フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 超過81キロと88キロで懲役4月猶予3年 | トップページ | 被告人を1年10月に処する… »

2007年6月26日 (火)

子どもの遺体を動かしてポーズをつけ…

6月25日(月)13時30分~

 今日は13時30分からいろいろあった。
 昨年5月6日に表参道の地下鉄駅入口へ酒酔い運転で突っ込んだ、という事件の控訴審もあった。

 そんななか、104号法廷へ。
 東京地裁・刑事12部(井口修・小林愛子・佐藤傑裁判官)104号法廷で、5月23日の午後に傍聴した「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反・著作権法違反」の第2回公判。

 右陪席裁判官が、バンデラス似の細野敦さんから、小林愛子さんに交替した。
 途中で交替って、細野さん、どうしたの?
 また、私のメモによると、今日の開廷表の事件番号は「平成19年特(わ)576等」で、第1回は「平成19年刑(わ)576号」だったような。
 メモミスか…?

 第1回公判のあと被告人は、被害者らに謝罪の手紙(初めての謝罪でかつ初めての手紙)を書いたそうで、それを読んでの被害者の1人からの上申書を、検察官が証拠請求。
 形式的には謝罪の形をとっているが内実は到底そうは思えない、という趣旨。

 弁護人(2人)のほうから、その謝罪の手紙(原本は郵送してしまい、メモ書きをもとに書き起こしたもの)と、医師の診断書(小児性愛と死体愛好?)と、インターネット(これ?)から拾ったという、小児性愛の改善可能性は高いことを示すプリントアウト、を証拠請求。

井口裁判長 「双方の立証は以上ということで、よろしいですか? それでは、被害者の方から意見陳述の申出がありましたので…。それでは、バーの中へ入って頂けますか?」

 「バーの中へ」と確かに聞えた、ような気がする。
 傍聴席の前の木の柵、あれを「バー」というのか?

 女性4人と男性1人が入り、バーを背にしたベンチに並んで座った。
 遺児の大切な写真(もう増えることのない写真)を、被告人のおぞましいHPに無断で載せられ、おぞましいコメントをつけられた人たちだ。
 左から順に1人ずつ、証言台のところに座って陳述書を朗読(1家族については夫が陳述し、妻については同じ気持ちか裁判官が確認)。

 その間、被告人は、証言台から2mほど右側の被告人席に座り、両手をひざの上に置き、小さくうなづいたり、きゅっと口を結んだりしているのだが、見た目、どうしても、「本人の頭の中では反省・悔悟の態度を示してるつもりなんだろうなぁ」という印象を受けるのだった。
 わざわざ外国へ出かけ(スマトラ地震のときか?)、子どもの遺体の写真を、遺体を動かしてポーズをつけて撮影、それをHPにアップしたりもしたそうだし…。

 14時22分に意見陳述は終わり、
井口裁判長 「今日の意見陳述を踏まえて、職権で被告人に若干尋ねたいことがあります」
 と、被告人質問。
 14時51分から論告。
 求刑は懲役2年6月。

元教諭に懲役2年6カ月求刑 死亡児童の写真無断転載
 交通事故で死亡した子どもの写真を自らのホームページに無断転載したなどとして著作権法違反などの罪に問われた東京都羽村市立小学校の元教諭■■■■被告(34)の公判が25日、東京地裁であり、検察側は懲役2年6カ月を求刑した。
 論告で検察側は「子どもたちの写真を自らのゆがんだ性欲のために用い、小児性愛者や死体愛好家にさらしものにした」と指摘。「教師でありながら教え子の写真を小児性愛者へ引き渡しており倫理観の欠如は甚だしい」と述べた。

 と朝日新聞。の記事の一部。
 最終弁論で弁護人は、弁護人としては当然なのだろうけど、執行猶予付きの寛大な判決を求めた。
 まぁ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年、というのが、予想されるいちばん重い判決じゃなかろうか。
 15時23分から、被告人の最終陳述。
 判決期日を決めて、15時27分閉廷。

 どんな性癖、どんな変態性欲があっても、いいのだ。問題は、欲望のままに、他人の心を平気で踏みにじって殺すようなことを、喜々としてやるかどうか、そこなのだ。治療すべきは、小児性愛や死体愛好より、人格の障害なのだ。と思った…。
 こういう人物にお手軽に活躍の場を与えるのが、匿名のインターネットなんだなぁ、とも思った。
 ネットの匿名性をなくそう、との議論もあるようだが、犯罪的な匿名性は国家の側にこそ有利という側面もあるので、それを超えるよっぽどのものがなければ…とも思った。
 生身の実世界の隣に、便利だけども恐るべき無法地帯がどーんとあるわけだ。
 そんななかで、私のこのブログって何なんだろう、とも…。

6_29chirashi_13  ちなみに、4月27日に第1回を傍聴した、2chでの投稿による脅迫・威力業務妨害、第2回期日は追って指定となっていたが、もうそろそろ決まったろうと、先週だったか地裁で確認したところ、まだ決まってなかった。

 あと、今回の被告人の父親に対し、横浜地裁で00年5月29日、犯人隠避などで懲役1年6月、執行猶予3年の判決(リンク先の記事中、被告人氏名に「辺」とあるのは「邊」)を言い渡したのが、現在の東京簡裁・1室1係の岩垂正起裁判官なんだよねぇ…。 

Banner_02_2人気blogランキング← 6月26日3時35分現在、610で16位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 超過81キロと88キロで懲役4月猶予3年 | トップページ | 被告人を1年10月に処する… »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事