フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 厳罰化より事故を渋滞を減らすもの | トップページ | 公務執行妨害の罰金公判を傍聴したよ! »

2007年6月20日 (水)

外山恒一さん 勾留理由開示の裁判

6_29chirashi_7  人間生活53周年を祝って、午前中から記念有酸素散歩を約1時間。
 そのまま公園のベンチで昼寝。
 シャツをまくって寝たら、腹が真っ赤に焼けたよぅ(笑)。
 午後は市民検診とかで病院へ。
 つか、朝から仕事場の室温は30度に達し、暑くて仕事する気になれないのね。
 もう限界だ限界だと言いつつ毎年耐えてきたが、もうホントに限界だ。エアコンを買おうっ。

 一方通行の逆走と20キロ超過の容疑で、任意の取調べに応じなかったため、6月12日(火)に通常逮捕された外山恒一さんの、勾留理由開示の裁判が明日あるそうだ。

  6月21日(木)10時 鹿児島地裁 203号法廷

 逮捕から9日目って…。
 私はそのへんの手続きはぜんぜん詳しくないのだが、被疑者としての勾留を10日間延長、じゃなくて、すでに起訴(公判請求)されており、被告人としての勾留についての勾留理由開示の裁判なんだろうか。
 後者だとすれば、起訴後も勾留したいという、検察官の理由は、いったい何なのか。

「これから裁判(イベント)が始まるぞ、という状態で外へ出して、自由にしゃべらせ書かせると、盛り上がりが大きいはず。それより、イベントが終わり、それなりに熱が冷めた状態で外へ出すほうが、なんぼかマシだから」
 というのは深読みしすぎ。
 単純に、
「逆らうと、いつまでも身柄を拘束される。塀の外へ出られないぞ」
 との基本原則が適用されたという面が大きいんだろうけど、この裁判は、こう言っちゃ何だが面白そう。傍聴したい。
 でも、鹿児島じゃあねぇ。
 どなたか傍聴記、書いてください~。

※ 3月31日 諸君の中の多数派、少数派

※ 6月13日 外山恒一さん交通違反で逮捕
※ 6月14日 有名人を逮捕することの利点
※ 参考記事 反則金を払わず逮捕!?

※ 6月22日 平成18年(わ)第182号の「わ」は我々団の「わ」か
※ 6月23日 交機隊員の速度違反取締り 1回の当番で約7件 

Banner_02_2人気blogランキング← 6月20日17時40分現在、週間INが540で22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

« 厳罰化より事故を渋滞を減らすもの | トップページ | 公務執行妨害の罰金公判を傍聴したよ! »

交通/その他交通違反」カテゴリの記事