フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オービス裁判で確かなこと、それは… | トップページ | 警察官証人の不当利得返還請求事件が結審 »

2007年6月 8日 (金)

心理戦防衛課程

 どうなんだろう、私は当然にそう思い、日本国民のほとんども当然にそう思ってるんだろうと想像するんだけども、なーんか自信がないなー、どうなんだろ、ってことない?
 以下は毎日新聞、の記事の一部。

自衛隊監視活動:イラク派遣反対の団体など 共産党が発表
 共産党は6日、防衛相の直轄部隊「情報保全隊」が、自衛隊のイラク派遣に反対する全国の市民団体や野党議員の動向、デモ参加者の写真、記者の取材内容などを組織的に収集していたことを示す内部文書を入手した、と発表した。
 文書は03年11月から04年2月にかけて、陸自東北方面情報保全隊と保全隊本部が作成したとされる2種類で計166ページ。イラク派遣に対する市民団体の活動が週ごとに記録されている。また04年1月の記録で、民主党の増子輝彦衆院議員(現参院議員)が、隊OBらが組織する「隊友会」の祝辞でイラク派遣に反対したことに触れ、「派遣を誹謗(ひぼう」などとしている。
 報道機関については「青森駐屯地から退庁する隊員に取材を実施」などの記載がある。毎日新聞の記事については、04年2月21日の朝刊でイラクに赴く自衛隊員の安全を祈って全国に「黄色いハンカチ運動」が広がり、この動きに映画監督の山田洋次氏が異議を唱えていると報道したことに言及。「批判的な考えを表明している映画監督の回答を掲載」などと記録。登場する団体・個人数は290に上る。

 「陸自情報保全隊の“監視”活動、共産党が中止求め会見」と読売新聞。
 「イラク派遣で陸自、反対市民の情報収集 発言など詳細に」と朝日新聞。

 戦争ってさ、悪辣非道な敵軍を、わが国の勇敢な兵隊さんが、最新鋭の兵器でもって、平和のためにやっつける、兵隊さん、格好いいぞ、ありがとう、銃後の僕らはテレビを見て応援するよ、戦争関連で株価が上がる企業を目ざとく見つけ、ネットで株取引して稼ぐよ、てのは戦争のごく一部であって、多くの部分は、開戦の前から日々、スムーズに開戦できるよう、そして反戦・嫌戦の気分・世論を監視し、封じていく、匿名掲示板等を利用して、反戦・嫌戦の芽をつぶす、社会全体の好戦的な気分をあおってもいく、勝手に好戦的になっていくよう社会構造を変えてもいく(たとえば貧民層を増やすとか)、そうした日々の地道な活動も含めて、戦争っていうわけでしょ。
 戦争における一番の敵は、自国民なり。
 歴史に名を残す将軍たちは、みんな言ってるでしょ。言ってない?

 だから、今回発覚したことって、ごくごく当たり前、当然のこと、と私は思うんだが、他の方々もそう思ってるんだろうかと、まぁ、0.5秒くらい悩むわけ。

 関連して、以下は、93年4月号の『モーターサイクリスト』に書いたコラムの一部。

  陸上自衛隊に「調査学校」というのがあり、その授業のひとつ「心理戦防衛課程」で、全国紙の投書欄の傾向を分析し、他人の名前を使って自衛隊に有利になるような投書をし、3週間に何通掲載されるか競っていたというのである。そして、たとえば北陸の駅で自衛隊員が黙々と除雪をしていたという美談とか、自衛隊の増強は軍国主義復活には結びつかないとの主張など6通が実際に掲載されたそうだ。

         (中略)

 これを知ったボクは、元愛知県警巡査の『警察学校が怖い』(風媒社)という本を思い出してドキッとした。あの本には、日本人の習性を利用すれば白紙を黒紙と思いこませることは簡単で、警察学校でそのための秘密テクニックが講義されていたとあった。
 テクニックとは要するにこうだ。官公庁が何かの“事業”を推し進めようとするとき、悪い点はやむを得ない場合を除き絶対に言わず、良い点はどんな小さな点でもアドバイスして知らせる。目的に協力してくれそうな人には便宜を与え、表彰し、自分は良いことをしているのだと信じ込ませ、喜んで協力してくれるようにする。逆に障害となる人がいる場合は、その人の欠点を誇大に宣伝し、良いことは言わず悪いことのみを指摘する。彼がたとえば役員をやれる状況にあればわざと役員にし、ほんのちょっとでも落ち度があれば大きく取り上げ、噂を大きくしてみんなに知らせる、そうやって障害になる人の信用を落としていく…。

 え? 私? 私は誰の「障害」にもならんでしょ。
 人畜無害、無味無臭っす。もう昨夜は22時前に寝たし。
 「役員をやれる状況」になど到底ないし。ねぇ。

 そうしてそのコラムに私は、「だいぶ昔、こんなマンガ原作を考えたことがある」として、こう書いてる。

 永田町の地下深くの「日本国立霞が関大学」に「行政学部国民操作学科」なるものがあり、某党議員の子息たちが国民世論の操作・善導を学んでいる。そこのエリート学生が、自分が立てた民心操作理論を実験しようと、ある町へ出かけ…。

 ところで、なんか、北朝鮮がミサイルを飛ばしたとか?
 ダメじゃーん。そういうのは参院選の投票日の前にやってもらわないと。
 投票日の前用の、もっと効果的なイベントを用意してる?
 ってこれは、疑いもなく、国民みんなが思ったよね。

 おー、すっげぇ政治的なことを書いちゃったよ! 似合わねー(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 6月8日5時55分現在、21位。ひゃ~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

« オービス裁判で確かなこと、それは… | トップページ | 警察官証人の不当利得返還請求事件が結審 »

日記」カテゴリの記事