フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新たな駐車対策法制の施行状況について | トップページ | 15歳の娘を殺された父親の意見陳述 »

2007年6月18日 (月)

Nシステムの流出ファイルに仰天、絶句!

 以下、日本経済新聞の記事の一部。

警視庁職員の私有パソコン、600台以上に内部情報
 警視庁北沢署地域課の巡査長(26)の自宅パソコンから警察情報を含むファイル約1万件がインターネット上に流出した問題に絡み、内規に反し警察の内部情報を入れていた同庁職員の私有パソコンが600台以上あったことが16日、同庁の調査で分かった。ファイル交換ソフト「ウィニー」の導入も7台あった。

 「警察情報やファイル交換ソフトを入れていないかどうか申告を求めた」んだそうで、とすると、正直な警察官がずいぶんいたんだなぁ、という気がする。
 隠しきれない事情、申告せざるを得ない事情があったんだろうか。
 警察官の私物パソコンの問題については、北海道新聞の米林千晴さんのブログ「メディアの節穴」の記事が良かった。

 それで、だ。
 今回流出したというファイルの一部と思われるものを、某方面の方々から、ちらっと見せていただいた。

 「検索申請書」を作成し、自所属の決済を受け、出力方法がフロッピーの場合は、警視庁指定のフロッピーを受領し、新橋庁舎へ行き、「刑事総務課犯罪捜査支援室」で決済をもらい、「情報管理課」で申請書とフロッピーを担当者に渡し…という方法で、Nデータをもらうんだそうだ。
 そのフロッピーの内容を、私物パソコンのハードディスクに黙ってコピーしようとする者は、当然いるよね。

 そして、エクセルの「N設置一覧表」と「N全国データ」、見ました。
 うわあ!!!!! 仰天、絶句。
 こんなものが、私なんぞの目に触れてしまうとは、おそるべしウィニー!!!
 まぁね、私だからこんなに仰天するんであって、Nシステムのファイルなど、興味のない人からすれば「ナニこれ、あ、そ」てなもんだろうけどさ。
 でも、こういう秘密の「文書約9000件と写真約1000件のデータが流れたとみられ」るって、なんか気が遠くなる…。
 巡査長氏(とその上司)は、自殺せざるを得ない組織内の雰囲気、というのがあるかもしれないが、死んじゃダメですよ。なぜ死んじゃダメか。どんな理由を挙げても、そんなの小賢しい理屈であって、理由なしにダメなものはダメなんです!

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月18日6時50分現在、22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動

 ところで…。

覆面パト 違反車急ブレーキで激突
 岐阜県多治見市の国道248号で15日、速度オーバーの乗用車を追跡していた同県警交通機動隊の覆面パトカーが、追突事故を起こした。拡声器で停止を命じられた乗用車は急ブレーキをかけたが、運転していた巡査部長(47)は速度計に目を向けていたため避けられなかった。事故により速度違反の記録も“消失”。あまりにもお粗末な追跡劇となった。
         (中略)
 パトカーは車体前部のヘッドライトなどを破損。さらにバッテリーに異常が発生し、速度超過測定機器の記録が失われた。このため速度違反は不成立。男性は違反の事実を認めながらも、反則キップは切られなかった。
         (後略)

 とスポニチ。
 急ブレーキをかける者が今後続出…とまではいかなくても、増えそうだよね。

« 新たな駐車対策法制の施行状況について | トップページ | 15歳の娘を殺された父親の意見陳述 »

Nシステム」カテゴリの記事