東京地裁・民事38部(松原則彦・松下貴彦・島田尚人裁判官)708号法廷で、「運転免許効力停止処分取消請求事件」の、これは何回目になるのかな、今日は証人尋問。

 本人訴訟。
 被告は東京都(代表者・石原慎太郎)。
 被告代理人は、この種の訴訟でよく見かける人たちだった。

 証人は、警視庁第六方面交通機動隊(CR)、第三中隊の警察官。
 どうやって白バイ乗務員になるのか、どんな訓練を受けるのか、興味深かった。

被告代理人 「1回の当番で、スピード違反の取締りは何件くらい行いますか?」
証人 「去年の平均は、だいたい7件くらいです」
 ※ 昼間帯は白バイに、夜間はパトカーに乗務するんだそうだ。

 へぇ~、そうなんだ~。私はもうニコニコ(笑)。
 2時25分から、原告(細い若めの男性)が反対尋問。
 証人が知っている事実、経験した事実について答えさせるのが証人尋問なのだが、素人は(弁護士も検察官も)つい意見を求め、議論になりかけることがある。
 この原告も、そういう面はあったが、しかし全体的に、よく準備、吟味された、頭の良い尋問と思えた。珍しいんじゃない?
 証人の警察官のほうも、「そうなのか?」と思える部分は若干あったにしても、全体にすっきり明解な証言と思えた。
 こういうのは気持ち良いね。

 ただ、「ええ~っ?」と思ったのは、警察官が、
「違反者が取調べを拒否した場合、強制的に取調べることはできません」
 と、すっきり明解に言い切ったこと。
 事実、違反キップ(6枚で1綴り)の交通事件原票への署名・押印も、測定値の記録紙を貼付けた速度違反認知カードとかいうアレへの契印(割印)・署名も、被告人はせず、現場で調書も取られず、その後の取調べも受けてないのだという。
 まぁね、個々の警察官のキャラクター、運転者のキャラクターによって、またその兼ね合いによって、こういうことはケースバイケースとはいえ、外山恒一さんが通常逮捕されたのと比べると「ええ~っ?」だよね。

 この尋問を踏まえて、次回双方主張等あれば出してもらって結審することに…。
 となるのかと思ったら、裁判長は言うのだった。
「じゃ終わりました。それでは裁判所はこの程度で判断したいと思います。判決の言渡しは…」
 7月27日(金)13時10分と決めて、この日は14時57分閉廷。
 私は急ぎ次の法廷へ…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動  

逃げたい一心で警察官を引きずり96m走行

6月22日(金)13時15分~

 某法律事務所へ寄るつもりで昼過ぎ出かけた…。
 のだが、万が一もしかして駐車監視員がらみだったら…。
 という思いから逃れられず、裁判所へ。

 13時15分から東京地裁・刑事1部(松田道別裁判官。「道別」って珍しいお名前)410号法廷で、道路交通法違反・公務執行妨害の新件。

 被告人は20代の男性。保釈中。
 ジーンズの左尻のポケットから、京都祇園なんとか神社の御守りがぶらさがっていた。
 座ると尻に敷くことになるはず、神社の御守りを、いいのか…。
 1階の神棚の上の天井に「雲」と書いた紙を貼るとか、そういうのはもう古いのかな。

 同僚らとともに居酒屋とクラブで飲酒した後、ラーメン屋を探すなどしながら普通貨物自動車(軽貨物も道路交通法上は普通貨物)を運転。指定方向外新婚禁止、もとえ指定方向外進行禁止を警察官から見咎められ、「逃げようという一心で」、窓枠等に警察官がしがみついた状態で約96m走り(検察官は「約100m」とも言っていた)、観念して停止し、検挙された、という事件だった。
 検査値は0.45mg。
 昨年11月に結婚したという妻が情状証人。
 立ったままの証言だった。
 えりが大きく開いた、だらっと細身の長袖Tシャツの背中に、小さく真っ赤な楓(かえで)か何かの模様があった。おしゃれ。

 交通違反歴7回、一般前歴8回だそうだ。
 過去に飲酒運転したことはないそうだが、ならばなぜその日だけ飲んだのか、なぜ車で出かけたのか、突っ込みがないまま、求刑は懲役1年6月。
 間違いなく執行猶予だろう。
 13時57分閉廷。
 私は急ぎ次の法廷へ。

Banner_02_2人気blogランキング← 6月23日5時40分現在、週間INが590で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月22日 (金)

平成18年(わ)第182号の「わ」は我々団の「わ」か

6_29chirashi_8  20日(水)正午前、公園のベンチで昼寝した際、あんまり天気が良いので、ここはひとつ腹にも少し日光浴させてやるかと、Tシャツをまくり上げた…ために日焼けした腹が、その夕方から、ひりひり熱を持ち始め、なんかたいへんなことになった。いわゆる火傷(やけど)だな。
 そのせいか、夜、やたらぐっすり眠れる(笑)。

 起きて当ブログのアクセス解析を見たら、21日(木)のアクセス数が、通常平日比300~400くらい多かった。
 「外山恒一のウェブサイト ファシズムへの誘惑」に、当ブログへのリンクが載ったせいだった。
 やっぱ、外山さんの事件は、注目されてるんだ。そりゃそだよね。

 そのサイトに、さっそく傍聴記。お~。
 けっこう詳細に書いてくれてる。ありがたい。

 「平成18年(わ)第182号」とある。
 「わ」は、「我々団」の「わ」であるっ!
 つーのはウソで、「わ」は、地裁の刑事の公判請求事件の記録符号
 鹿児島地検が鹿児島地裁に起訴(公判請求)し、つまり起訴状を提出し、書記官が受理して、起訴状原本の受理印に、事件番号を記入した、そこにある「わ」なのだ。

 「平成18年(む)第199号」も、「虫々団」の「む」ではない。
 虫々団って聞いたことないし。
 「む」は、地裁の刑事の雑事件の記録符号だそうだ。
 こっちが、勾留理由開示の事件番号ってわけだ。

 「警備3人」とあるのは、21日現在、外山さんが勾留されている場所が、警察留置場の場合、留置管理課の警察官、拘置所の場合は、法務省の刑務官だ。
 東京の裁判所で見ている限りでは、腰縄の色は、
  ・留置場 = しゃれた青
  ・拘置所 = 濃いグレー
 である。手錠の色は、あれ、忘れた…。警察は黒だっけ。
 起訴後の勾留が決まって拘置所へ移送、ということもある。

 裁判官は、起訴後も外山さんを勾留すると決めたようだ。
 以下は、刑事訴訟法(刑訴法)60条1項。

 裁判所は、被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、左の各号の一にあたるときは、これを勾留することができる。

 被告人が定まつた住居を有しないとき。
 被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
 被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
 前各号に当たらなくとも被告人を勾留したいと検察官が言うとき。  
 ごめん、「四」は私のウソです(笑)。60条1項は、3号までしかありません。
 でも、少なくとも外山さんからすれば、「四」だと思えたんじゃなかろうか。
 これはねぇ、万々が一にも罪証隠滅、逃亡のおそれがあるかもしれないかもしれないかも、と思える要素が空想的、妄想的にでもほんのちらっとでもあったら勾留する、という刑事裁判の大原則の1つに、ごく普通にしたがったのだと、一般的には言えるんだろうと思う。
 だいたい、こんな反国家的に見える被告人の求めに応じて、勾留の請求を退ける(検察官のメンツをつぶす)なんて、普通できないでしょ。 

 60条3項は、こう定めてる。

 三十万円(刑法 、暴力行為等処罰に関する法律(大正十五年法律第六十号)及び経済関係罰則の整備に関する法律(昭和十九年法律第四号)の罪以外の罪については、当分の間、二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる事件については、被告人が定まつた住居を有しない場合に限り、第一項の規定を適用する。

 外山さんの起訴事実のうち、スピード違反の罰則は「6月以下の懲役又は10万円以下の罰金」であり、罰金より刑罰として重い懲役刑の選択肢があるので、「30万円以下の罰金に当たる事件」とはいえず、だから、「被告人が定まつた住居を有しない場合に限り」とはいかないわけだ。

 「わ」のほうの判決は、「外山恒一さん交通違反で逮捕」でも触れたように、
「被告人を罰金1万5000円(※最悪2万円)に処する」
 となり、そして、
「未決勾留期間の1日を金5000円に換算し、その刑に満つるまで算入する」
 となるんじゃないかな。
 つまり、罰金を財布から出す必要はない、ってことに。
 いくら服役前科があるにしても、元が反則金の事件だから、ねぇ、と私は想像するんだけど。
 あ…鹿児島も5000円換算かどうかは知らないっす。

※ 裁判員制度になれば、こんな勾留は認められない、と思ったら大まちがいっすよ。
 そもそも裁判員裁判は、勾留理由開示も道路交通法違反も扱わないし。
 裁判員制度ってのは、自民党が突然言い出した「司法改革」なるもの(たぶんアメリカの要請)を、「国民のためにやるんですよ」と見せるための目玉、目くらましであって、ちょっと良さげに見える瞬間はあっても、全体としては「日本をぶっ壊す」ことなるはず。
 詳しくは、今発売中の『ドライバー』の「覆面パトは二度サイレンを鳴らす」をご参照ください。

※ 07年7月13日追記  上記傍聴記の事件番号が「平成18年」となってるのは、「平成19年」の誤記じゃない?

Banner_02_2人気blogランキング← 6月22日8時40分現在、おおっ、週間INが600で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 

2007年6月21日 (木)

公務執行妨害の罰金公判を傍聴したよ!

 少なからず興奮してます、私。

 10時30分から、東京簡裁・2室2係(石井清弘裁判官)728号法廷で、公務執行妨害・傷害の新件。

 06年5月28日、窃盗と同時に公務執行妨害にも、罰金刑の選択肢が設けられた。
 罰金は、普通は略式で処理する。
 公判廷へは普通は出てこない。
 出てくるのは、
  ・被疑者が略式に応じず、不起訴にもできなかった。
  ・略式に応じて罰金の支払命令を受けたあと、被疑者自身が正式裁判を請求した。
  ・住所不定、無職などで、逮捕されずっと身柄を拘束されてる。
 のうちどれか、のはず。
 道路交通法違反は、必ずどれかだ。1番目のが最も多い。
 公妨は、1年と約1カ月間、私が見落としてなければ、東京簡裁の公判廷へ出てきたことがない。
 (たぶん)初めて出てきたコレは、いったいどんな事件なんだ!?
 まさか、駐車監視員への公妨じゃないだろな!?

 とドキドキしつつ傍聴したわけ。

 被告人は身柄(拘置所)。
 深夜、職質の警察官の帽子をハネ上げ、右手に噛みついた、という事件だった。
 事件当時、飲食店勤務で、住居あり。
 自白。
 前科・前歴なし。
 はあ? それでなぜ1カ月半以上も留置・勾留して、公判請求なの?
 もしかしたら…というものないではなかったが、事案の外観だけからは、ちょっと異様なケースといえるだろう。

 気になるのは求刑だ。
 駐車監視員への公妨の罰金額は、警察庁発表の資料では、30万円、40万円、50万円のケースが紹介されてる。
 職務中の制服警察官を相手に、全治10日間の「右手じんこうしょう(人口傷? 人口症?)」の傷害まで負わせた本件は、いったい何十万円なのか。

 求刑は、罰金20万円だった。
 ほほぉう、というか、ふぅん、というか。
 そして直ちに判決。
 罰金20万円。満つるまで算入。なるほど。

 11時30分から、地裁民事のほうで「放置違反金納付命令取消」(原告は個人、被告は東京都)の第1回弁論の予定と、トさんから情報をいただき、法廷へ行ったら、期日取消になってた。
 どうしたんだろ、あとで調べとこう。

 裁判所の地下で、行革110番の後藤雄一さんにばったり。
 標識について、廊下で面白い話をうかがう。
 あんまり面白いので、喫茶室に入り、さらにうかがう。

 ま~、今日も暑かったねぇ! 陽差しは完全に真夏じゃん?

Banner_02_2人気blogランキング←6月21日17時40分現在、週間INが550で19位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月20日 (水)

外山恒一さん 勾留理由開示の裁判

6_29chirashi_7  人間生活53周年を祝って、午前中から記念有酸素散歩を約1時間。
 そのまま公園のベンチで昼寝。
 シャツをまくって寝たら、腹が真っ赤に焼けたよぅ(笑)。
 午後は市民検診とかで病院へ。
 つか、朝から仕事場の室温は30度に達し、暑くて仕事する気になれないのね。
 もう限界だ限界だと言いつつ毎年耐えてきたが、もうホントに限界だ。エアコンを買おうっ。

 一方通行の逆走と20キロ超過の容疑で、任意の取調べに応じなかったため、6月12日(火)に通常逮捕された外山恒一さんの、勾留理由開示の裁判が明日あるそうだ。

  6月21日(木)10時 鹿児島地裁 203号法廷

 逮捕から9日目って…。
 私はそのへんの手続きはぜんぜん詳しくないのだが、被疑者としての勾留を10日間延長、じゃなくて、すでに起訴(公判請求)されており、被告人としての勾留についての勾留理由開示の裁判なんだろうか。
 後者だとすれば、起訴後も勾留したいという、検察官の理由は、いったい何なのか。

「これから裁判(イベント)が始まるぞ、という状態で外へ出して、自由にしゃべらせ書かせると、盛り上がりが大きいはず。それより、イベントが終わり、それなりに熱が冷めた状態で外へ出すほうが、なんぼかマシだから」
 というのは深読みしすぎ。
 単純に、
「逆らうと、いつまでも身柄を拘束される。塀の外へ出られないぞ」
 との基本原則が適用されたという面が大きいんだろうけど、この裁判は、こう言っちゃ何だが面白そう。傍聴したい。
 でも、鹿児島じゃあねぇ。
 どなたか傍聴記、書いてください~。

※ 3月31日 諸君の中の多数派、少数派

※ 6月13日 外山恒一さん交通違反で逮捕
※ 6月14日 有名人を逮捕することの利点
※ 参考記事 反則金を払わず逮捕!?

※ 6月22日 平成18年(わ)第182号の「わ」は我々団の「わ」か
※ 6月23日 交機隊員の速度違反取締り 1回の当番で約7件 

Banner_02_2人気blogランキング← 6月20日17時40分現在、週間INが540で22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

厳罰化より事故を渋滞を減らすもの

 以下、山陽新聞の記事の一部。

カラフル路面表示で事故防止 岡山・大供交差点
青色矢印や赤い囲み

 カラフル表示で事故防ぎます―。岡山県内で人身事故が最も多い大供交差点(岡山市大供)に17日、青や赤色の路面表示がお目見えした。ドライバーへの視覚効果を狙っている。
 大供交差点での2006年の人身事故は26件で県内ワースト1位。道路が複雑に入り組む上、南北の車線がカーブしていることから「進行方向を見誤りやすい」との声がドライバーから上がっていた。
 路面表示のポイントは、車両を正しい車線に誘導するために、目立つ青色の矢印(長さ145センチ)を進行方向に沿い、南北約30メートルにわたってライン状に配置したこと。さらに、交通事故多発地点を示す赤色の区画線(幅1・5メートル)で交差点内を四角に囲み、注意を呼び掛ける看板を5カ所に設けた。

 記事中の写真からは、「赤色の区画線」がよけいなんじゃないか、という気もしないではないし、ペイント工事の費用や業者は…ということもあるが、とにかく、これでたぶん事故はだいぶ減るだろうと想像される。

P1010404b  ここ数年かな、もっとかな、ひたすら運転者自身の注意に頼るんじゃなく、心理的に知覚的に物理的に、運転者の注意を喚起する、運転者が注意せざるを得ないよう導く、ペイント等の工夫が見られるようになった。
 「法定外表示等の設置指針について」という通達(警察庁交通局交通規制課長)も発出されている。
 右の写真は、東京都内、吉祥寺に近い住宅街だ。
 一時停止の標識だけ立てて、たまーに待伏せ取締りをやるより、また厳罰化だけ叫ぶより、百万倍も事故防止に役立つだろう。
 日々の生活に疲れた人々には、そんな地道なことより、「責任を取らせろ! ぶっ殺せ!」と叫んでるほうがスカッとする、そういう面もあるのかもしれないけど…。

 以下は、やはり山陽新聞の記事の一部。

無料開放後、交通量急増の岡南大橋
矢印信号新設など奏功 渋滞緩和 ピーク時の8分の1

信号制御の調整などで朝夕の渋滞が大幅に緩和した岡南大橋周辺=岡山市海岸通
 昨年4月の無料開放後に交通量が増加し、朝夕を中心に常態化していた岡南大橋(岡山市海岸通―江並)付近の渋滞が、ピーク時の約八分の一に大幅に緩和された。信号制御の調整や矢印信号の新設などが奏功したとみられる。県警交通部は、水玉ブリッジライン(倉敷市水島川崎通―玉島勇崎)など県内の他の「渋滞の名所」でも順次、見直しを進める考えだ。

P1010407b  簡単に劇的に渋滞を減らす手があるわけだ。
 なのに、なぜ渋滞を「常態化」させていたのか…。
 ペイント等の工夫も、なぜもっと早く広くやらないのか…。
 右の写真は、やはり吉祥寺に近い、井の頭公園の裏手の抜け道だ。
 車の運転席からはどう見えるのかしら、という気もするが、少なくとも、路側帯の白線があるだけの黒っぽいアスファルトがずっと続くより、通過速度の低下、事故の減少は期待できるだろう。
 ここの管轄は、三鷹警察署かな。
 改良前、改良後の、事故発生件数とか聞きに行こうかな。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月20日13時40分現在、週間INが520で23位。今日は私の人間生活53周年記念日なので、ご祝儀にぽちっとクリックしてね~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月19日 (火)

15歳の娘を殺された父親の意見陳述

 6月18日(火)、東京地裁で2件傍聴した。

 10時から、ストーカー行為等の規制等に関する法律違反・脅迫・業務上過失傷害・道路交通法違反、という、あまり見かけない罪名の事件の、審理。
 情状証人の尋問と、被告人質問。

 11時から、5月24日に第1回を傍聴した業務上過失致死の、第2回公判。
 こちらは、明るく夢にあふれた15歳の娘さんを突然殺された父親の、被害者意見陳述。
 その内容は…。
 私の隣の傍聴席にいた女子高生が、泣きじゃくった。
 どうやら娘さんのお友だちらしかった。
 求刑は、禁錮1年2月。

 判決期日を決めて、11時36分閉廷。
 法廷の外で、ずっと謝罪してこなかったという被告人と、遺族との対峙があった…。

 それらを書いて「保存」(ブログ記事をアップする)ボタンを押したら、タイトル以外ぜんぶ消えた!
 再び書く余力も時間も…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月19日12時40分現在、22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 ◆ ←もうすぐ大集会。来てね!

2007年6月18日 (月)

Nシステムの流出ファイルに仰天、絶句!

 以下、日本経済新聞の記事の一部。

警視庁職員の私有パソコン、600台以上に内部情報
 警視庁北沢署地域課の巡査長(26)の自宅パソコンから警察情報を含むファイル約1万件がインターネット上に流出した問題に絡み、内規に反し警察の内部情報を入れていた同庁職員の私有パソコンが600台以上あったことが16日、同庁の調査で分かった。ファイル交換ソフト「ウィニー」の導入も7台あった。

 「警察情報やファイル交換ソフトを入れていないかどうか申告を求めた」んだそうで、とすると、正直な警察官がずいぶんいたんだなぁ、という気がする。
 隠しきれない事情、申告せざるを得ない事情があったんだろうか。
 警察官の私物パソコンの問題については、北海道新聞の米林千晴さんのブログ「メディアの節穴」の記事が良かった。

 それで、だ。
 今回流出したというファイルの一部と思われるものを、某方面の方々から、ちらっと見せていただいた。

 「検索申請書」を作成し、自所属の決済を受け、出力方法がフロッピーの場合は、警視庁指定のフロッピーを受領し、新橋庁舎へ行き、「刑事総務課犯罪捜査支援室」で決済をもらい、「情報管理課」で申請書とフロッピーを担当者に渡し…という方法で、Nデータをもらうんだそうだ。
 そのフロッピーの内容を、私物パソコンのハードディスクに黙ってコピーしようとする者は、当然いるよね。

 そして、エクセルの「N設置一覧表」と「N全国データ」、見ました。
 うわあ!!!!! 仰天、絶句。
 こんなものが、私なんぞの目に触れてしまうとは、おそるべしウィニー!!!
 まぁね、私だからこんなに仰天するんであって、Nシステムのファイルなど、興味のない人からすれば「ナニこれ、あ、そ」てなもんだろうけどさ。
 でも、こういう秘密の「文書約9000件と写真約1000件のデータが流れたとみられ」るって、なんか気が遠くなる…。
 巡査長氏(とその上司)は、自殺せざるを得ない組織内の雰囲気、というのがあるかもしれないが、死んじゃダメですよ。なぜ死んじゃダメか。どんな理由を挙げても、そんなの小賢しい理屈であって、理由なしにダメなものはダメなんです!

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月18日6時50分現在、22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

 ところで…。

覆面パト 違反車急ブレーキで激突
 岐阜県多治見市の国道248号で15日、速度オーバーの乗用車を追跡していた同県警交通機動隊の覆面パトカーが、追突事故を起こした。拡声器で停止を命じられた乗用車は急ブレーキをかけたが、運転していた巡査部長(47)は速度計に目を向けていたため避けられなかった。事故により速度違反の記録も“消失”。あまりにもお粗末な追跡劇となった。
         (中略)
 パトカーは車体前部のヘッドライトなどを破損。さらにバッテリーに異常が発生し、速度超過測定機器の記録が失われた。このため速度違反は不成立。男性は違反の事実を認めながらも、反則キップは切られなかった。
         (後略)

 とスポニチ。
 急ブレーキをかける者が今後続出…とまではいかなくても、増えそうだよね。

2007年6月17日 (日)

新たな駐車対策法制の施行状況について

 あれら報道のもとになった警察発表、6月14日付けの「新たな駐車対策法制の施行状況について」を、私は15日(金)に警察庁へ行ってもらってきたんだが、警察庁のサイトにもアップされたと、「知ら猿」で知った。

 その「知ら猿」が、「貼付標章取消し24万件」で指摘してるように、
   放置車両確認標章取付件数 278万6993件
   放置駐車違反取締件数(納付命令・告知・送致) 254万5868件
 だから24万1125件、つまり確認標章取付件数の約8.65%が、手続きもされずに、「知ら猿」の言葉をお借りすると「取消し」になってるわけだ。

※ 「放置車両確認標章」とは、新しい駐禁ステッカーのこと。
 「取締」のうち、「納付命令」とは、放置違反金の納付命令。反則金の納付は任意であり「命令」などできない。
 「告知」とは、反則告知のこと、つまり、違反者にいわゆる青キップを切ること。
 「送致」とは、事件の書類を検察庁に送ること。違反者が無免許だったので、法律上、反則告知はできず、非反則行為として送致したとか、違反者が青キップの受領を拒否したので送致したとか、そんなのが多いんだろうか。

 24万1125件は、よく確認せず、人が乗ってるのに確認標章を貼っちゃったとか、運転者が戻る前に早く貼って立ち去ろうとあわて、入力事項を間違えたとか、今井のボケ菌に感染したとか、ま、そういうことなんだろうか。
 「知ら猿」の作者は、「取消し件数の地域別割合や、取消し理由などの詳細を知りたいものです」と書いてる。
 お~、なるほど。それ、開示請求してみよっと。

 同じく6月14日付けの記者発表の文書に、
「新駐車対策法制施行後1年における駐車禁止除外標章・駐車許可証に係る不正使用事案の検挙状況」
「全国で発生した駐車監視員に対する公務執行妨害」
 というのもある。これも私はもらってきた。

 公妨については、07年5月31日現在、「全国で82件検挙」とされてる。
 人数は、少なくとも83人のはず。
 半分強が、罰金で処理されている。
 06年5月28日から公妨の罰金刑の選択肢を設けたのが、存分に生かされてるわけだ。
 「懲役(実刑)…2名」ともある。
 これは、執行猶予中の犯行だとか、前刑の服役を終えて間もないとか、そういうのなんだろうね。

 「公務執行妨害事案の主な事例」というのがあり、罰金額は30万円、40万円、50万円となってる。
 その話は、また今度。

070616_133401  ともあれ、この「82件」以外に、検挙に至ってない事案が、そしてまた、公妨の構成要件に該当しないまでも、罵詈雑言を浴びせるケースが、相当数あるんじゃないのかなぁ。
 だぁって、やっぱり、ニュー駐禁取締りは、あまりにえげつない(ことがある)から。
 ぜんぜんまったく誰の迷惑になるわけでもないバイクに、せっせと確認標章を貼ろうとするシーンを、土曜と日曜に連続、調布市内と新宿区内で見たよ。

 土曜のは、ミニパトの女性警察官によるもので、バイクの迷惑性はほぼゼロだが、ミニパトのほうは交差点の5m以内の、しかも左側端に沿わない駐車。
 ミニパトのほうがよっぽど迷惑駐車であるうえ、交差点の5m以内も、左側端に沿わない駐車も、法定違反(都道府県の公安委員会が標識で禁止する違反ではなく、道路交通法でダイレクトに禁止された違反)であり、ミニパトはばっちり44条2号違反、47条2項違反になるんだよ。
 そういうのって、なんつーか…。
 ま、「美しい国」だの「道徳」だの、とても言えんわねと、憂国の気分…。

※ この写真を撮ったあと、ミニパトから巡査長(女性)が降りてきて、からまれてしまった。もとえ、楽しいひとときを過ごさせてもらった。その話も、また今度ね。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月17日17時40分現在、18位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月16日 (土)

酒気帯び否認と罰則強化

6月15日(金)

 梅雨入りとか言われたが、カラッとした良い天気だったね~。
 雲も素晴らしかった。自転車を止めて携帯電話で空を撮影してる娘さんがいたよ。

 13時30分-2時20分、東京簡裁・刑事2室3係(長坂和仁裁判官)728号法廷で、道路交通法違反の新件。

 法廷の外の開廷表の、名前のプレートが、裁判官と検察官と逆になっていた。誰かイタズラしたんだろうか。

 8分ほど前に中に入ると、被告人(在宅)と検察官と弁護人が話してた。
被告人 「ですから、調書を取るに当たって私は説明受けてないんで…どういうふうに使われるか…ですから不同意に…」
検察官 「その前に点検が正常に行われたっていう…」
弁護人 「こちらが問題にしたいのは検査方法で…」
検察官 「19年の定期点検のは同意ですから…その前のも同意してもらって…」
 はは~、オービス事件なのかな。
 いや、どうも妙な感じ。ネズミ捕り?
 そのうち、こんな言葉が聞えてきた。
検察官 「本件の呼気検査の状況ですよ」
 印字式のアルコール検査器による、酒気帯びなんだ~。

 そして13時30分、審理スタート。
 被告人はラーメン店を経営、午前0時頃に閉店してから、ビールやサワーを飲みながら片付け、3時頃に、月極契約の駐車場まで歩いていき、帰宅のため普通乗用自動車を運転、交通検問で酒気帯び検査を受け、0.5ミリグラム…。

「まず、逮捕は不当逮捕で、それと、検査方法が不備だと思うので…。機械で0.5と数値が出たので、おかしいと。起訴状のほうは0.15ミリグラム以上という、あいまいな…。検査方法が不備だと思うので、全面的に争います」
 と被告人。
「警察官(検察官?)から私の逮捕理由を聞いてないもんですから」
 とも言っていた。

 うーん、どうもよくわからない。
 逮捕(現行犯逮捕)の理由は、道路交通法違反じゃないの?
 呼気1リットル中のアルコールが0.15ミリグラムだと、違反になる(罰則がある)という、そのことが起訴状に書かれるんであって、あいまいとかいうものではない。
 「0.15も出ないはずだ」、あるいは「0.25ならわかるが0.5はおかしい」ってことなんだろうか…。
 そのへん、はっきりさせるため、まずは被告人質問を、と検察官は提案したが、いや、検査がおかしいと言い、検査値を不同意にするんだから、まずは検査をやった警察官を証人尋問しよう、と裁判官。
 次回は、「取締りを行ったアベさん」を尋問することに。

070616  本件の争点は詳しくはわからないが、一般的には、検査方法や検査値が問題になることはよくある。
 0.15以上か未満かで、運転者にとっては天と地ほどの違いがあるのだ。
 しかし、酒気帯び検査は──毎度毎度言うけれども──方法について何も知らない運転者に対し、警察官が一方的に1回だけ行う。運転者が「おかしい。もう1回やってくれ」と言っても、いったん0.15ミリグラム以上が出たら、警察官は絶対に応じない。
 医師である運転者が、「血液検査なら再鑑定もできるので、血液で検査してくれ」と乞うたが、警察官は頑として応じず、検査拒否で逮捕してしまった、という事件も以前あった

 印字式の呼気検査装置については、まだよくわかっていないが、オービスと同様、何の裏付けもなく、メーカー社員と警察だけが「絶対大丈夫」と言い張る、そんな具合になってるんじゃないか。

 そうして、厳罰化ばかりが進む。
 今国会で成立し、近く施行される、道路交通法の改定は、こうだ。

 飲酒運転の、懲役・罰金の上限を引き上げ。
   酒酔い  3年・50万円 → 5年・100万円
   酒気帯び  1年・30万円 → 3年・50万円
 救護義務違反(ひき逃げ人身)の、懲役・罰金の上限を引き上げ。
          5年・50万円 → 10年・100万円

 飲酒運転をするおそれがある者に車や酒を提供する行為が、新たに処罰の対象に。
   車の提供  運転者が酒酔いの場合  5年・100万円
           運転者が酒気帯びの場合  3年・50万円
   酒の提供  運転者が酒酔いの場合  3年・50万円
           運転者が酒気帯びの場合  2年・30万円

 飲酒運転の車に「要求または依頼」して同乗する行為が、新たに処罰の対象。
   運転者が酒酔いの場合  3年・50万円
   運転者が酒気帯びの場合 2年・30万円

 車や酒の提供、同乗、それら自体に重い罰則を設け、発表する(マスコミに大きく報じてもらう)ことは、飲酒運転の抑止に、相当程度の効果があるだろう。
 なんたって、車で帰るとわかってる者に酒を飲ませたり、「大丈夫か? 気をつけて帰れよ」と見送ったり、「じゃ俺も乗せてってよ、すまんね」と同乗したり、そんな周囲が飲酒運転を支えてきた、という側面は大いにあるんだから。
 かつ、そんな周囲は、幇助や教唆という小難しいことでなく、ズバリ罰則を設けるのでないと、「ひい~。やべ~」となりにくいだろうから。
 しかし、その一方で、
「どう考えたって、もうすっかりアルコールは抜けてるはず。万が一、残ってても、0.05ミリグラム程度のはず」
 と思って車を提供した人、同乗した人、だーいぶ何時間も前にコップ1杯の乾杯ビールを提供した人などが、検査器の誤表示、操作ミス、デッチ上げなどにより、処罰されることも出てくるわけだ。

          ★

 本日の傍聴はこれで終わり。
 来週の地裁刑事の開廷表をチェック。来週もいろいろある。
 以下、傍聴したいけどたぶん傍聴できない公判。
 あくまで予定なんで、急に変わることもあるし、私のメモミスもあり得ます~。

6月18日(月)
 1000~1100 424 ストーカー・脅迫・業過・道交法違反 審理
 1000~1200 814 器物損壊 審理
 1100~1200 424 傷害・道交法違反・暴行・住居侵入・窃盗 審理
 1100~1200 407 ストーカー・脅迫 被告人は女性氏名 審理
 1315~        植草一秀さんの事件の審理 傍聴券
 1330~1430 431 職務強要 新件
 1330~1700     名誉毀損 審理 傍聴券
 1430~1530 521 占有離脱物横領 新件

6月19日(火)
 1100~1200 531 道交法違反・貨物自動車運送事業法違反 新件
 1330~1340 419 児童買春等 判決

6月20日(水)
 1330~1700 515 業務上過失致死傷 新件

6月22日(金)
 1430~1530 520 ストーカー・脅迫 新件

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月16日11時30分現在、17位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月15日 (金)

駐禁取締り1.3倍って、やっぱ少なすぎない?

 06年6月1日から「確認事務」(新しい駐禁取締り)ないしニュー駐禁ビジネスがスタートして1年、関連データがようやく発表されたね。
 以下は毎日新聞の記事の一部。

駐車監視員制度:導入1年 駐車違反、激減です 東京65%、大阪78%
 ◇反則金「逃げ得」も少なく
 全国警察が行った駐車違反の取り締まり件数が、昨年6月の民間駐車監視員導入からの1年で278万6993件(前年比約1・3倍増)に上ったことが、警察庁のまとめで分かった。駐車違反台数は今年5月時点で、東京、大阪、名古屋のいずれでも6~8割減少し、自動車盗、車上狙いも減少するなど、取り締まり効果が表れている。
 取り締まり件数278万6993件のうち、警察官が行ったのは約4割で、残りは民間駐車監視員が行った。制度実施前は取り締まりを受けても約23%は警察署に出頭しないなど「逃げ得」が問題になっていたが、この1年では85・7%が反則金、放置違反金の納付に応じていた。応じない人には車検拒否の処分や車の使用制限命令などが出された。 

 「反則金『逃げ得』も少なく」って、こういうのは、一般読者(無知な読者)に雰囲気をわかりやすく伝えよう、ってことなんだろうとは想像され、それは、まぁ、わからないじゃないんだけど、マニアはどうも引っかかる。
 多くは、出頭せず、したがって反則金の納付書を交付されることも、違反点数が登録されることも、違反歴となることもない、つまり、反則金や点数から「逃げ得」になってるわけで、「反則金『逃げ得』も少なく」は、逆を伝えてることになる…。
 「応じない人には…使用制限命令などが出された」も、違う。
 使用制限命令は、放置違反金の納付に応じないから出るってもんじゃない…。

 そんなことはともかく、こう感じた方もおいでなのでは?
「違法駐車が65%とか78%に激減? それで、2倍になると見込まれてた取締り件数が1.3倍にしか増えなかったのか。そんなんじゃあ、都道府県は大赤字。制度は破綻するじゃん!」

 いや~、その心配はないと、私は思うです。
 65%も78%も激減したのは、新制度の効果を測るための一部道路において、でしょ。
 日本全国のすべての道路から一斉に65%も78%も激減したわけじゃないでしょ。
 大丈夫。

 「1.3倍」というのは、私が持ってるデータからすると、「えっ、そうなの?」って感じもするのだが、ま、とりあえずこの1年間のトータルは「1.3倍」だとしとこう。
 で、「1.3倍」にしか増えなかったのは、1つには、新制度スタート当初、不慣れなどから件数を上げられなかったことがあるはず。
 それと、「2倍」という見込みは、駐禁以外の違反をじゃんじゃん取り締まれば「2倍」までは必要ないかもしれない(その理由について、うるさい説明を省きます。自力HPの記事などお読みください)。
 また、深読みすれば、初年度はどの業者も安めの金額で応札・契約したんで、取締り件数は見込みより少々減ってもいい、って事情もあるのかもしんない。

 でもまぁ、今回の集計以降に納付される放置違反金もあるとしても、集計時点で「1.3倍」っていうのは、やっぱ少なすぎるはず。
 今後、これまでとくにノルマがなかったグループも、しっかり尻を叩かれることになるんじゃないか。

 ともあれ、記者クラブに発表されたペーパーは、もっと詳細な可能性がある。
 半年目の発表のときもそうだったもん。
 詳細なやつを、早くみたい~。

 それよか、最近の報道で注目すべきはこっちだ。以下は毎日新聞の記事の一部。

警視庁情報流出:暴力団データ、Nシステム資料も流出
 警視庁北沢署地域課の男性巡査長(26)の個人パソコンから、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて捜査情報が流出した問題で、指定暴力団山口組に関する複数の内部資料やNシステム(自動車ナンバー自動読み取りシステム)の全国設置場所一覧表が含まれていたことが分かった。いずれの資料も使用にあたっては上司の許可を必要とするなど厳重に管理されている情報。個人パソコンに保存されていたことから、新たに内部の情報管理体制の問題も浮上した。
 毎日新聞が入手した「構成員」と題した資料には約400人分の山口組の構成員、準構成員と周辺者の氏名、住所などのデータが記載されていた。「山口組関連場所一覧」には、東京都内の山口組の関連先として、連絡事務所や関連企業の少なくとも2000件以上のデータが確認されている。
 Nシステムの一覧は全国1000カ所以上の設置場所が記載されていた。都内分の一覧表もあり、460カ所について設置場所が具体的に書かれていた。

 以前、愛媛県警から、やはり「Winny(ウィニー)」を通じて漏れた情報の、Nシステムのデータは凄かった。某氏を通じて見せてもらい、感動、じゃなくて震撼した。
 今回のは、どんなデータか。もう興味津々ですよ。
 しっかし、私ゃよく知らないんだけど、「Winny(ウィニー)」って、違法なソフトを、または合法なソフトを違法に、タダでゲットするためのものじゃないの? だから、それをつくった人は逮捕され、起訴されたんじゃなかたっけ? いや、違うから、警察官もパソコンに入れてるのか…。
 うーん、専門外のことに口出しするのはヤメとくです。とほほ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月15日10時00分現在、17位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月14日 (木)

年金問題は国民の自己責任

 諸兄、諸姉も既に耳にしておられるだろうか、全国民から罵詈雑言を浴び続けた社会保険庁の職員が、ついにブチ切れしたらすいね。

 くどくどくどくど文句を言う男性(65歳)に向かって、
「あんた、自民党に投票し続けてきたんでしょ。そしたら、こんな事態になるのは、わかりきったことじゃん! 若い人らは、あんたらのおかげで近い将来、戦争で殺し越されしなきゃなんないのよ? 年金もらえないくらい、ガマンしなさいよ! 自己責任だよ!」
 と窓口で、大声でブチ切れしたんだという。

 この問題発言に対し、待合室で2時間も待たされていた高齢男性が立ち上がり、社保庁職員に殴りかかるかと思いきや、
「そうだソーダ、自民党に投票してきたヤツの年金は、払わなくていい! 自己責任だ! そのぶんオレによこせ!」
 と、職員を応援したんだという。
 この騒動を受け、国会では、国民の自己責任論が沸き起こっているという。

 …ぜんぶウソですけど。
 つまんね? すんません、仕事に戻りますぅ。

有名人を逮捕することの利点

 外山恒一さんが交通違反で逮捕された件についてちょっと。
 「外山恒一のウェブサイト ファシズムへの誘惑」に、こうある。

※「今回の逮捕は『一水会』顧問・鈴木邦男氏の熊本3区出馬を阻止せんがために国家権力が仕組んだ謀略である」との見方が広まっているようなので、それについて。
1)外山恒一が、7月に行われる熊本3区の補選に鈴木邦男氏を擁立し、熊本の地で一騒ぎ起こそうと企んでいたのは紛れもない事実である。
2)この件と今回の逮捕との因果関係については、現在、調査中である。

 本当に「広まっている」のかどうか、知らないけど、私としては、そんな陰嚢、もとえ陰毛、ってすんません、オヤジはつまらんギャグを言いたがって、もとえ「陰謀」とかいうようなもんではないと、一般的にはいえるだろうと思う。

 反則金を納付せず刑事手続きへ移行したのち、取調べのための出頭を求められることがある。
 この出頭は任意だ。以下、刑事訴訟法198条1項。

 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、犯罪の捜査をするについて必要があるときは、被疑者の出頭を求め、これを取り調べることができる。但し、被疑者は、逮捕又は勾留されている場合を除いては、出頭を拒み、又は出頭後、何時でも退去することができる。

 出頭しないまま、いつの間にやら公訴時効の(普通は)3年が経過、ってことはある。
 が、任意の出頭に応じない者を、警察は逮捕することができる。
 以下は刑事訴訟法199条1項。

 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるときは、裁判官のあらかじめ発する逮捕状により、これを逮捕することができる。ただし、三十万円(刑法 、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪については、被疑者が定まつた住居を有しない場合又は正当な理由がなく前条の規定による出頭の求めに応じない場合に限る。

 これにより、軽微な違反で逮捕(通常逮捕)することは、ある。
 年に何度かまとめて逮捕し、記者発表することもある。
 任意の出頭に応じてない違反が2件あるなら、そのぶん逮捕の可能性は高まる。

 仮に、被疑者が外山さんゆえに逮捕した、ということがあったとしても、それは何より、
「それなりに影響力がある者(有名人)が、ブログで発表しながら警察に逆らったんでは、否認事件が増えるおそれがある。皆が唯々諾々(いいだくだく)とカネを払うからこそ成り立ってる、“ノルマ1件消化”という取締りに、ケチがつくおそれがある。
 逮捕して実名報道し、“警察に(取締りに)逆らうとヤバイぞ““バックレてればウヤムヤにってもんじゃないぞ”と、メディアを利用してタダで全県民、全国民に宣伝しよう」
 という事情によるもの、と私は思う。

 外山さんの場合、取調べには一切応じない、裁判には出頭し、述べたいことは公判廷で述べる、旨ブログで書いてる。
 それは、警察主導で処理されるのを拒否し、被疑者が望んだ土俵に、被疑者の望みどおり警察を上げようとすることを意味する。しかも、ブログで一般運転者に報告しつつ。
 そりゃ、やっぱ、ねぇ…。

 鹿児島にもそういう文書があるかどうか知らないが、全国報道されるような逮捕を行うと、点数が良い(実績になる)ことを示す文書もある。

 ところで昨日、府中刑務所へ、服役囚(刑は懲役10年)に面会しようと行ってきた。
 そしたら、彼の場合は現在、面会は月2回までであり、私の面会申請は3回目に当たるとかで、許可されなかった。あら~、そんな決まりがあるんだ~。
 で、『交通の教則』など運転免許のテキストと、先日古書店で偶然見つけた『パパラギ』(私は十数年前に読んだ。面白かった)を差入れしてきた。

パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 Book パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集

著者:ツイアビ,Tuiavii
販売元:立風書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 某警察署の留置場では、本のカバーは外すよう言われたが、府中刑務所ではカバーはOKだった。へぇ、そうなんだ。
 彼は来月、出所予定…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月14日9時15分現在、16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動 ◆ ← 賛同人になってね! 

2007年6月13日 (水)

外山恒一さん交通違反で逮捕

 都知事選挙をパフォーマンスの場と捉えたか、演説でアートな現代詩を詠い、爆笑させてくれた外山恒一さんが、交通違反で逮捕されたという。
 以下、毎日新聞の記事の一部。

外山容疑者:道交法違反容疑で逮捕 都知事選で落選も
 鹿児島県警鹿児島中央署は12日、熊本市の自称文筆業、外山恒一容疑者(36)を道交法(最高速度、通行禁止)違反容疑で逮捕した。外山容疑者は「黙秘します」と話しているという。
 調べでは、外山容疑者は06年1月17日、鹿児島市千日町の一方通行の市道をバイクで逆走したほか、同年7月10日には、同市吉野町の国道10号で法定速度を20キロ超える時速50キロでバイクを運転した疑い。
 外山容疑者は当時、鹿児島市に住んでいた。検問で取り締まりを受けたが「言い分があり、違反の事実を認めない」として反則金を納付せず、十数回に及ぶ出頭要請を無視していた。

 2件の違反容疑で、裁判所から令状を取っての通常逮捕、と記事からは読める。
 こういう逮捕については、「反則金、罰金を払わないから逮捕ってあり得ね~!」と、そして拙著『改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識』をご参照ください。

 記事に、「国道10号で法定速度を20キロ超える時速50キロでバイクを運転」とある。
 外山さんが運転したのは、いわゆる原付バイク、原チャリかと想像される。

「言い分があり、違反の事実を認めない」
 とあるが、大丈夫なのか。
 そういう警察発表は、いい加減な場合があるとしても、もしかして、
「交通違反は捕まるか捕まらないか、やったかやらないか、2つに1つ。ゆえに、言い分があるなら、違反の事実があっても、なかったと言い張るしかない」
 と思い込んでるんじゃないか。
 もしそうなら、FAQ「本当に無実なの?」を読んでね。

 今後、外山さんがぽっきり折れて、略式に応じて罰金の支払命令を受ければ、ソク釈放されるだろう。
 金額は、一時停止が指定場所一時不停止なら5000円、20キロ超過は1万円。合計1万5000円。最悪でも、千円単位切り上げで2万円だろう。

 言い分は刑事手続きのなかで言うとして、とりあえず違反の事実を認める署名・押印に応じれば、速やかに釈放される可能性がある。
 違反事実がなくても、釈放されたくて、事実を認める署名・押印をすると、普通は、「いったん認めた以上はもうダメ!」とされる(だからこそ、警察は無理やりにも自白を取ろうとする)のだが、仙台高裁・秋田支部のあの判決では、
「逮捕などで身柄の拘束が続くよりも罪を認めて身柄が解放されるほうがよいと考えるのは、一般人の合理的な考え方の1つであるといえる」
 とされてる。

 その署名・押印をせずに、「黙秘」だとか言って突っ張ってると、一審判決まで勾留される可能性がある。
 そのへん、外山さんの住居、職業なども関係してくるだろう。
 外山さんはどうか知らないが、住所不定・無職・資力なしだと、一審判決まで勾留され、
「主文。被告人を罰金×万円に処する。未決勾留期間のうち、金5000円を1日に換算してその罰金額に満つるまで算入する。訴訟費用は被告人に負担させない」
 となることがある。
 東京簡裁へ、道路交通法違反を狙って傍聴に通ってると、そういうのによく出くわす。

 ま、一時不停止や20キロ超過で、逮捕だの罰金だのになるのは、もうしばらくのこと。
 やがて、現在の放置違反金が、行政制裁金に改められ、他の違反にも広げられ、車両の持ち主が制裁金を徴収され(ない場合は差押えを食らい)、終わるようになるだろう。
 そこまで、あと何年でいくのか。
 いくときは、かなりの段階までバタバタッといくのかなぁ、と思う。
 ま、放置違反金と反則金と2本立てが不公平だってことで、何か事件・トピックが連続して起こるといいんだろうねぇ。
 起こらぬなら、起こしてみせよう、違反金、なんつって。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月13日11時20分現在、16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

※ 3月31日 諸君の中の多数派、少数派
※ 参考記事 反則金を払わず逮捕!?

※ 6月14日 有名人を逮捕することの利点
※ 6月20日 外山恒一さん 勾留理由開示の裁判
※ 6月22日 平成18年(わ)第182号の「わ」は我々団の「わ」か
※ 6月23日 交機隊員の速度違反取締り 1回の当番で約7件 

2007年6月12日 (火)

12日から自動車運転過失致死傷罪スタート

 本日(07年6月12日)午前0時から、改正刑法が施行された
 従来、過失により交通事故(人身事故)を起こした者を処罰するときは、刑法211条1項によっていた。

 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

 これを「業務上過失致死傷」罪という。略して、業過。
 致傷のほうは、東京地裁の開廷表では「業務上過失傷害」と書かれる。
 この「業務」、仕事での運転のことではない。
 車の運転は、高度な注意を要する業務であると、おおむねそういうことだ。
※ 何年か前まで、罰金の上限は50万円だった。もっと前は、懲役・禁錮の上限は3年だった。
※ 業過致死傷の「最高刑は懲役5年」といわれるのは、罰金刑より禁錮刑が、禁錮刑より懲役刑が、重いから。 

 その後、「過失とは到底いえない危険な運転により人を死傷させた場合も、最高刑が懲役5年では軽すぎる!」ということで、刑法208条の2、「危険運転致死傷」罪が設けられた。
 その懲役刑の上限は、刑法12条1項(以下)により、20年。

 懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、一月以上二十年以下とする。

 しかし、危険運転致死傷は、たとえば「アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態」などの、立証が困難な場合があり、態様は悪質で被害は甚大でも、立証できなければ(公判を維持できないと検察官が思えば)、最高5年、「軽すぎる!」ということで、211条2項

 自動車を運転して前項前段の罪を犯した者は、傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

 これを、今回、

 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

 と変えて、「自動車運転過失致死傷」罪と呼ぶことにしたわけだ。
 それが6月12日から施行されたわけ。

 道路交通法のほうの、飲酒運転や措置義務違反(ひき逃げ)の罰則も大幅に強化され、飲酒やひき逃げなど悪質なケースは、併合罪でそうとう重い刑罰になる、という形だ。

 ただ、危険運転致死傷との開きはまだだいぶあり、立証できるかできないか(多くの場合、素直に自白するかどうかに左右されたりして?)、公判を維持できると検察官が思うかどうかによって、服役期間に10年ほどの差がでかねない、そういう刑罰法規を抱えた社会ってどうなの? という気はする。

 あと、こういう厳罰化でもって、「よっしゃ、対策は講じられた」と社会が思うなら、とんでもないと思う。
 大事なのは、被害者・遺族に対する精神面・生活(金銭)面の手厚いカバーと、事故防止ではないのか。
 厳罰化で満足して(あるいはもっと厳罰化をと言い)、手厚いカバーを忘れ怠るのは、とんでもない。
 それに、厳罰化はあまり、またはほとんど事故抑止にはならないだろう。

 加害者をどう処罰しようと、失われた健康や生命は戻らない。
 失われる事態が起こってしまったら手厚くカバーする、二度と起こらないよう事故原因を究明して手を打つ、それが厳罰化よりずぅっと大事ではないのかと、私は思うのだが…。

6_29chirashi_6  今日は天気、良かったねぇ。
 自転車で市役所と税務署へ出かけたついでに、武蔵野簡裁へ行ってきた。
 武蔵野簡裁の刑事の開廷は月曜だけだそうだ。
 来週の予定は、窃盗とか住居侵入とかばっか。道路交通法違反はなかった。
 ま、それはいいとして、浅見牧夫裁判官が、もういなくなってた。
 移動にしては、早すぎない!? 退官したの?

 浅見さんは、東京簡裁にいたとき、オービスの精度試験(通過車両の速度をオービスとテープスイッチとで測定して比較する、最も重要なチェック)が、じつは写真に焼きつけられた測定値(肝心要のもの)との比較をしてないという、信じられないデタラメぶりについて、「そりゃマズイ」という趣旨のことを判決に書いた裁判官だ。
 刑事裁判の審理を続けていれば、いつか、仙台高裁・秋田支部の判決と同じ理由による無罪(または公訴棄却)を出すかもしれない。
 オービスの怪しさに気づき始めた裁判官は…。
 なーんてことを、強い陽差しをデコに浴びながら妄想したよぅ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月12日18時55分現在、おおっ、17位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年6月11日 (月)

大阪で「仁義なき駐禁戦争」勃発!?

 ほほ~! 以下、産経新聞の記事の一部。

アテが外れた大阪府…放置車激減で違反金も減
 駐車取り締まりの新制度に伴って昨年6月に新設されたものの、収入が伸び悩んでいた「放置違反金」の昨年度分が、大阪府の当初予想の3分の2の28億4150万円にとどまったことが9日、分かった。警察署に出頭して反則金を納めず、後に放置違反金を支払うケースが7割と見込んだ警察庁の予想は当たったが、肝心の放置駐車台数が予想以上に激減。当てが外れた格好の府は、補正予算で収入を減額せざるを得なくなった。

070611  大阪府警察の、確認事務(新しい駐禁取締り)の契約は、単価契約になってる。
 たとえば、曽根崎署天満署大淀署の管轄区域の契約は、
  基本委託単価  金33,915円/ユニット・日
  履行期間  2006年6月1日から2007年6月30日
  予定数量  8520ユニット・日
 という形で、近石康宏・大阪府警本部長と財団法人大阪府交通安全協会との間で結ばれてる。
 基本単価に予定数量を掛けると、2億8895万5800円。約3億円。

 こういう契約が、ほか7つある。
 上記安協との契約は、予定数量が最も多い。
 次に予定数量が多いのは、株式会社日経サービスとの契約(南署東署の管轄区域)で、基本単価と掛け算すると、2億6516万4314円
 予定数量がいちばん少ないのは、伸和サービス株式会社との契約(淀川署東淀川署西淀川署の管轄区域)で、掛け算の結果は、9965万1680円

 大阪は、確認事務のほかに、道路交通法51条の15、1項、

 公安委員会は、第五十一条の四に規定する放置違反金に関する事務(確認事務、納付命令、督促及び滞納処分を除く。)の全部又は一部を会社その他の法人に委託することができる。

 この契約もいくつか締結してる。
 たとえば、「放置違反金関係業務」というのが、大阪府契約局長と株式会社榮光社との間で、1億499万8832円で結ばれてる。
 これの契約期間は、06年4月14日から07年3月31日

 ほかにもいろいろ、ニュー駐禁取締りに関して、支出がある。
 そういうのをひっくるめて、昨年度の放置違反金収入(これは反則金や罰金と違って、ぜんぶダイレクトに都道府県に入る)が28億4150円では、赤字になる、ということなのか。あるいは、赤字ではないけれども、黒字の分を府警予算の増額に充てるとか目論見があったのに外れた、ということなのか。

 とすれば、赤字を取り戻すよう、あるいは目論見にあわせるよう、大阪ではこれから、始まるんだろうね、「仁義なき駐禁戦争」が。

 ちなみに、産経の記事に、
「昨年6月~今年3月だけで標章取り付けは約67万件に増えると予想」
 とある。
 「放置違反金関係様式の作成、配送及び封入封かん業務」の契約書を見ると、標章(確認標章。新しい駐禁ステッカー)を取り付けたあと、違反者が正直に出頭しない場合の、放置違反金の仮納付書と弁明通知書を、54万6000件、郵送する予定(とりあえずの予定)だったことがわかる。
 違反者の出頭は3割程度と見込まれていたわけだから、
   約67万件 × 7割 = 約46.9万件
   約67万件 × 8割 = 約53.6万件
 なるほど~。
 どれくらい取り締まって、どれくらいが出頭するか、しっかり「予想」してたんだねぇ。
 それは、ある意味、頼もしいよね。

※ 「違反者が出頭しない場合」のほかに、たとえば違反者が出頭したあとで反則金を納付せずに争い、検察官により「こぉれは処罰するまでもなかろう」と不起訴にされた場合や、出頭したら警察官が「そんなのでステッカーを貼るとは、ひどいね。キップは切らないよ」と許してくれた場合も──信じられないかもしんないけど──法律上は、車の持ち主が、放置違反金の納付命令を受けることになる。←そこが、新制度の一番スゴイとこだと私は思う。

※ あと、多くが放置違反金へ流れれば、そのぶん駐禁の反則金納付額が減る。他の反則行為の違反に対する取り締まりで、その穴埋めができなければ、やはりマズイだろ、という問題もある。だから、上記支出のぶんだけ放置違反金を稼げばいいってもんじゃないのだ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月11日11時40分現在、20位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動  
 

2007年6月10日 (日)

違反キップの「回収」には気をつけよう

制限速度誤り切符交付 ミス隠すため切符回収 名古屋
2007年06月09日23時26分
 速度違反の取り締まりをしていた愛知県警千種署交通課の男性警部補(58)が、誤った制限速度で反則切符を交付、そのミスをごまかすためにウソの理由を伝えて違反者から切符を回収していたことが分かった。同署は、警部補を厳しく指導するとしている。
 同署によると、警部補は5月31日午後3時半ごろ名古屋市千種区吹上2丁目の市道で、制限速度60キロのところを50キロと勘違いし、時速72キロで走っていた同市昭和区の女性(39)を「22キロ超過」で検挙。反則金1万5000円の違反切符を渡した。その後、勘違いに気付いた警部補は翌6月1日朝、女性宅を訪れ「切符に車のナンバーの下2ケタを写し間違えた」と説明、切符を回収したという。
 違反内容を取り消すには、是正することを県警本部長名で本人に通知する必要がある。警部補は「間違えたと言いにくかった。女性に不利益がないのでいいと思った」と話しているという。

 と朝日新聞。
 以下、道路交通法127条2項の後段。主語は「警察本部長」。
 「この場合」とは、反則通告の手続きを行う場合。

 この場合において、その者が当該告知に係る種別以外の種別に属する反則行為をした反則者であると認めるときは、その者に対し、理由を明示して当該反則行為が属する種別に係る反則金の納付を書面で通告するものとする。

 だから、千種署の警部補氏は、12キロ超過に是正することもできたわけだが、制限60キロの道路で12キロ超過を取り締まるのは、あまりに掟破りだったのか、その種の是正はあまりに格好悪くてできなかったのか…。

※06年6月11日追記  中日新聞の記事「ミスの反則切符、うそをつき回収 名古屋・千種署」によれば、「現場の市道の場合、速度違反は15キロ以下の超過だと、違反切符を切らず、警告や指導で済ませる内部基準がある」という。

 キップを回収して、どうするつもりだったのか。
 それは、やっぱ、誤記として処理するつもりだったんだろうか。
 だったら、こんなことがなぜバレたのか、不思議だ。
 その女性または夫等が、警察へ何か文句を言い、バレたのか。
 それとも、同僚の警察官が報告したのか。もしそうなら、警部補氏のキャラは、報告者のキャラは、どんなだったんだろう…。 

 あと、ものすごーく深読みすると、反則者が、39歳の女性ではなく汚いオッサンだったら、警部補氏は適法な是正をしていたかもしれない。本件がどうだったか、まったくわかんないけど、相手が魅力的な(男好きのする)女性だと…ということがたまにあるのだ。
 それとは別に、気になるのは、「交通課」とあるところからして、いわゆるネズミ捕りだったことが最も想像され、もしそうだとすれば、他に検挙した運転者たちはどうなったのか、ミスはその女性についてだけだったのか…。
 マニアックに悩みだすとキリがない(笑)。

 ところで、取締りの警察官があとから、運転者に対し、キップ(反則行為の場合は「交通反則告知書」、いわゆる青キップ)を返してくれと言い出す…。そういうことが、たまーにある。
 たいがい、運転者の否認の意思が明らかで、取締りのほうに明らかに問題がある場合だ、と言っていいだろうと思う。
 運転者のほうは、
「はは~、こりゃ“もみ消す”んだな」
 とか期待して、言われるがままにキップを渡しやすい。
 だが、期待どおりになるとは限らない。
 事実と異なる是正をされてしまうこともあるし、受領拒否の扱いにされてしまうこともある。
 渡すときは、キップを(記載が読めるように)撮影し、コピーも(できればカラーで)取っておくことをお勧めする。
 最近話題の年金の話じゃないが、警察や検察がよこした書面は、呼出しの通知も含めて、保存しとくほうがいいよ。提出しなきゃならないときは、コピーを取っとくほうがいいよ。電話は録音しとくほうがいいよ。
 あとで、「げーっ、まさか!?」ってことに、ならないとも限らないから。

 解説、コメントしときたい新聞報道は、ほかにもあるのだが、なるべく1記事1件にしとこうと。そのほうが読みやすいよね?

 そうだソーダ、という方、クリックお願いしまーす♪ →人気blogランキング Banner_02_2

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

 「裁判員制度の問題点を議論 札幌で市民集会」と北海道新聞。
 短い記事とはいえ、裁判員制度について、真っ向批判の(動きを紹介する)ニュースは、珍しいんでない?

2007年6月 9日 (土)

認定罪名 監禁幇助・殺人幇助・死体損壊幇助・死体遺棄幇助

6月8日(金)

6_29chirashi_5  東京地裁・民事3部(定塚誠・古田孝夫・工藤哲朗裁判官)606号法廷で、運転免許効力停止処分取消と、放置違反金納付命令取消(この事件名は珍しい)を傍聴してから…。

 少し遅れて、11時30分からの、東京高裁・刑事11部(池田耕平・飯渕進・金子大作裁判官)715号法廷、「監禁・殺人・死体損壊・死体遺棄(認定罪名 監禁幇助・殺人幇助・死体損壊幇助・死体遺棄幇助)」の審理へ。
 開廷表に「認定罪名」って、初めて見たんじゃないかな。

 これ、被告人の氏名が非常に珍しくて、一審(東京地裁)のとき、ちらっと傍聴したやつだ。
 被告人が、弁護人と並んで弁護人席に座ったとして、けっこう報道された。
 そんなの、東京簡裁の道路交通法違反では、ときどきあることなんだが。
 以下は、「焼糞日記」の05年5月26日より。

◆地裁420号法廷(合田悦三裁判長。合議)で「監禁等」が10時から17時まであり、被告人の氏名が目を引くものだったので、ちょっと覗いてみる。証言台のところで若い女性が弁護人の問いに答えていた。証人か? いや、そしたら被告人がいない。あの女性が被告人なのだ。仲間(直前に人を殺したらしい)とキャンプ場へバーベキューに行ったら仲間が「なかなかしぶとかったねー」「前に人殺したときも焼き肉食ったんだよねー」と言ってたとか、何やら凄惨な話。

 そのときはよくわからなかったが、今回わかった、被告人(在宅)は、すらっとスタイルの良い、若い可愛い女性(たぶん20代の前のほう)で、黒のパンツスーツの下に、ピンクと白の模様の何かを着て、大きく開いた胸に、目立つ金色のネックレスだかペンダントだか、そういうのが輝いてた。

 この日は、殺されてバラバラにされた被害者の、母親を証人尋問。
 母親は一審の公判(判決は06年3月7日)を、黒田健治検察官によれば「熱心に傍聴」、したのだという。
 以下、私の雑な傍聴メモから。
 ちなみに証人は終始、悔しさに身悶えして、泣きながら絞るように答える、という感じ。

検察 「被告人から謝罪は?」
証人 「一度もありません」
検察 「手紙も?」
証人 「はい」
検察 「一審判決後も同じですか?」
証人 「はい」
検察 「被告人は一審の法廷では謝罪の言葉を言ったのを、どう感じましたか?」
証人 「本当に反省しているとは、思えません。見せかけだけの反省…自分の情状を良くしようとしているとしか…」
検察 「一審の被告人はどのような態度に見えましたか?」
証人 「私がそばに来ても…傍聴に来てる友達と楽しそうに話したり、廊下を走っているのも見ました。弁護士の助手にでもなったように座り、大きな態度をとって…。とても私は悔しい思いでいました」
検察 「悔しい思いとは、具体的にいうと?」
証人 「今は…今に見ていろ…刑務所へ行けば…大きな態度をとったり、友達と楽しそうにおしゃべりすることは、できなくなるんだ! …と」
検察 「それで、一審の判決が(※求刑懲役10年のところ)懲役3年、執行猶予5年と聞いて?」
証人 「3年と聞いて、実刑だと思ったんですよね。そしたら執行猶予がついてるので…本当に信じられなかったです、悔しかったです!」
検察 「控訴(※検察控訴か?)したと聞いたときは?」
証人 「今度こそ! ■■の無念と私の悔しさを、わかっていただきたい! …思いました。当たり前でしょう!? 今度こそ実刑に!」
検察 「最後に、裁判所に言っておきたいことがあれば」
証人 「あれだけのことをした被告人が、執行猶予に、自由に生活していることは、絶対に許せません! どうか、長い実刑判決という…当たり前の判決を言い渡してもらいたいと…」

 その間、被告人は、少し顔を伏せたが、そのほかは普通、のように見えた。もちろん、内心はわからないわけだが。

オカ弁護人 「一審判決の中味について、検察から説明を受けたことはありますか? 正犯ではなく幇助だと」
証人 「はい」
オカ弁護人 「それがどのような理由か、説明を受けたことはありますか?」
証人 「ありません」
シタラ弁護人(ピンクの上着の、快活な感じの女性) 「一審をほとんど傍聴して、意見陳述もなさったんですね?」
証人 「はい」
シタラ弁護人 「ご自身の思いを、一審で陳述にして話されたんですね?」
証人 「はい」

 8月8日(水)10時から判決と決め、11時46分閉廷。
 被告人は、傍聴席から立ち上がる証人のほうを、ちらっと見たが、すぐにあっち向きになって弁護人のほうを見て、もう傍聴席へは顔を向けなかった…。

 被害者・遺族の裁判参加が、どんどん進められてる。
 被害者・遺族の涙ながらの言葉を目の前で聞いて、己の罪の重さを思い知る被告人もいるんだろう。だが、その一方で、
「この野郎! 勝手なことを抜かしやがって。おかげで量刑が重くなった。仕返ししてやる!」
 となる被告人、または被告人の仲間もいるのでは?
 いずれそういう2時間ドラマが放映されるんじゃなかろうか。
 タイトルは、『 復 讐 の 連 鎖 』…。
 「実話をもとにした作品」にならないことを祈るばかりだ。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月9日17時20分現在、20位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

覚せい剤取締法違反とどう違うの?

6月8日(金) 地裁刑事2部

 通りかかりの法廷の外の開廷表に、やたら長い罪名を見つけた。

 10時から東京地裁・刑事2部(神坂尚裁判官)528号法廷で、
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」違反。
 の新件。
 何かと思って傍聴したら…。

 高校生の頃、父のしつけが厳しくて家出し、その際に知りあった仲間と覚せい剤をやり、その後ヤメたが、3年ほど前からまた手を出すようになり(被告人は現在30代)、今年3月に渋谷で、高校生の頃知りあった者(売人? 中東系かと思える外国人氏名の者)から、「覚せい剤様のもの」を0.6グラム3万円で譲り受け、今年4月に、自宅マンション(けっこう有名なマンション)において、覚せい剤0.032グラムを所持し、同所において若干量を吸引した…という事件。
 自白。前科・前歴なし。

 「覚せい剤取締法」の違反と、どう違うんだろ…。
 印象的だったのは、覚せい剤犯は痩せてるとかよく言われるのに、この被告人(在宅)は、どっちかというとおデブのほうだったこと。ふぅん。
 職業がコンサルタントというのが、神坂さんは怪しいと思ったのか、当時の仕事のこと、今後の仕事のこと、念入りに尋ねてた。
 求刑は懲役1年10月。押収してある覚せい剤没収。
 弁護人は弁論で、
「次に使用すれば実刑になると覚悟している…」
 と言っていた。
 前科・前歴なしだから今回は執行猶予、という前提の弁論だ。
 ま、そりゃそうだろうけど…。
 次回判決。10時28分閉廷。

Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

警察官証人の不当利得返還請求事件が結審

6月8日(金) 地裁民事43部

「警察官が、自分が扱った事件の裁判に証人出廷するに当たり、勤務中であるにもかかわらず、裁判所(国)に日当を請求して受領したのは、不当利得である。同じく、旅費(交通費)を請求して受領したのも不当利得である。自宅→警察施設へ出勤→裁判所→警察施設→自宅、というなかで、自宅と裁判所との往復交通費を請求・受領するのは、ほとんど詐欺に近い。不当利得を返還せよ」

 という事件「不当利得返還等」の5回目の口頭弁論が、東京地裁・民事43部 (前回は内田義厚裁判官の単独だったが、今回から松井英隆・内田義厚・大倉靖之裁判官の合議体) で10時からあるので、眠いのを押して裁判所へ。

 ところが、13時15分からだった。
 またメモミスだ。
 しかも、今度は手帳に13時30分とメモしてしまった。
 午後、「待てよ?」と思って確認のため13時10分頃に法廷へ行ったので傍聴できたが、最近ミスが多い。
※ 前回(4月23日)の傍聴メモを見ると、6月8日10時か13時15分と裁判官が提案し、13時15分と決まった。私は10時のほうを手帳に書いたのだ。

 先日傍聴した刑事事件の被告人(在宅)は、弁護人が何分前に法廷へ来たかを弁護人に、軽い犯罪でも執行猶予は取り消されるのかを裁判官に、相手が嫌がるほど念入りに尋ね、かつ、判決が終わって退廷する際、荷物を置いたベンチの付近を、また自分が座っていた被告人席の付近を、そして証言台の付近を、たぶん、忘れ物はないか、なのだろう、頭部を上下に動かして、異様なほど念入りに確認していたが、私も少しは見習わねば…?

 13時15分からの弁論は、双方これで主張・立証はないか、裁判官が確認し、
「それではこれで終結して、判決については…」
 と、2~3分で終わった。
 判決言渡しは、8月3日13時10分。←間違いないと思うよ。

 裁判官は判決書きに何を書くのか。
 今後の全国の警察官の証人出廷に与える影響は大きいだろう。
 ちなみに警視庁は、その旅費・日当のことで私がごちゃごちゃ動き始めた頃から、少なくとも日当は請求・受領しなくなったようだ。

 13時30分から、地裁刑事で道路交通法違反の新件があったが、礼田計さんが傍聴に行くというので私はパスし、原告と代理人弁護士(山下幸夫さん)といっしょに、地下の「ダーリントンホール高裁店」へ。
 ここ、4月にオープンしたんだっけ。私は初めて。
 以前の喫茶店と比べ、ずーいぶん変わったねぇ!
 珈琲・紅茶(いずれも250円)12杯のチケットが1500円(1杯125円)だというので、買った!

 地下の蕎麦屋(3月まで八千代食堂だったところ)で、夕方以降、酒を出すようになった、との情報がトさんから。ほ~!
 八千代食堂は飲み放題1000円(女性は800円)で重宝したが、今度はどうなんだろ。肴(さかな)は何を出すんだろ。当面、板わさと天ぷらだけとか? んなこたないよね?

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月9日7時30分現在、おおっ、20位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月 8日 (金)

心理戦防衛課程

 どうなんだろう、私は当然にそう思い、日本国民のほとんども当然にそう思ってるんだろうと想像するんだけども、なーんか自信がないなー、どうなんだろ、ってことない?
 以下は毎日新聞、の記事の一部。

自衛隊監視活動:イラク派遣反対の団体など 共産党が発表
 共産党は6日、防衛相の直轄部隊「情報保全隊」が、自衛隊のイラク派遣に反対する全国の市民団体や野党議員の動向、デモ参加者の写真、記者の取材内容などを組織的に収集していたことを示す内部文書を入手した、と発表した。
 文書は03年11月から04年2月にかけて、陸自東北方面情報保全隊と保全隊本部が作成したとされる2種類で計166ページ。イラク派遣に対する市民団体の活動が週ごとに記録されている。また04年1月の記録で、民主党の増子輝彦衆院議員(現参院議員)が、隊OBらが組織する「隊友会」の祝辞でイラク派遣に反対したことに触れ、「派遣を誹謗(ひぼう」などとしている。
 報道機関については「青森駐屯地から退庁する隊員に取材を実施」などの記載がある。毎日新聞の記事については、04年2月21日の朝刊でイラクに赴く自衛隊員の安全を祈って全国に「黄色いハンカチ運動」が広がり、この動きに映画監督の山田洋次氏が異議を唱えていると報道したことに言及。「批判的な考えを表明している映画監督の回答を掲載」などと記録。登場する団体・個人数は290に上る。

 「陸自情報保全隊の“監視”活動、共産党が中止求め会見」と読売新聞。
 「イラク派遣で陸自、反対市民の情報収集 発言など詳細に」と朝日新聞。

 戦争ってさ、悪辣非道な敵軍を、わが国の勇敢な兵隊さんが、最新鋭の兵器でもって、平和のためにやっつける、兵隊さん、格好いいぞ、ありがとう、銃後の僕らはテレビを見て応援するよ、戦争関連で株価が上がる企業を目ざとく見つけ、ネットで株取引して稼ぐよ、てのは戦争のごく一部であって、多くの部分は、開戦の前から日々、スムーズに開戦できるよう、そして反戦・嫌戦の気分・世論を監視し、封じていく、匿名掲示板等を利用して、反戦・嫌戦の芽をつぶす、社会全体の好戦的な気分をあおってもいく、勝手に好戦的になっていくよう社会構造を変えてもいく(たとえば貧民層を増やすとか)、そうした日々の地道な活動も含めて、戦争っていうわけでしょ。
 戦争における一番の敵は、自国民なり。
 歴史に名を残す将軍たちは、みんな言ってるでしょ。言ってない?

 だから、今回発覚したことって、ごくごく当たり前、当然のこと、と私は思うんだが、他の方々もそう思ってるんだろうかと、まぁ、0.5秒くらい悩むわけ。

 関連して、以下は、93年4月号の『モーターサイクリスト』に書いたコラムの一部。

  陸上自衛隊に「調査学校」というのがあり、その授業のひとつ「心理戦防衛課程」で、全国紙の投書欄の傾向を分析し、他人の名前を使って自衛隊に有利になるような投書をし、3週間に何通掲載されるか競っていたというのである。そして、たとえば北陸の駅で自衛隊員が黙々と除雪をしていたという美談とか、自衛隊の増強は軍国主義復活には結びつかないとの主張など6通が実際に掲載されたそうだ。

         (中略)

 これを知ったボクは、元愛知県警巡査の『警察学校が怖い』(風媒社)という本を思い出してドキッとした。あの本には、日本人の習性を利用すれば白紙を黒紙と思いこませることは簡単で、警察学校でそのための秘密テクニックが講義されていたとあった。
 テクニックとは要するにこうだ。官公庁が何かの“事業”を推し進めようとするとき、悪い点はやむを得ない場合を除き絶対に言わず、良い点はどんな小さな点でもアドバイスして知らせる。目的に協力してくれそうな人には便宜を与え、表彰し、自分は良いことをしているのだと信じ込ませ、喜んで協力してくれるようにする。逆に障害となる人がいる場合は、その人の欠点を誇大に宣伝し、良いことは言わず悪いことのみを指摘する。彼がたとえば役員をやれる状況にあればわざと役員にし、ほんのちょっとでも落ち度があれば大きく取り上げ、噂を大きくしてみんなに知らせる、そうやって障害になる人の信用を落としていく…。

 え? 私? 私は誰の「障害」にもならんでしょ。
 人畜無害、無味無臭っす。もう昨夜は22時前に寝たし。
 「役員をやれる状況」になど到底ないし。ねぇ。

 そうしてそのコラムに私は、「だいぶ昔、こんなマンガ原作を考えたことがある」として、こう書いてる。

 永田町の地下深くの「日本国立霞が関大学」に「行政学部国民操作学科」なるものがあり、某党議員の子息たちが国民世論の操作・善導を学んでいる。そこのエリート学生が、自分が立てた民心操作理論を実験しようと、ある町へ出かけ…。

 ところで、なんか、北朝鮮がミサイルを飛ばしたとか?
 ダメじゃーん。そういうのは参院選の投票日の前にやってもらわないと。
 投票日の前用の、もっと効果的なイベントを用意してる?
 ってこれは、疑いもなく、国民みんなが思ったよね。

 おー、すっげぇ政治的なことを書いちゃったよ! 似合わねー(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月8日5時55分現在、21位。ひゃ~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月 7日 (木)

オービス裁判で確かなこと、それは…

 ほとんど徹夜で原稿を1本仕上げ、また裁判所へ。

 13時30分からの東京簡裁・刑事2室1係534号法廷、の道路交通法違反の新件は、流れた。おそらく、略式命令のあと被告人が正式裁判を請求したけれども取り下げた、というものなのだろう。

 なので、同時刻からの、原告:黒木昭雄さん、被告:北芝健こと■■■■さんの損害賠償事件の弁論を傍聴に、東京地裁・民事44部(元行政部の鶴岡稔彦裁判長)527号法廷へ。
 ところが、前の2つの事件が終わり、閉廷。あれ?
 と思ったら、2つの事件の最初のが、黒木さんのだった。
 しまった、ぼーっとしてた。
 えぇと、双方の主張はもう終わり、あとは立証をどうするかだ、とかやり取りしてたっけ、忘れた。アホや。

 14時20分、534号法廷をちらっと除いてみたら、被告人(2人)と刑務官(4人)と裁判官(1人)だけが、感染症用の通称・カラスマスクを着け、書記官、弁護人、検察官、傍聴人(若い女の子が数名と、なぜか阿曽山大噴火さん)はマスクなしという異様なシーンが展開してた。
 裁判官はマスクがうざくなったようで、途中で外した。
 起訴事実は、電車の駅での仮睡盗。自白。

 認否まで聴いて、私は東京簡裁・刑事2室2係(石井清弘裁判官)728号法廷へ。
 14時30分から、道路交通法違反の新件なのだ。
 ところが、被告人も弁護人もおらず、もう終わったという。
 あれ? いま14時25分頃。なんで?
 と思ったら14時30分ではなく14時20分開廷で、しかも、期日取消になったのだという。なんじゃい~。

 15時10分から、同じ法廷で、4月19日に第3回公判を傍聴したオービスⅢLk事件(あり得ないデータが漏れた事件)の、第4回公判。
 今日は、当時の被告人車の同乗者を証人尋問する、ような話だったのだが、検察官から補充の被告人質問があり、続いて論告・弁論。
 弁護士の最終弁論は、なかなか良かった。
 ループコイルの感知に問題があったんじゃないかという指摘を除けば、素晴らしかったと思う。
 ただ、被告人質問がねぇ。
 本当に無実だけども、問われたことにだけブツ切りで答えるもんだから、そうなってしまうのか、言ってることがころころ変わるように聞こえるのだ。無実だというのは、ウソまたは勘違い、と聞こえてしまうのだ。
 ま、真実はわからない。誰にもわからない。
 確かなのは、メーカーの原理説明資料にも、メーカー社員の証言にも、メーカー社員が行った定期点検の成績書にも、弁護人が言うとおり、
「刑事裁判における証拠価値を見出すことは到底できない」
 ということだけだ。
 酔っ払いオヤジは焼酎を5杯飲んだと言い、飲み屋は7杯飲んだと言い、真実はわからないけれども、確かなのは、飲み屋が「絶対プラス誤差はない」と言い張るカウント方法は、じつは到底信用できない、みたいな、つまりそゆこと。

 そのほか今日は、来週の開廷表に、業過致傷の新件が13時30分から13時35分まで、というのを見つけた。
 新件が5分のはずがない。判決の間違いだよね。

 地下の書店で、法曹會の『刑事第一審公判手続の概要 ─参考記録に基づいて─ 平成19年度版』を買った。2000円。新しい刑事裁判手続きのこと、しっかり勉強しようと思って。

 元裁判官の弁護士さんにばったり会い、検察官の求刑が重くなった、というふうなお話を聞いた。やたら厳罰化へ進むこの社会は、ヤバイよ、やっぱ戦争、始まるんだろうね、というあたり、意見が一致。
 これだけ厳罰化、厳罰化なのに、スピード違反の罰金は上限10万円、超過70キロ台というおっそろしいスピードでも10万円(これは首都高の量刑相場)って、おかしいっすよね。
 とかそんな話をしてると楽しくてしょーがない。

 警察庁へ寄ってから、総務省の図書館で、放火を出火原因とする火災の件数を調べ、今日の霞が関はオシマイ。疲れた~。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月7日19時40分現在、25位。25位までの枠に、なんとか返り咲いた。ありがとございます~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月 6日 (水)

自力HPのアクセス100万突破!

6_29chirashi_3  原稿を書くためのモチベーションが申し分なく高まってる(=締切りがヤバイ!)のに、昨日はほぼ1日、裁判所へのお出かけに費やした。
 どうしても傍聴したい事件が、11時と16時からだったのだ。
 11時からのは、審理は数分間。16時からのは、37分間。合計約40分間のために、仕事場から8時間離れるとは。もぉう、忙しいときは、かなわんね。
 と嘆きつつ、でも満足。マニアだもん(笑)。

 空いた時間に、非常に珍しいシーンを2つ傍聴し、その部分だけ簡潔にご報告をとブログ記事を書いたのだが、念のためバックアップしとこうと、すべて選択&コピーをした直後、PCがフリーズ! 全部消えた! もうダメだ~!

 ニュースを1つ。
 自力HPのほうのアクセスが、とうとう100万を突破したです。
 カウンタを設置するとき、7桁なんて不要かと思ったんだが…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月6日17時30分現在、27位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

2007年6月 4日 (月)

放置違反金の「弁明」は空しい?

 06年6月~07年3月末までの、放置違反金に係る「弁明」(道路交通法51条の4、6項)についての、千葉県警の集計が、発表またはリークされたようだ。
 以下、6月2日付け毎日新聞。太字は今井。

違法駐車『放置違反金』制度 むなしい弁明あれこれ
 昨年6月の民間駐車監視員導入とともに新設された「放置違反金」制度。違法駐車の取り締まりを受けた運転者が反則金を納めない場合、違反車両の所有者に放置違反金の納付が命じられる。同時に所有者には弁明の機会が与えられるが、県警駐車対策センターによると、多くは「取り締まりへの不満」や「言い訳」などで、ほとんどが却下または審査の対象外になっている。 (武田雄介)
 昨年六月から今年三月末までの総弁明数は千百三十四件。うち弁明が認められたのはわずか7%ほどの八十件。容認理由は、取り締まり時に▽すでに車を他人に売却していた▽盗難の被害にあっていた▽金融機関等から差し押さえられていた-などでそれを証明できる場合のみ。これらに該当しても証明が不十分ならば却下される。
 弁明でもっとも多いのが「取り締まりへの不満」で全体の約35%の三百八十八件。「十分間駐車しただけで何が悪い」「違反金は支払ったが一言文句を言わせろ」というケースもあった。急な腹痛などで「トイレに行っていた」との主張も百五十件あり「“緊急事態”だから許されるはず」との甘い期待があるようだ。
 中には「金を盗まれる被害にあったばかりで、違反金を支払う金がない。今回ばかりはどうか見逃してください」と情けにすがろうとしたり、「本当にすみませんでした」と反省の言葉をつづる者も。
 同センターは「弁明は売却済みなど所有者に責任がないことを主張する機会なのに、違反金納付を逃れるための発言の場との誤解があるようだ…」と困惑した様子だった。

 06年6~8月の警察庁の資料を見ると、審査の結果は「容認」と「容認せず」になっているが、上掲記事では「容認」と「却下または審査の対象外」となってる。
 「対象外」つまり審査の要件を満たさないので門前払い、それが「却下」なんじゃないか、「ほとんどが却下または審査の対象外」って何? と思うのだが…。

「弁明でもっとも多いのが『取り締まりへの不満』で全体の約35%」
 これは、06年6~8月と、ほぼ同じだね。
 06年6~8月も、34.59%、四捨五入で約35%だった。
 06年9月の読売新聞記事では、なぜか、「トイレを理由に違反の取り消しを求める内容」がトップであるように報じられたが。

 で、06年6月2日の毎日新聞の記事は、タイトルに「空しい弁明」とあり、全体に、取締りに対する不満で弁明してもムダだよん、と読める。
 しかし、そう読むのも読ませるのも、とんでもない話。
 駐車対策センターのコメントにあるように、弁明は、「所有者に責任がないことを主張する機会」なのだ。
 でも、警察としては、多くの人たちが「空しい」「どうせ門前払い」と思ってくれるのが一番いいっていうか、そう思ってくれないと困るんだろう…。 
 ま、そのへん、FAQのほうをお読みください。
※ 車検証には「所有者」と「使用者」の欄があり、多くの場合、両者は同一だが、放置違反金の納付を命じられる立場は「使用者」。

          ★

 3日(日)、法務省と最高裁が主催の「赤れんがまつり」へ行ってきたよ。
 税金でつくったパンフや景品をたっぷりもらってきた。
 そして、食堂で720円もする広東麺を食べながら、裁判員制度ってヤバイな~と、つくづく思ったですよ。
 SMAP風に言うなら、
「ぜってぇーおかしいってこれ(笑)」
 詳しくは6月20日発売の『ドライバー』で。

6_29chirashi_1  6月29日(金)18時から、東京の四谷区民ホールで、「裁判員制度はいらない大集会」が行われる。
 こっちは税金が出ない。だって、税金をふんだんに使って推し進める政策に反対しようって集会だから。
 ので、パンフや何かは全部国民(ほぼ全部、実行委員の弁護士さん?)の持ち出し。「赤れんがまつり」のように景品ばらまいて無料とはいかず、入場料1000円だけどさ、来てね!

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月4日7時25分現在、どんどん落っこちて30位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

2007年6月 1日 (金)

町井検察官、全開 「PW(TW?)」ってなに?

5月31日(木)

 10時から、東京地裁519号法廷(刑事7部。上岡哲夫裁判官。おすぎさんとピーコさんが結婚して生まれた息子? と若干感じさせる)で、22日に傍聴した道路交通法違反・業務上過失傷害、の判決。
 夏祭りの打ち上げで飲酒した帰りに、車内に入った虫に気をとられて脇見、対向車線へ侵出して…という事故。

 懲役8月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

 10時10分から、東京高裁・刑事10部(須田贒・秋吉淳一郎・横山泰造裁判官)805号法廷で、業務上過失致死の判決。
 示談はできていないが、墓参りに行き、供物料として200万円を払ってもいる。原判決の量刑は現時点においては重すぎる。ということで原判決破棄、禁錮1年8月。

 近くの法廷で、先日報道された裁判員制度の模擬裁判をやってた。
 おお~、これは傍聴してみたい。
 ところが、傍聴は法曹関係者だけ。一般人はダメなのだという。
 えーっ、傍聴人の目にさらされての裁判じゃないの?
 それじゃあ、模擬裁判にならないんでは?

 10時30分から、東京高裁・刑事12部(長岡哲次・姉川博之・片山隆夫)715号法廷で、道路交通法違反の判決。

 早めに入ったら、その前の窃盗の被告人質問をやってた。
 「マック」「不良品などを粉砕」「他に混ぜたりして売ることもできる」「粉砕品でまかなえる」という言葉が聞えた。
 なにぃ~っ? マクドナルドが不良品を粉砕して売ってる?
 と思ったら、違ったようだ。「プラスチック…加工屋さん」という語が聞えた。
 この被告人質問で、片山隆夫さんが質問した。
 片山さんは宮崎学さんにちょと似てる、と私は言ってきたが、よくよく見ると、そうじゃなくて、グリコ・森永事件の「キツネ目の男」のほうに似てるのかも。
 その片山さんがしゃべるのを初めて聞いた…ような気がする。えらく糾問調だった。

 10時30分からの道交法違反は、無免許の常習。
 これまで無免許等で3回も懲役刑(いずれも執行猶予付き)を受けており、原判決後に贖罪寄付30万円をしても、原判決の懲役5月(実刑)は重すぎて不当とはいえない、やむを得ないものである、と控訴棄却。

 そして10時45分から、東京簡裁・刑事1室2係(後藤征弘裁判官)826号法廷で、道路交通法違反の新件。
 首都高・湾岸線・東行き・羽田空港3-3の、東京航空計器・オービスⅢLkによる51キロ超過(測定値131キロ)だった。
 弁護人は若めの女性。
 長い黒髪を、起訴状朗読の間に、手早くポニーテールにまとめた。お~。
 罪状認否で、被告人(在宅。41歳。会社役員)は言うのだった。
「私はそのような131キロというスピードは出しておりません。機械のほうの計測ミスではないかと思います」

 町井裕明検察官が、ニヤーリと薄笑いを浮かべた…ように見えた。
 町井さん、今日も“町井節(ぶし)”全開。
 この人、なんつーか、非常に個性的だ。傍聴マニアは、いっぺん見ておくといいyo。
 その町井さん、「PW(TW?)」という語を何度も口にした。
 証人尋問のことらしいが、そんなの初めて聞くよ! 何の略?

 次回、「機械のメーカーである東京航空計器の者」(森成昭治さんかな?)を証人尋問することに。
 ただ、その者は「非常にお忙しい方」だそうで、期日は追って指定となった。
 全国の裁判所で、オービス否認事件が続々とあり、忙しく全国を飛び回ってるのかな。旅費日当は裁判所(国)に請求して払わせて。

 11時09分閉廷。
 警察庁へ寄り、その後、某所で某氏と密談してから、早々帰り、某TV番組に頼まれた件を…。
 夕方また出かけ、某所で某氏らと酒…。
 原稿書く暇ね~。

          ★

 「<交通教則>29年ぶり抜本見直し 自転車事故増に対応」と毎日新聞。
 運転免許の更新のとき、講習手数料に含まれて配布される(つまり強制購入させられる)テキスト『交通の教則』、あの本文部分は、「昭和53年10月30日国家公安委員会告示第3号(最終改正は2002年4月26日)交通の方法に関する教則(抄)」の丸写しなのだ。
 それにイラストなどをつけ、適宜レイアウトして、巻頭と巻末にオマケ部分をつけたのが、脅威のベストセラー『交通の教則』なのだ。あれほどオイシイ商売は、他にないんじゃない?
 その「交通の方法に関する教則(抄)」の、自転車に関する部分について、「29年ぶりに抜本見直し」するっちうわけやね。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月1日13時00分現在、どどんと落ちて28位だよぅ。にしおかすみこだよぅ♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動   

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »